無料ブログはココログ

« サザエさん症候群の女 | トップページ | 恋愛指数 »

2006年12月 4日 (月)

採用の季節

これくらいの時期から外資系による会社説明会が序々に開催されるんですが、今年はどこのハウスも大量採用らしい。これって景気がいいって事のある種裏付けですが、毎年の悩みはどれだけいい学生が採れるかってこと...

個人的には、体力があって根性があって頭が良くて人間関係を上手くやれる学生希望。そんな人がそうそういる訳ないんだけどそれに近い人材を探そうと躍起になってますね、毎年。そうそして私達は今年も躍起になるのよ...

スタートは「アナリスト」という名の「奴隷」からというのが鉄則なこの業界(注: 新卒の場合)。奴隷ってその名の通り、体力と根性がないとダメ。体力と根性がないと途中で倒れたり、投げ出したりするじゃないですか? だからその2つの要素がとっても重要。

私もアナリスト時代は「なんでこんなしょうもないスライド作成に朝の4時まで....」って思ったこと何百回どころではないし。でも、バカみたいな仕事をどれだけ丁寧に早くかつ正確に仕上げられるかがアナリストの腕の見せ所なんです。でもそれに気がついたのは私の代わりの奴隷が来た時くらいだったな... それまではバカバカしいと思ってただけだった...

でもこれだけ書くと「じゃあ投資銀行にいる若い奴ってバカばっかり?」と思われそうだけどそういう訳ではなく、最低限のクオリティとして体力と根性を挙げてます。その次の要素は無論知性。頭良くないと長くはこの世界で生き残っていけない。バカだとお客さんを上手くハンドルできないし、おバカコメント連発してたらお客さんから見放されちゃうしね。アナリストから上がってくる上では知性が勝負の鍵だと思う。

でも入り口は体力と根性、と少しの知性で入ってきてくれれば嬉しい。今年はな、なんと...私も採用活動に携わらされることになってしまったので、どこかでこれを読んでくれている学生さんに会うことになるかもしれません。

もし「あ、この人あのブログを書いてる人だ」って思ったらそう言って下さい。いい当てた見返りとしてあなたを採用(ドーン!)。何万人もいる中から一人の人間を探し当てるのだって才能の一つだしね。「ウォーリーを探せ」の100倍くらい大変だと思うが、まあそういう楽しみを考えながらやるってのも採用の醍醐味だし。何気に私も(何年前だって感じだけど)就職活動って楽しい思い出が多い。採用の時に会った子と飲み行ったり、挙句の果てには付き合ったりとかしたし(すぐ別れたが...)。余談だ。まあ気楽に捉えて、でも気合入れて頑張れば自分が目指した所にたどり着ける気がします。じゃあ。

« サザエさん症候群の女 | トップページ | 恋愛指数 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/4430376

この記事へのトラックバック一覧です: 採用の季節:

« サザエさん症候群の女 | トップページ | 恋愛指数 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31