無料ブログはココログ

« Cashmere mafia に期待 | トップページ | Anger is a great motivator, but pain is not »

2008年2月16日 (土)

人生のcross-road

関西の就活生さんからコメント頂きました(青字)。

進路に対して、今悩んでいるところなのですがこのまま就職するよりも留学がしたいという気持ちがでてきました。
就活をしていて、私はoperation希望だったのがマーケット希望に変わりました。
特にsales&tradingに興味を持ちました。
しかし、能力がなく志望していた会社からオファーはいただけませんでした。
本当にマーケットで働きたいという気持ちが日に日に強くなっています。
また、会計学や経済、金融について英語で学びたいという気持ちも出てきました。
今ある選択肢としては
・とにかく外資系金融に入る(バックしか選考は残っていません)
・日本の金融機関に頑張って入り力をつける
・アメリカの大学に留学し、勉強してみる

二番目の候補をすすめられますが、日本の金融機関でどれくらい希望部署で働けるかわからないので…いろいろ悩んでいます。

お時間ある時で構いませんのでお返事いただけたら嬉しく存じます。

うーん... 難しいですね。でも就職活動を通じて興味があることが明確になったというのは凄くいいことですよね。Sales & trading に興味があるということでしたが、どちらに興味がありますか? Traderとsalesだと随分キャリアが異なると思います。

Traderの知り合いは多いのですが、彼らのバックグランドは理系ばかりです。大学院卒の子も院から理系ではなくて大学時代も理系という人達ばかりです。またTraderキャリアの人達って新卒からtraderで、何か異なる職種から転進してtraderになったという人は少ないです。例えばですが、私の知り合いは、新卒では外資金融スタートではなく日本の商社に入社しましたが、そこでトレーディングを数年経験して転職し、現在は外資証券でトレーダーやってます。なのでtraderになりたいのであれば最初からtrader志望にすべきかと。でも正直(あくまでも私の経験上の話ですが)理系じゃないとつらいと思います。

そういう意味ではsalesはtraderよりは採用人数も多いし、なり易いのかもしれません。文系の子も多数います。一時期私もFixed income salesにならないかと誘われてましたが、salesの仕事はtraderの様な動物的感を有しなければならない特殊技能というよりは、寧ろ機転が利くか、客商売が出来るか = 対人関係が上手く築けるか、といった「一般的なセールスの基本」を重視されてます。この職種では院卒の子も、新卒よりは少ないけど、います。

まずどっちに興味があるかを明確にしてみてはどうでしょう? (関西の就活生さんは理系バックグラウンドなのでしょうか?) それによって若干私のアドバイスも変わります。 

蛇足でひとつ...

これは最近面接官を務めた私の正直な意見ですが、海外の大学院に行ったからと言って簡単に外資への道が開けるわけでもなく、自ずと新卒に比べてadvantageが高くなるわけでもないです。もしかすると学卒の方が変な理論に振り回されなくていいんじゃないかとさえ思います。院卒だと結構理屈っぽいというか、「俺は学卒の奴らより勉強してるぞ、知ってるぞ」的なコメントを面接でも散りばめてくるんですけど、正直「こういう人と一緒に働くのってつらいかも」って思ったりします。他の面接してる人達も同じことを言ってました。

再度回答頂ければ僭越ながらコメントさせて頂きます。

« Cashmere mafia に期待 | トップページ | Anger is a great motivator, but pain is not »

コメント

セレブ様~。
仰る事、良く分かります。
私も今の会社(アセットマネジメントです)に新卒で入社したので、面接や懇親会に呼ばれて、学生と話をする機会があります。
コチラは「一緒に働きたいと思える人を探す」というスタンスで臨んでいるのに、やたらと「自分は偉い」「頭が良いです」「こんなこと知ってます」っていうアピールが強いとげんなりしちゃいます。正直、「そんなに威嚇しないでよ~」と辟易してます。
少し話して、履歴書見れば頭が良いかどうか位は分かるから、面接etcでは普通に話をしてほしいです・・・

お忙しいなか丁寧なお返事ありがとうございます。
とても嬉しく、自分の中で色々考えるものがありました。

私のバックグラウンドとして文系です。それも大学ではほとんど数学は勉強していません。
最初トレーディングに興味を持ったのは数字が好きだという事と証券アナリストの勉強をしていて難しい数学的な勉強がとても楽しいと感じたことです。

セレブさんのお返事を読んだ後、仕事内容をもう少し勉強してみたところセールスの方がいいのかな…と感じています。

就職活動をしているとなかなか私の周りでは外資系金融を批判的な目で見る人が多く辛い事も多々あります。
しかし、私は世界のフィールド、金融の世界で戦いたい、仕事をしたいという思いは変わりません。

またお時間ある時にアドバイスがいただけると嬉しく存じます。

はじめまして。こちらのエントリーを興味深く読ませていただきました。
私自身外資金融のトレーダー早数年といった感じなのですが、色々共感する点がありました。
就職活動生の方。トレーダーになりたいのであれば最初から、どんな形であれ、トレーダーになることをおススメします。極端な話、派遣社員でも、契約社員でも、はたまた聞いたことの無い小さな会社であっても、トレーディングをするべきです。
そういう「相場バカ」な人が大半な世界ですので。
正直、どんなに頭がいい人でも、PLあげなきゃどうしようもないので。。もちろん確固たる知識等は必要です。ですが根本的にやはりマーケットを触らないとなかなか覚えない部分があるとは感じています。
Traderを目指しているのであれば大学院に行くことは、率直に言ってお勧めしません。
全く必要ありません、と断言させていただいてもいいと思います。

日系であれ、米系であれ、トレーダーに最初からなりましょう。トレーダーアシスタントと、ミドル、バックオフィスを経て、フロントへ、というPathはあまりお考えにならないほうが。それが外資であっても。
これは私の所感ですが、あまり、そういった部署からフロントに来た人って聞かないです。

また、セレブさんのおっしゃったように、SalesとTradingでは全く仕事内容が違います...
自分の適性を見て、Salesのほうがいいのか、Tradingのほうがいいのか、今一度再考されるといいかと思われます。

長々と失礼致しました。
せめてものご参考になれば幸いです。

関西の就活生さん、
ちょっと気になりましたので参考になれば。
就職活動、今年はどこも厳しいですが頑張ってください。

私は外資金融で投資分析アナリストやってます。文系ですが毎日金融工学です。
セレブさんとは仕事内容は違いますが、毎晩超遅くまでもう数年もやってます。
関西の就活生さんはもともとoperation希望だったのがマーケット希望に、ということですが、Operationは具体的にどのような内容をイメージされていたのでしょうか。
もし、いわゆる事務、ということであれば、ちょっと気になりました。
というのも、なんだかんだいって外資金融でフロントもしくはいわゆる投資分析をするアナリストのような専門職の女性は、あくまで私の経験上ですが、事務と迷ったことがある、という人はほとんどいないです…。もう最初からバリバリやる、そしてそのための勉強やリサーチは全力でやる、時間と努力は惜しまない、という人が本当に多いです。
もしいまから(たとえば来年の選考で)フロント志望、ということであれば、自分のライバルとなる女性学生はみなギラギラです。いわゆる鼻息が荒い人や知識をひけらかす人は絶対に一緒に働きたくないので面接で落ちますが、そうではなくて、芯が強いギラギラです。きっとセレブさんもそうです。
美しくてオシャレで、ひけらかさないけど物凄い努力家でびっくりするほど負けず嫌い。当然男性にもモテる。そういう人が本当に多いです。皆さんとても綺麗。
TraderかSalesかという選択もありますが、ご自分がどういうタイプか、どのぐらい精神が強いか、一生を決める問題なのでそのあたりも考えてみられたらいかがでしょうか。
もしご参考になればと思います。
長々とすみません。

たまたま、まわりでフロントで働く女友達が最近バタバタと倒れているので心配になりました。一般的には彼女たちは心も体も強い部類だと思いますが、外資金融のフロントは桁違いに厳しいです。
体と心は一生ものです…。
頑張ってください。

30歳を過ぎて、僕も今更ながら金融に興味を持ってしまっているのですが、関西の就活生さんが羨ましいな。
やりたいと思った事は、とことんチャレンジするべきですね。人生は、一回しかないので、やらないで後悔するより、やって後悔する方がいいですし。
目標に向かって、諦めず頑張ってくださいね。

通りすがりのTraderさん
コメントありがとうございます。
もう少し職種の事を調べ、OB訪問など通じて考えてみようと思います。
先日、トレーダーの方とお話する機会があり志望度があがりました。
どんな形であれトレーダーの道で入ろうかと考えたりしています。


通りすがりのアナリストさん
コメントありがとうございます。
operationの仕事内容を「いわゆる事務」とは思っていませんでした。
私が参加した夏のインターンではフロントサイドと提携して進めるプロジェクトもあり、魅力的に感じておりました。
しかし、それは珍しい例でありオペレーションが、他の会社では事務的要素が強いと思い「私が希望している仕事ではない」と思ったのがフロントへ志望が変わった理由です。

私自身、とても勝気でギラギラしてると思います。ほとんど金融に関して知識はないので、知識をひけらかすような事はできませんが負けず嫌いで毎日戦いの場で働く事を志望しています。

実際、オペレーションの方に何度かOB訪問をしましたが
「フロントっぽいよね」と言われ、更にOBの方々と私の性格は違うなと感じたのも事実です。
友人には「高すぎる向上心が日系企業では受け入れられないよ」「がつがつ感がうざい」など言われた事も多々あります。
がつがつ感が、うざく感じられないよう面接では注意しようと思っているところです。

お身体に気をつけてお仕事してください。
そしてご丁寧なコメントありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/10545757

この記事へのトラックバック一覧です: 人生のcross-road:

» 定年してからが本当の人生! [定年してからが本当の人生!]
本業を上回るサイドビジネスやネットビジネスを探して紹介するサイト! [続きを読む]

« Cashmere mafia に期待 | トップページ | Anger is a great motivator, but pain is not »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30