無料ブログはココログ

« deja vu | トップページ | 露出の季節 »

2007年4月16日 (月)

"open-ended"な関係

この間の金曜日、某外資トレーダーと食事に行った。

彼(=本文では全て某外資トレーダー)は私より年下で、外人、彼女ナシ。でも真剣に恋愛したくて毎日真剣な恋愛対象を探すべく旅をしているんだそうな... 和食が食べたいってことで都内某所の日本料理店へ。ちなみに私のステータスについては既に伝えてあって、でも彼曰く「君は僕のタイプ」なんだと...

彼と前話した時に、彼の高校時代の同級生、女でしかもプロムクイーン(=高校毎のミスコン(みたいなの)でトップの子を言う)から3年ぶりに電話があり「日本に行くから一緒に温泉に行かない?」って言われたんだよね、って言ってたのを思い出し、「そーいえばあれってどうしたの?」と聞いてみた。

「ああ、一緒に行ったよ」との返事。まあ可愛い子から誘われて行かなかったら男がすたるわな、と思いつつ、「で、その後どうしたの?」と聞いたところ、「まあ住んでる国も違うし、付き合うって訳にもいかないし...」、そりゃあそうだよね、「なにじゃあ泊まり行ってそれで終わりって感じ?」と言ったところ、「いや、でも今度一緒に南米に旅行に行く予定」 ...つまり? 「まあ"open ended"な関係ってヤツで...」 なるほど。 

なんか始まって、なんか切れてる感じがしなくもないけど、でもはっきり終わりがあったわけじゃない。束縛もなく、干渉もなく、でも一緒にいたい時はお互い時間が合いさえすれば一緒にいようか、という、これを"open-ended"(開いたまま閉じた感じ?)な関係という。勿論、この関係では他の人とも"open-ended"な関係が成り立つ。

かく言う私も過去には、「なにその訳分かんない関係は?」と女友達から言われる、open-end な関係があった。でもこれって外人としか成立しない関係で、日本人同士で成立したことって一度もない。それはなぜか?

例えば、アメリカ人とかって日本人の言う「付き合う」(=1on1な関係)に至るまでは別に誰と何回デートしてもOKで、いわば1on1の「お試し」を行うことが一般的とされている訳ですが、日本人の場合、その「お試し」段階を(それが1on1の場合には)既に「付き合う」と定義してますよね? (もしくは「していた」。注:世代によって考え方が違う可能性あり...) つまり、アメリカ人と日本人では「付き合う」の定義が異なる、もしくはずれが生じている訳です。よって、日本人同士にはopen-endedな関係が存在しない(もしくは「しなかった」。注: 世代によって異なる可能性あり...)

3時間位飲んで食べてた訳ですが、その間、彼の口から"open-ended"な関係が3件くらい出てきて、「何気にもてるのか、こいつ?」とちょっと思った。でもそれと同時にもう一つの疑念が湧いた。

"You can't be serious with anybody, huh?"

真剣になるのが怖い症候群に侵されているのかなと。勿論、本人は否定してましたが、でもちょっとそういう気がした。真剣になって後に玉砕するのが怖い男はこの手のopen-ended 型に手を伸ばしがちな気がする。手を伸ばして「自分もやれば出来るじゃん」と自分の価値を再認識するんだけど、そこからは先には進めないタイプ。進んでフラレちゃったりするとプライドがぼろぼろになるから。まあ、ある意味バランス重視派。

分析するだけ分析して、私は疲れたんで家へ。彼は六本木の町へ消えていきましたが、果たして彼は真剣な恋愛の対象を見つけたんでしょうか? まあ一つはっきりと言えることは、彼と私は全く恋愛って意味でクロスしないって事と、それをお互いしっかりと確認できた(はずだ)から意外といい友達になれるかもなってことでしょうか。まあいい会合だったと思います。

« deja vu | トップページ | 露出の季節 »

コメント

この件に関して、私は最近ギャオでやってる映画を見ましたw
http://www.gyao.jp/cinema/
「男が女を愛する時」という映画です。あんまり色んな人のレビューが熱いので?男性心理の参考になるかと思って。内容は、男は振られるのが怖いので、本心(本気で好きだ)をいえない…みたいな。
私は言うのも振られるのも、あんまり苦にならなタイプなので、男ってそうなのかな??と思いました。実際、好きなのか嫌いなのかよくわからない態度をされると、私はうざい!と思いがちなのですが、それが婚期を逃してる原因だと思います(泣)☆

セレブ様、こういう人どう思いますか?

会社にですよ。これからクラブにでも行くのかみたいな、ミニスカートはいてきて(トップも胸の谷間みえみえ)、

コーヒールームで近寄ってきた男性が(ただコーヒー取りに来ただけかもしれないのに)軽く(社交辞令的に)会話しても、
それを自分のセクシーさにそそのかされていると勘違いして邪険に扱い、そっけないそぶりでその場をそそくさ立ち去る女。

日米のハーフで西海岸出身だから、そういう露出狂的なのが当たり前なのかもしれませんが、同僚の女性(日本人だけど海外がながい帰国子女)でさえ、ちょっとTPOなさすぎ、と影で文句いってるとか。。。

別にどうでもいいことなんですが、、。

自分で種を撒いておいて、
その結果を受け止められない、
かつ、どこかはき違えている変な人です。

(若い)プロムクイーン女から言い寄られている外人男に、「君は僕のタイプ」といわれる、(外人男よりは年上の)セレブさまってすごいですね。That's アジエンス、ですね。

ちなみに、私の世代では「お試し」というか「クーリングオフ可」という考え方が定着しておます。

まあ、クーリングオフばっか使ってる連中は大概最後はしょーもない物件掴まされて、「俺も散々遊んだし、年貢の納め時だよな。ふっ。」なんて自己弁護してますが。。。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6108124

この記事へのトラックバック一覧です: "open-ended"な関係:

« deja vu | トップページ | 露出の季節 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31