無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

逃げたいという願望

WHとはもう2ヶ月近く会ってない気がする。

今年の6月に偶然出会ってからお互い海外出張やらなんやらで1ヶ月会わない時もあったが、ここまで長く会ってないのは初めてかもしれないとふと思う。完全な年末相場で暇をしてた私はとりあえずWHにメールを打つ。

メール送信後1時間が経過- 風の噂で12月は日本にいないと聞いていたので返事が来なくても仕方ないなと思いつつもやっぱり返事が来ないのが気になる。

今も昔も私って変わらないと思う。「時間かけて書いて送信ボタンを押して、それで返信が来なかったら...」という感覚は正直、歳をとるとともに薄れた(気がする)。でも未だに少しだけど、そんな思いが頭をよぎる。でも本当に私って変わらないと思う部分は「待つことが大嫌い」という事。じっとデスクにいるよりは他の事をして気を紛らわし、気がついたらメールが届いたという状況にしたいと思う。いつ来るか分からない物だけを待ち続ける事がいかに馬鹿馬鹿しいか、それ以上にどれだけ空しいかを学んでいるだけに、心理的な予防線がはたらく。

2時間が経過- ランチの時間になり、まあ年末だし仕方ないと思う気持ちと、過去の人間になったんだという気持ちと、あきらめなのか安堵なのか表現できない不思議な気持ちがあった。とりあえずデスクを離れ外で食事することにした。その時メールがきた。

「元気? 今、実家の●●(WHの母親が住んでる国)に帰ってる。今月30日に日本に帰る」

単純なメールだったけどなんか安心した。あまりにも早く打ち返すと待ってたみたいでイヤだなとは思いつつも、これって昔もこんなことを思って時間差で返信したことあったよな、と懐かしくなり、WHには速攻で打ち返す。そこからはチャット状態。書くに及ばないたわいのないことの連続だけど、私達は他の誰とも相容れない、他の誰も理解出来ない、私達二人だけが共有できる思いがあることに気がついた。

「日本を離れて、仕事から逃げて、とりあえず自由になりたい」

私達が共有している思いって「逃げる」という願望だけだと思った。たぶん最初に会った時からそうだった。私達はいつも仕事に疲れていて、疲れている理由も同じで、そしていつも現実から逃げたいと願う、言ってみれば単なるガキの願望を共有し続けている。そしてそれは仕事だけに適用される感情ではなくて、今の生活、日常からも逃げたいという部分も含んでいると思う。長く付き合っている彼、一緒に住んでいる彼女、過去のしがらみ、家族との関係... でも私達はお互いに、お互いが絶対に逃げたりしない人間ということをよく知っていて、だからこそ"I may just disappear"と書く。こういう事をさらっと書ける相手は私の人生において少ない。だからこそ、私は彼にメールを打ったのだと思った。

リエコさんへの返信

タイトルは確かに「外資系セレブ」なんですが、実態を伴ってないんで本当は変えたいと思ってます。そもそもはキラキラした派手なイメージで売り出したくて「セレブ」と入れたんですが、今は変えたい。だって全然内容が派手じゃない...  全然セレブじゃないじゃん、って声が聞こえてきそう。でも、同僚Mからの指摘でこのタイトルを変更するとアクセスできなくなる人がいるんじゃないかと... たぶん正しいですよね。だから変えられないんです。そう、だから憧れるとか書かれるとほんと恥ずかしいです。そして謝りたい、ほんとすいません。

私も、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、ヒップホップ大好きです。たまに年甲斐もなくクラブで踊ったりします。勿論、家でもガンガンにかけて踊ります。トラックメーカーとしては、おしゃれサウンドのファレルも大好きですが、アーティスティックな感じではカニエ・ウエストが素晴らしいと思います。ご存知とは思いますが、一応宣伝でノッケます。クラシックな音源とのミックスがたまらない。はずれなしのCDです。

The College Dropout Music The College Dropout

アーティスト:Kanye West
販売元:Roc-A-Fella
発売日:2004/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たまに音楽について書いてるので、また是非読んでコメントください。年初に海外に行って来るのでまたいい音に出会ったら書きます。じゃあ。

mさんのコメントへ返信②

自分のことをフッた女に武勇伝を語りたがる男... こんなのばっかですよ、私に言い寄ってくる男なんて。

まあある種の「復讐」なんでしょうね。別に聞いてないし連絡とりたいとも思ってないのに、わざわざモットもらしい用事を作って寄って来る。そして武勇伝を語る。「お前は俺みたいないい男を逃したんだよ」って言いたい。そして私に「ああ、しまったー」と思わせたい。これに尽きるでしょう。っていうかこれだけ。

でも私ももっともらしい用事作って、好きだった人に連絡したことあるな... まあ少なくともこういう程度の低い武勇伝はしてないから許されるのか? うーん...

それにしても、ほんとちっちゃい男... でもそんなちっちゃい男しか言い寄って来ない私ってなんなんだろうって思う瞬間あります...

2006年12月27日 (水)

The Game

一応プロモしておきますが...

Kingdom Come Music Kingdom Come

アーティスト:Jay-Z
販売元:Universal
発売日:2006/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前もこのアルバムについては書いたが、

個人的には"Black Album"で引退しておいた方がヨカッタかもしれないね、とJayに言いたい。普通のRapperが作ったんであれば及第点ですが、King of Rap がお作りになったんであればもう少しひねりがあっても良かったかなと。おしゃれですし、chill で力入ってない感じはさすがですが、メッセージ性が薄いかもしれませんね。前作のBlack Album で言えば "99 Problems" みたいなのがない。1st single の"Show me what you got" はお金かけたビデオクリップが良かったですがメッセージはない。これだけ書くと、Jが嫌いなのかと言われそうですが、私の彼に対する深い愛だと思って厳しいコメント出してます。次回作に期待したい。

意外に良かったというか、正直驚いたのはこれ。Kingdom come よりも全然いけてる! 紹介しようと思ってて機を逃してましたが、これは本当にお薦めです。

Doctor's Advocate Music Doctor's Advocate

アーティスト:The Game
販売元:Polydor
発売日:2006/11/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

みなさんの言いたいことは分かります。「50cent とやってた人でしょ」 「あんまインパクトない」 「刺身のつまみたいな感じ」 「この人、G-Unit じゃなかったっけ?」 と言う声が今にも聞こえてきそうだけど、だまされたと思って聞いて欲しい。これは秀逸でしょう。

正直、West Coast は私あまり好きではありません。だけどこれはいい。Rhymeも素晴らしいし、音にパンチもあるし、パーソナルなこともフローに乗せて語ってるし、音もおしゃれだし、なにより信念を感じる、音に。いいと思います。前にNYにいる時に1曲だけいいって書いたけど、全部聞いてもらって流れを楽しんで欲しい感じ。

私が好きなのは 3. it's okay (one blood) からの一連の流れで 8. wouldn't get far ですかね。勿論後半も聞かせる10. one night とかあっていい感じ。LyricにもWest Coastへの愛が満載です。("It's a home of America's gangsta rap the place with danger" って言ってる気がする) West Coast Rap が嫌いな私でもこんなに上手い人が出てくるならいいんじゃない? って思うくらいだから西物が好きな人は大好きでしょうね。将来性を感じる。とりあえず流しで聞いてみて下さい。

外資系金融ヘッドハンターストーリー①

ある日、メールが届いた。

「私は金融関連のリサーチ会社○○(英語名)でリサーチをしている●●と申します。」

最初は全く意味が分からず何かを調査したくてメールを送ってきたのだと思った。アドレスを見ると女性の名前。少し安心する。内容を読み進むと一度会ってお話がしたいという。私に金融関連で話が聞きたいなんてどんな相談なんだろう、と素直に考える。3分位考えたものの、そこから異常に忙しくなり、そしていつの間にかそんなメールが来たことなど忘れてしまった。

1週間後-

また同じ女性からメールがきた。メールを開く。すると是非お会いしてお話がしたいと書いてある。ここにきて、これってもしかしてヘッドハンターか...? と思う。でもこの会社名聞いたことないな... とりあえず、「最近忙しくて日中にお茶は無理です。また暇になったら連絡します」と書く。結構丁寧な感じにしてみた。

そしてまた時が過ぎ、1週間後-

また同じ女性からメールがきた。「お忙しいのはよく分かります。年末ですしね。それではランチでもいかがですか。」とある。そのメールを受け取った日は有り得ないくらいに暇で、また自分が知り得る限り、これ位暇な日々が12月末まで続くはずだ。であるならば、ランチでもおごってもらうかという気になった。しかも女性だしね。男でアグレッシブだったりすると危険(i.e. 恋に落ちたりとか)だけど、でもこの人ならそんなことは絶対にない、と考える。更に読み進むとこう書いてある。

「○○でランチはいかがですか?」

おおー、ナイス。○○というのはホテル名(注: 字数は全くあってません)。しかもそこは単なるホテルではない。よく海外セレブがお泊りになる超有名おしゃれホテル。海外ではトップクラスでみんな名前を知っているあのホテル。某スーパーモデルが「○○に泊まれないならショーには出ない」とごねたあのホテルでランチとは... さすが女性ハンター。女の気持ちを分かってるな、と感心してしまった... 行きたいと思ってたから丁度よかったよ、ふふ。勿論「マイリマス」と返信。日時もこちらから指定してみた。

すると速攻で返事がきた。

「12月○日、○○の○○(レストラン名)でお待ちしております。○○の名前で予約しておりますので宜しくお願い致します」

... ん??? 予約名は彼女の名前ではない.... しかも、男の名前だ... げー、はめられた気分。だって彼女が来ると思ってたからオッケーしたのに。だからといって男ヘッドハンターだから行きたくないというのはまた変な話だし。ちょっと気乗りがしない... とは思ったが、素敵なランチが待ってると信じて「了解しました」と返事を打つ。

相手の方が私なんかよりも300倍くらいウワテだ... ここら辺から本気で相手に挑まなければならん、というモードに切り替わった。(続く)

2006年12月26日 (火)

「女はシラフで口説いてナンボですよ」

と言った後輩がいた。

確かにシラフで、ノリとかじゃなくて、お互いが好きだとか付き合いたいとか言ったら、それって本物なんでしょうね? 私ってそういう経験がもうかなり思い出せないくらいにないかもしれない... 枯れてますよね。やばい。

その後輩はお酒が全く飲めない。でもいつもハイパーテンションが高くて皆を盛り上げるのが趣味。素晴らしい趣味だと思う。でも私が彼の立場だったらシラフでは絶対に口説けない。だって怖いんだもん。やっぱり、酒の力とかタバコの力とかそういう「フォース」がないと積極的になれない寂しいわたし...

はあ、もう少しで冬期休暇です。毎晩こんなに飲んでるとロクでもない内容しか書けない。飲みながらでも執筆は出来るが、魂がこもったブログをかけなくなっちゃいますね。本当に歳とるってイヤかも。永遠に若々しく、かつシラフで勝負できる女になりたいです。

クリスマスを男と過ごしたい女

先週金曜日、朝からせかせかと働く私にチャットが飛んできた。

彼は20代半ばのアジア人。アメリカ在住歴が長くほぼアメリカンだが、奥手な感じとか攻めきれない感じがアジア人っぽく、それが私は好きになれない。その彼が朝っぱらから

「クリスマスって何してるの?」

と聞いてくる。

「............ 仕事」

と答える私。決まってんじゃん。月曜だよ、クリスマスは。

彼は私に気がある。なぜ知ってるかというと、ストレートに "You are attractive.  I am interested in you." と言われた。勿論彼氏がいる私は友達以上とは思えへんなと答えた。でもそれ以降も折に触れて飯に行こうとか、今週暇かと聞いてくる。勿論、丁寧に断る。しかし、この時のチャットは違った。

「温泉に行くんだよねー」

はぁ。いいね、温泉... ドライな感じで返事を返す。するとふと私の中で単純な疑問が。

「こいつ誰と行く気なの?」

まさか、私じゃないよな。いや違うだろ。とりあえずめんどくさいので聞かない。気にはなったもののほっておく。すると聞いて欲しい奴は立て続けにメッセージを送ってくる。

「箱根に行くんだよ。楽しみ」

ふーん、よかったね。私も行きたいが年賀状書かないかんし、そんな暇はないと思う。聞いて欲しい気持ちは痛いほど伝わってきたが、わざわざやぼな質問をしたくない私は「へー」とそっけない返事を返し、とりあえずチャットから彼が消えてくれるのを待つ。しかし彼は手を緩めずバシバシと打ってくる。

「中国人の女の子に誘われてさ、その子ってアメリカのある高校で"Prom Queen"(あってる?)だったんだよ。超可愛いくてさ。彼女が勝手にホテルに予約して1泊旅行することになったんだよね」

.............. あんたついこの前まで私に興味があって、一緒に遊び行きたいって言ってたじゃん。でなに? ちょっと舌ったらずでロリータチックな中国女英語にまかれて箱根まで行くわけ? なんか腹立つ。別に彼のことは好きじゃないけど気分は良くない。こういう感覚って皆さん分かります? 別に気はないけど、でも他に移動されるとむかつく。特に相手が同じアジア人と聞くと変な対抗意識が湧く。白人女性ならまだしも、なんで同じアジア人女に誘われたくらいでなびくかね? 男としてどうなんだと威厳を問いたくなる私...

「気がないのにちょっと誘われただけでいくってどうなの?」

と書く。書いた後で後悔したが、でも仕方ない。私は自分の気持ちに正直な女。それに対して奴はこう書いてきた。

「でも解せないことがあってさ。部屋を彼女がとったんだけど、でも別々のベッドなんだよね」

ほーらきた。これですよ。これ。「私、クリスマスに女一人で過ごすのはいやタイプ」ね。だってなんか情けないでしょう、もてる私がクリスマスに一人なんて。だから安全そうな誰か誘ってとりあえず温泉でも行ってみるか、だよ。これって見栄っぱりな女に多い。がしかし、軽々しく見られるのはいや。だから別々のベッドにしてみた。そうすると、後々言い訳もし易い。友達だと思って誘っただけだからってやつ。ああ、最低。っていうよりこんな女にひっかかって一緒に温泉に行くこいつの神経が信じられない。

と私の一連の頭の中の流れを奴にそのまま伝える。困惑する彼。

でもそうじゃない? 昔からもてるタイプの女はクリスマスという日を特別に捉えてて、その日を女友達とか一人で過ごすのは有り得ないと思っている。「一人で過ごす」=「もてない自分を認めているみたいでイヤ」ってやつ。だめですねー、こういう人は。だからこんなつまんない男に声をかけてしまう訳よ... 女たるものプライドを持って強く生きねばならない。一人になるのがイヤだから誰でもいいと声をかけ、クリスマスを乗り切るなんてのは、本物の負け犬ですよ。

格言う私は女友達と西麻布の街で飲んだくれる... いえーい。

でもどっちが負け犬なんだろうな、世間的に... ちょっと不安になったクリスマスだった。

2006年12月23日 (土)

忘年会の友: 液状ウコンと六本木

Veritaさんコメント有難うございます。

ご指摘頂きましたが、そうウコンっていいんですよね。ちなみに私は錠剤のウコン(ファンケルオンラインで注文したやつ)とセブンイレブンの液状ウコンを同時に飲んでこの苦しい季節を乗り切ってます...

しかし、一つ言えば飲む前に飲まないとウコンってダメな気がするんです。これって精神的な問題なんでしょうか? もしくは本当に飲む前に飲まないと効力を発揮しない類のものなのでしょうか、医学的に? ちょっと興味ありです。

ということで今晩も六本木で食事、飲みをこなし、つい10分前に帰宅しました。かなりヘロヘロに... 胃が痛い。最近、六本木をまじまじと見る機会もなかったのですが、幾つか時代を感じさせる場所を発見しました。

①ヴェルファーレ --- 閉店

②フュージョン --- 大人気

③ヴァニラ --- 活況(若いギャルに)

この3点ですかね? ①はいわずもがなの大箱ディスコ。これが来年の1月1日をもってクローズするそうです。クラブ派な私はヴェルファーレ? と思ってましたが、なんだかんだ言って回数行ってました。なんかこれがクローズすると言われると一つの時代が終わったんだなと感慨深く、店の前でボーっとしてしまいました。その対極に位置する六本木イチ高いクラブ、②フュージョンは今日も賑わってました。外人のトップレスのお姉さんが水槽で人魚の格好をして泳いでいるこのクラブ(あの、キャバクラの方です)は座っただけで5万円のお店。まああんな人魚見てもなにも感じないですが、人気店ってことで客足は途絶えない様です。③ヴァニラはクラブ(踊る方の)ですが、まあ、明らかに未成年な子達が列をなしてて、私みたいなおばはんは若い子達に「はよ、帰れや」と心の中で連呼。まあ年とったんでしょうね、私も。でも久々にこんな賑わった六本木を見ました。なんとなく日本経済が上向いているっぽくてちょっと嬉しくなりました。

案の定、タクシーも全然見つからず、激寒い六本木で立ち尽くす私達。でも人通りも多くて、活気もあって、色んな人種が共存するこの六本木が私はとても好きです。

2006年12月20日 (水)

生卵の威力

先週から忘年会がスタートした。

体調によってその日飲める量が決定される訳だが、先週から休みなく毎日飲んでいるとやはり飲む量が減ってくる。飲んでることに加えて食べるという行為も胃を破壊する行為だが、今日は本当につらかった。

ビロウな話ですが、若干やわい。今日も朝から非常に胃が痛く、それに加えて二日酔いが追い討ちをかける... トイレで時間を過ごすことが多くなった。本当にこれって外資系セレブの日記なのかというくらい、ソフトな感じ...

今日も今やっと家にたどり着き、整腸剤を飲む。今日はイタリアン、明日はフレンチ、その次は和食... 食事をすればするほどにおいしいとかいう感覚から遠ざかっていく。

今日の帰りのタクシーで運転手さんに「お客さんいい匂いしますね」と言われ、「ああ、やっぱり、すいません、におうかもと思いつつ(タクシーに)乗りました...」と答える。「二日酔いとかつらくないですか?」といわれ、「かなりつらいです。毎日飲んでると次の日にすごい残るんでほんとつらいんです....」と正直に答える私。

すると運転手さんが言った。

「醤油かけた生卵を2個飲んでください。絶対二日酔いしなくなりますよ」

げ。生卵を飲むほど私は落ちぶれてない。特に「生」はいかんよ。だって話題のノロウィルスとかさ、感染するかもしれないじゃん... そんな困惑の表情の私に運転手さんは続ける。

「二日酔いにはたんぱく質がいいですよね。」

だね。いいよね、たんぱく質。分かってるんだけど生は無理よ... 10分くらいその話でひっぱり自宅につく。うーん、卵。家には卵なぞない。(生物はおかない主義(腐るから))。うーん、家の前で考える... 明日の二日酔いを取るか、もしくは生卵をとるか... 

結局こうしてブログをアップしている私。生卵は飲めなかった... でも本当に効くのかどうか知りたい... もしこれを読んでる方で試した方、もしくはこれを読んで試す気になった方、是非その結果をご報告下さい。それによっては明日私、生卵飲みます。いいフィードバックお待ちしてます。

2006年12月17日 (日)

イタリアンフェチ

何が食べたい? と聞かれると大半の場合、私の答えはこれ

「イタリアン」

生まれが生まれなもんで、薄い味の食べ物が嫌い。とにかく濃い味の食べ物を好む。そして肉が大好き。牛肉、子羊(ラム)が特に好き。お酒は強いというわけではないが、赤ワインとシャンパンが好き。総合すると必然的にイタリアンに行き着く。毎週1回はどこかのイタリアンでご飯食べてます。そんな私が何度もリピートしてるのがここ。

六本木通りを六本木から渋谷に向かう途中を左に曲がり、代官山へ繋がる並木橋を目指す途中にある、Antivino (アンティヴィーノ)はおいしい。ワインもそこそこ種類があるし、料理もしっかり。ブレッドもオリーブもおいしい。

お勧めはアスパラガスの卵包み(勝手にネーミングしてるのでメニューと違う名前の可能性あり)。でも、よくメニューが変わっているのでいつもあるとは限りません、あしからず。パスタはなんでもおいしい。ウニのパスタが個人的にはベスト。料理もさることながら、何がいいって、夜遅くまでやってるのがいい。なんとラストオーダーが2時。すばらしい。私の仕事は夜が長いため遅くまでやってるお店じゃないとダメ。でもここなら安心。3時まで空いてます。値段も1人当たり6,000~8,000円(どれくらい飲むかによるが)くらいでいい感じ。夜遅くに少人数でご飯したい時とか、仕事が終わってみんなでワイワイとか、どっちでもいけるお店です。気取った感じではないのでジーンズでも入れる。外にも席があるので元気がある時は外で冷たい風をあびつつ、ワインをちびちびやるのも乙な感じです。

いい所を紹介した後は、最近行った費用対効果の低いイタリアンレストランを紹介したいところですが、悪口書いてる気分になるのでやめときます。でもやっぱり書くか、少しだけ。

ヒントは「表参道の隠れ家風イタリアン」... お高い。ワインが特に高い。一番安いものでも8千円だった気がする。料理も高い。コースが14,000円だった気がする。でも高いわりに料理があんまりおいしくない。というかあれはイタリアンではない。フレンチでしょう。海老のムースのなんとかという一品を頂きましたが、味が薄くて却下。またあの海老で作られたムースがイタリアンをフレンチにしてましたね、完全に。ワインに負けるお皿の連発に閉口してしまった。私のチョイスが悪かったのか、ラグーのパスタを選べばよかったのかな... 

私あまり料理はしないのですが、イタリアンは作ります。たまに。パスタとか... ゆでるだけだろ、という声が聞こえた気がするが、違う。ソースも作る。自分で。最近本を買った。某有名イタリアンレストランのおじさんが書いた本で、結構ベーシックなものが載ってて使える。そのシェフ曰く「ミートソースは立派な肉料理。だからしっかり焼いて作りましょう」 正しい発言だ。そう、ミートソースは肉料理なんですよ、しっかり赤ワイン入れて焼いて作ってます、私も。ソースでは私は「マリナラソース」が好きなんだけど、その本を見て作ると本当においしく出来ます。パスタだけじゃなくてムール貝や豚肉にかけてもおいしいし、いい感じ。

明日から接待が連発だが、1回は確実にイタリアン。しかも自分が行きたい所を選んだ。ははは。ちょっとやる気になります。もし読んでる方で、東京でおいしいお薦めイタリアンがあったら教えて下さい。じゃあ。

2006年12月16日 (土)

トップモデル

最近はまってるのがこれ

America's Next Top Model: Cycle 1 (3pc) (Full) DVD America's Next Top Model: Cycle 1 (3pc) (Full)

発売日:2005/03/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初に聞いたのは3、4年くらい前。アメリカで聞いたような気がしたんだけど、でもそれからずっと忘れてて、で最近 msn のネットでビデオを流しているのを見て、ニューヨークに行った時に買ってきた。

たぶん日本ではスカイパーフェクトTVでやってると思うんだけど、これすごい楽しい。

タイラ・バンクスっという黒人のスーパーモデルがホストをやってるんだけど、彼女すごい。シャネルのランウェイで見たことがあるけど、単なるランウェイモデルじゃなくて、しゃべりも出来るし、演技も出来るし、ダンスも出来る。頭いいんだろうな、たぶん。アメリカでは彼女がホストする番組もあってとても人気があるらしい。ちなみに彼女が出てた映画ではこれが有名だと思う。

コヨーテ・アグリー 特別編集版 DVD コヨーテ・アグリー 特別編集版

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リクルーターやSex and The Cityに出てたブリジット・モナハンも一緒に出てる。結構さらっと見れてでも元気になれるDVDで私も持ってる。実は。

America's Next Top Model に話を戻すと、タイラが探してきた10人(かな?)を競わせて1週間毎に1人ずつ削っていって、勝ち残った人がレブロンの契約とウィルヘルミナというモデル事務所の契約を勝ち取る方式。勿論女の戦いも見ものだけど、毎週毎にみんな綺麗になっていくところが見所。モデルネタが好きな人は楽しめると思う。私は既に3回くらいみた。これってCycle 1だけど、話によればアメリカでは3まで終わっているらしい。でもDVDはまだ出てない。残念。でも出たらまた買いたい。

ボーナス7,300万円

今週は久々に仕事が忙しく、全くブログが書けなかった。若干反省。

それにしても世の中の好景気ぶりには驚かされる。確かに金曜日の夜って街が混むのは分かるんだけどタクシーが全くつかまらず、歩いてかえる羽目になった。

先週の金曜12/8は表参道から徒歩で15分の後に身柄を確保、非常にラッキーだったが、今日は銀座から徒歩で家まで帰る羽目に... そんなに寒くないだけまだましだと思ったが、それにしてもこのタクシーの利用者増は確実に日本の景気上向きを示唆していると実感。そりゃ日経も17,000円を試す展開になるわな。まあ個人的には米国経済が腰折れすれば日本だって同じ様な憂き目にあうと思ってるから私はまだ買わずにじっくり待つ。なんか経済の話をタイプするなんて、やっぱり疲れてるのかも私...

それにしても好景気に沸く証券業界を示すかの様な記事がYahooに掲載されていたが...

米ゴールドマン太っ腹、社員ボーナス平均7300万円

12月15日14時44分配信 読売新聞

 【ニューヨーク=大塚隆一】純営業収益約377億ドル(4兆4109億円)、純利益約95億ドルと過去最高の収益を上げた米証券大手ゴールドマン・サックスがボーナスを大盤振る舞いしている。

 12日に年度末の決算発表をした同社によると、社員に支給する報酬の総額も過去最高の約165億ドル。世界に約2万6500人いる社員1人当たりの支給額は平均で約62万ドル(約7300万円)になる。その大半はボーナスとして支払われるとみられる。

 ボーナスは仕事の内容や実績で大きな差がある。CNNテレビによると、最高経営責任者(CEO)クラスで2500万ドル(約29億円)程度。稼ぎ頭のトレーダーはもっと多い。ABCテレビは1億ドル(約117億円)に達する例もありそうだと報じた。

平均7,300万円だってさ... 本日のディナーの席上でも本話題が。今日はわりとアシスタント業務の人が多かったこともあって、みんな羨望のまなざしで私を見る。いやいや、そんなもらってないですよ... ある人が「私29億円(CEOクラスのボーナス)もらったらすぐに(会社)やめちゃうな」と言った。そう、普通の人はそう思うんだけど、でもCEOって普通の人じゃないから、たぶんそれだけじゃ満足しないと思った。逆に、これもらって引退してもいいやって思う人間は絶対にCEOにはなれない。

人間に欲望は果てしない。そして私は睡眠欲に勝てない...

2006年12月13日 (水)

バウンティハンター

この間もらったmさんへのメッセージに対してですが、証券業界担当のヘッドハンターすごい露骨です。笑っちゃうくらい露骨です。

多くの方が証券業に携わる人間、特に外資系証券は金の亡者の集まり...なんて言いますが、そんなこと言ってる人達は本当の金の亡者を知らない。全く分かってない。ヘッドハンターでしょう。これはほんとに。間違いありません。

彼らは「こいつを動かすと自分にいくら入る」という計算のもと、日々獲物を探してます。「バウンティハンター」って知ってますか? あれとコンセプト一緒です。アメリカなどで、逃亡する犯罪者に賞金をかけて探した人に○○○万ドルあげますって、広告見たことないですか? よく"WANTED"と書いてあるやつ。重罪を犯していればいる程に賞金が高い。あんな感じ。

「より給与が高く、かつ能力が高いと目される証券マンを探しあてて他社へ護送。そしてキャッシュアウト」

「より重罪で、懸賞金が高い犯罪者を探し当てて、FBIへ通報。そしてキャッシュアウト」

一緒じゃん。探し当てるターゲットが犯罪者じゃなくて証券マンになっただけ。彼らは探して移してなんぼの世界に生きてるからとてもお金への執着心が強い。自分が探し当てた人間がいくらかとか、移した時に得られる報酬がいくらかとか、そういう話、大好きです。まだ私の周りにいる人間 = 証券業の人間は慎み深い部分もあって(信じるかどうかは別ですが)、お金の話をおおっぴらにする事は下品だと思っている為、それにまつわる話を避ける傾向があります。そういった点で非常に近い存在でありながら、大きな違いがあります。

今シーズンは昨年に続き3年ぶり位に訪れた「豊作年」なので、ハンター達が弊社ビル1階でうろうろしてるのを見かけます。私のところには今日もメールがきた... 一体誰が私のアドレスを教えたんだと気にはなりつつもメール熟読... 「ほう...」

このネタだと30日分くらいあるので、小分けにして書きます。「私が出会ったヘッドハンター達」ってタイトルにしようかな。ベタ過ぎておもしろくないので次までにタイトル考えておきます。

2006年12月12日 (火)

ゲーテの教え

同僚Mから晩御飯の時にブログネタを提供された。

「ゲーテが『人間は出来る事をやらないのに、出来ないことをやりたがる』と言ったそうです。今日はこれについて語ってみてください」

そんなの当たり前じゃない? ゲーテじゃなくても言える。だれしも、今出来ることはいつでもできる(と思ってる)から今出来ないことをやりたい。これは人間の本能だと思うけど。別の表現で言い換えるならば

「手に入るものはいらない。手に入らないものが欲しい」

by わたし。ちょっと違う? でもこっちの方が現代社会に生きる女性にぴったりな気がするが。ゲーテが先の言葉で何を云わんとしたかは... やれることをやれってこと? それと同じくして私の言葉を解釈すると、手に入りそうなものは手に入れろってこと? もう一つの解釈としては、出来る事を見落として出来ない事に注目するのは間違い。愚か者は出来る事をしっかり見つめて頑張れってことか。その場合、手に入らないものが欲しいなんてバカな事言ってないで手に入るものをしっかり見つめ直せってことか? どっちも似通った解釈になってしまった。哲学は深い。

さっきサイトでこんな言葉を発見。これ「幸福論」って本を書いたアランの言葉だって。

人間は自分以外にはほとんど敵はない。
人間は、自分のまちがった判断や、杞憂や、絶望や、
自分自身にさし向ける悲観的なことばなどによって、
自分が自分自身に対してつねに最大の敵なのである。

自分自身が最大の敵... 正しい。自分に負けたら終わりだと思うし。自分に勝つことで乗り越えられることはたくさんあるし。なんか深いな... 考え過ぎて筆が進まなくなってきた。しかもこれ書くの2回目。結構書いた文章がなんらかの衝撃で消えた... とりあえず寝てまた明日にでも考える。

2006年12月10日 (日)

アイ ラブ ヒップホップ

連日の飲みから解放され、久々新譜チェックにタワーレコードへ。

それにしても渋谷って若い子多いな。驚いた。タワーの中もごったがえしまくりで、私は若干人に酔う... 今日の目的は先日NYで聞いたCDの購入。店の中は既に年末モードで、なんと2006年最も売れたCDジャンル別をやっていた。まだ1ヶ月あるから変わることもあるんではないかと思ったが、ラインアップが納得できるものだったのでケチをつける気にはならなかった。ちなみにヒップホップの1位はこれだった。

Monkey Business Music Monkey Business

アーティスト:Black Eyed Peas
販売元:Am
発売日:2005/06/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

納得です。これかけると盛り上がるしね。ファーギーも頑張ってるしさ。ちなみに

プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS Music プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS

アーティスト:ファーギー FROM ブラック・アイド・ピーズ,ウィル・アイ・アム
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/09/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はR&Bの3位だった。まあ発売されたのが9月って事を加味すればなかなかの順位かと。クオリティは高いと思う。BeyonceのB'DayはR&Bの2位になってたけど、ファーギーの方が完成度は高いと思う。こちらの方が気合も入ってた。

戻って、Hip Hopの2位はなんとファレルウィリアムズの "In My Mind"だった。かなり意外。でも彼は日本びいきだし、NIGOとのつながりで日本うけがいいからかな。でもアメリカのチャートだとこれは絶対に有り得ないよな。向こうで批評を読みましたが、かわいそうな感じだった。でも私は大好きだから次回作で頑張って欲しいと願う。

チャートをチェック後、今日の目的であるCDを探す。

それにしてもHip Hopのセクションは若い子が多い。私も若めな格好で行ったがそれでもかなりの格差がある。流石にジャージのすそを片方だけ上げるとか、キャップの下にバンダナ巻くとか、そういうのはもうできないでしょ、この年になると。でもそういう子達がいっぱいいた。全然関係ないけど、ティンバーランド(アメリカのブランド)のロングブーツは可愛い。あれのヒールつきがあれば買うのに。ちなみにマノロブラニクのティンバーブーツ(ショート)は模造品を4年前くらいに購入した。使えるけどヒールが高いから長時間の移動には全然向いてない。ティンバーからロングのヒールつきが出ないかな、手頃な値段で。絶対流行ると思うんだけど... また話がそれたが、今日の目的はこれさ↓

キングダム・カム(限定特別価格) Music キングダム・カム(限定特別価格)

アーティスト:ジェイ・Z,クリセット・ミシェル,ジョン・レジェンド
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD付を買ったんだけどお得。DVDの方は前回のアルバム"Black Album"のコンサート風景、あと"Kingdom come"のファーストシングル "Show me what you got" のMusic Videoが入ってる。ジェイは顔がかっこいいって訳じゃないが、フローも上手いし、なによりオーラが出てる。素晴らしい。さすがCEO。自分で自分を売るのが本当上手いと思う。インタビューで「俺はビジネスマンだ」とおしゃってましたが、ほんと、おっしゃる通りでございます、って感じ。全部まだ聞いてないが、買ったことだけで満足してしまった。とりあえずDVDだけチェックした。いい感じ。1回見たけどもう一回見とくか... いい感じだ。CDは明日にでもオフィスでかけるか。出来がいいといいな。本当は他にも色々買ったんだけど、またしっかり聞いてから書きます。

次のステップ

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は連日の忘年会という名の単なる飲み会の連続でかなり胃がやられてきました... 昨日も和食フルコースだったのにワインをがぶ飲み。肌もなんか調子が悪い。変なブツブツが出てきたけど、勢いで飲んでしまう。

証券会社勤務の人間にとって12月は勝負の時期。ここで来年のパイプラインがないと1~3月に何もお金が落ちないことになるので、必死になるのが普通。ですが、代わり映えしない毎日に飽きてきた私は全く仕事に精が出ない... だから忘年会という名の飲み会に参加しまくり。最近本当にパッとしないよな。仕事は楽しくないわ、WHは忙しくて相手にしてくれないし、全く気のない相手からはしつこく連絡がくるし、一体どうしたらこの状況を打開できるのかと思い悩む毎日...

ですが、この時期にボーナスの発表があるんですね。皆の士気が落ちるタイミングでのボーナス発表。会社の策略か?

普通に考えればこれがやる気を湧かせる起爆剤となるはずですが、金額次第では転職という選択を考える人も増える。今年の金額に納得できないのであれば、来年納得できる金額を獲得する為に狩人生活をスタートするのが今の時期。心なしか私の周りもざわめいている気がする。アポが入ってなかったはずなのにオフィスにいないとか、意味不明のアポがスケジュールに入ってたりする。

正直、今週1週間、私のところにかかってきた電話はヘッドハンターばかり。(お客さんからよりも多い日もあった...)去年よりもアグレッシブな電話攻勢に驚く。今年はどこのハウスも収益がよかったから来年に向けてもっと人員を仕込みたいというところらしい。外資証券業界では2月が一番流動性が高い時期。その時期に備えるには今のうちに約束を取り付けておかなければならないという事か。

どうしよう。私も来年何をするか考えなければ。幸か不幸か今月は暇だから色んな人に会って話して考えることにしよう。

2006年12月 6日 (水)

単純なのは女も同じ。単純なのは女バンカーでもやっぱり同じ

最近自分が書いてるから他人のブログも読んでるんだけど、気付いたのは「男って単純」とか言うけど「女も単純」ってこと。

「気になってる人がいてー。でその人といい感じになって、でも相手から電話が来ないから自分からかけたんだけど、電話取らないし折り返しもなくてー。でも2回目も私からかけるのってなんかイヤで、でもこのまま連絡とれなくなるんじゃないかと思うと不安」とかいう内容が激多い。こういうのを見るとやっぱり皆同じ様な経験とか思いをしてるんだなって少し安心する。

私なんかも同様の経験あるわけですよ。「メールしたのにメール来ない。なんでだろう?」とか、「電話するとか言ってたくせにこない(と憤慨)」とか。なんだけどイメージなのか雰囲気なのか「君は追われる方だから追う必要性はないよね」と言われることが多く、一体私ってどう思われてるのかな...と疑問を感じる。(注: こういう事を日本人男性から言われたことはない。外人だけ...)

どう思われてるのか疑問って話は本当日常によくあって、特にお金にまつわるお話が多い。女バンカーの端くれなんでお金を持ってると思われてて、全然ブランド物でもない靴を履いてても「それってマノロ(=マノロブラニク)?」とか、セールで激安で買ったジャケットを着てても「そのジャケットってドルガバ(=ドルチェアンドガッパーナ)でしょ? いいねーお金持ってる人は」と言われて、その度に偏見って怖いわって思う。正直、お金に絡む話をされるのが私は一番つらい。持ち物の話ならまだ許せるが、「ボーナスってどれくらいなの?」というお金ダイレクトトークは本当に苦痛。数字聞いたらあなたの私に対する態度は変わるの? って思う。

私の誕生日の時に全く仲の良くない男に言われたのは「君は何でも自分で買えるから普通の物じゃ満足しないでしょ」。あなたは一体私の何を知っているの? と思ったのと同時にとても悲しかった。私の彼からはカードと凄く後になってバッグを買ってもらったが、カードはとても嬉しかったし、WHは何もくれなかったけど、私の好きな赤ワインをおごってくれて、かつ「誕生日おめでとう」と言ってくれたことがとても嬉しかった。

本当意外に単純な事が嬉しかったり、思い出に残ってたりするもので、多くの人が抱いてるイメージとは違うと思う。職業はバンカーでもその前に人間だから、普通に接して欲しいと願う今日この頃です。

2006年12月 5日 (火)

恋愛指数

物価指数とか景気動向指数とか「指数」って言葉は経済の世界で頻繁に使われるが、最近の私は恋愛指数の低下が著しく激しい。めっきり寒くなったのと関係あるのかとも思ったが、どうやらそうでもないらしい。

あの男女間の微妙な緊迫感を求めるアドレナリンが全くでない。というか、なんか「めんどくさい」という気持ちに押されて全く前のめりになれない。かのWHにも、なんとなくあのオーラに耐えられるだけの体力がない気がして、会いたいという気持ちにもなれない... これは明らかなる恋愛指数の低下の兆候といえよう。

今日の夜、ある男子(*私より若い人は男子と呼ぶ)に誘われご飯に行った。全くアドレナリンが出なかった。そもそも男子全般に対してそういう興味がないというのは大前提にある。がしかし、向こうから激しく発されるオーラにも全く反応せず、波の様に押し寄せる賛辞の言葉もさらりとかわし、今こうしてブログ書きに精を出す私。大人になったと感じる反面、これっておばはんへの一歩かとも思う。まあ、あんだけ興味ない風に、かつ一人称を絡ませない話し方で接していれば、彼の私に対する興味も失せたであろう。ヨカッタ、ヨカッタ。ある種人助けをした気持ちになったよ...

それにしても擬似恋愛ともいえるデートゲームにこれだけ興味がなくなってしまった私は、果たして将来またゲームに参戦せざるを得ない状況になった時に、それに耐えられるだけの恋愛IQを備えているのだろうか。食事中に心配になって思わず男子に聞いてしまった。

「私、最近デートゲームから遠ざかってるから自分の能力に疑問を感じるんだよねぇ...」

そしたらその男子に

「でも君はシングルではないんだからゲームになんてそもそも参戦する必要がないじゃないか?」(*シングル = 彼氏がいない)

おっしゃる通りです。確かに私はゲームに参戦する必要性のない女。(でもそれ以上に、その事が分かっていながらなんで男子は私にオーラを放っていたのか?) なんだけど、真剣にゲームに参戦しなければならなくなった場合の状況についてまで考えてるあたりがなんともいえない。これってまだ遊びたい心の表れなんでしょうか? それともやたらと私が心配性でとりあえず、いつ何時起こるとも限らない地震に備えて食料を準備しているだけなのか? はたまたあの恋愛初期段階のフィーリングをもう一度味わいたいと願ういつまでも夢みるおばさんになっているのか?

こういうのはやっぱり自分一人で答えを出せるものではない。だからてっとり早いところで明日WHに電話して会ってみようっと。奴との会話からなんらかの化学反応が出る可能性がある(はず)。でも寒かったらめんどくさいからやめようっと。

2006年12月 4日 (月)

採用の季節

これくらいの時期から外資系による会社説明会が序々に開催されるんですが、今年はどこのハウスも大量採用らしい。これって景気がいいって事のある種裏付けですが、毎年の悩みはどれだけいい学生が採れるかってこと...

個人的には、体力があって根性があって頭が良くて人間関係を上手くやれる学生希望。そんな人がそうそういる訳ないんだけどそれに近い人材を探そうと躍起になってますね、毎年。そうそして私達は今年も躍起になるのよ...

スタートは「アナリスト」という名の「奴隷」からというのが鉄則なこの業界(注: 新卒の場合)。奴隷ってその名の通り、体力と根性がないとダメ。体力と根性がないと途中で倒れたり、投げ出したりするじゃないですか? だからその2つの要素がとっても重要。

私もアナリスト時代は「なんでこんなしょうもないスライド作成に朝の4時まで....」って思ったこと何百回どころではないし。でも、バカみたいな仕事をどれだけ丁寧に早くかつ正確に仕上げられるかがアナリストの腕の見せ所なんです。でもそれに気がついたのは私の代わりの奴隷が来た時くらいだったな... それまではバカバカしいと思ってただけだった...

でもこれだけ書くと「じゃあ投資銀行にいる若い奴ってバカばっかり?」と思われそうだけどそういう訳ではなく、最低限のクオリティとして体力と根性を挙げてます。その次の要素は無論知性。頭良くないと長くはこの世界で生き残っていけない。バカだとお客さんを上手くハンドルできないし、おバカコメント連発してたらお客さんから見放されちゃうしね。アナリストから上がってくる上では知性が勝負の鍵だと思う。

でも入り口は体力と根性、と少しの知性で入ってきてくれれば嬉しい。今年はな、なんと...私も採用活動に携わらされることになってしまったので、どこかでこれを読んでくれている学生さんに会うことになるかもしれません。

もし「あ、この人あのブログを書いてる人だ」って思ったらそう言って下さい。いい当てた見返りとしてあなたを採用(ドーン!)。何万人もいる中から一人の人間を探し当てるのだって才能の一つだしね。「ウォーリーを探せ」の100倍くらい大変だと思うが、まあそういう楽しみを考えながらやるってのも採用の醍醐味だし。何気に私も(何年前だって感じだけど)就職活動って楽しい思い出が多い。採用の時に会った子と飲み行ったり、挙句の果てには付き合ったりとかしたし(すぐ別れたが...)。余談だ。まあ気楽に捉えて、でも気合入れて頑張れば自分が目指した所にたどり着ける気がします。じゃあ。

2006年12月 3日 (日)

サザエさん症候群の女

また明日から会社かと思うと憂鬱度合いが高まってきている外資系女です。こんばんわ。

日曜日の夕方辺りから「明日も会社か...」と嘆く人が増えている様で、その症状を「サザエさん症候群」という事をつい最近下記のホームページで知りました。

http://www8.plala.or.jp/psychology/disorder/sazae.htm

「これといった趣味もなく、土日はゴロゴロしているうちに終わってしまう...」ってくだりはもう私そのものを表しているかの様... 確かに趣味らしい趣味ってないからな。これはまさに私の現症状といえるでしょう。

しかもサザエさん症候群の下の「朝刊症候群」にも私は該当している。そもそも家で新聞を取っていないため、コンビニといった場所で入手するよりほか方法がないわけですが、最近では「新聞を買う」という行為自体がめんどくさく、ネット、ブルームバーグで用を済ませる傾向にある... だから偏った情報しか入ってこないのか?

まあ気がつけば既に12月だし、ちょっと明日から心を入れ替えて頑張るか。とりあえず朝刊購入からスタートだな、明日は。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30