無料ブログはココログ

« 恋愛許容年齢下限の算出方法 | トップページ | Fearless is bliss »

2008年10月 7日 (火)

New York からの使者

暗い話ってのは、恋愛でもなく、仕事でもありません。

確かにこれまでの話の流れだとそのどっちかだろ、と思われるでしょうが、違います。基本、私の話って仕事かオトコだよね... でも今回は違うのよ。

詳細は割愛しますが、ホント「思わぬところに罠がある」ってのが人生だなと。基本、人間性善説を信じてますが、違う人も結構いるのね、ってのが最近の感想。今回の事件の張本人である性悪男(達)に

「かなりナイーブですね」(言い方: 「うぶな奴め」って感じ)

と言われた。どんなだ。つうか、お前らが性悪なんだろ、っていう。マジ気が済まないので時がくれば制裁を加えてやる、と心に復讐を誓うのでした。たぶん、私が今書いてることを読んで理解できる人って世の中に二人しかいないね。すいません。でも将来、絶対暴露記事を書くので待ってて下さい。

しかし

そんな窮地の状態に立たされてる時にも、救いの手は差し伸べられる。しかも今回の使者はニューヨークから来た。すごくない? 時差13時間。

まあ、将来、cautionary tale を皆さんにお伝えするために、闘っていると考えます。訳わかんないと思うけど、応援してください。

« 恋愛許容年齢下限の算出方法 | トップページ | Fearless is bliss »

コメント

ヘッドハンター、ですか。

訳わかんない。

外資IBは半端なく性悪な人がいますよね。今はNYの日系で働いていますが少々性悪でもまだ可愛い方だと思いました。応援しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/24344382

この記事へのトラックバック一覧です: New York からの使者:

« 恋愛許容年齢下限の算出方法 | トップページ | Fearless is bliss »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31