無料ブログはココログ

« "allure" | トップページ | 結婚の対価 »

2007年5月 8日 (火)

ゴールデンイーグル

休暇中に読んで久々に「うぉっ」と思ったのがこれ。

ハゲタカ2(上) Book ハゲタカ2(上)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハゲタカ2(下) Book ハゲタカ2(下)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初にこれを知ったのは証券マンさんのブログで、女の子とご飯食べてても携帯テレビで土曜9時からのハゲタカを見た、というくだりから。女との飯より「ハゲタカ」っていう位だから、どんなモンかなと思って見始めたんですが、かなりヒット。柴田恭平は相変わらず素敵でしたね。私は「あぶない刑事(デカ)」世代なんで、柴田恭平の出演がドラマの(私の?)テンションを異常に盛り上げてたのは否めませんが、その要素を除いても好きでした。

そんなこんなでバケーション前に、本屋へ休暇用の本を買いに行って平積みしてあったのが「ハゲタカ II」でした。1は探したんですが売ってなくて、しぶしぶ2を購入したんだけど、面白い。ドラマより全然深い。ディテールにわたって書けるという点で、本の方がドラマよりも作品の完成度が高いです。(まあこれはダヴィンチコードでもそうでしたが)

原題は「バイアウト」だったんでそこからご推察可能かと思いますが、日本でのバイアウトファンドの物語です。主人公が超かっこいい。鷲津(わしづ)。ホライズン・キャピタルの会長です。名前からいかしてます。人物設定も有り得ないくらいカッコいいです。ジャズピアノ弾いたり、高速でポルシェ飛ばしたり、ヘリでお迎えが来たりと、有り得ない位(小説だから有り得ないのか?)かっこいい。こういう男に遊ばれたいです、私。

元同僚Mの話によれば、「ハゲタカ」(1の方)から読んだほうが人物の深みが出ていい、との事。実は、ハゲタカ II があまりにも良かったんで、速攻で1の上下も買ったんです。ちなみにそれはこれ。まだ読んでないけど、かなり期待できます。

ハゲタカ(上) Book ハゲタカ(上)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハゲタカ(下) Book ハゲタカ(下)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本のファンドビジネスもかなり盛り上がってて、個人的には「ファンドバブル」だと思ってます。このまま、余剰資金からファンドの規模が大きくなって、でも魅力的な投資先がなく、しょぼい案件でもビッドで値段がつり上がっていく状況が続くと、どこかで急激に相場が崩れる予感がする今日この頃です。

現実は厳しいけど、虚構の世界であれば充分に楽しめるので是非ご一読下さい。

« "allure" | トップページ | 結婚の対価 »

コメント

こういう男に遊ばれたいです…ってすごい笑いました。よくわかんないですが、企業買収やってる人の愛人とか秘書とかになって、すでにある会社を今風に改造出来たら、楽しそう~ですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6352621

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンイーグル:

« "allure" | トップページ | 結婚の対価 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30