無料ブログはココログ

« トークの秘訣 | トップページ | ブランド戦略 »

2007年9月30日 (日)

お金は人を変えるか?

さよさんからのコメントです(抜粋、青字)。

最近の疑問は、「お金は人を変えるか?」です。セレブさんのブログや、周りの友人などを見渡しても、お金が余るほどあると、人は何かを失っている気がします。(当然、皆がそうではないと思いますが。)結局バランスがあって、全てが100%幸せなんてことってないと思うんです。だから、お金やステータスに執着してしまった人達は、温かい心とか普通の幸せとかを忘れてしまっていると思うし、もうそれじゃあ満足できないんですよね。「普通」を取り戻すのってすごく難しいと思います。
世の中の全ての人がもっと豊かに、ゆっくり生きていければ良いのに…。と、完全に働き過ぎ、体調不良の代理店女は考えております(笑)

お金は人を変えるか? 変えますね。人によって程度の差はあると思いますが、変えるでしょうね。

でもお金があるから温かい心を忘れてしまうってことでもないと思いますよ。両方兼ね備えることもそうでないことも、それは個人の選択次第だと思います。ワタシは常に「初心忘れるべからず」と思ってやってます。いつでもこういう業界から足を洗えるように(笑)ってのもあるし、忘れてはいけないことってあると思います。

なんでも「節税」だったり、「エルメス」だったり、「高級クラブ嬢」な上司や同期を見て、「金だけじゃないでしょ」って思うことしばしば。周りはある意味反面教師かも。そういうことに溺れないのって個人の意志もあると思いますけど、小さい時からの育てられ方とも関係があるかも。 

親が厳しい学歴エリートは「遅い反抗期」で湯水の様に金を使って女をはべらせて... というオトコの夢みたいな人生を求める人が多いかも。そういう生活に慣れちゃうともう「普通」には戻れないみたいですよ。だから一生外資で頑張るって、そういう生活を支えるために。でもこういう風になる人って邦銀とか日本の証券から来た人の方が断然多い。新卒外資だとあんまり溺れないかも。それも若かりし頃の反動なのかなって思う。

お金で出来ることの範囲が昔よりも明らかに広くなって、精神的にお金に支配されることが多くなった。だから人のお金に対する執着心も高まってるんじゃないかと。

ワタシも心安らかな人生を送りたいモンです...

« トークの秘訣 | トップページ | ブランド戦略 »

コメント

お金、ココロの幸せ、両方欲しいものですよね…
今「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」という、本を読んじゃってるおバカな私です☆

はじめてコメントします。ずっと読ませていただいていました。
実際今の外資証券のトップ周辺は意外と新卒邦銀組がいますよね。若い頃の反動・・・ですか。何だか、ちっさいな~って思ってしまいますね。女だからでしょうか。

薩摩次郎八とか、男性は憧れるんでしょうね。
私は、彼らの生き方は退廃を気取っているように感じますし、時代に逆行している気がします。それとも、性の本能というのは時代が変わっても決して変わらないものなのでしょうか。

何が正しい生き方だとか言うつもりは毛頭ありませんが、私の人生を見てて!一生をかけて目にモノ見せてやる(笑)って思っている、セレブさんの同業者は何人かいます。意外とめちゃくちゃ好きな人間たちもいますけどね。
という私も、広範囲では同業者ですが・・・

彼らを完全に嫌いになれたら、こんなに闘争心を燃やさなかったと思うのですが。実際、ある部分は同類嫌悪なのかもしれません。。

先日ジムで雑誌を読んでいたら、興味深い記事が載っていました。
子育てする女性を支援するNPO代表の女性の記事でした。
その方は、元外資証券にお勤めされていたようです。旦那様も同じ業界で、夫婦2人でものすごい額を稼いで、何不自由ないどころか、贅沢三昧の楽しい日々を暮らしていたそうです。
そんなある日、突然「私は誰を幸せにするためにこんなに稼いでいるのだろう」とふと思ったそうです。そこで突然無性に子供が欲しくなり、子作りに励んだそうですが、なかなか出来ず、10年近く不妊治療もされたそうですが、結局出来なかったそうです。
子供が出来ない、という絶望感に打ちひしがれている時、テレビで子供を虐待して死なせる親のニュースが流れてきたそうです。それも、一度や二度でなく、日に日に増えている。。。
自分と対極にあって(低所得な親御さんたち)、でもせっかく子供を授かっている人達が、子供をないがしろにしている現実に、何か未来ある子供達の為に、そしてなんらかの事情があって金銭的に苦しんでいる親達を救いたい、という思いでNPOを立ち上げたそうです。
私はこれを読んで、とてもいいお金の使い方をしている方だな、と思いました。
お金って、人を変えてしまう”魔物”かもしれませんが、使い方によっては、人を救える”魔法”になる場合もあるんですよね!

お金といえば欧米の証券が減益を相次ぎ発表していますね。外資系金融セレブさん達のボーナスも相当減る人が続出するんじゃないですか。
株価は上がっていますが、まだ一波乱くるような気がします。
アメリカが世界にリスクをばら撒いた(特にヨーロッパに)構図のような気がします。
世界でリスクマネーがひっこんでいる気がします。
ご意見賜れると幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/8183003

この記事へのトラックバック一覧です: お金は人を変えるか?:

« トークの秘訣 | トップページ | ブランド戦略 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30