無料ブログはココログ

« 外資系投資銀行勤務女の憂鬱 | トップページ | 外資系投資銀行勤務女の憂鬱③ »

2008年9月13日 (土)

外資系投資銀行勤務女の憂鬱②

自分にとっての良い決断をしたいって思いますよね、みんな。でも決断する時点でそれが本当にいい決断なのかどうなのかって分からない。どうしたら今私が下そうとしている決断が正しいのか、分かる方法があったら教えてほしいです。

私は寂しがり屋かもしれないけど、だからってやっぱり「結婚」と安易に繋がるのはどうかなって思ってます。一時的に満たされることはあるかもしれないけど、ロングタームではどうなのかなって。彼にも悪いし。しかも彼とは別れたからね、既に。

人生ってホント難しい。

昨今の金融情勢不安で、楽しい案件にはお目にかからないし。転職しようと思っても「これだ」って職業なんてそうそう出てこない。先行きは暗い。

アメリカ人の友達に

「日本人って仕事をつまらないもの、生きるための糧として捉えてるよね。でもそれだと本当にお金のためだけにやってて、そこから喜びを得られない。アメリカ人はそんな仕事の選び方はしないんだよ。多くの人が自分の好きなことを仕事にしようって思ってやってる」

って言われた。たぶんそうなんだと思う。私もここ数年はホントお金のためだけ。お金を稼ぐためにやってるだけでそこから得られる喜びなんて考えたこともなかった。でも今は自分がやりたい、やって楽しいと思える仕事しかやりたくないっていう心境になってる。いくら不安だから、寂しがり屋だからといって、やっぱり自分の信念を変えて意にそぐわないことをやるのは私には難しいかも。

まあスローなマーケットだからじっくり考えてみたいって思ってます。

« 外資系投資銀行勤務女の憂鬱 | トップページ | 外資系投資銀行勤務女の憂鬱③ »

コメント

わかる気がします。

私は新卒で日系の会社に入ったのですが、仕事にやりがいを見いだせず、第二新卒で転職しました。たまたま職探しをしていた時、とある会社の説明会案内を見つけ、名前も聞いたことのない会社でしたが、出かけてみました。で、世の中にこんなに面白そうな仕事があるなんて!と目からウロコが落ちました。
今までの人生で取り組んだどんなことより、猛烈な面白さを感じられるに違いない、とその業界に絞りました。

残念ながらその会社自体は落ちましたが、運良く同業他社に拾ってもらい、直感通り、この上なくエキサイティングな仕事をさせてもらいました。

そのとき(今も)、自分がやりがいを感じられる仕事を選ぶ、というのは自分の人生の中身を大きく左右するんだな、と身にしみて感じました。

とはいえ私の仕事もコンサルという黒子的なものなので、今度は自分が結果の責任を負えるような仕事で勝負したい、と機会をうかがっています。

何となく生きていくこともできますが、自分が面白いと思えることに気が済むまで打ち込んで自分の目標を達成できたら、きっといい人生だったなーと満足して死ねる気がします(笑)

セレブさんもまた新しい次のステップがみつかるといいですね。(私も・・)

あえてちょっと違った意見を。

最近「好きを仕事に」という風潮が強いですが、セレブさんくらい優秀(このご時世でリストラされてないわけだし)な方なら「必要とされることを仕事に」する方がいいのではないでしょうか。

引退できるくらい貯えがあって、浪費癖もないならバーでもやればいいと思いますけど、そうでないなら「セレブさん、ありがとう」と言ってくれる仕事を考えた方が幸せになりませんかね?そしてそれはやはり金融周りの「必要な」ビジネスだと思いますよ。

何か無いかなぁと思ってるだけじゃ、何も変わらない。踏み込んでみること、なんでもやってみること。決断力てのは行動力の先にあるもので、頭でっかちに考えてるだけだと勇気に委ねられちゃう。本気にならないと何も変わらない。

デトロイト・メタル・シティという映画を観てみてください!!

あなたが今、下そうとしている決断が正しいかどうかは細木数子にでも鑑定してもらえれば一発なんじゃないでしょうか!?まあ鑑定料は高くつくでしょうが迷うことはなくなると思います!!
それとあなたは自分の信念を大切にされてるようですが、いろんな男ととっかえひっかえしたり、他の職業にあれだこれだと目移りしている様子からは、とても信念を持っている方だとは思えません!それでいてなぜ信念がないのに、独身にそこまで拘るのか?とても理解できません!!
わざわざ自分から独身という名の茨の道を選んで、人生は難しい!先行きが暗いものとしているのはあなた自信じゃないでしょうか?金融情勢だ~♪とかアメリカ人は~♪とか、全然関係ないし…。
あと、あなたは結婚は短期的にしか満たされないとでも思ってるようですが、独身は一生満たされません!!
一度も結婚したことがないくせに、結婚は自分の意にそぐわない!っという発言にも正直首を傾げました…。
最後になりますが、自分の好きな仕事で、喜びを得て、その上お金をもらうって少し欲張りなんじゃないかと思いました。仕事っていうのは世の中や社会のために何かしら還元して、それでお金を貰うもんなんじゃないんでしょうか??
いずれにせよ、今のあなたは恋愛にせよ仕事にせよ地に足が着いてない状態なのですから、一度頭を冷やしてから考え直した方がいいと思います。
この状態で何かしら決断をしても、うまくいくとは思えません!!

こんな丁寧なコメントがつくところセレブさんは幸せもんですね。

結婚してうまく行く人もいればそうでない人もいて、独身でうまく行く人もそうでない人もいて、それぞれ自分が一番しっくりくる選択をすればいいのではないでしょうか。

結婚したら幸せになる/ならない、独身なら幸せになる/ならない、というものでもない気がします。4パターン全ての人間をみたことがあるので(少なくとも私の目にはそう見える)、そんな風に思います。

仕事はもちろん社会を望ましい形で発展させていけためにあるものだと思いますが、たくさんある仕事のうち、自分が面白いと思えるものとそうでないものがあるでしょうから、そのうち自分が面白いものを選ぶ、という選択肢があってもいいのではないでしょうか。

人生で仕事以外に重きを置いている人なんかで、仕事が面白くなくても大した問題ととらえない人がいるように、楽しい仕事がしたいと思い、それを探そうとする人がいても、いいのではないでしょうか。

イケメンさん、そんなにひがまなくてもいいのでは?

結婚もいいし、独身もいいと思いますよ。どちらも良し悪しがあると思います。あえて、二元論で考えることもないと思います。

よくばりって、そんなに悪いことなのでしょうか、また、地に足をつけていないというのも、そうかもしれないけど、セレブさんも一生懸命に頑張ろうとしているので、見守ってあげるしかないのでは。 

Tochisako Atsumasaさん(日本人ですが苗字の漢字が変換できませんでした)がワシントンDCで起業したマイクロファイナンスコーポレーションなどはいかがでしょうか?この方も東京銀行に勤務されながら、26歳のときにメキシコの極貧を目にして以来、いつかなんとかしたいと思い、50歳にして同社を立ち上げました。金融で世の中に貢献できるなんて、まさにぴったりなのではないでしょうか?

セレブさんの気持ちは大変良く分かります。
人生には、色々な波がありますので。
ブログのタイトルに「2008年の抱負: 外資系証券を引退。」と書かれているように、今の時期は、セレブさんにとって、何らかの煮詰まりor混沌の時、ターニングポイントの時期、今までの自分から脱皮したい時なのは確かな感じがします。
それに追い討ちをかけてサブプライムですから、業界に終止符を打つ気持ちに拍車がかかるのは当然でしょう。
私も外資金融に勤めていましたから、儲け主義の裏の世界を沢山みましたし、外資の底なしの恐ろしさも知っていますので、セレブさんに、「この業界に残って頑張って」とは気軽に言えません。気付いたら道徳的に疑問を持たざるを得ない事に手を染めていたという可能性だって無くはないでしょう。そういう業界です。
反対に、職を変えても、成功する人とそうでない人がいますので、これも、気軽に「職を変えた方が良いよ」とも軽率に言えません。
やはり一人ひとり、それぞれの人生ですから。
是非、今のうちに、自分の適性や、「本当の」自分の心を洗いざらしにして、今後の人生を考えてみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/23700075

この記事へのトラックバック一覧です: 外資系投資銀行勤務女の憂鬱②:

« 外資系投資銀行勤務女の憂鬱 | トップページ | 外資系投資銀行勤務女の憂鬱③ »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31