無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

Economic downturn

Miさんから質問頂いてました。

セレブさん、
こんにちは、楽しく読ませてもらっています、Miと申します。
内容に加えて、使う言葉や文章のリズムが上手だなといつも感じています。
今日はセレブさんに質問があって、勝手ながら書き込みました。私は日系メーカーに勤めて丸2年たとうとしていますが、今になって外資系金融に興味を持っています。人生一度しかありませんので、数年のうちにはこの世界で働いてみたいと考えています。ただ、そこにたどりつくには何が必要なのか全く分からない状態です。
非常にざっくりとした質問で申し訳ありませんが、セレブさんとしては、今の私の状態から外資系金融で働くにはどういった道があると考えますか?アドバイスお願いします。

以下簡単ですがプロフィールです。
*4年制大学(経済学部)を新卒で卒業し、日系メーカーに勤務 
*「海外営業部」に所属していますが、顧客は海外におり、代理店がたくさんあるために私の業務は代理店・海外子会社の管理が主で、自分自身で売り込みなどはしていません。(セールスとは言えない)
*24歳 女性です。
*英語はそこそこで、主に文献・メールベースですが仕事で使っています。
*体力には自信あります。
*外資系金融の中でも、投資銀行業務に最も興味を持っています。

唐突ではありますが、よろしくお願い致します。Mi

正直、サブプライムだのベアーだのでマーケットが荒れまくってて、外資系への道はとっても狭くなってると思います。特に中途の方、しかも外資系で働いたことのない方にはより狭くなってると思います。ホント厳しいですよ、どこのファームも結構人切ってるし。

ただ、某新聞のclassifiedを見てたら某外資系証券が結構色んな部署で人を募集してました。今回の件で比較的ヤラレてない証券は人員不足解消を狙って、または優秀な人材を求め、一応サーチしているみたいです。そういう意味では、とりあえず面接を受けてみるというのはどうでしょうか? 経歴とか履歴書だけでは分からないことを知るために面接をやってるわけで、とりあえず受けてみるってのが重要だと思います。

なんでもモノは試しです。熱意、心意気が重要。とりあえずアプライしてみてください。

2008年3月29日 (土)

スイーツ女

ひろさんからコメントいただきました。

最近のいわゆる「スイーツ女」ってのに男は飽き飽きしてるんですよ。JJとかキャンキャン系の服を着てコンパしまくってる女の子を結婚相手として見られないっていう人は多いです。外資系のデキる人って一体どういう人と結婚するんでしょうか?傾向等もしあれば教えてください!男として気になります笑

「スイーツ女」なんて言葉があるんですねぇ。超勉強になる... 正直、既にJJとかCamCamって20代前半(大学生)~20代半ばをターゲットにした雑誌なのかなって思ってたんですが、結構そっち系な格好の人いますね、会社で。ミッドオフィス、バックオフィスに散見されます。私はそういう世代を超えてしまっているので(笑)、日本の雑誌だと"Precious"(小雪が表紙です)、"Grazia"なんかを見てるカンジですかね。あと海外物は結構見てます。なんで、ファッションも必然的にそっち系になってます。年齢とか好みって結構雑誌のセレクトに関連するから、「雑誌ってなにが好き?」ってトークになるとその人の傾向が読めておもしろいですよ。お試し下さい。

デキる女の結婚相手か... 結婚してる女性って少ないんですけど、結構年上(10歳以上違う)の会社員とか、全く金融に関係ない芸術・技巧系(i.e. デザイナー、シェフ)か、あと弁護士は多いかもしれません。弁護士の方も激務っていうか、朝までタイプなので生活時間はぴったりらしい(笑)。傾向としては同業での結婚は少ないかも。同業者と付き合ってるケースは多いんですけどね、結婚はあんまり見たことないかも。(結婚して離婚したケースは見てるけど(笑))

傾向としては、自分と違うことがデキる人に惹かれてるケースが多いかもしれませんね。自分よりも大人とか。自分と違う分野で活躍してるとか。自分にない部分で秀でている人ってやっぱり魅力的ですからね。そういう意味では資金量ではない気がします。お金は自分で頑張って稼げばいいし。一芸に秀でた素敵な男性だったら、どんなタイプの女性でも打ち落とせると思いますよ。

2008年3月26日 (水)

すんません

記号は♂です。基本私の話はオトコばっかなので、登場人物はモチ♂ばっかです。よって先の話も全員♂です。

ラッキーなのかなぁ? 年とったせいなのか、そういうことをラッキーって思わないかもー。でもオトコ視点だといくつになってもラッキーなのかな。

「英雄色を好む」

って言うから、そうかもしれませんね。でもそういう若い「英雄」が年上女をいいって思う瞬間(とき)ってどんなときなのか、興味あります。

2008年3月25日 (火)

Ms. Janet

これはいい

Discipline Music Discipline

アーティスト:Janet Jackson
販売元:Universal
発売日:2008/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

JanetはほとんどCD持ってるんですけど、っていうか私が人生で初めて買ったCDはJanetのRhythm Nation 1814 だった。当時JALのCMで使われてた気がする...、これは数年来のヒットかも。ライトなサウンドが今の時代に合ってる気がします。

クラブとか行きたくなりますよ、これ聞くと。

2008年3月24日 (月)

Get lucky?

先々週末に外人(♀)達とクラブに行った時のこと。

踊ったり飲んだりして結構酔っていい感じになった時、ある年下♀が思い出した様に言った。

年下♀: "Where is Adam(仮名)?"

私: "I don't know.  Maybe at the bar or other floor?"

なんて適当な返事をしたら、その年下オトコは言った。

"Oh maybe he get lucky?"

I was just speechless.... 思わず"what did you just say?"って言っちゃった。

なにラッキーって? ひっさびさに聞いたそのフレーズにその場で静止... そっかー、若い♀って女の子と消えちゃうことを"lucky"なんて言葉で表現するのね、って、ホント、純粋におかしくて笑ってしまったのです。でも笑ったのと同時に、年齢が数歳しか違わない年下オトコが"lucky"なんて言葉で消えちゃったことを表現したことに驚いた。私だったらluckyなんて言わないよなぁ...なんて。そう思ったら、友達が年下オトコに恋をしてるって事実が、とても現実味を帯びてない気がしてしまったのです。

2008年3月22日 (土)

年下のオトコ

私の友人が最近年下の男子に恋しているのですが、それって実現可能性が高い関係なのでしょうか?

ちなみに年齢差は7才。男子は20代半ばです。

私は年上としか恋愛(等)をしたことないので、正直、年下男が一体どんな行動体系、思考回路を持って生きているのか分かりません。年下男と付き合ったことある女性の方、ご意見下さい。

よく亀梨(漢字あってる?)君と小泉今日子が引き合いに出されるけど、なんてったって小泉今日子だからね。ちょっと違うって思うんだけど... 勿論、男視点でも年上がいかなるものなのか、教えて下さい。

2008年3月17日 (月)

The one

カーラはさんからのコメントに同感です。

なんとなく、皆、自分が小さかった頃に満たされなかった思いを満たそうとしてる気がします。だから大人になって、自分だけではその思いを満たせないことに気付いたから、その思いを埋めてくれる相手を探し求めているのではないでしょうか?

自分に似た虚しさを感じている人に惹かれる気持ちもよく分かります。皆、自分一人ではその虚しさに耐えられないから、その虚しさを共有してくれる人を求めて生きている気がします。

2008年3月 9日 (日)

愛と恋の定義

Irinaさんからコメントを頂きました(抜粋、青字)。

で、その前にやっぱり「愛は長く続くけれど」という前置きがあったのですが、
私は男性を「愛」した経験がないので、男女間の愛ってどんなもんなんだろ・・・と考えてしまいました。

両親兄弟に対する愛情とはどう違うんだろう?
愛している人がいると恋はできないもの?
(年をとると恋愛に奔放でなくなる人が多いのは愛する人ができたから?
それとも年取って気力がなくなった?笑)

別にどちらがいいとか悪いとかではなく、(私も、恋している間は前向きにがんばるエネルギーがでてくる説に大賛成です)ふとどうなんだろう?と疑問に思ってしまいました。

なんか「燃えるような感情」がなくなるとつまらないだろうな~と思ってしまうのですが、
それって人を愛した経験がないからそう思うんですかね?
(なんとなく世間には恋より愛の方が立派、というか、高尚だ、みたいな風潮があると思いませんか?)

セレブさんはどう思われますか?

思うに... 愛も恋も個々人の定義次第なんじゃないかと。ただ私にとって愛は定義付けがとても困難なもので未だに愛ってなんだろって思います。逆に恋はもう何度も経験したから分かってる気がします。

私には長く付き合ってる人がいるのですが、彼への感情ってのが私の定義する愛なんじゃないかと思います。たぶんそれは私が家族に抱く感情にとても近いと思います。毎日会わなくても毎日一緒にいなくても、会った時に何も考えることなく努力することなく、話したいことを話し、食べたいものを食べ、笑いたい時に笑う。相手の顔色とか機嫌とか、そういうことを気にせずに自然体でいられる相手って、私の中では一番最初に家族がきて、彼も気がついたらそのカテゴリーにいました。そういう意味で、私の中では両親兄弟といった肉親に持つ愛と同じ愛を他人である彼に持っていると思います。

恋ってのは愛とはまた別のところにあります。

正直、彼に対して、初めて出会った時に感じた思いを感じることはあまりなくなっているかもしれません。

恋というのは、相手の顔色を覗ったり、相手を知りたいと思ったり、何気ない相手の言葉に心を痛めたり、愛が持つ穏やかな感情とは全く逆の感情だと思います。誰かを愛してたら他の人に恋しないか? そんなことはないと思います。愛している彼以外を知りたいと思うことも、焦がれることもあります。愛と恋は全く別物なんだと思います。

燃えるような感情ってのはコントロール出来ないもので、だからこそ、いてもたってもいられなくなるような激しい気持ちが味わえるんじゃないでしょうか? 私は穏やかな感情も勿論好きですが、時に燃える様な感情も好きです。それはどっちが高尚ということも、劣後しているというものではなくて、その時の自分の心に占める優先順位で決められるものじゃないでしょうか? 長く穏やかに育む愛も、2-3週間しか続かない燃える様な恋も、どちらも素敵だと思います。そしてどちらも持ち続けられたら、Carlaみたいに素敵な女性になれるかもしれない、と思ったりします。

My エコロジー day

「毎月一体何にお金使ってんだろ....」

と疑念が湧き、昨年に一度、一月(ひとつき)の収支を計算してみたんですが、そのほとんどが飲食と判明しました。どんだけ食って飲んでんだ、と自分でも突っ込みを入れるくらいの金額だったので、それ以降はちょっとhigh-end 系レストランは控える様になりました。

しかしその後、飲食にお金をかけてないにも拘らず、カード請求額が増加していることに気づき、再度何に使ってるのか調査してみたら、今度はファッション物でした。個人的には「飲食→ファッション」への移行なら許せるかな、なんて思ったんですけど、最近、クローゼットが閉まらなくなり、「内容の精査が必要」と一念発起して、先週からクローゼット清掃に入ったのですが、あまりも未使用・タグつきの洋服、靴、バックが出てきたこともあって、昨日、Irina さんお奨めのリセールショップへそれらを運び込みました。私の感想...

「素晴らしいサービスです」

私もお金があったらリセールショップやりたい。

たぶん原価の10%くらいの買取率なんだとは思うんですけど、結構な金額になったのと、自分がいらないものを誰かが買ってくれてまた使ってくれるというエコなカンジに惚れました。ぜひ、皆様お試し下さい。ちょっと気分よくなりますよ。

そこで得たお金をもって今日はショッピングに行って参ります。

2008年3月 5日 (水)

ゲストハウス

リエコさんのコメントを読んでて思い出したこと。

私も大学生の頃、結構真剣にゲストハウスに住みたいなって思ってたんですよね、そういえば。住んだら英語もうまくなって、凄いかっこいい外人男子に囲まれ、毎日がBeverly Hills 90210 みたいになるって思ってたからなんですが、社会人になって、友達の彼が港区のゲストハウスに住んでいると聞き、その様子をうかがったところ、明らかにBeverly Hills 90210ではない、との回答を得ました。(当たり前?) 思いの他日本人が多く、しかもイケ面はそんないないって... でも色んな人との異文化交流ができそうでいいなって今でも思いますよ。

最近、結構真剣にパーティ企画をしようと企んでます。どっかのクラブを借りきり、○○Night みたいなのをやりたいなと。仕事がらみだけだとつまんないので、色んな職種、人種が混じるような会にしたいと思って、organizerに証券以外の、しかも外国人を数名登用しようと企んでるとこです。もし実現したら広告します。(勿論、企画倒れの可能性も高いですが...)

少しだけ春の兆しが見え始めたので、ちょっと気分が明るくなることをしたいと思う今日この頃です。あと数週間でvacation。新しい恋に出会うといいな...

2008年3月 4日 (火)

Burning desire

最近全く刺激ない生活を送ってた中でinspirationを与えてくれた人

Carla Bruni

Carla Bruni 

元スーパーモデルで、現在シンガー。そして新たに加わったタイトルとしてはフランス大統領夫人。

モデル時代の彼女を素敵と思ったことはなかったけど、最近の年齢を重ねてもナチュラルな美しさに惹かれました。でも外見の美しさ以上に私は彼女の生き方に心酔。かなり自由人。新しい恋に落ちては恋人を捨て、また新しい恋に落ちては恋人を捨て、の繰り返し。Eric Claptonと付き合ってた時にClaptonに紹介されたMick Jaggerと出会ってすぐに恋に落ちて、それが原因でMickは奥さんと別れちゃったらしい。でも嫌な女に見えないのは美しさゆえでしょうか。そういうのをcharmっていうんでしょうね。誰にでも備わっているものでないことは事実です。

「愛は続くけれど燃えるような思いは長くは続かない」というようなことをCarlaは言ってますが、ホントそうだと思います。でも皆、過去のそういう燃えるような思いを忘れられないから、何があってもまた恋をするのではないでしょうか? 恋愛って全てを前向きに考えさせる力を持ってる事だと私も思います。

シンガーの彼女もとても魅力的です。私のhip hop路線とは明らかに異なりますが、こういう静かな落ち着いた音を聞くと心が浄化されます。洗われたい方はぜひ。

Quelqu'un M'a Dit Music Quelqu'un M'a Dit

アーティスト:Carla Bruni
販売元:V2 International
発売日:2005/03/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年3月 2日 (日)

何もない週末

気がつけば既に3月になってて、しかも2月になにやってたか覚えてない... 時が過ぎるのは早い。3月も「さらさら」と言うから何も気がつかないうちに過ぎちゃってる気がするなぁ。それってマズイことな気がするけど...

今週末を振り返ると...

金曜日は久々に皆さんからお奨めされた「Kサロン」へ。やっぱりお店の(エロい)雰囲気もあって、私達の周りは全て合コンモードでした。明らかに(話の内容から)外資系証券勤務の男子に女子の団体で、六本木を見渡しながらの会が繰り広げられてました。もしやこれは証券マンさんか、なんて思いながら、カクテルをイタダく。遅くに食べてはいかん、と思いながらも、六本木の焼鳥屋へ。激混み。ワイン、シャンパン、焼酎、と飲み、交差点でタクシーを激戦の上獲得し、おうちへ。

土曜日は最近疲れた私に栄養を与えようと思い、マッサージ、フェイシャル、鍼、ヘッドスパを受ける。極楽の時。最近真面目に、証券業引退したら鍼灸師の資格を取得しようかとさえ思う。鍼ってホント素晴らしい。日本が(中国が?)世界に誇るテクニックです。1日で疲労がホントに回復する。疲れてる方、ぜひお試しください。最近、凄く上手な鍼灸師の先生を発見して、いつもその先生の鍼が受けられるとは限らないんだけど、受けられるとホントに幸せです。先生ありがとう。

本日はお買い物へ。買い過ぎた.... しかも春・夏にしか着れないものばっかり。今月はもう何も買わない。明らかに昨日買ったVogue、ELLEに触発された。こんな寒いのにノースリーブのドレスとか買った。グラディエーターブーツもね。それにしても一体いつになったら温かくなるんだ。

ぼちぼちバケーションだから暖かい海外でおしゃれしようっと。それにしてもこうやって振り返ると何も大したことしてないですね、週末。エキサイティングな週末が送りたい.... エキサイティングな週末送った方、コメントください。

shopping spree

結構花粉飛んでるけど... ちょっとこれから春物を買いに行って来ます。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30