無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

お金は人を変えるか?

さよさんからのコメントです(抜粋、青字)。

最近の疑問は、「お金は人を変えるか?」です。セレブさんのブログや、周りの友人などを見渡しても、お金が余るほどあると、人は何かを失っている気がします。(当然、皆がそうではないと思いますが。)結局バランスがあって、全てが100%幸せなんてことってないと思うんです。だから、お金やステータスに執着してしまった人達は、温かい心とか普通の幸せとかを忘れてしまっていると思うし、もうそれじゃあ満足できないんですよね。「普通」を取り戻すのってすごく難しいと思います。
世の中の全ての人がもっと豊かに、ゆっくり生きていければ良いのに…。と、完全に働き過ぎ、体調不良の代理店女は考えております(笑)

お金は人を変えるか? 変えますね。人によって程度の差はあると思いますが、変えるでしょうね。

でもお金があるから温かい心を忘れてしまうってことでもないと思いますよ。両方兼ね備えることもそうでないことも、それは個人の選択次第だと思います。ワタシは常に「初心忘れるべからず」と思ってやってます。いつでもこういう業界から足を洗えるように(笑)ってのもあるし、忘れてはいけないことってあると思います。

なんでも「節税」だったり、「エルメス」だったり、「高級クラブ嬢」な上司や同期を見て、「金だけじゃないでしょ」って思うことしばしば。周りはある意味反面教師かも。そういうことに溺れないのって個人の意志もあると思いますけど、小さい時からの育てられ方とも関係があるかも。 

親が厳しい学歴エリートは「遅い反抗期」で湯水の様に金を使って女をはべらせて... というオトコの夢みたいな人生を求める人が多いかも。そういう生活に慣れちゃうともう「普通」には戻れないみたいですよ。だから一生外資で頑張るって、そういう生活を支えるために。でもこういう風になる人って邦銀とか日本の証券から来た人の方が断然多い。新卒外資だとあんまり溺れないかも。それも若かりし頃の反動なのかなって思う。

お金で出来ることの範囲が昔よりも明らかに広くなって、精神的にお金に支配されることが多くなった。だから人のお金に対する執着心も高まってるんじゃないかと。

ワタシも心安らかな人生を送りたいモンです...

トークの秘訣

まずちょっと一言... 頂いてるご質問に回答中ですが、なかなか更新できなくて非常に遅いレスになってます。すいません。でも遅くても回答していきますんで、お待ちを。

今日はリエコさんからのコメント(青字)へのご回答です。

自分のファンを作る…ってすごいカッコいいですね☆ところで、その過程でやはりトークも重要だと思うのですが、何か秘訣があれば、トピのない時に教えて頂けるとうれしいです。
相手をいい気分にさせる方法とか(相手もいい気分なはず…)、つきあわないけど関係を持続したいわ、という言い方とかwでは週末楽しんで下さい!

何気にファンを作る上ではトークが最重要事項です、実はルックスなんかよりも。おもしろくないと次回会いたいと思わないでしょうからね。

秘訣.... は難しいんですけど、気遣いとか観察力を養うってことですかね。相手の立場になって相手の関心がありそうなことを話す、というのが最初の一歩だと思います。それには相手の関心事を見抜く観察力や洞察力が必要になる訳ですが、それに加えて広い見識と様々なことへの好奇心が必要になってくると思います。相手の関心を読み取れてもそれについて自分が情報を持ってないとなかなか会話に深みが出ないですからね。もしくは、相手に教えてもらうってのもありだと思います。素直に知らないと言って相手に語ってもらうことで相手も博学な感覚を味わうと思うし。何気に年上の人々は語り好きなんで、気持ちよく語ってもらうってのも重要でしょう。ただ、ここでも相手が語り好きなのか、聞き好きなのかを見分ける力は必要になります。

これって客商売してる人達だと大なり小なりやってることだと思いますが、それをどこまで極められるかがポイントかも。リエコさんも是非ターゲットを見つけて、実践してみてください。

2007年9月25日 (火)

情報化時代の申し子

シリコンバレーのそらさんからコメント頂きました。(抜粋、青字)

ITはオタお聞きしたいことがあってコメントしています。そろそろ帰国を考えていて、帰国後は外資系金融のIT部門に転職しようかと思っています。

そこで、質問。金融会社のIT部門の位置付けってどうなんでしょう。ITは縁の下の力持ち的存在でしょうから、バックオフィス扱いで、戦力とみなされず、ボーナスもろくに出ず、それこそ「奴隷」ですか?恐らくセレブさんのような多忙なユーザーとお話しながらシステムを構築する仕事になると思うのですが、果たしてユーザーは自分の案件と直接関係のないことに協力してくれるのでしょうか?

唐突に変な質問を投げてすみません。金融の知り合いが一人もいないので、つい。。。実態を教えていただけると、進路を決める上でとても助かります。

ITって超重要だと思うんですよ。PC壊れたらプレゼン作れないわ、メールもろくに見れないわで、ホント、ITに優秀な人材がいることが金融では一番重要なんじゃないかと思ってます。PCだけでなんでも処理できるようなシステムとか構築されちゃったりすると、ワタシ、存在価値ないかも... と思ったりもするし。ホント、それ位重要な職務だと思うし、感謝もしてます。

なんですけど、一般的に言って扱いは悪いですね。「バックオフィスですか」 - yes.  「戦力とみなされず」 - yes.  「ボーナスもろくに出ず」 - I don't know... 「ろくに」の定義じゃないですかね。メーカーよりは全然多いと思う。「奴隷ですか」 - うーん... 奴隷とは言わないけどフロントに仕える位置づけなんで、自分がついたフロントの人間がassholeだと大変だと思いますよ、正直。

システムの構築にはフロントは関わらないです。通常、フロントを支えるミッドが一通りのコトは分かってるはずなんで、ミッドがITの方々と話し合って作ってます。最終的に使うのは私達ですが、私達に到達するまでに結構完成してて、それを使って使い勝手が悪い、とか、もう少しこうならんかね、みたいな話をミッドにフィードバックして、改良を重ねてシステムを作ってるんだと思います。ご指摘の通り、直接お金とかクライアントに関係ない仕事はミッドやバックの方々がさばいてくれるので、正直、フロントとITの繋がりというのはありません。唯一あるとすれば、PCが壊れてどうしてもデスクに着て修理して欲しい、という時でしょうか。

「PCが壊れたのはITが無能なせい」とばかりに怒鳴るおっさんとか若者とかいますよ。いやあんたの使い方がおかしんだって... とワタシなんかは思ってますけど、そういう理不尽なことに付き合う根気良さが必要とされている職業な気がします。でも私は毎日クライアントの理不尽に付き合ってるから、そう考えると、お金をくれるexternal client の理不尽に付き合うか、もしくはお金を稼いでくるinternal client の理不尽に付き合うか、どっちかの究極の選択なのかも。Perfect world はないですねぇ。

2007年9月24日 (月)

新ビジネスの息吹

ちょっと前にY(一般OL)さんから頂いたコメント(抜粋、青字)です。

忘れられない男、に繋がらないかもしれないのですが、ここ数日忘れられない(衝撃的)男がいて(笑)、是非セレブさんのご意見を伺えたらと思いコメントしています。
(長文になりますがご了承ください)
私は数ヶ月前から某結婚紹介サイトに登録をしています。偏見をもたれるかもしれませんが、リアルな出逢いが0というわけでもなく、デートもそこそこしていますが、♀限定無料キャンペーンにつられ興味半分きっかけのひとつにと入会しました。(警戒心もあって自分から申し込みはかけていないのですが、ある意味楽しんでいます☆)
入会から一ヶ月経った先日、外資系証券会社勤務と推測される男性が新しく入会し、以降、このサイトに登録している女性のほとんどが交際の申し込みをするのではないか???と思えるほどの勢いで、その外資男さんへ申し込みのメッセージが殺到しています。
(傍から観ているだけのあくまでも推測ですが、1週間で数百件のペースです。ちなみに登録者数は現在男女共に10,000前後)
このサイトに登録している女性の多くは目的が目的なだけに、年収1000万越+有名大学卒な男性に(外見がどうあれ)交際申し込みが集中しているのが現状です。それでも多くて1ヶ月で20~30件程度。ところがこの外資男さんが現れてからこのサイト始まって以来といっても良い程に賑わっています(荒れていると言えなくも無いかも…)。
第一印象で誰もが異性から好感を持たれようと、自分の好むタイプや相手への要望は最小限にした控えめ(異性受けするよう)なプロフィールを必死に考え掲載する中、外資男さんは“こんな女性はお断りします”という膨大な文章を書き連ね、さらには自身の望む結婚生活像として、女なら誰もが夢見るようなお伽噺ばりの(世間一般のマンネリ結婚生活とは遥かにかけ離れた)内容を載せ、シンデレラ願望持ちの女性達を魅了し続けています。(静観していたはずの私さえ不覚にもクラ…ッときてしまう内容でした)
年収項目のコメント欄には『年収は業績によって…(中略)残念ながら億には達していません』と。すみません、セレブさんの業界が高所得なのは存じておりますが、この表現は億に届くか否かな感じですよね?華やかとはいえ…一般OLな私には衝撃なコメントでした(無知と下流階級庶民な自分を痛感)。私には衝撃ですが、サイト登録の女性達にはたまらない魅力なんだと思います。※年収額は『2000万円以上』という選択項目までしかないのでそれ以上はどのくらい得ていらっしゃるのか非公開になっています。
なによりこの外資男さんはルックスが良く(顔良し長身程よい体型(体重から推測))だからこそここまで申し込みも連日殺到しているわけです。
前置き長くなりすぎました。ここまでの表現でお解りいただけるか分かりませんが、この男性はリアルに普通に出逢いなんていくらでもあると思うのです。セレブさんの書くブログを読んでいて学ばせていただきましたが(笑)、魅力的な女性と知り合う機会は平均的な収入をもらう一般企業で勤める世の男性よりも遥かに多くあると思うんですよね。しかも外資系でなくてもモテるであろうイケメン。なのに何故お金を払ってまで(といっても大金でもないですが)この所謂出逢い系サイトに入ってきたのか、とっても気になって仕方がありません。色々思い巡らせてみたのですが実際に外資男さん達の世界を知らないので、推測すらできませんでした。
セレブさんの周りでは実生活でもモテるのに、こういった紹介サイトに登録している方は多数いらっしゃるのでしょうか?

正直に書いていいですか? 彼は100%冷やかしです。もしくは紹介サイトから人寄せの為に頼まれて(勿論、無料にて)入会してきたんだと思います。一種のやらせみたいなモンかなと。

私の周りでこういった紹介サイトに入ってる男性はイケ面であるかないかに関わらず、いません。だってリアルに出会う機会ありますよ、いくら忙しくても。ホント、ネット紹介物に入ってる同僚・上司・後輩のオトコはワタシが知る限りいません。

それにしてもこれを読んで思ったのは、外資系金融勤務マン達を集めたサイトとか大流行りしそうですね。新しいビジネスのネタかもしれん... 

2007年9月22日 (土)

「落とす」の定義

akiさんからコメント頂きました。(青字)

セレブさん、ご回答ありがとうございます。
思っていたほどではなく、安心しました。
男女ともに、どれだけ魅力的な異性を落とせるか(=寝るか)も自分の株に影響するような世界だと勝手に推測していました(笑)。少なくともそういう外資系男性は何人もいるような気がしますし。

この業界の女性はオトコほど有名人と寝ることに執着を感じてない気がします。(勿論個人差あり) ただ、この業界のオトコは(前にも書いたことがあるかもしれませんが)ステータスを追い求める傾向が強い。よって、デス、アナウンサー、タレントといった明らかなステータス系と知り合って、どれ位の期間で落としたかで自分の魅力やオトコとしてのステータスを測ってる人も多いかもしれません。つい先日もミスなんとかの世界準ミスとどこどこで知り合ってあんなことやこんなことをしたよぉ、っていう自慢話を拝聴させて頂きました。まあ話を聞くのはおもしろいですが、自分が毒牙にかかるのはイヤですね... 

ご指摘の「どれだけ魅力的なオトコを落とせるかも自分の株に影響する」というラインは正しいと思いますよ。ワタシもそう思ってるフシがあります。が、「落とす」の定義ですかね。「寝る」ことが「落とす」ってことではない気がします。寝るのは結構簡単だと思いますよ。お互い人間なんでそれ位の欲求は適度にあると思うし、ニーズがマッチすれば簡単に起きます。ただ個人的には「落とす」ってのは相手を「魅了」することだと思ってます。まあ自分のファンを作るとも言い換えられるかもしれない。肉体関係がからんでないのに定期的に連絡をもらえるとか、素敵な食事に誘ってもらうとか、気にかけてもらえるというか、そういうのが魅了の定義かなと。なので相手を魅了できるということは自分の株価にはプラスだと思いますよ。

要は自分に告白してくる男性陣がいつも複数いるという感じですね。私は、今は患者さん(お年寄りが多い)の目が気になって、職場から相当離れなければそういう楽しいデートができませんが、確かにそういうのだったらあります。外国に行くときの楽しみでもあります。

そう、複数からのアプローチって自分への自信ですね。「皆から好かれたい」っていうのは短絡的発想の様ですが、他人から嫌われるよりは愛されたほうがいいですからね。要はどれだけの人々を魅了できるかってことかと。

その他、どのように「とんでもない世界」なのかとても興味があります。

まあ、前述のオトコ達がより高いステータス系女子を求めてハイエナの様に夜の街を彷徨ってる話には、とんでもない世界を垣間見ることがありますね。一晩でお店の女の子にン百万円使ってみたとか... ある女の為にホテルスイート貸切ン週間とか... ワタシ的にはやりたいがためにそんなに使わなくても... とか思っちゃうんですよね。ただ単にワタシが貧乏症なだけかもしれませんが、そういう話を聞くと、とんでもないよな... って思ったりします。

2007年9月19日 (水)

忘れられないオトコ②

あさみさん、リエコさん、コメント有難うございます。このトピック書くと今晩寝れなくなるんでやめておきますが、確かに「上手くいかなかった」っていうか、過去のある時点で「終わらなかった」というか、「今も終わってない」っていうか、そういうグレーなカンジのオトコなんですよねぇ... また最近現れたんだけど、相手もワタシのことはグレーなんだそうです。もう寝ます...

「それくらい」の定義

女医のakiさんからコメント頂きました。

はじめまして。このブログ大変興味深く、先日みつけたとき一気に読破し、寝不足に陥った三十路の女医です。仕事の忙しさとプレッシャーは張り合ってますが、こちらはとても地味な仕事です。
私の彼が外資系金融機関(いわゆる純粋な投資銀行ではありませんがフロント業務です。)に勤務する白人で、もう結構長い間つきあっているので、外資ブログを探していました。

私と彼氏は、特に彼氏は外資銀行にいるとは思えないぐらい地味な人なんですが(六本木が大嫌い、お酒強くない、休日は武道に打ち込む、私がだまされてるわけではなく多分ほんとに一途、など)彼の同僚達が彼とはあまりにもかけ離れているので、一体どんな世界なんだろうと思って、興味を持っているわけです。

はたして……知れば知るほどとんでもない世界だ、というのが感想です。(笑)

そこでセレブさんに質問があるのですが。外資金融の男性がステディがいても他にもデートするのは想像がつくのですが、セレブさんもたくさんデート相手がいらっしゃいますよね。ずばりどこまでの関係なんでしょう??彼氏がいらっしゃってもデート相手とホテルに行きますか。当たり前すぎて聞いちゃいけないことなんでしょうか。恋でもそれくらい自分に磨きをかけておかないと、仕事でも第一線でやってけないみたいなものがあるのでしょうか。私の周りでもデート相手がたくさんいる女医さんはいますが、人に言うのはタブーな雰囲気があるので、本人はできるだけばれないようにしています。

この日の日記の内容と関係なくてごめんなさい。古い日記にコメントをつけたら見てもらえるかどうかわからなかったのでここにつけてみました。

全然関係ないんですけど、「ジョイ」って響きよくないですか? 私もジョイになりたい(笑)

冗談はさておき... 私にデート相手がたくさんいるか? というご質問からですが、「たくさん」の定義が難しいですが、5-6人くらいはいますよ。彼とは別で。食事したりとか飲んだりとか、彼じゃない人に話したい時とか。結構、用途によって使い分けてるかもしれませんね、相手を。おしゃれなカンジでワインとか飲みたい時は年上の人とか、踊りに行きたい時は同じ年の外資マンとか、TPOに合わせて人選してるかも。

デート相手とホテル行きますか? って質問はズバリで思わず笑ってしまいましたが、答えは「行かないです」。理由は「後でめんどくさいことになるのが目に見えてるから」。割り切れるならいいと思いますけど、私の場合、そういうことに1回なると結構ひきずる... っていうか、「なんでアイツとこんなことに...」とか後悔したことがあるんで、その時の学習効果ってヤツで止めてます。あと、一回そうなると友達に戻れないし。絶対友達として見れないですね、以後は。Hするオトコは見つかると思うけど、本当に信頼できるオトコ友達見つけるのは大変じゃないですか。それが一番大きな理由かも。

でも、オトコの人にちやほやされるっていうか、ちやほやとまでは言わなくても、おしゃれな所に誘ってもらったりするのって嬉しいじゃないですか? そういう感情を恋というのか、はたまた恋愛ごっこというのかは?ですけど、そういう感覚は重要だと思うし、常々磨いていたいと思いますよ。グラス片手に、おしゃれなことの一つや二つ言われるだけじゃなくて自分も言えた方がいいと思うし、どうせ言うならその時一緒にいる相手にぴったりと合うおしゃれなことを言いたいですよね。それって常々色んな方向にアンテナを張っててこそ、出てくる一言だと思うんです。

「恋でもそれくらい自分に磨きをかけておかないと、仕事でも第一線でやってけないみたいなものがあるのでしょうか」

akiさんの文書の「それくらい」の定義が私の「それくらい」の定義とは違うんですけど、「臨機応変」っていうか「打てば響く」みたいなのが私の仕事では求められてて(客商売なんで)、そういう意味では私生活でも仕事でも常に感覚を磨いておかねばってのは思ってます。常に感覚を鋭くしておかないと「いきなり何か」ってのはなんでも無理ですからね。そういう意味では、恋も仕事も一生懸命やってこそだと思ってます。

あ、あと一つ。外資系金融がとんでもない世界って話ですが、人それぞれですよ。でも往々にしてとんでもない世界かも(笑)。また今度それについては書きます。

2007年9月17日 (月)

忘れられないオトコ

いつも人に聞いてみたいことがあるんだけど...

「忘れられない人っている?」

って。いつも好奇心から聞いてるんだけど。そういう人いますか? どういうcontextでもいいんですが。私はいるんだけど、なんかそういう人に久々に再会しました、最近。元気そうだったけどなんかちょっと病んでるカンジがした。なんか再開しないといいんだけど、と思う月曜です。

2007年9月15日 (土)

あるオトコの話

リエコさんからコメント頂きました。

よくわかりませんが、男って自分が、相手のルックスが好きなのか、一時的に好きなのか、俺の話を聞いてくれるから好きなのか、にこにこしてくれてるから好きなのか、自分であんまりわかってない生き物…って気がします。で後になって(結婚してからとか)実は相手の内面好きじゃなかった!とかあるし…なので私たちスパイ(女性陣)は、より慎重に捜査を進めないとw☆

男友達にリサーチしたんだけど、男ってあんまり「なぜこの女が好きなのか?」とか考えないらしい。聞かれたら考えるみたいだけど、日頃から女性が考えるこの単純な問いかけwを自分に対してしないと言ってました。でも時間が経つと考えるんだって。

「なんでこいつと結婚したんだっけ」

とか。それで違いに気付いて離婚しちゃう(しちゃった)らしい。それじゃ遅いと思うんだけどさ。

ある男の話。彼女の外見がタイプで自分より10歳くらい若くて家庭的そうだったんで結婚したらしいですが、生活して1年くらいしてあまりにも自分と価値観が違うことに気付いて、そこからは溝が広がって最近離婚したとのコト。価値観の違いって年をとればとるほどに明らかになる気がする。だからせめて最初くらいは同レベルだってことを確認しておくべきなのにね。その人が言ってたのは「自分はこういう(=外資系証券勤務)生活して、色んな人に会って色んなことを経験してその中で価値観が変わってきたのに、彼女(=妻)は家で子供育てて近所の奥さん達と茶のみ話してっていう狭い世界でずっと変わらない価値観を持ち続けてて、そういう中でまともに会話もしなかったし、自分は遊びたかったし、それで気が付いたら全然違うところにいた」って。話くらいすればいいのに一緒に住んでるんだからさ、って私なんかは思ったけど、でも冷静に考えると、家に深夜過ぎてしか帰らないのにもう寝てる妻を起こしてまで話すことはないかも、とも思う。

結婚って努力だなと思うわ。したことないからホントのとこは分かんないけど。

2007年9月 8日 (土)

W Standard

前によりすけさんからきた質問...

ところで、男連中が毎週合コンしてモテまくってる中で、同世代の女性陣の心境&活動はいかがなものなんでしょうか?

おそらく外資証券の男と女の器量は同程度だと思います。また、勝気(推測)で勝組(金銭的な面で)な外資金女性の心理的には、同期の男連中がモテまくる中、自分も同様に高収入イケ面○○マンを食せる要素を持ってるはずだと錯覚してると思うのですが、その辺実際のところをお聞きしたいです。

男連中がもてまくってることに対しては「頑張れ。でも金巻き上げられて終わりとか、でき婚には気をつけろ」と思ってるかな。実際はあまり興味ないです。ただ、英雄列伝を聞くのは楽しい。

器量は同程度でしょうね。性別に関係なく同じ仕事してる訳だから、基本的な素養は同程度だと思う。「自分も同様に高収入イケ面○○マンを食せる要素を持ってるかどうか」は、その本人次第だと思うけど。ちなみに私はキャラ派なんでその男の趣味によるところが大きい... (ここでは多くを語らず) お互いの趣味と合致すれば食せる要素というか、食せますよね。

私思うんですけど、結局男って(女の)外見が大きな要素ですよね? 寄ってくる男に毎回聞いてるんですけどリサーチ目的で。「私の何がいいの?」って。そしたら「外見がタイプ」とほとんどの男が言う... その次は「キャラ/ノリ」らしい。会社で「女は中身が重要」とかいう男もいますが、「それって嘘じゃん」と、奴らの彼女とか奥さんを見るといっつも思う(笑)。だから外見が可愛いくて器量が良かったら外資女じゃなくてももてると思う。余裕で○○マン(って外資マンってこと?)も食えるでしょう。でも外見的にハえる人じゃなかったり、可愛くなかったり、没個性だと外資女か否かに関わらず、誰も食えないでしょうね。これは女にだけ適用されることで男には適用されないと思う。

男ってブサイクでもお金持ってて器量が良くて話が面白かったりするともてるじゃないですか? でも女でブサイクだけどお金持ってて器量が良くて話が面白くてももてないよね、悲しいことに。

これを"W Standard"って言うと思うんだけど。

2007年9月 5日 (水)

気付き(小)

若干、停滞前線から脱し始めました。あと少しってカンジです、気持ち的には。

全然停滞前線とは関係ない話なんですが... ワタシあまり占いとか信じないタイプです。がしかし、これ超あたってるジャン、っていう占いを見つけてしまった。

ファッション誌で「シュプール」という雑誌があるのですが、その占い。超ー、怖いくらいあたってる。1日ずつ、記号が付してあって、その記号にはそれぞれ意味があるんですが、ここ1週間位、ドンピシャで当たってたんです。凄いと思って、過去分についても検証してみようと思い、日記と照らし合わせながら読んだのですが、マジで当たってる.... 怖いんだけど、嫌なことがあった日とか、害虫のマークとかビックリマークがついてたり、恋愛モノでなんかあった時にはハートの記号がついてたり、すごい確率であたってます。

もしコンビニなんかで見る機会があったら是非ご覧下さい。勿論、個人差とかあるんだと思うんだけど、ちょっと驚きました。

2007年9月 2日 (日)

停滞前線北上中

やっと(体も心も)涼しくなって夏バテから解放されそうな感覚を6月以来初めて今日味わいました。

でも夏バテからワタシを解放してくれたのは気温でもなく、天気でもなく、ショッピングでした。そう、あまりにも暑かったので全くショッピングに出なかったんですよ、ここ2ヶ月くらい。そして今日、友達から電話をもらったので久々に「ショッピング」という名目で外に出たのですが、気持ちが超あがった。やっぱ、これだな。

勿論、お高いレシート(複数)が手元には残った訳ですが... 最もお高かったのは、ワタシの好きなイタリアンデザイナーDの見た目派手だけど形がとても綺麗な服で試着して速攻でお買い上げ。それにしても、たまにショッピング地帯に出ると欲しいもの一杯ですね。今日は時間もなかったので見つからなかったけど、綺麗色のヒール靴、エナメル靴、(フェイク)クロコライダース(動物愛護家だからさ)... とか欲しい。来週もショッピングに出ますか?

こういう細かいことで気分あげていかないと、仕事でも、私生活でも気分あがらないんだよね。最近、なんか停滞気味で全然ダメ。色んなことあったんだけどブログも書く気にならなかったし。でも今週末にヨガの先生が言ってた。「ヨガを続けて極めていくと、自然と自分の心の位置が見えて、(自分の心を)抑えたり、高めたり、そういうことが楽に出来るようになる」って。

また明日から頑張ります。

秋の風

序々に秋の風を感じる季節になってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

未だに夏バテが治らず、調子が優れない私... 最近は首から肩にかけてハリを感じる様になってきました。年なんでしょうか? ちょっと休暇をとってリフレッシュしたいところです。

日本の金曜のマーケットは、サブプライム問題解決の糸口と思われる発表が米国で行われる期待から買い上がられ、実際、金曜日の米国時間にアナウンスメントが行われてダウも上がってましたが、またこれからネガティブヘッドラインが出てきて場を下げそうな気がしてます。今後は米国発じゃなくて欧州発のニュースで... 

いつになったら休暇が取れるんだろうか... 最近はそればっかり考えてます。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30