無料ブログはココログ

« We all want to be wanted, but some are more desperate than the other | トップページ | 「マメ」という美学 »

2007年4月22日 (日)

MBAに関して

前にご質問頂いていた外資証券におけるMBAに関してですが、保有の状況は世代によってもかなり異なります。

40歳超はMBA保有者と非保有者が半々位です。40超で日系証券・邦銀を経て外資証券入りした人の大半は、証券・銀行の海外派遣制度を利用しMBAを取得。MBA在学中に外資企業への憧れが芽生え、日本帰国後に外資転職ってケースが多かった様です。40超の世代だと、あまり派遣元の会社から「ただ食い」とか「泥棒猫」呼ばわりされず、すんなりとは言えないものの、なんとか学費等を払い戻すことなく、外資転職が出来た様です。

35~39歳レンジは「30% : 70%」(保有者: 非保有者)なイメージ。ここのレンジだと意外と新卒から外資って人も多い。ちなみにこのレンジの人で邦銀・本邦証券からの派遣で海外留学した場合、派遣元での在籍年数によって派遣元に払い戻す金額が異なった様です。つまり、留学して1年以内に退職した場合、留学費用の100%を支払うとかいうアレンジがあった様で、会社の知り合いは1年ちょっとで退職した為、留学費用の80-90%位を元の勤務先である証券会社に分割で払ってると言ってました。その人の場合は留学期間2年で、学費も日本比べらぼうに高い上に(たぶん年間500万位って言ってた気がする)、都市部だったことから生活費もハンパなかった様で、2年で2,000万円弱かかったみたい。重い借金を背負っての外資スタートになったと語ってました...

30歳~34歳は「15%: 85%」位でしょうか。まあこのレンジだとかなり新卒外資が定着してます。

29歳以下になるとMBAホルダーが0%に近いと思われます。「外資」が日本に馴染んだ世代といえるでしょう。

私は持ってないんですが、正直、同じ業界、つまり外資系証券に勤務し続ける限りにおいては、MBAの有無って全く関係ありません。体系的に金融を学んでいるっていう点では評価できるのですが、じゃあMBAで実務を学んだかというとそうではない。日常の仕事は「実務が出来てナンボ」という評価基準である為、正直、MBAを持っていることが何か大きくプラスに作用するとは思えません。そして実際作用してません。

まあ過去に、40超のHBS、Wharton出身者なんかが「あいつChicago卒かよ...」と馬鹿にした口調で話してるのを耳にしたこともありますが、私みたいな世代の人間からすると、「HBS出てるくせに、プレゼンも作れない」とか、「Wharton行ってもプレゼンもまともに出来る様にならねーのか」と、ある種皮肉を含んだ表現で利用されることが多いかもしれません。若ければ若い程、皮肉的な表現でMBAホルダーを形容している確率が高いと言えます。

唯一、MBAを取得することの魅力は「他業種への転職」を考える場合だと思います。金融はもういいやって思った時、転職の為、そしてリフレッシュの為にMBAに行くのはいい選択だと思います。勿論、お金はかかりますが、こんな体のいい言い訳はありません。いきなり会社辞めて2年もニートやってると、単なる「堕落者」呼ばわりになって、次の就職がかなり厳しくなりますが、2年MBAの実質ニートなら景気さえ良ければある程度希望する仕事は見つかるはずです。(無論、MBAランキングいい所じゃないと行っても意味がないと思いますが)

そんな訳で、MBAってのは「休憩の場」、「転職活動の場」、「社交の場」ではあるものの、実際の仕事や出世には日本では関係がないと言えます。学歴信仰の強いアメリカなどでは異なることが予想されますが、日本の外資証券に身を埋める限りにおいては、MBAを保有してないことが悪く作用することは全くありません。逆に、保有してない方が余計な借金もなく、揶揄も受けず、気楽かもしれないとさえ思います。

« We all want to be wanted, but some are more desperate than the other | トップページ | 「マメ」という美学 »

コメント

うぉ~
そんなもんですか~
少しコンプレックスが解消されました~

初めてコメントさせて頂きます。
MBAを取っていても、仕事に活かせない限りは意味がないと思います。MBAホルダーを売りにしている人、まだよく見かけますが、私の会社ではMBA=Most BAKA Associatesという言葉が裏で定着してしまっております。。。

資格も見方によったら、メリットにもデメリットにもなるんですね…成程。自分の短所やコンプレックスも、見方によったら長所になるのかも?…何かそういうプレゼン方法を、コソクに探してる私です。

なるほど。意外に少数&イメージがよくないんですね。MBAって。≠ニートか。。。

日本はちょっと前まで学歴偏重主義だったのに,ここ最近で極端に成果偏重主義になっちゃいましたね。

一流会社辞めて私費留学するなんてすごいチャレンジなこっちゃと個人的には思いますが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6178158

この記事へのトラックバック一覧です: MBAに関して:

» 「これで売れなきゃ商売は辞めちまえ!【インパクトマーケティング戦略】」 [無料レポート・ランキング]
無料鐓�鐓�鐓�鐔逸��を希望の方のみ閲覧ください。 [続きを読む]

» 選択肢は色々と [めざす! US CPA〜米国公認会計士への道 試験の難易度・就職・転職・年収について]
[USCPA受験記〜その④] もっとも最初はUSCPAの受験を具体的に考えていたわけではありませんでした。 一番初めに考えたのが、留学してMBAをとるプランです。しかし、留学費用がかなりかかりますし、会社を辞めないとチャレンジできません。私は会社を辞めるのには抵抗が...... [続きを読む]

« We all want to be wanted, but some are more desperate than the other | トップページ | 「マメ」という美学 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31