無料ブログはココログ

« やっと復帰... | トップページ | "Who has the right to judge a book by its cover?" »

2007年6月18日 (月)

My new flame

どこから書いたらいいのか... 2週間のうちに結構色んなことがあった。

一番のハイライトは、ちょっといい人に出会ったこと。

WHの誕生日が6月中旬で、覚えてたけど一時的に忘れてて、忘れたまま

「最近、どう? 飲みにでも行かない?」

って電話をして、誕生日だったってことに気付いた。サイアク... たまたまその日、WHの会社の友達がミッドタウンで誕生パーティを開くという話で「君もおいでよ」と誘われた。でも結局行かなかった。主な理由は、海外から帰って来たばっかで時差ボケが辛かったのと、次の日からの仕事なんかを考えて憂鬱になったこと。でも、あの日、あの時、行かなかったことで、既に彼と自分の間の何かが切れてたのかなって今は思ったりする。

実は休暇中に素敵な人に出会った。

白人でサラリーマン(って言う?)で、普通の青年って感じ。でも今思えば私の彼に似てるかな。若い時のマイ彼って感じ。私の場合、好きな外見に一貫性アリだから見た瞬間、「これヤバイ」って思った。ちなみに会ったのは宿泊先のホテルロビー、分かり易いといえば分かり易いか...

残念ながら「大人」なことは何もなく、夜一緒にバー行ったり、ご飯食べたり、しゃべったり、他愛もないことの連続だったけど、逆に普通に一緒にいられたからそれが良かったのかも。なんか自然な感じでそれが凄く楽しかった。

「恋の始まり」の感覚って、こういうのじゃない? って一人で超盛り上がった。言葉では表し難い、でも吸い込まれるあの不思議な感覚がとても好きなワタシ... 

最後の日なんて「これがずっと続いたらいいのに...」と何も考えず口にしてしまったけど、でも相手も「そうだね...」ってなんか寂しそうにしてくれて、ギュッと抱きしめてくれた(これ挨拶の一部)。もうそれだけで十分です、ワタシ。

5月から異常に仕事が忙しくて凄いストレスで、同じ仕事何年やってたらこんなにストレスを感じるんだって自分を自分で納得させようと思ったけどなんか上手くいかなくて、でも日本を出たら少し楽になった。いつも普通だと思ってた「日常」が、「非日常」だったことに気付いて、「日常」ってのは本来はこんなにストレスまみれな訳ないよね、って当たり前のことに気づいたりした。何気に普通のことに気付くのが難しかったりする、年頃。

当たり前だけど、全く違う国に住んでるから何がここからある訳もなく、また会えるかどうかも分からず、もしかしたらどっちかが明日死んでたりするかもしれないけど、でもそれでも同じ時間を共有してくれた「人」がいる感覚が心地よい。

これを書く前に「メールしてみようかな」って思ったけど、思い出は思い出のままの方が綺麗なこともある、って思い直してこれを書くことにした。

« やっと復帰... | トップページ | "Who has the right to judge a book by its cover?" »

コメント

お帰りなさ~い.:*:・☆.:*:・'゜'・
いや、でも…私だったらメールします。
タイミング見計らって。でも恋ってステキ☆
私も最近ラブモードですが、10こ下の黒人って
どうなのかしら??でも話すごい合うので、
これで30代だったら、と思う今日この頃w

はじめまして、

とても面白い内容で読み入ってしまいました。
私のブログにリンクを貼らせて頂いても宜しいですか?

これからも更新、楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6823029

この記事へのトラックバック一覧です: My new flame:

« やっと復帰... | トップページ | "Who has the right to judge a book by its cover?" »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31