無料ブログはココログ

« 最悪の「厄年」 | トップページ | 他人の幸せは蜜の味 »

2008年9月 3日 (水)

支えられるということ

最悪な毎日の中で感じることは

私はみんなに支えられて生きているということ。

自分一人では生きられない、なんて当たり前のように言われてて頭では分かっていることかもしれないけれど、でも今は改めて自分は一人で生きているんじゃないんだって感じる。

辛い時、悲しい時、深い悩みの中にいる時、いつも誰かがそばにいてくれて、私の話を聞いてくれて、正面からそして影から支えてくれている。そんな時、私の生き方はこれで良かったんだって思う。

みんな、本当にありがとう。

私も自分が受けた優しさをちゃんと他の誰かに返せる様に、一生懸命生きていきたいと思う。ホントにありがとう。

« 最悪の「厄年」 | トップページ | 他人の幸せは蜜の味 »

コメント

逃げなければ、もしも最悪の結果になったって、時間がたてばきっと受け入れられて、それがまた糧になって新しい何かにつながると、そんな風に思ってます。

セレブさんも、心の底からこれでよかったんだって思える日が、きっと来ますよ。

周りが助けてくれるのは、セレブさんが周りの人
たちを大切になさっているからだとおもいます。
大人になったら、人は二つの手を持っていて、
一つは自分が困ったときに助けてもらうための手。
もう一つは、誰かが困ったときに差し出す、他の人
を助けるための手。
私も、大切な人たちが困っているときに、きちんと
向き合って助けることが出来る人でいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/23448949

この記事へのトラックバック一覧です: 支えられるということ:

« 最悪の「厄年」 | トップページ | 他人の幸せは蜜の味 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31