無料ブログはココログ

« 仕事による弊害 | トップページ | 投資銀行を(少し)知るための本 »

2007年4月28日 (土)

投資銀行員の「愛」の定義

恋人はバンカーさんからコメント頂きました(下記青字抜粋)。有難うございます。

その彼も、「明日電話する」といっておきながら1週間ほったらかしにしたりします。 そのくせ初めてあった日のこと(当時は友達以前だったので、具体的な日を覚えている必要はなかった)を何気なく覚えていて、ちょうど1年後の同じ日にデートに誘いたかったのか、私が忙しいから1日ずらしてくれ、といったらシュンとしてしまって、案外可愛いところがあったりします。でも、1年前の初めてあった日を覚えてるくらいなら、どうして「明日電話する」の約束を忘れたりするの!と私はつい責めたくなります(特にバンカーって、情報処理能力優れてて頭もいいはずなんだから、なんでそんな簡単なことできないの!って心の中で叫んだりしてます。) でもきっと、彼もセレブさんと同じようなnatureがあるんですね。私は彼のことが一層愛おしくなってしまいました。

ところでセレブさんにお伺いしたいのですが、セレブさんに似たnatureを持つ私の彼のような人は、本当に人を愛したりするんですか? 
セレブさんや彼のような人が誰かを本当に心から愛する(愛し続ける)としたら、いったいどんなnatureに惹かれるのですか。 是非教えてください。
彼は私に何気なく「将来の二人の間にできる子供達のこと」なども話してくるのですが、電話の約束が果たされないときにはいつもちょっと不安気味になってしまうんです。本当に信用し身を委ねていいのかなって・・・。  

難しい質問ですね、「本当に人を愛したりするんですか?」 私も付き合ってる彼がいますが、その彼への思いが愛なのかは分かりません。(たぶん愛だとは思います。)でもそれが何なのか一生分からないんじゃないかとさえ思ったりします。だから答えは「分からない」ですかね。いくら考えても答えが見つからないものが世の中に存在すると思いますが、これは私の中ではその類です。結局、愛ってのは自分が自分で定義付けるものであって、人に答えを求めるものではない。だから、あなたの彼と私の愛の定義も異なると思います。ただ限られた情報での判断ですが、彼はあなたの事を彼なりに愛しているんだと思いますよ。それがあなたの(求める)愛と同一かどうかは別の話だと思います。

仮に私が今の彼を愛している、もしくは過去の彼を愛していたとして、一体彼らのどんなnatureに惹かれる、もしくは惹かれたのかを分析すると、私の場合はいつも「頭の良さ」です。これは間違っても「学歴」や「偏差値」ではありません。でも、またここで難しいのは頭の良さの「定義」ですよね。私の場合は、「瞬時の判断力」や「機転」、「洞察力」なんかがポイントになります。(ちなみに偏差値テストでは判定不可能ですが、IQテストはこういった物が測れます) 自分よりもそういった点で優れている人に私の場合は惹かれます。

電話の件は、彼が私みたいな人間だと仮定した場合の話ですが、「用事がなくても電話する」っていうのが嫌いなんじゃないかと。私もそうです。精神的余力があったり、時間的な余力があれば、暇つぶしで電話でもするかもしれません。電話の約束も覚えているかもしれません。でも用事もないのに電話しても「仕方ない」って思ってる気がします。義務感で電話をする人も世の中に多くいる様ですが、単純に、電話したい時に電話すればいいんじゃないかと。私は常々そう思ってます。

昔、友人に(友人の彼も超激務、でも投資銀行ではない)「私、彼になんで1週間も連絡しないの。別に電話じゃなくてもいいんだから、なんでメールくらい毎日打てないの、と言ってけんかになったの」と言われて、私は「...」でした。

私が彼女に言ったのは「いかに彼の仕事が激務で大変か」、そして「そんなに話したいならなぜ自分から電話しないのか」です。話したいなら約束に関係なく、自分から電話して話せばいい。もし彼からの連絡が来ないことがたまに週末会った時のけんかの種になるのなら、けんかに発展する前に手を打てばいい。それ以上に 「なんでそもそも「待つ」必要があるのか?」とも言いました。「彼の激務を案じて」でしょうか? それならば週末に文句も言わなければいい、それが相手に対する本当の意味での思いやりです。投資銀行的合理化論風に言うとこんな感じになります。

気持ちも分かりますよ「約束したのに」って。でも約束という名の義務感だけでは関係は続かないと思います。彼はあなたと出会った日のことを激務の中でも覚えている。それで十分じゃないですか? 彼は本当に重要なことが何かをよく分かっている。あとはそういう彼の事を信じられるかどうかで、それはあなた自身の問題だと思います。あまり結論を急ぎ過ぎず、暖かく彼を見守りながら、今後本当に重要なことを彼が忘れた時に、彼との関係をどうすべきか考えてみても遅くはないと思います。理解出来ない事多いとは思いますが(私のブログ読んでるとそうじゃないですか?)、頑張って下さい。また何かあったらコメント下さい。誠実にお答えします。

« 仕事による弊害 | トップページ | 投資銀行を(少し)知るための本 »

コメント

個人差ありますよね

毎日メールしないと怒る子もいればそうでない子もいる。

一般的には前者は暇なOLに多く後者に外資系証券など激務な人が多いです。

私も「瞬時の判断力」とか、「瞬時の行動力」のある人が好きです!でもそれ以前に、自分がそういう能力必要な今日この頃☆

セレブさん

ご回答、どうもありがとうございました! 

実は、アップされている本、読んだことあるんです。以前セレブさんが進めてらしたので。どうにか頑張って原書でよみました。スラングはよく理解できないところがありましたが、大まかな話のストーリーはつかめました。
彼はNYでアナリスト時代をすごしたので、まさにおサルさんですね。今だに懲りずにswing続けています・・・。彼にとっては天職みたいです。

投資銀行って、不思議な世界ですよね。 あるいみ、addictiveな部分があるんじゃないかな?ともおもったりもします。 
彼の仕事の大変さや忙しさは、こうした本で頭ではわかるのですが、不安になったりするときに、つい自分勝手な解釈をしてしまうことあります。 でも、女性のバンカーの方のアドバイス頂けて、本当によかったです。
私、セレブさんのブログみてて思いましたが、バンカーのひとって、女性でも男性でも生きることに貪欲ですよね。つねに上を目指して頑張っている。素敵だな、とおもいます。

愛の定義については、そうですね、こればかりは個人によって定義が異なるし、先を急ぐ必要もないかもしれませんね。

彼はとにかくbusiness tripが多くて、NYにいたかとおもえば、Germanyにいたり、はたまた、お父さんの誕生日のお祝いをするために2日だけ本国に帰ったり・・・、というような状況です。
彼のためになにかしてあげたいな、と思っても、正直なにもできない状況です。 でも、彼は好きでそういう生活をしているのだから、温かく見守ることにして、身体だけは気をつけてね、って心で祈ってあげることにしました。

そんな風に、勝手に悩んで勝手に解決していたら、先日ようやく出先の彼から「How was your week?」っていう1行メールが届きました。すごく嬉しかった。
私ばっかり暇みたいでしゃくだから、2,3日寝かせてから返事かこうかな、と思います。 本当、バンカーの恋人になるって、大変ですね(笑)。

セレブさんもお体を大切に、これからも仕事に私生活に頑張ってくださいね。 

おやすみなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6236184

この記事へのトラックバック一覧です: 投資銀行員の「愛」の定義:

« 仕事による弊害 | トップページ | 投資銀行を(少し)知るための本 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30