無料ブログはココログ

« 外資女の懐メロコレクション | トップページ | コンプラ問題について »

2007年2月24日 (土)

Genius is only one remove from insanity. (天才と狂気は紙一重)

彼氏と話している時に、私の10年来の友人が病気でアメリカの片田舎にある実家に帰ったことを知った。

その10年来の友人は、世界中の誰もが名前を知っているアメリカの大学を卒業して、米系の証券会社に入社し、その日本支社に移ってexpat として働き、その後、某米系ファンドへ転職し、パートナーまでのし上がった男だ。凡人には理解出来ない程に頭が良く、しかもルックスはパーフェクト。NYで働いていた頃に何度もモデルとしてスカウトされたらしい。彼を見れば誰もが間違いなくモデルだと思うだろう。

彼の事はよく知っている。いつかも思い出せない位の大昔に何度かデートしたことがある。そして今の私の彼氏の大親友だ。だからとてもよく知ってる。その彼が最初に病気になったのは2年前。ファンドに移ってパートナーになって傍から見れば順風満帆の人生に見えた。当時私は今の会社で案件にまみれて心身ともに疲れ果てていた。だから当時彼と飲みに行く度に思ったのは「上にいけばいくらでも稼げて時間も出来て楽になれる」ということばかりだった。彼は1週間のうち3日しか会社に出社せず、2日は夜通しで飲み歩いて、余った時間はモデルとデートばかりしていた。そんな楽な生活が本当に羨ましくて羨ましくて仕方なかった。だけどそんないい時期は長く続かなかった。

2年前のある日、私の携帯に電話がかかってきた。彼からだった。着信に気付いたのは23時頃だったと思う。飲みの誘いかと思ったが、とりあえず電話した。彼が出た。とにかく私の彼氏と話したいという。どうやら電話が繋がらなかったらしく、それで私の所にかけてきたらしい。私は自分の彼氏と一緒に住んだことはない。よって携帯が通じないなら私も話すことは出来ない、そう伝えた。様子が変だった。

その電話から1週間後、彼がまた携帯に電話をかけてきた。どうしても私の彼氏と話したいが通じないという。当時私の彼氏は出張でNYにいた。だからそう伝えた。とても様子が変だったのが気になって、今どこにいるのかと聞く。グランドハイアットにいると言った。なんでグランドハイアットにいるんだと聞いた。彼は六本木ヒルズに住んでいた。何故ヒルズに住んでいてグランドハイアットに泊まる必要があるのか? 理由を聞くと誰かに追われていると言った。その時点で何かがおかしい、と思ったが多くを聞くのはやめた。とりあえず彼氏のNYの電話番号を渡した。それから1週間後、彼は日本からいなくなり、アジアのある国の精神病院に入院した。

彼はbipolar(躁鬱病者)と診断された。彼はハーフで、家庭環境が理解出来ないくらいに複雑で、それ以外にも色んな問題を抱えていた。だから私にはそれが普通の人がいう"躁鬱"ではない事が分かっていた。もっとシリアスでもっと深い問題に見えた。彼は躁鬱だっただけではなく強迫観念にも取り付かれていて、昔から誰かに追われていると思っていた。日本に来てからは病気も治っていた様だが、パートナーになった事がプレッシャーで再発したらしい。病院には1ヶ月いたが、仕事はもう出来なくなりアメリカに帰った。

今年1月、2年ぶりに再会した。新しいビジネスを立ち上げ、成功してる様だった。そして幸せそうにも見えた。これからどういうビジネスがくるか、そしてそれが何故なのか、そんな話を2時間くらいランチを食べながらした。相変わらずシャープで話も上手くて、彼が成功できなかったら一体誰が金融の世界で成功できるんだとさえ思った。とても自信とエネルギーに溢れている様に見えた。でも本当は違ったのかもしれない。

ある時、彼が私にこんなことを言った。

「君はdriveがあるし、とても強い人間だから絶対にこのビジネスで成功できると思う。稼ぎたいだけ稼げると思う。でももっと重要なのは、君が成功する事で女でもアジア人でも、アメリカ企業で成功出来るんだという事を証明する事だ。君は君が思う以上に重要な社会的な役割を担っている。でもそれと同時に女性としてプライベートでも成功する権利がある。難しいチョイスだとは思うけど辞めるにしても続けるにしてもよく考えてdecisionして欲しいと思う」

彼は物事をとても深く捉え過ぎていたのかもしれない。彼は彼がハーフである事の社会的な意味を常に考えていた。だからこそ、私が日本人であり女性である事の意味を考えて欲しいと思ったに違いない。今年会った時も同じ様なことを言った。私はその時、彼の頭が良さが命取りにならないといいなと思った事を思い出した。そして病気が再発した今、私は彼がもう二度と正気に戻れないかもしれないと思っている。

« 外資女の懐メロコレクション | トップページ | コンプラ問題について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/5476757

この記事へのトラックバック一覧です: Genius is only one remove from insanity. (天才と狂気は紙一重):

» 履歴書の書き方のポイントは? [履歴書の書き方]
履歴書の書き方のポイント(志望動機、自己PRなど)をまとめてみました。 [続きを読む]

» 証券会社の比較 [証券会社の比較]
複数の証券会社と取引をしていますが、その比較です。 [続きを読む]

» ★緊急★今日値上げ!今の価格は今日まで! [儲かる情報店]
今日値上げ!この価格で買えるのは今日までです!みんなと同じスタートラインに立てるのも今日までです!どんどんチャンスが失われます! [続きを読む]

» 証券会社に口座を開設しよう! [証券会社情報提供サイト]
証券会社に口座を開設して株式投資! [続きを読む]

« 外資女の懐メロコレクション | トップページ | コンプラ問題について »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30