無料ブログはココログ

« "Who has the right to judge a book by its cover?" | トップページ | 外資系証券不況の兆し »

2007年6月19日 (火)

別れられない理由②

さよさんからコメント頂いてました。(「別れられない理由」ご参照)

セレブさんの「彼を利己主義だと感じながらそれでも一緒にいる理由は?」というご質問、悩みました。一緒にいる理由って当たり前すぎてなかなか考えることがなくて。でもその答えは、単に「愛しているから」ですかね。私自身の幸せ以上に彼にも幸せを感じて欲しいし、出会ったことで「何か」変われば、と勝手に思い込んでいるのも理由の1つです。でも時々この気持ちはいつまで続くのか考えると不安になって。さらに、自分の仕事が忙しくなると考えることすら面倒になります。でも戻るところは彼。つまり今の私の幸せの定義って、彼の傍にいることなんですよ。相手がこうだと人並み以上の精神力と信頼が重要で。とりあえず時間が私を解決するというか、結果を出すと思います。(と思いたいです。)
一般論でいう「幸せ」を掴めそうにないのに、この道を選んでいる私の人生はスリル満載のジェットコースターみたいですね(笑)

一緒にいる理由、単に「愛してるから」... そう書けるのってすごいと思う。さよさんは彼の事を本当に好きなんだろうなってこれ読んでて思った。私も同じ様に今の彼について言えるかって言われたらちょっと迷うな。当たり前か、他に心奪われてる最中だから(笑)

最近少し思ったこと... いつまで同じ気持ちが続くかなんて誰にもわからないし、変わることが悪いことでもない。気持ちなんてのは所詮、その時の雰囲気や流れで変わるもので、だからこそ、私達には新しい出会いがあって、再生出来るんだと。昔は、いつか彼への愛情が消えるんじゃないかと不安になったりしたこともあったけど、今は自由に物事を、感情を捉えられる様になった気がする。それは唯一年をとったいい事かなと。でも同時に気持ちに余裕が出来たからこそ、新しい出会いがあって違う感情の狭間で悩む訳ですが(笑)

彼はさよさんを幸せには出来ないかもしれない。でもさよさんが彼と一緒にいることで幸せになれるのであればそれが一番だと思う、少なくとも今は。結果なんてのは後からついてくるもので、先にありきな物ではない。だから、納得いくまで彼と一緒にいて、それから決めればいい。

ジェットコースターな人生ってのもいいと思いますよ。異常にスローな人生も勿論ありだけど、早くに色んな景色を見れるってのは誰にでも巡ってくるチャンスではないし。自分の気持ちに素直に頑張って下さい。

« "Who has the right to judge a book by its cover?" | トップページ | 外資系証券不況の兆し »

コメント

女性の幸せ…それは永遠のテーマですよね☆
去年結婚したかった男とひっどい別れ方をして、それでも最近生活が楽しいし。今は趣味:社会性:男を33%づつにしたいと思ってますが、なかなかそううまくはいきません…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/6845565

この記事へのトラックバック一覧です: 別れられない理由②:

« "Who has the right to judge a book by its cover?" | トップページ | 外資系証券不況の兆し »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31