無料ブログはココログ

« 大人の動物園 | トップページ | 自分勝手な女 »

2007年11月29日 (木)

其々の恋愛論

もう少し時間のある時にじっくり書こうと思うのですが、皆さんの二番目の男(ヒト)に対するコメント(ありがとうございます)を読んで感じたことを少しだけ...

過去に自分が好きになった人々の中で、誰のことを一番強く思ったのか考えてみたのですが、私には答えが出せませんでした。でも、当時の感情が今も鮮明に蘇る人(複数)というのがいて、その人には、それが愛だったのかは分からないけれど、強く惹かれるものがあったんだと思います。

私が強く惹かれた人というのは、私の思い通りにならなくて、私の中で常に腹立たしさや怒りが恋愛感情と同居していた人だった様に思います。自分が思う人に満たされない気持ちがその人をより欲するという形で出ていた様にも思います。私は警戒心が強い人間なので、あまり正直なところを伝えるのは得意ではないですが、強く惹かれた人には意外と正直に自分の気持ちを語っている様な気がします。ただ、その正直な気持ちには怒りや嫉妬という感情も含まれて、それが事をややこしくした。ただ相手も同様に、私に対して怒りや嫉妬を率直にぶつけてきた。だからお互いとても素直で純粋だったけど、逆にそれが上手くいかなかった原因ではないかと今になって思います。お互いがお互いの炎に油を注いで、一緒にいて燃え上がる様な感情を味わったけど、同時に激しくお互いを消耗したし、意味もなく傷つけていた気がします。

だから二番目がいいと言っている訳ではありませんが、炎の様に燃え滾る形ではない穏やかな恋愛というのもあっていいんじゃないかとふと思ったりしました。

そして同時に、昔の炎の様に燃える思いが懐かしくなることが最近ありました。

« 大人の動物園 | トップページ | 自分勝手な女 »

コメント

セレブさん、はじめまして。
セレブさんのブログ、共感できることや考えさせられることが多く、いつも楽しんで読ませていただいています。
今回のテーマは非常に興味深くて、ついついコメントしてしまうことにしました。
私はこの人以上に好きになれる人は居ないと迷いなく言える人と3年間付き合って最近結婚しました。出会ったときのような激しい感情はもうないけれど、二人で居てすごく楽しく、幸せです。
彼に出会う前に、すごく好きだった人が居ましたが、その彼とはいろいろあったけど、結局付き合うことなく終わりました。最近、その彼の近況を人づてに聞き、懐かしく思い、また連絡を取りたいと思ったりもしているのですが、それは私とその彼が恋愛において最初の激しい感情のときだけしか一緒にいなかったから、その関係がよく見えているだけなのではないかと思うのです。
恋愛というのは、どんなに好きな人でも一緒に居る時間が長くなればその激情に駆られるような気持ちは薄れ、穏やかな幸せな気持ちに変わるのではないかと私は思います。
数日前に結婚は二番目に好きな人とするのがいいというテーマで書かれていましたが、私はやはり一番好きな人と結婚するのがベストで、その人と穏やかな愛を感じることも出来ると感じています。

よくわかんないけど、最近正直+アレンジ?で、意見をいうようにしています。トーンを変えるみたいな。みんな内容より、言い方に反応する場合があるので。。(でも職場ではキツイ内容キツイ顔でいっちゃったりしてますがw)

お久しぶりです!
私は絶対に2番目の人とは結婚したくありません。
断然1番でしょう。
最近、電撃的に結婚しました。
そして妊娠してます。前の外資系くんとは別れて
その後に出会った人です♪
もちろんかなり大好きです!

↑おめでとうございます!もっと詳しく聞きたかったりして。。。w

冷静な分析ですね。共感します。
今後一緒に暮らしていくことを考えると自分が激情に駆られない、穏やかでいられる人を選べるのが賢明な選択だと思います。
恋愛なら「刺激」だけど生活なら「安心」でしょうね。
でも、心と頭は別みたいでそういう選択は出来ず今に至っています。
私の場合2番目の人は、1番目の人がいるから成り立つ存在です。
疲れたときにちょっと羽を休めてまだ1番の人に戻る、そんな感じでしょうか。

・・・我ながらなんて勝手な意見。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/9160639

この記事へのトラックバック一覧です: 其々の恋愛論:

« 大人の動物園 | トップページ | 自分勝手な女 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30