無料ブログはココログ

« Genius is only one remove from insanity. (天才と狂気は紙一重) | トップページ | 花粉症の季節と映画(テレビ)鑑賞 »

2007年2月25日 (日)

コンプラ問題について

よっしーさんからこんなコメント(抜粋)を頂いたのでそれについて...

コンブライアンス(法令順守)について
意見いたたげればうれしいです。
失礼ながら外資系証券も含めた金融業界
はコンプラ違反続出という状況ですが
やはり皆確信犯なのでしょうか???

コンプラ... 私が最も忌み嫌う類の話です。

私はフロントにいて常に「どうすれば稼げるか」を考えている訳ですが、昨今のコンプラ関連の外資系証券バッシングには辟易してるので常にトランザクションに入る前にコンプラ(部署)に確認を入れてやってます。はっきりいって、日本の証券会社の方がゆるゆるです。(たまに一緒に案件をやると分かる) なんで彼らは挙げられないのか不思議でなりません。やっぱり外資バッシングなのかしら? と新聞を見る度に思います。

少し話は変わりますが、どういう業界でもグレーな物ってありますよね? こういう解釈だとOUT だけどこういう解釈ならOK というグレー(黒ではない)な物。こういうのが一番問題です。なぜって? グレー物は100%コンプラに阻止されるからです。

フロントにいる私の意見としては、コンプラはグレーな物を頭ごなしに否定するのではなく、弁護士にでも相談して、本当にそれが白なのか黒なのか見極めるのが仕事であるべきと思ってます。でも奴らは調べもしないで「全部ダメ」っていうんですよ。だからこっちで調べなくてはならない。はっきり言って、コンプラにいる人間よりも私の方がコンプラについては詳しい。一人でフロントもサポートもこなしていると常に思ってます(怒)。

ということで、よっしーさんへのお答えとしては「少なくとも私の会社に関して言えば確信犯な訳がありません」です。でもTier が下がれば下がる程にコンプラへの意識が低いと転職した友人達が言っている。ということは「Tier の低い外資系証券会社は確信犯ではなく気付かなくてやってるのかも?」になるのかもしれません。

まあこういうのは「外資系」で一括りにされてしまうから他外資系証券の皆さんもコンプラ遵守を胸に営業して欲しいです。

« Genius is only one remove from insanity. (天才と狂気は紙一重) | トップページ | 花粉症の季節と映画(テレビ)鑑賞 »

コメント

またまた日記にして頂き恐縮です。
基本的にグレーなのはやめとけという風潮ありますよね。
ありがとうございました。

私は邦銀で働いているのですが、その意見すごくわかります。ウチも異様にうるさく言われていて、仕事の妨げになっている状態なので。。。

ちょっとしたことをするのでも、コンプラ違反してないことを証明する資料を作らなきゃいけなかったり。資料の書き方とかも逐一指摘されますし。

グレーな部分を何から何まで禁止されると何もできなくなっちゃうんですよねぇ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/5483259

この記事へのトラックバック一覧です: コンプラ問題について:

« Genius is only one remove from insanity. (天才と狂気は紙一重) | トップページ | 花粉症の季節と映画(テレビ)鑑賞 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30