無料ブログはココログ

« 今の私 | トップページ | It's GW, but... »

2008年4月29日 (火)

人生の法則

幼少期に受けた影響って大きいと思いますよ、とっても。

最近、周りに結婚するとか、結婚したとか、そういうステータスの人が増えてきて、その度に「いいね」とか「羨ましい」とか、あんまり考えずに言ってしまうんだけど、後々思ったら、別に結婚が羨ましい訳ではなく、結婚することで一人で今まで背負ってたものを背負ってもらうカンジが羨ましいっていう、ある意味、「逃げ」な感覚を指して羨ましいって言ってるのに気付いた。仕事辞めて好きなことするとか、誰かに養ってもらうとか、楽そうなカンジが羨ましい、なんて思ったりする。

でもその度に、養ってもらうことで楽になるどころか自由を失ってしまった母なんかを思って、ちょっと複雑な気持ちになる。

誰かと一緒になって得るものも勿論あると思うけど、失うものも多くて、それって女性の場合、顕著な気がする。結局、「1+1=2」には上手くならないのね、人生って。

« 今の私 | トップページ | It's GW, but... »

コメント

私の母も結婚でキャリアを諦め、60になる今でもそのことで未だに恨み言を言ってます。そんな母を小さい頃から見てきて、正直「将来あんなになるくらいなら死んだ方がマシ・・」と思ってきました。

実際今のところ、自分の自由を保障するために、主体的に生きるために、私にとってキャリアは最優先です。

結婚して子供産んで家庭持って、ってそれなりに発展的というか、満足感を得られる側面もあるのでは、という気がしてるのですが、キャリアと結婚の両立ってやっぱり難しいと思うので、今はキャリアを優先するつもりです。

子供持ったら、連日オフィスから朝日を拝む、なんて生活できるとはとても思えません・・笑

ただそれだとなんかもったいない気もするので、両立できてるベストプラクティス事例(?)なんかがあったりするなら知りたいと想ってるのですが、あまりないんですよね

人によってどこに満足を求めるか違うと思うので、一概に参考にはならないと思いますが、でもどのようにしたら自分が結婚しつつも、自由が保障されているとか、主体的に生きていると感じることができるのか、参考になる事例はないかしらと思う今日この頃です

やってみなきゃわからない部分もあるでしょうが、手ブラで飛び込むのはあまりにリスクが大きく・・笑

こんにちわ☆私は今OLでないですが、仕事も家庭もその他社交も、全部手に入れたいと思ってます。きっと何か秘策があるはず‥(実際自分がある程度かせげるんであれば、スタッフを定期的にやとっちゃっても言い訳だし)うちも母が専業主婦でぐちぐち言われて育ちましたが、今考えると父とのやりとりにしても、母の主婦業にしても要領が悪かったように思います。
ANYWAY なんかいい方法があるといいですよね!

全く同じ考えです…
最近、婚約破棄してしまいました。
すごく素敵な彼で不満はなかったのですが、
プロポーズのタイミングがたまたま私が「逃げ」たかった時だったのです。
なので即OKしてしまったのです。
そこから一年、いよいよ結婚というときにやはり踏みとどまってしまいました。

結婚はただの契約みたいなものですから、結婚というよりは、婚約者でもない、恋人でもない、夫でもない?人生の伴侶みたいなものが見つかればいいですね。これが結婚につながれば、なおいいですけど。

自由でいる事は楽な様で時に難しく感じる事も多いはずです。そして実際感じているのではないのでしょうか?
結婚する事は社会的地位としても責任がかかる事ですから。私はこの男性はお金があるし、楽そうだとかそんな考えでは結婚したくないですね。。。この人を幸せにしたいって心の底から思える人でないと結婚はできないと思います。そういう人にめぐり合ったら、きっと変わるかもしれないですよ。

それに、今はいいけど私なんかは最近自分の老後一人だとどうなってしまうんだとか考えたりしてしまい、やっぱり一人ぼっちは嫌だという考えにたどり着き、何が何でも結婚しようと思ってきています。。。。。

相手をよく選べば結婚して何かを失うってことにはならないと思うけどどうかな。つきあっている間にキャリア観と子供観を確認すれば大丈夫。いざって時には単発エンジンより双発エンジンのほうがバックアップきくからなあと考える既婚者39Yです。
外資系金融の話を読みたくてちょっと前から読ませてもらっています。やっぱりかっこいい世界ですね。

前に元彼に連絡を取るかどうかで、ご相談させて頂いたAyaです。結局、今のダンナとの幸せを大事にしたかったので、その彼には連絡を取りませんでした。これでよかったと思っています。

今回おもしろそうなテーマだったので、私も一言。

私の家も両親が離婚したので、昔から結婚が永遠に続くものとは考えられずにいます。

私自身は1年ちょっと前に結婚をしましたが、結婚後も変わらず仕事(外資系金融のバック)をしています。セレブさんと違い、バックなので比較的仕事による拘束時間が短いため、なんとかプライベートと仕事のバランスが取れているのかもしれません。
結婚して得たものと失ったものを考えると、失ったものってほとんどない気がします。得たものとしては、何でも(いいことも悪いことも)シェア出来ること、自分は今のままでいて良いんだと感じられること、安心して歳を重ねることが出来るようになったことかな。失ったものは少し友達づきあいが減った(夜遊びもかな)ことくらいでしょうか。

私も専業主婦には全く向かないタイプなので、仕事を辞める気は全くありませんが、いつ離婚するかもわからないので、結婚によって仕事をやめて主婦になる人はすごい勇気があるんだなぁと思います。私も、結婚によって、「イザとなったら辞めれば良い」という余裕が生まれたことは確かですが、ダンナも同業者なので、お互いいつクビになるかわかりませんからね。また、主婦になって、相手に依存してしまうと対等で居られなり、二人の関係のバランスが崩れてしまうような気がします。

子供が出来たら、また変わってくると思うけど、今は「1+1=2+α」になっていると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/20636945

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の法則:

« 今の私 | トップページ | It's GW, but... »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30