無料ブログはココログ

« 深い話 | トップページ | 冬の時代到来 »

2008年10月14日 (火)

普通の生き方

Qさんからのコメント(青字)

それは、オトコが”女々しい”存在であるからです。

でもね、

>「男は過去に重きを置き、女は将来を見据える」

というのは、必ずしも全てのオトコに当てはまる公式ではないと、僕は思いますよ。

少なくとも、”少しは”誠意というものを持っていて、”少しは”人生についてよく考えていて、”少しは”マトモ、なオトコだと思います。

全く過去に頓着せずに次々行ける、股間に人格があるようなオトコも多いですからね。

セレブさんが、身近な男性にその傾向を見て取ったのなら、それは寧ろそういう人を惹きつけるというご自身のもつ、根は真面目なところ(意識されているかどうかは存じませんが)を誇りに思うべきだと思います。

一方で、女性は、形而下であれ、出産の年齢制限を何となく意識しているから、先が無いと、すぐに将来を見据えた行動に移れるのかもしれませんね。

もっとも、これはその女性それぞれの安定志向と紐づいていますから、そういう行動に出るのが20代のうちからできる人と、30歳を超えてからの人と、あるいは全く頓着しない人と、3種類いるのかもしれ無いと思うのですが如何でしょうか?

私が好きな彼には彼女がいますが、言葉の端々に、相手の女性に対して誠意を持ってて、人生を考えていて、Qさんが言うところのマトモな男だってことを感じます。それも少しじゃなくて相当マトモな男だと思ったから、惹かれてるのかも。

前にも書きましたが、男性は女性よりも賞味期限が長いから、色んなことを経験して40代で結婚しても遅すぎることはないと思います。でも女性は、いくら高齢出産が可能っていっても賞味期限がありますからね。そこは大きく違う点だと思います。女性には大なり小なり生まれながらにして刷り込まれている賞味期限の感覚ってのがありますね。残念ながら私はその感覚が何かをきっかけに薄れたらしく、Qさんが言うところの全く頓着しない人に近くなってます。

大まかに分けておっしゃられる3種類に分かれると思いますが、たぶん多くの女性が一番目の20代のうちに結婚して、20代もしくはアラサーでの出産を夢見てる気がします。私の大学時代の女友達の多くはこのパターンです。幼い時からそういうパターンが「普通」なんだって親とか社会から刷り込まれたからそうなってる気がします。でも私はそれが「普通」とか「スタンダード」とか思えなくて、今に至る、みたいな感じでしょうか。

同じ様なことを男友達と週末に話したんですが、彼も「普通」はアラサーで結婚するんだと思ってたんだけど、今は結婚自体に疑問を感じてるんだ、って言ってました。あまりにも色んな人の結婚や離婚や不倫を見てしまって、その結果、何がいいのか分からなくなったって。私もそのパターンです。

彼に言ったのは「普通」じゃなくても別にいいんじゃないの、ってことで、結局何が「普通」かなんてどこまでいっても分からないし、そういう基準って変わってしまうものだし。それになにより何が自分にとって「普通」か、もしくは「自然」かを決めるのは他ならぬ自分だと思うんですよね。だから自分が納得いく生き方を出来ればそれが最高の生き方だと思います。あまり他の人と比べる必要ってないんじゃないのかなって、最近は思ってます。

« 深い話 | トップページ | 冬の時代到来 »

コメント

取り上げてくださってありがとうございます。

ただ、【賞味期限】っていう表現は嫌だなぁ(笑)

恋愛対象としては、僕は特に年齢を意識しませんが、逆に自身の出産年限を意識する女性なんかは、半ば自虐的にそういう表現をするケースもあるのでしょうね。

>たぶん多くの女性が一番目の20代のうちに結婚して、20代もしくはアラサーでの出産を夢見てる気がします。
>私の大学時代の女友達の多くはこのパターンです。
>幼い時からそういうパターンが「普通」なんだって親とか社会から刷り込まれたからそうなってる気がします。

ホントそう感じさせられることが多々あります。

それって、実は精神の自由、という観点からいうと、とても不自由だと思います。

でも、強くない人は、その現実から目をそらして、自分を納得させているのだと思います。

セレブさんが書かれているように、自分の人生は誰のものでもなく自分のものだし、何よりも自分にとって一番大切なリソースのひとつである時間の使い方は、世間体なんか関係なく、自分の納得がいくように使うべきだと、僕も思います。

多分、そういう感性を持っている人こそが、本当に上質な恋愛をできると思うし、それは上質な人生につながると思います。

そして、この感性を共有(もっというと実行)できる人が少数であるからこそ、同じ価値観をもった相手に巡り合えた時には、本当に素敵な関係を構築できるのだと思います。

それは理想論、と一笑に付す人も少なくないでしょうが、それは前述の「強くない人」でしょう。

楽ではないけど、楽しい人生を送る方に一票!

(長くなってすみません)

↑すごいいい事書いてらっしゃいますよね☆ミ
元々こだわりがそんなになかったら、とっくに結婚してるわけで、正直結婚自体は今誰でも出来ると思うし。。。ただ自分をみて、思うのは、出逢いに対する努力が足りないんだと思うんです。自分の空いた時間のすきに、自然に素敵な人と出会えたら。。なんて事はないと思うんです。なんでも努力した分しか収穫できないから。。。なのでスケジュール帳に出逢い枠?を作って、毎週違う人と出会うようなアクティブさが欲しいと思ってます!

いやー
それにしても恋をするってのは、いくつになっても新鮮ですね。

先日研修に行きましたら、同期で同い年の女の子と連絡先を交換しました。

彼女は彼氏がいるらしいのですが、朝昼晩と毎日メールを交わすうちに長らく忘れていた気持ちを思い出しました。

結果はともかく。
なんかこう胸の奥に小さなローソクが燈ったような気持ちになりました。

二十代の頃と少し違うのは恋心を大切にしている自分がいるとゆー事です。

だってあの頃は、
『結果が全て』だった気がしますね。
変ですかね…

私は来年30ですが、私含め親しい友人のほとんどは結婚していません。
みんな仕事があるし、特に結婚したいと思わないし・・・という感じです。

でも、特に、結婚は嫌!という感じでもないんですよね。
したければするけど、今はその気がない、いつかもししたくなる時が来たららその時する、という感じ。
特にプレッシャーも感じていないけど、かといって結婚に対して嫌悪感がある、というわけでもないんです。
興味がない、という感じでしょうか?
(みんな別に特別不細工とかもてないとかじゃないですよ!笑)

セレブさんの場合は、「本当に『結婚』が嫌なの!」という感じですよね。(という印象を受けてしまったのですが・・・)
きっと、書いていらっしゃるように、今まで多く不幸な結婚を見たからなんだろうなぁ、と思います。

でも、それはそれで、結構悲しいことですよね。
私は結婚の選択は人それぞれだと思っていますが、
あまり不幸なケースばかり見てしまい、嫌なイメージを抱くようになってしまうのも、残念なことなんじゃないかと思います。
私は、結婚はもしかしたら素敵かもしれないしそうじゃないかもしれない人生のオプション、位の捉え方です。
私(や友人)は自分達のいる環境から受けるプレッシャーが少ないから気楽な感じなのかもしれませんが、
周りから結婚適齢期に対するすり込みがあったにせよ、
自分達が望んでした結婚で、幸せなのだったら、それはそれでとても素敵な選択だと思います。
なんというか、彼らがマジョリティであったとしても、「流されていてお気の毒」という発想にならない気がするんですよね。

多分、結婚はただの契約で、そこから相手とどういう関係を築いていくかというのはそれぞれによるんだと思います。
不幸になりたくて、離婚前提で結婚する人なんてまずいないし、
幸せになろうと思って結婚するのに、破綻している人ばかりを目にしているのはなんだか残念ですよね。

結婚したら離婚すべきじゃないとか、そういうことではなく、
たとえば他人の恋愛を見ていて、最後は別れてしまっても、
恋愛中は、いい恋愛しているなーとか、こんな恋愛したくない・・・とか色々感想を持ちますよね。
それと同じように、最終的には別れてしまっても、結婚生活の中身って色々あると思うのですが、
そこまで強いこだわりを持っているということは、セレブさんが見たのはあまりいいタイプじゃなかったのかな・・・と。
私も同業で、忙しすぎですれ違い、別れた人を何人か見ましたが、
話を聞いていても、特に自分まで結婚に幻滅してしまうほどじゃなかったなぁと思うのです。かなり打撃を受けている感じではありましたが。
それに同じくらい、結婚して楽しそうにしている人たちもいます。

なぜセレブさんの周りの人たちはうまくいかないんでしょうね?

あるいは私の結婚に対するもともとの期待値が低すぎるのかもしれませんが・・・笑

徹夜明けでぼんやりしていて、長文失礼いたしました。
これから一眠りします・・・

はじめまして。
よく拝見させて頂いております。

聞いてください。
本日吉報が2件飛び込んで参りました。

①高校時代の友人(昨年結婚)*妊娠5か月
②幼なじみ*妊娠発覚*スピード婚(3か月)

最近頻繁には会えていなかった友人らですが、こともあろうか、同日に連絡をもらうとは!
こんなこともあるんですねぇ。

さて、この吉報に感動している私(26歳♀)自身は、会社勤めで資格取得のため受験生しています。今年の2月以来恋愛していません。


これまで強い結婚願望を持ったことがなく、「まずは仕事をして楽しみたい」と思い、結婚は年齢で決めるものでもないけど、そういう相手に巡り合えるといいなー程度できました。。
(ちなみに、「そういう相手」にはまだ巡り会っていません、or 気付いていません。。)

今の仕事(通信関係)で、念願の海外プロジェクトなどにも携わったりしていて、充実した内容なのですが、少し別の角度から仕事をしたいなと思い、資格取得を目指し1年半前から会計の勉強を始めました。

だから今は飲み会なども我慢して(?)、ひたすら試験に向けた準備、という色気のない生活です。。笑


「やっていることに満足してるし、自分の選択に自信も持ちたい。」
季節がかわるタイミングでか、最近テンションが下がっていたので、こうやって自分を鼓舞して頑張っているところです。


ただ、前述吉報を受けた時に激しく動揺してしまう自分がいることを否定できません。
改めて自分の状況(仕事*勉強*来春には転職を、、という計画)を見つめてしまい、「私はいったい何をやっているんだろう、、、」って心を揺さぶられてしまうんですよね。。。


お付き合いしている人がいれば、感覚は多少変わるのかもしれませんが、そうではない今はとにかく、自分の道を信じる気力を失いかけてしまいそうです、、


何があっても動揺しない(ブレない)自分になりたいけど、
それって女性としてタイミングを逃すような気もするし、
「なんだか生きにくいなー」
とか思ってしまう自分が悲しいです。


長々失礼いたしました。
来月試験です!
雑念忘れて、ラストスパートがんばります!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/24506924

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の生き方:

« 深い話 | トップページ | 冬の時代到来 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31