無料ブログはココログ

« 投資銀行員の「愛」の定義 | トップページ | "allure" »

2007年4月28日 (土)

投資銀行を(少し)知るための本

前に投資銀行員の生活を知るのにいい本ってありますか、というご質問を頂いたのですが、出てました、あのバイブルが。しかも文庫本にて。

サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか Book サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか

著者:ジョン・ロルフ,ピーター・トゥルーブ
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「投資銀行残酷物語」っていうタイトルでハードカバーでは出てたんですが、文庫本化されたらしい。原題は"Monkey Business"だったと思うのでこんなタイトルになったんでしょうが、もう少し分かり易くてもよかったのにな。とりあえず貼っておきます。

« 投資銀行員の「愛」の定義 | トップページ | "allure" »

コメント

最近は忙しいのですか?
個人的には楽しみにしているので、新しいアップを期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6236228

この記事へのトラックバック一覧です: 投資銀行を(少し)知るための本:

» 銀行金利 [銀行金利]
銀行金利 [続きを読む]

« 投資銀行員の「愛」の定義 | トップページ | "allure" »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30