無料ブログはココログ

« Everything is about timing | トップページ | 支えられるということ »

2008年9月 1日 (月)

最悪の「厄年」

前に同じ年の友達が、一般的に言われる女性の本厄年(33歳)でない時に

「厄年でもないのに今年はホント最悪な一年だった」

と言ってたのを最近思い出した。

まだ秋にすらなってないのに、私にとってはホント今年が人生で最悪な年。周りもどんどん変わっていくし、私も色んな決断を迫られるし、一挙に色んなことが変化して、なんか自分だけがその変化についていってなくて、置いていかれてる感じ。こんな時に、なにも決断せずに逃げ続けたらどうなるんだろう、ってたまに思ったりする。

でも思い返せば、私の女友達もあの最悪の「厄年」があって、次の年には腐れ縁も切れ新しい出会いもあった。私もこの最悪な時を越えれば、来年にはなにか新しい出会いや夢があるのかな、なんてぼんやり希望を抱いたりする。

早くそんな時が訪れないだろうか、私にも。

« Everything is about timing | トップページ | 支えられるということ »

コメント

あまり悲観なさらずに。
何にでも周期はあるんだと思います。細胞だって、周期がある。
運という言葉を聞きますが、確かに流れはあるのですが、身を任せるか、流れの中でもその時の最善に持っていくかどうかは自分次第だと思いますよ。
切り開くか、
飛び込むか、
ステイするか、
ウォッチするか。
来ますよ、
きっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/23419158

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の「厄年」:

» 外資系アパレルの英語の求人 [アパレル求人情報ブログ]
外資系アパレルの求人では英語のスキルはどのくらい必要なのでしょうか。外資系アパレルの求人のうちに英語のスキルを要する仕事というと例えばどんな職種の求人があるでしょうか。 [続きを読む]

« Everything is about timing | トップページ | 支えられるということ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30