無料ブログはココログ

« IB女のキャリアプラン | トップページ | 今となって分かる「文化」の違い »

2007年3月24日 (土)

IB女のキャリアプラン(本物)

Maoさんからコメント(以下抜粋)頂きました。

>でも来年あたり、日本から脱して海外で何かビジネスをしてみたいとは思ってるので、このブログも「元外資系金融で働いてたセレブの毎日」になってるかもしれません(笑)

とありますが、実際にどういった方法によって実現されるおつもりですか?海外で就職するのか、あるいは日本の事業会社に転職して駐在させてもらうのか。
バンカーのキャリア構築に興味があります。海外で働くことについて、セレブさんがどの用な可能性を考えていらっしゃるのか、知りたいです。

あんまり細かく書くと人物が特定される可能性があるので(笑)、ぼかし入りで書きます。

私が学生の頃って、将来的に海外オフィスへトランスファーしてくれるといいな、という希望入りで入社したのですが、ご覧の通り、未だに日本在住... 

ここ数年、本気で海外に行きたいなとまた思い始めて、とりあえずヘッドハンターに聞いてみた(一杯知ってるしね...(笑))。証券業ってことで言えば、本邦証券の海外証券子会社は恒常的に経験者を募集中らしい。実際、数年前に友達が某本邦証券のNY支店で就職。結構、簡単に決まってた。まあこういう方法は一つあるんでしょうね。でも私個人としてはわざわざ海外まで行って日本人が多い環境で働かなくてもいいんじゃないか、と思ってるのでこういう就職はなさそう。

外資証券は現地で恒常的に(当たり前ですが)人を募集してるみたいですが、勿論現地でインタビューを受けないといけないので若干めんどくさそうですね。わざわざ日本から受けに行っても受かるかどうか分からないし。でも、アジア担当っていう括りで、アジア人をNYとかロンドンで募集してるケースは多いらしい。つい先日も某ヘッドハンターがNYの話を持ってきた。でもNYまで行って面接受けるのは大変なんで断りました。でもこういう就職はあるんでしょうね。

今私の一番リアリスティックな方法は、友達がやってるファンドに就職だと思います。長い間知ってる人間で、お互い気心しれているのでやり易いと思ってます。もしファンドの商売が自分に合わないと思えば、ファンドに勤務しつつ、現地で面接受ければいいかなと。グローバルなヘッドハンター会社って多くあるので、日本で登録して(ヘッドハンターの)NYオフィスにデータを流してもらえば、現地でいくらでも紹介してくれるそうです。

個人的にはMaoさんみたいに若いのであれば、ある程度の方向性(例えばNYに3年後くらいに行きたい)だけ決めておけばいいかと思います。もし、3年後とかに海外に行きたいのであれば、現時点で具体的な方法を考えても仕方ないと思います。だって2年とか3年後って、本当、どうなってるか分からない。1年後に凄い好きな人に出会って結婚してるかもしれないし、子供が出来てるかもしれないし。

でも正直「出会いファクター」は大きいと思います。実際、今就職しようかなと思ってるファンドのパートナーとは、4年くらい前に友達の友達ってことで会ったのがはじまり。そこから、飲み友達として六本木をウロツキまくった仲で、まさかその彼が2年後パートナーになるとは思ってなかったし、まさかNYに帰っていくとも思ってなかったし。人生における一期一会って本当に重要だと思います。「この人に会わなかったら私の人生って...」って思うこと、たくさんあります。それが「彼」といった特別な存在ではなくても、友達や知り合いってことでもあります。

MaoさんがIBで働き始めたら、凄い疲れて外に飲みに行きたいとか、新しい人と知り合いになりたいって思わないかもしれません。でも疲れてても外に出て色んな人に会うことをお薦めします。多くの人間と知り合って自分を知ってもらうことで様々な可能性が開けてくると思います。

« IB女のキャリアプラン | トップページ | 今となって分かる「文化」の違い »

コメント

素敵…そしてなぜかNY連発してるところも?セレブさんみたいなお仕事だとあれですが、もっと軽い仕事だと今スカイプで面接する所もあると聞きました。
私はOL向きでないので、とにかく英語話して、外人と結婚して、細々と続けてる音楽活動を出来れば向こうでしたいと思ってます。あといくつになっても新しい知り合いってたしかに大事ですよね★

>現時点で具体的な方法を考えても仕方ないと思います。だって2年とか3年後って、本当、どうなってるか分からない。

なるほど、まさにおっしゃるとおりだと思います。私自身、大学入学時にはまさかIBに内定をするとは全く思っていませんでしたし。

しかし本邦証券の海外証券子会社というのは、考えていませんでした。やはりIBとしてのキャリアを評価してもらいやすいのは、当然同業ということになりますもんね。
証券会社やファンド以外の進路はありうるのでしょうか?

>多くの人間と知り合って自分を知ってもらうことで様々な可能性が開けてくると思います。

今の自分にとって大事なのは、相手に知ってもらうに値するバンカー、あるいはビジネスパーソンになることだと思います。日々の仕事と、毎日の人との出会いをすること。やはりその基本をしっかり行っていくことなしには将、来のキャリアを描くこともできないということですかね。
やるしかない、、、がんばります!

丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/5803553

この記事へのトラックバック一覧です: IB女のキャリアプラン(本物):

» 凄すぎる〜!!! [凄すぎる〜!!!]
こんな人もいるんですね! [続きを読む]

» 面接スキル 外資系企業の面接 [面接スキル 外資系企業の面接]
面接スキル 外資系企業の面接 [続きを読む]

« IB女のキャリアプラン | トップページ | 今となって分かる「文化」の違い »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30