無料ブログはココログ

« 青い炎 | トップページ | センス »

2007年2月 1日 (木)

「一線」の定義

昔から仕事が忙しい時に限って、私の周りで問題が起きる傾向が強い。

毎年このシーズンになると「誰がどこに移った/引き抜かれた」の話で周りが騒がしくなる。そして自分も例外ではない。上司や部下が動いては明日から敵になり、昨日まで敵だった奴がいきなり今日から味方になる。ボーナスが出た瞬間速攻で会社を去り、1ヶ月後には他社のカードを持って客を回るというのはこの業界珍しい話ではない。今年も自分の周りで動きを感じる。そして私にもその波が押し寄せる。ヘッドハンターからの引き合いが強い。会社の電話、メールまでは許せたが、最近は携帯までが鳴る。一体誰が私の携帯を教えたんだ... と呆然。でもそれ以上に、オファーの内容も領域を超えた物が散見される。勤務地がなぜか香港にまで拡大。広東語なんかしゃべれないのに... 

仕事の忙しさに加え、周りの動きも忙しい夕方、他部署で働く子が私のデスクに来た。見た感じ、話をしたそう... という事でとりあえずカンファレンスルームに入る。適当に最近の動向などを聞いてあげるがなんか落ち着きがない。もしや、こいつ辞めるとか言い出すのかと怪訝な眼差しを向けると彼は言った。

「悩んでる事があるんですよ」

ほう。「うちに残るか○○○にいくか?」だな。という浅はかな私の予想に反し、奴は衝撃の告白をした。

「別れようと思ってまして」

彼は既婚。詳細は割愛するが、仲の良い夫婦を演じるのも疲れたと語り始める。そして奴はこう言った。

「(嫁は)一線を越えたんですよ」

... 言ってる意味が分からない私は思わず「一線って何?」と聞く。どうやら肉体関係の事らしい。そしてそれは一度きりの関係だったらしい。そうか... 彼は話しを続けたが私の中では私の「一線」の定義を考えていた。

過去にそんな「事故」はあったか? あったな。でもそれが「一線を越えた」と言えるか。ノーだな。私にとってそれらは「一線」ではなかった。単なる「浮気」でそれは「一線」とは異なる。つまり、浮気というのは浮気であって本気ではない。「一線を越える」というのは浮気のラインを超えて本気になることを言うのだとずっと思っていた。だから彼の言葉に驚いた。

そしてこんな事も思った。その彼がいう「一線を越えた関係」がばれなければどうだったのか。きっと彼も彼女も幸せだったはずだ。「知らぬが仏」とはよく言ったもので、知ったことで今までの培ってきた物全てが崩れる。彼も知らなければこんなに傷つく事も、苦悩する事もなかっただろうに。どうして知らなければならなかったのか? 

私の相手がもし過去に他の誰かと「一線を越えたことがあったとしたら」それを今知りたいだろうか? 答えはノーだ。それは、知らなければ知らない方が幸せな事が多くある事を私自身がよく知っているから。知ったことで傷つくなら知る必要はない。騙され続けたとしても、知る必要のない事を知らないまま生きられるなら、それは真実を知る事よりもはるかに重要な事だ。時間が経てば知らなかった事は知らなかった事のまま葬り去られる訳で、それは自分にとっては存在しなかった事になる。

でも彼は知ってしまった。それならばそれが彼にとって「知って良かった」と思える事になって欲しいと思った。知る事には知る事なりの理由があって、知らない事には知らない事なりの理由があるとしたら、彼は知った事で何を得たんだろうか? 

私は決まって忙しい時に限ってこんなつまらない事を考える。

« 青い炎 | トップページ | センス »

コメント

面白いですね…私もそんなような原因で別れて、今もトラウマ中のような気がするけどw、でも基本がリアリズムなので?現実はイタイけど、いつも力になってくれるものだと信じてます☆

こんばんは!
遅まきながら、コメントへのお返事をありがとうございました。
セレブさんの客観的かつ温かいお言葉、うれしかったです!ちょっぴり自信が持てました!
今の彼も決して地味ではないですが、若い子たちがスーツや靴、はたまたランチやディナーにエラいお金をかけている、とかいろんな事にびっくりしているらしいコメントを発していたので、今のところ分相応な判断ができているのかな、と思いました。
スウォッチいいですよね!私はいい物は好きですが、値段云々よりもセンスやコンセプト重視です!

彼とはどうなっていくかわかりませんが、とにかくここ数ヶ月猛烈に忙しいようで、私の事にまで余裕がない、といった感じです。
今までの私だったら「どんなに忙しくたって電話一本かけられる時間は捻出できるっ!」なんてカッカきてたんですが、私自身も仕事がハードで、時間があっても人の事にまで気が回らない事を経験したためか、不思議な事に(?)今のところ待っていられる自分がいます。
実はコメントを書いた時点ではどういう自分でいたら良いのかわからなくなって、スッパリ終わりにしちゃおうと思っていたんです。
でももうちょっと頑張ってみようかなと思います。
情が移りやすい私なので、そこらへんの見極めは気をつけないとなんですが…ちなみに性格はやや?強めです!

自分の中での”一線”の定義、考えてしまいました。
私も体の関係があるってことがわかったら、だめですね。
知らなければ確かに幸せかもしれないけれど、
こういう事って勘のいい人はちょっとしたことから
結構感じ取るかも!?

長々と書いてしまいました。
お忙しいようですが、体調など崩されませんように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/5159971

この記事へのトラックバック一覧です: 「一線」の定義:

« 青い炎 | トップページ | センス »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30