無料ブログはココログ

« 戻って来いマーケット | トップページ | 都内某所20時 »

2007年8月22日 (水)

これ、深いね...

Yukoさんよりコメント頂きました。

セレブ様
いつも興味深いブログを楽しく、拝見しております。
本日は身の上相談をさせていただきたく、コメントしています。
私はヘッジファンドとも揶揄される会社に新卒で入社し、3~4年が経過したところです。
就職当時はフロント志望でしたが配属はミドル~バックだったので、愚痴を言っていた時期もありましたが、ところがどうして仕事が面白くて面白くて仕方無くなってしまいました。
しかしここにきて大学時代の女子友達の結婚ブームに突入し、少々今の状態に不安を感じています。
お給料は彼女達&そのパートナーより格段に多く貰っているし、仕事も楽しいので「結婚は人生の墓場だ」と独身生活を謳歌していますが、同時に私は本当にこれで良いのだろうか???と正体不明のモヤモヤに襲われています。
仕事もお金も、恋人にも満足していますが、他の人が自分とは違う選択(結婚)をすると、
自分の選択に自信が持てなくなるというか、自分には出来ないのでは?と劣等感を感じてみたり。
セレブ様がまだジュニアだった時分、周囲の結婚ブームは静観していらっしゃいましたか??
ぜひその心構えをご教授ください。

これ... なんか深いっすね。

私がジュニアだった時、周りの結婚ブームを静観していたか? 「してましたね」というか、今も「してます」。そして後輩の男達が結婚の報告に来ると真剣に「やめろ」と言ってます。どうしてかって? それはYukoさんと同じで「結婚は人生の墓場」だと本当に心底、負け惜しみじゃなくて、マジで思ってるからです。でもそれは「男35歳までに」とってね。

後輩の女の子達が結婚の報告に来た場合... 来られたことないな、実は。フロントだからなのか、もてない女ばかりが集まった職場なのか、ハタマタ男が寄って来ない何かに女子全員に取り憑いているのか... 来ないですね。だから、かもしれませんが、焦ったことないんですよね、実は。

女友達は結婚してるかなぁ、半分くらい。子供もいる子もいる。でも焦ったことないです。逆に自分が精神的に子供なんで子供とか育てられないわ、とか言ってしまう... これはダメ女の発言?

ま、よくよくなぜ焦ってないのかを考えてみると、結婚って焦ってするもんじゃないと思ってるからですかね。する時がくればするでしょうし、しないんならしなくてもいいかな的なものかと。今を生きたい派なんでしょうね、私。いつ死ぬか分からないんで今を大事にしたいと思う。今、色んな人に会って、色んなことを吸収したいという欲求が強くて、結婚することでその可能性が狭まる方がストレスだったり、不安になったりします。ただ、子供を考えるとやっぱり35才までにはした方がいいかな、とは思ってます。○高って大変らしいし。でもそれ位のものです。

香港に住むカナダ人(37才、♂)がこの間言ってました。

香港では4-5年前は25才が女子の目標結婚年齢だったけど今は30才ってのが通例で、30才近くなる女はその多くが変な行動に出るって。いきなりwebで知り合った男と結婚したりとか、結婚したかったはずなのに誰もいないという不安からなぜか不倫に走ってみたり、彼の周りではよく30ガラミの女に纏わる変な事件が起きるらしい。それらは「結婚しなくてはいけない」というプレッシャーから起こる事なんだけど、それって元凶はアジア文化にあるね、と言ってました。つまり、アジア文化では「女は若いうちに結婚すべき」っていう暗黙の掟があって、それに逆らうと「何か悪いことが起きるかも」という宗教的なレベルにまで達してると。深いねぇ... 私もそう思う瞬間あります。「若い女にしか価値がない」ってのはもーしかすると、全世界の男達の共通認識なのかもしれないけど、でもアジアってそれが異常に強い地域だと思う。だからそういう地域にいると、30才を超える自分を肯定できないモヤモヤ感に包まれるんじゃないかと。そう、得体の知れない不安です。その彼に「私はそういうプレッシャー感じたことないなぁ...」と言ったところ、ヤツはこう言いました。

"(of) Course you don't feel pressure.  (Be)cause you got a charactor."

thanks man... 要するにキャラがあれば怖くないってこと? まあ自分を持ってれば正体不明の不安にも打ち勝てるってことを奴は言ってくれたのだと思います。勿論、不安に流されて結婚しちゃうって人もありだと思うんですけど、でも逆に文化的、社会的通念に流されないってのもありだと思うんです。「流される人生」を選ぶのか、「流されない人生」を選ぶのかって考えると、どうしても後者を選んでしまうのは、こういう職業をしてる女のイタイところですね... まあ「自分は自分」の精神で力入れずにやってくってのがポイントかと。いつか結婚したいって本気で思える時がきますよ、いつか...

« 戻って来いマーケット | トップページ | 都内某所20時 »

コメント

私は若くないので、結婚したい派ですが、でもそういう不安を女にばっか押し付ける社会には疑問ありありです。男性社会の名残って感じ…でも同時に、女のほうが社会通念や人のいうことを、まにうけちゃう傾向はあると思います。男なんて第一、人の話そんなにききませんよね?まあでも、社会通念全く気にしない女性が増えると、楽しいですね☆

30前か後かを気にしない男もいると思いますが、それより気をつけるべきは、世の中との稼ぎの違いを認識しておくことじゃないでしょうか。

金銭感覚が違うと付き合えないと思っている人は男女問わず多いはずです。もちろん、同様に稼ぐ相手を探せばいいのかもしれませんが、現実的ではないでしょう。

私(社会人6年目)の周りでは、最近、外資金融に勤める友人や知人(男女問わず)の金銭感覚の狂い様が顕著になってきているように思えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/7628160

この記事へのトラックバック一覧です: これ、深いね...:

» 結婚祝いにオリジナル時計 [結婚式スピーチ 例文 これで大丈夫!]
<送料無料>結婚祝いに最適な【オリジナル時計(通常コース)】おすすめ度 [続きを読む]

« 戻って来いマーケット | トップページ | 都内某所20時 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31