無料ブログはココログ

« ハンターの血 | トップページ | Blue Crush »

2006年11月 3日 (金)

見えなくなって見えたもの

あの... タイトル変えたくて変えてしまいました。前は「外資系金融で働く女子の毎日」。でも今日から無理矢理「外資系金融で働くセレブの毎日」。本当はセレブではない。でも「セレブ」って書くと気分が上がるでしょ? だから無理矢理セレブにしてみた。あの... 本当にセレブではないから気分だけセレブ状態。これからも宜しくお願いします。

さて、3連休前の木曜日。

またも飲みですね。ストレス発散。会社を6時半に出た。ちょっと勘違いされるのがイヤだから書きますが、普通6時半になんか会社でれません、この業務の人間。私がオフィスを今にも出ようとしてる時に某VPがアナリストに「あのさ、3連休会社来れる?」って聞いてた。まあ意味は「3連休、勿論会社来るよね?」だったんだけど。そう、そうやって皆汗水垂らして頑張ってるんです。私も昔はその一人だった... 今はちょっとコントロールあり。かな? っていうより、「♪わたしは今、生きている♪(森高千里風... 古い?)」。端的に言うと擬似恋愛体験中だから仕事に身が入らない。今日も「ああ飲み。飲み。飲み」だったから仕事をいかに早く正確にこなし人が文句を言わない状況にするかにフォーカス。そう私は最も生産性の高い人間なわけですよ、オフィスで。だって恋(らしきもの)をしてるから。

ってな事で7時には赤ワイン飲んでましたね。私赤ワイン大好き。ソムリエ資格取ろうかなってたまに思うくらい、おいしい。

実は私10年前って全く飲めなかった。5年前も2杯くらい赤ワインなりジントニックを飲むとふらふら。全く使い物にならなかった。だけどなぜか1.5年前から本当に飲むようになってしかも強くなった。全然飲んでも酔わない。これって気持ち悪い話だけど本当、ジントニックなりヴォッカトニックなり10杯飲んでもシラフなんですよ。確かに気持ちいい感覚には陥る。だけど酔わない、その場では。家に帰った途端フラフラになるんだけど。これってやっぱ年取った証拠だよな...

それにしても... 最近色んな方がこのブログ読んでくださってるんだなって気が付いて、でもそしたら私間違った外資系金融のイメージを与えてるのかもって思いはじめました。

皆、凄く一生懸命働いてます。お客さんの為、家族の為、自分の為に。この業界の人間って全てお金って思われてるでしょ? 確かにそうかもしれない。でもお金を得るためにみんな凄く色んなものを犠牲にしてる。時間が一番大きくて、その次は好きな人とか友達なのかな。でも気付いたのは、いくら色んなものを仕事のために犠牲にしても本当に自分が大事なものってずっと自分を待ってくれてる。私、昔凄く一般的に言う「友達」と言われる人多かったんだけど、この仕事で飲み会とか食事会とかクラブとかいけなくて昔「友達」って思ってた人が結構いなくなった。でも、色んな事を経て思うのは本当の意味で「友達」だった人は今もそばにいるんですよね。これって不思議だけど、なんか当時見えなかったものが今ははっきりと見える感じ。自分が何を求めているのかとか何を欲しているのか分からない中ではっきりと見えたものがある。これって仕事のお陰なのかなって思うこと、最近多いです。だからこの仕事の全てが悪いことばかりじゃないって思うことあります。

もし外資金融に入りたいとか成功したいって思ってる人は、本当に自分の人生で何が必要か重要か考えてから決断した方がいいと思う。犠牲にするものも多いし。でもその後に見えるのはお金以外のことが多い。だからこの業界を選ぶことは悪いことではないです。でも入る時は「俺が社長になってやる」くらいの野心で入ってね。そしたら今のつまらない会社が楽しくなる可能性あるから(それって私のためね、あくまでも)。じゃあお休み。

« ハンターの血 | トップページ | Blue Crush »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/4046123

この記事へのトラックバック一覧です: 見えなくなって見えたもの:

« ハンターの血 | トップページ | Blue Crush »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31