無料ブログはココログ

« 買いのタイミング・売りのタイミング | トップページ | 炎上中につき »

2008年10月25日 (土)

チャンス

こういう暗い時だからこそ、前向きに生きたいですよね。リストラってネガティブなこととして捉えられますが、本当は一つのチャンスだと思います。自分で何かを決断して踏み出せる人ってすごく限られていると思います。だから人生を変える上で、ある種の外圧はとても重要だと思ってます。

それにしても色んなサイトを見ていると外資系証券会社社員への間違ったコメントが多いなって思うことが多いです。

Yahooに昔ゴールドマンサックスの平均賞与が7千万円(位だったと思う)って書かれたことがかなり人々の頭に残っているらしく、

「リストラされても1億円近く何年も貰ってたんだからいいだろ」

とか、

「今まで稼いだつけが回ってきたんだ」

なんてことが書かれていますが、当然のことながら外資系証券に働いている人全員が7千万円貰っていた訳ではないし、実際、高額の賞与の恩恵を受けた人なんてほんの一握りだと思います。多くの人達、特に若い人達は、週末も出勤して仕事したり、過労で会社で倒れて救急車で運ばれたり、自分の時間や自分自身を切り売りしながら働いて稼いでいる訳です。それなのにそういった部分には目を向けず「ボーナス」や「ライフスタイル」にだけフォーカスして外資系証券を批判するのは間違っていると思います。こういう嫌な風潮がなくなっていることを祈るばかりです。

« 買いのタイミング・売りのタイミング | トップページ | 炎上中につき »

コメント

本当におっしゃる通りです。
数年前に辞めた元GSのOGですが平均7000万なんてどこの会社の話ですか?と言いたいです。

ごくごく一部が異常なくらいもらっているのですが、普通のローカル採用の日本人なんて微々たるもんです。 特にアシスタントだったりすると、労働だけは半端なくきつく、彼氏を作る時間もなく、朝から夜遅くまで働いて週末はグースカ寝てという日々を何年も送らなくてはならず、かつ給料がたくさんもらえるというわけではありません。

平均値ではなく中央値で出してほしいです。
私も見ましたが、この記事を書いた人の軽薄さにはあきれます。まるで、本当に楽して高給を手にしている詐欺師のような扱いです。

大間違いですよね。高給という誤解だけは解いてほしいですね。

仲の良い知り合いのGS社員も言ってました。
貰ってる人だけは貰ってる、と。
その知り合いも、ほぼ土日返上で朝から晩までひたすら働いてます。

でもみなさん、その高給が動機で外資金融を「わざわざ」選んでるわけですよね。

その辺の成金志向的浅ましさが形を変えた表現で叩かれているだけで、それらの指摘はあながち間違いでもないと思いますよ。


成金志向だけで選べるようななまやさしい簡単な仕事ではありません。
経済、金融、会計、数学の知識が求められる専門的な仕事です。
少なくとも私の知っている限りでは、成金趣味でギラギラな人なんかみたことがありませんでした。
普通か比較的裕福な家庭に育ち、勤勉で勉強が好きな真面目な人がほとんどでした。
成金志向のあさましさというのは、身を粉にして地道に頑張っている人たちに対して失礼だと思います。
実情を知らない人に限り、そのような発言をされるのかもしれませんが。

あと私は女ですが、外資はジェンダー差別が日本の企業に比べて無い点にひかれて外資金融を選びました。あと自分のもっている語学能力も活かせると思ったので。

就職活動で外資金融がフォーカスされるようになったのは、ここ数年の話だと思います。それよりも前は、どちらかというとメインストリームの日本企業では差別されるマイノリティー(女性、在日外国人等)が行くところでした。

はじめましていつ楽しませてもらってます。

上のコメントにもありますが、この手の“平均”って何の意味もなさない数字ですよね。極端ですけど社員が100人そのうち一人が報酬10億もらってて他すべてが100万だと平均報酬は1000万になりますし(笑)

平均数値に大した意味がないのはわかってるのに、やはりその7000万という数字の絶対的大きさが多くの人が関心を寄せるんでしょう。。

当然高報酬の裏にはそれ相応のリスクがあるのに、他の人間からすると都合の悪いところは見えないんでしょうね。

専門スキルを持って、身を粉にして地道に働いている人なんて国内金融、それ以外(特に勤務医や官僚)にも沢山いますよ~。特別なことではありません(笑)
そして、外資金融では「お金」は得られても「社会的名誉」は(特に国内では)得られないので、「お金」よりそうしたことに重きをおく志向の人は外資金融は決して選ばないでしょうね。逆に、外資金融の人は育ちはどうあれ、「社会的名誉」より「お金」という価値観をもつ傾向はありそうですね。実際周りをみていてそう思います。

うーん。
でも俺の知ってるGSやモルスタの東大生は全員「若いうちに金稼いで早めに引退するためにこの仕事を選んだ。」って言ってたけどな。

30代半ばで年収2億円くらいもらってた某破綻した投資銀行のN高→東大の人は「35までに5億は絶対たまるやろ!でも毎年5000万は絶対使うからな~。10億でも引退できんわ~。」といいながらフェラーリ乗り回して芸能人と付き合ってました。

>>多くの人達、特に若い人達は、週末も出勤して仕事したり、過労で会社で倒れて救急車で運ばれたり、自分の時間や自分自身を切り売りしながら働いて稼いでいる訳です。
>>成金志向のあさましさというのは、身を粉にして地道に頑張っている人たちに対して失礼だと思います。

て言われても結局マネージングディレクターになって酒池肉林の生活をしたいから、入社して地道に奴隷労働に耐えていたわけですよね。
もらってるのは一握り、たってその一握りになれる見込みがないならそんな奴隷労働絶対にやらないでしょ??

「金と女以外にこんな仕事やる理由なんかあるわけないだろ!!医者なんてそんなしょぼい給料でそんな大変な仕事ようやるなあ。」というのもそのN高→東大の行員が言っていたことです。

やはり叩かれる理由はあるように思うのですが・・・。

もと外資証券で働いてた者です。

いや、叩かれて当たり前でしょ。
仕事ができないやつらは、稼げてないけど。
できるやつらは、普通に1億もらってたよ。
周りの奴らは、皆金金金金の事ばかり。
俺の同僚とかは、ランチ代毎日4000円。
はっきりいって、あの金文化が嫌で吐き気がしましたよ。
まあ、だから今は仕事を辞めて違うことをしていますが。

おいおい僕ちゃん達、俺達のセレブはそんな金満くず野朗のことは言ってねえんだぜ。どこの会社にだって糞野朗のひとりやふたりはいるもんだ。そいつらはここでは無視していいんだよ。
外資系証券会社にはセレブがうっとりするようないい男がいるんだ。そのナイスガイを悪く言うのはやめてくれよ。

うーん、好きでやってることなんだから何をいまさら叩かれたくらいで、と思うのですが。
私も劣悪と言ってもいい環境で働いているデザイナーですので、
なおのことそう思います。

見知らぬ人が適当に他人の職についてあれこれ言うのが
ウザいと思うこともあります。
ですが、基本的には単なる放言であってどうでもいいような話でしょう。
ひょっとして、虚業的な側面に嫌気がさしてお金に対して後ろめたくなっているのではないですか?
そうでないなら、もっと自分の仕事について自信を持ってもいいんじゃないですかねえ。

サイト管理者様、

不毛な論争になってきております。
恐れ入りますが、私(puppet)のコメントをすべて削除して頂けませんでしょうか?

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

成金志向的浅ましさというのは言葉が強すぎました。すみません。

ちなみに、
外資金融の実情も、デザイナーの実情もよく知った上でのコメントです。
その上で、「叩かれる理由がない」というのはキリギリス側の理屈だよなぁと思い、コメントした次第です。補足まで。

私は日系の証券会社におりますが、外人は外資系並にもらっています。1億当たり前。でも日系にいる外国人なんて外資を首になった人か外資で勝負できない人たち。お金を吸い取る寄生虫のよう。でも外資系にしても日系にしても高い給与水準は見直されるでしょ。だってこれからビジネス激減するでしょ。正しい調整だと思います。メーカーの人たちは一所懸命商品を開発、工夫して世の中に貢献しているのに、世の中に何も貢献していない金融業界の人たちの方が何倍も多くお給料をもらうということはおかしい。(お金という血液をパンプする大切な役割はありますが。)Party is over!

不毛な論争ではないでしょ。いろんな意見があっていいんじゃないですか。大体業界に身を置いていたって全体像を把握するって結構難しいし。

身を粉にして働いているのは外資金融の人だけじゃないし、好きでやってる仕事なら、マスコミ始め周りの人が何言おうがどうでもいいと私も思います。
なにより、外資金融=イケイケっていうイメージ発信してる張本人って外資金融に勤めてる人々なのでは?セレブさんが自らセレブと名乗ってしまっている事がそれを端的に表してると思います。自分達は日系に勤めてる人間よりも金もらってるから、彼らよりも偉いと思ってる、なんてコメント大昔にあったよね。

でもそれも仕方ないかも知れませんけどね。何もしてない一年目から破格の給料もらえる仕事って他にないからね。起業するにしろ、医者にしろ官僚にしろ、一年目から外資金融ほどはもらえないし、普通の家庭の出であれば、舞い上がってしまう水準だよね。

元々そこそこ金も社会的地位もある家に育てば、そこまで自己顕示欲強くならないと思うけどね・・・自分の周りを見る限り。

大昔に読んだ日経ビジネスか何かの記事、起業する人には二通りある、何かを成し遂げたくて社長になる人、社長になりたくてなる人。ベンチャーキャピタリストが将来性を感じるのは前者、見栄っぱりで金儲けが先に立つのが後者。雇われてる間は見栄が先に立ってても問題ないだろうけど、見栄と欲で起業したいっていうのはどうなんですかね。

なぜそんなに自分達が金に血眼になるのか、まず考え直してみたらどうですか。

あと、確かに外資金融では社会的名誉は得られない。尊敬されない理由は単に国内では歴史が浅い、というだけではない気がしますが。
周りから認められる尊敬されるって後からついてくるもんでまず初めに本人の理念なり目標があるもんです。それで、目標達成するための努力があり結果があって人からの評価がついてくる。
認められたい欲が先に立つもんだから見かけ(結果にみえる)に走るんだろうけど、それじゃ周りの心からの尊敬は決して得られない、と思うけどね・・・

言いたい奴には言わせておけばイーんですよ。

あの辛さはやってた者にしか分かりませんから!
穿った言い方かもしれませんが『ゆとり教育』だのなんだの言ってる日本人が、これからの世界で戦っていけるのか不安でなりません。

金は結果としてついてくるだけであって目的としたら少し寂しいでしょう。

とりあえず、今の最大急務は『みんながダメだ…』と思わないことです。

日本人よ!
自分達の誇りを忘れるな!

まあ、土日返上して深夜残業もして身を粉にして働いてるから責めないでよ!っていうのは、外資の人からしたら三日分の給料にも満たない月給で同じように土日返上ほとんど会社に泊まりっぱなしで身を粉にして働いている虚業じゃないことを生業にしている人達からみたら「でもその分金もらってんだからいーじゃん。ちょっと悪く書かれたくらいでナニ言ってんの」って思うでしょうね。
とりあえず、自分達だけが身を粉にしてるという思い上がりが、どうかと思いますよ。それくらい働いている人達なんて、世の中腐るほどいますから。もうちょっと外資以外の世間も見た上で発言しないと。外資の人って外資の世界しか見てなくて世間知らずな感じですね。

実際セレブさんのブログ見ていると、クラブ行く暇と体力が残っていたり、外食する暇があったり、旅行に行くために休みを取る暇があったりと、私の回りの「本当に身を粉にしている忙しい人達」に比べてまだまだ余裕があってお金もあるからストレス発散もできてるし、優雅だな、と思いますよ。

NHKの夜9時からのニュースで外資系証券をリストラされた人が出ていて「まずいことがわかっていても目を向けず年収4千万円もらって豪遊してて逃げ切ろうとしたけど間に合わなかった」的な発言をしてアナウンサーに飽きられてました。
フジテレビではお札をばらまいていたリーマン社員がいたとキャバ嬢が証言していました。
ごく一部でもこういう言動・行動が悪いイメージにつながるのでしょうね。。。

バンカーの忙しさを外の人からは分からないのと同じように、実業というのでしょうか(バンカーを虚業というのなら)、この実業の世界の忙しさを同じように外の人からはうかがい知れないのだと思いますね。

この点は、双方で大きな誤解があるのですが、それは仕方ないし、それゆえに、メディア等の見解を参考にするしかないのでしょう。

とはいえ、激務ということでは、バンカー以上のものはないと思いますよ。これは実業をばかにしているとかではなくて、事実としてですが。

平均睡眠時間3時間で休みなく、年間52週中、48週間くらいは働きますから、その辺りの実情は知ってもいいのではないかと思います。

いずれにしても、双方でねたみあってもくだらないので、そういうものなのかなということで、どうでしょうか。

へーさんの発言は少しとげがありますので書かせていただきました。

私は実業という仕事を身を粉にして、やっていますし、同居に人間は虚業?で同じくやっていますので、どちらも、本当に頑張っていると思います。自分でいうのもなんですが。

レスありがとうございます。

ですが、
>平均睡眠時間3時間で休みなく、年間52週中、48週間くらいは働きますから、
これくらい、もしくはこれ以上働いている実業(虚業に対して言うなら)の人間はたくさんいますよ。

>激務ということでは、バンカー以上のものはないと思いますよ
というのはおかしいと思いますが。
もちろん、私の回りにも外資投資銀行に勤めている友人達がいますが、彼女彼らより激務な人などいくらでも知っています。
投資銀行に勤めている人達はなんだかんだといっても、年に一度くらいは1週間くらいの休みは取れていますしね。セレブさんはどうか分かりませんが。盆暮れ含め、それすら取れない業界というのはたくさんあります。

そういう意味で、「バンカーは激務なんだから給料多いからって責めないで」というのはどうかね?と思った次第。
どなたかも書いてましたが、自分たちがやることやってるから貰ってる正当な報酬だと思うなら、別にメディアや他人から何言われても気にしなければいいんじゃないですかね?

へーさん、失礼しました。

なるほど、土日祝日の休みなく、毎日3時間程度の睡眠で、年間48週程度は働き続ける仕事をしている方が、周りにたくさんいるということですね。

それは、私の思い過ごしでした。失礼しました。

私も実業とはいえ、ソフトウェア関係なので、虚業に近いかもしれませんが、盆、正月は休めませんので、個人的には忙しいなーと思っていたりしています。とはいえ、その自分の感覚からして、バンカーほど働いている人はみたことがないと、思っていたこともあり、上記のような記載をしていしまいました。

私の周囲には、バンカーほど働いている人はいなかったものですから、そのように記述した次第です。

私ももう少し、視野を広くもって、いろいろな人に話をうかがおうかなと思いました。

ありがとうございました。失礼をおゆるしください。

実際のところ、実業にも虚業的な側面はありますし、
虚業の中にも実業的な側面はあります。
デザイナーも言うなれば社会の変革という場合もありますが、
ゴミチラシをまき散らして環境破壊の一端ということもできます。
そして本人がそれを分かっているうちはいいのですが、
規模が大きくなると案外実際の姿は見えにくいものでもあります。
それを踏まえた上でも、やはり虚業は虚業ですし、
LTCMの頃からなんの反省もない業界ということも出来るでしょう。
そのあたりは忙しい忙しくないとは別の話ですね。
叩かれるのが嫌ならば、素性を隠しておけばよいだけの話です。
セレブとは名乗りつつ、叩きはやめろ、というのでは、
使った肩書きを後から引っ込めるようであまりいい状態ではありませんね。

実際仕事としては、叩かれる妬まれるなどももちろんセットにした上で、
イメージと時間とお金をトータルで考えた上で選べばいいだけなのです。
要は自分がなにをしたいか、どう生きたいかですね。
仮に自分の中で時間とお金ですでに釣り合ってしまっていて、
その上イメージまでアレでは耐えられない、というならば、
もともと外資系金融自体それほど重要ではなかったということでしょう。
そうでないのなら世間の目(ネット含む)など、
大したもんじゃないので気にしてもしょうがない、と言えると思います。
ネットの大半の人は、ブログや知り合いならがんばって、
2ちゃんねるなら死ねとただなんとなく書き散らかしてるだけですから、
それこそ虚業以上の虚業のようなもんです。

まーまー
いーじゃないの。

それぞれ、みんな立場が違うんだから誤解があって当然でしょう。

わてらがコメントで言い合って困るのは、自分が気休めで始めたblogを作ったセレブさんでしょ。

自分の知らない世界をかいま見る事が出来て面白いじゃないですか!

イー子ぶるつもりはないけど、偶然出会ったもの同士建設的な話のほーが絶対楽しいって!

とりあえず、週明け
日経平均7000割れなんてならないよーに祈りましょう。

ガンバレ日本!

別に年収が高かったこと自体は生産性と収益の対価だからいいと思いますよ。
虚業と実業という区別はベニスの商人の昔からある金融に対する偏見でして、金融業は社会資源の適正な配分という立派な社会的役割を果たしています。
「虚業のくせに収入が高いのはけしからん!」というのはまるきりナンセンスな話と思います。

反面、「こんだけ忙しくて身を粉にしているんだから報酬が高いからと言って批判されるのは不当だ。」
というセレブさんやpuppetさんの言い分もやはりおかしいと思います。
へーさんの言うとおり、T土方や勤務医、あるいは救急の看護士のように同じ程度には忙しいと思われる職業でももっと年収が低い場合があり、忙しいだけで高年収が正当化されるというのはやはり視野が狭い部分があるでしょう。

ただし、金融界がずるいなあと思うのは信用創造を担う役割があるゆえに経営が破綻しそうになっても最優先で公的な救済が入ること。

景気がいいときは一番年収が高いのに、やばくなると必ず公的救済が入る・・・では他の業種の人が不愉快に思うのは仕方がありません。

信用創造を司るゆえに公的救済を前提にするなら、やはり準公務員的な扱いとして好き放題レバレッジをかけさせない、成果主義的な報酬を制限するなど公的な規制を従業員に課すことが妥当と思われます。

>なるほど、土日祝日の休みなく、毎日3時間程度の睡眠で、年間48週程度は働き続ける仕事をしている方が、周りにたくさんいるということですね。

あったりまえです。

私の業界、またはそれ以外でも、そのレベルの人々、周りにたくさんいます。ベンチャーで働いている人間で、そのレベルじゃない人、見たことないです。それに忙しくない業界だったとしても、中枢にいる人間ってたいていそれくらい働いてませんか???

バンカーが日本で一番忙しいって、あまりにも世間知らずすぎです。

それはともかく、アシスタントはクズだとか、外資の人間は日系より偉いとか(私も外資の人間ですが)、そんなこといえば反感覚える人間がいるだろうくらいのことは常識で考えればわかりますよね?

それで反感買って周りから何言われようと全然意に介さない、という態度であればそれはひとつのキャラクターという気もしますが、結局言われて弱気になるなんて、そんなの思慮の浅いただの人じゃないですか。

気休めでブログはじめたんじゃないでしょ??
どうみたって、みんなからすごいって言われたくて始めたんじゃん。

ほんとにやりたい仕事で熱中して充実してればそんな欲でないよ。人からほしい賞賛は、あくまで仕事の実績に見合った評価。

友人が起業しましたが、「やりたいことは特にないけど社長になりたい、なんかネタない?」なんていっている人にはご本人のために、本当に起業はお勧めしません。それこそ「そんな生易しいものじゃない」です。そういう方は、他人に雇われて守られているのが一番です。


↑うちの親父の小言かと思いました。

アリヘーさんのコメントの主旨がよくわからんのですが、
要は、「不愉快だからこんなブログは閉鎖してしまえ」ということですか?

であれば、見に来なければいいだけだと思います。
前にセレブさん書いてたと思いますけど。

それにしても、みなさん、すごく働いているんですね。私はいまさらながら恵まれていることに気がつきました。

私は、週に1日は休めて、もう一日は半日お仕事という感じの週休1.5日なのですが、それでも、休みの日は疲れてしまっています。zzz
それに、夏休みと年末は5日間お休みできるし。。。
カレンダー通りに祝日を休めなくて、嫌だなって思っていたけど、みなさんの、コメントみると、まだまだ、精進しなくては、という感じですね。

ニンニン。

>であれば、見に来なければいいだけだと思います。
というのがそもそも微妙なもんだな、といつも思います。
じゃあブログなんかやらなきゃいいじゃんとも言えてしまうわけですし。
(身内だったらなにもブログじゃなくてもmixiとか他の手段もあるわけです)

無論なんでもかんでも無根拠に叩くのも考えものですけどね。
ただ単なる自慢には同レベルの叩きが付いて回りやすいというのは言えるでしょう。

外資系というと未だに黒舟だとか批判の的になりますけれども、外資系って日本の働き方の価値観にブレークスルーをもたらしたように感じます。

つまり、
「終身雇用以外に、こんなにエキサイティングな働き方・生き方があるんですよ」
というオプションを世に知らしめた点がとても意義あると感じます。

セレブさんが仰った「自分自身を切り売りしてまで働く人が大勢いる」っていうのは、その目的が何であれ、一生懸命に取り組めて自分を高めようとする姿勢が素敵なことだと思います。

ある人にとっては全てがお金のためかもしれないですし、ある人にとっては自己成長や仕事で得られる喜びや知的好奇心を追い求めてなのかもしれませんが、それは個々人の価値観の問題ではないでしょうか。

外資金融はしばらく(もしかしたら半永久的に?)暗い局面を迎えているようですがそれでも、
「自分を高めて、自分の腕一本で会社を渡り歩く」
のような職人的な生き方には尊敬の念を抱きます。

資本主義の恩恵を受けておきながら、そのもととなる株式市場を否定するやつがいるなんて頭悪すぎでしょ。
証券会社は公器の側面もある。そこをわすれちゃいけない。

セレブさん、こんにちわ☆ミ
全然本文と関係ないけど、金曜からバンクーバーに語学留学に行きます。なのでこちらもあんまり見に来れないかも。。。
私30代で全く若くないですが、今年こそ(いや来年か?)幸せな生活、素敵なパートナー探し、仕事での充実、をめざしてがんばりたいと思ってます。色々大変そうですが、お体に気をつけて下さい☆

金融の仕事がお金を扱う以上、金融業者にとってお金が有り余るほど身近にあることは不思議ではないと思います。漁師のまわりに魚はたくさんあるでしょうし、米屋にはお米が溢れているでしょう。

ただ、この下らない世の中ではお金の有無が、社会的、政治的な制約によって多くの人間の人生や生死そのものを左右してしまうのが現実です。魚は肉で代わりになるし、米もパンで代用できます。でも、現代社会でお金は絶対に必要です。本当の物や金銭的価値は別な所で生まれて、それをお金として流通したり仲介することが役目の金融機関の人々が、利鞘から身の程知らずな(と思われている)お給料をもらって私腹を肥やすことが批判されても、個人的には仕方がないと思います。

激務をしているからというのは理由になりません。外資金融の労働者よりもっと苦労していても、生活に必要なお金さえにも恵まれないで命を落とす人など、この世に溢れかえっています。社会がフェアじゃないのは当たり前ですが、そこまで理不尽にアンフェアである必要もないと思われます。

外資金融への批判は、庶民の嫉妬という単純な感情ではないと思います。スポーツ選手が数千万円、数億円稼いでも、彼ら彼女らの仕事はそれに見合った価値を提供してくれていると思われているので、文句をいわれることは少ない。でも、外資金融の方々は、社会に何も誇れるものを提供していない、と多くの人は考えているのではないでしょうか。

そこで質問です。もし、金融業が、それを取り巻く人間の懐を潤す以外に何らかの価値をもつとしたら、それは何なのでしょうか?それが有るなら、それはセレブさんや同僚、そして上司が稼いでいる収入に見合った価値が有るとお考えですか?

嫉妬してるなら外資金融で働いたら?
門前払いで採用すらされないでしょ。
気になるんでしょ?気になって仕方ないんでしょ?
ビッグマネーを手にしている私たちが羨ましいんでしょ?悔しいんでしょ?だったらがんばって入社して働いてみなさい。だいたいご自身の仕事と給料に満足していたら他人がどんな仕事でいくらもらっていようと気にならないはず。正直に認めたら?頭がよくてうらやましい、派手な生活が羨ましい、高い給料が羨ましい、外国語が話せて羨ましい、ダイナミックな仕事をしていて羨ましい、海外出張が羨ましい、高級車が羨ましい、高級マンションが羨ましい、港区在住が羨ましいってね。

某国公立で院まで出て、強烈な競争率の中、選ばれて。。。入社して、「君は頭がいいと思うから最先端の仕事で」、、と世の中騒がしている証券化商品デスクに配置されて、、、この結果。。。。私大文系(辛口でスイマセン)でフローの同期は、重宝されて、今でも活躍中。ホントに世の中、分かりませんね。メーカーで研究職の方がよかったと思う今日この頃です。

上の私のコメント、刺々しい書き方になってしまいましたが、実際に自分にとって真摯な質問でした。さすがに外資金融とかは、私のスペックでは全然足りないと思いますが、一応数理系の博士崩れなので、求職活動をすると、いわゆるハゲタカ系へのお誘いがあります。それで、外資系金融などでの話にも興味を持ったのです。

セレブさん自身はすごく人間的で魅力的な方に見えるのですが、そのまわりの人々の描写をこのブログで読んだりすると、はっきりいって、すごーく引きます。いくら収入が良くても、自分が学んできた理数系の知識を多少生かせても、周囲にいる人間に魅力を感じられない仕事、仕事場で身を粉にして働こうとは思えません。実際に研究からファイナンスに行った人間に話を聞くと、虚しくてやってられない、貧乏でも研究続けたかった、という人もいます。そこで上の発言となってしまいました。

駄文失礼いたしました。

>ぷ~たろ~さん
まるであなた自身が研究者(本来やりたいこと)としての人生を送ることができなかったことに対する鬱憤(うっぷん)を、あなた自身の価値観で関係のない第三者を上から目線で断罪していますが、単に八つ当たりの域を出ない稚拙なリアクションであると思います。
本当に自分の人生を生ききれている人は、自分の価値観を他人の生き方の当てはめて非難したりしません。自分の人生を生きるのに楽しくて、そもそも関係のない人の生き方や考え方はどうでもよいと思えるのではないでしょうか?
ご自身の人生が「思い通りにいっていない」という真の問題の論点のすり替え、逃げにしかすぎないように思います。 
人の価値観は色々です。人生における優先順位も色々です。それを一つの偏った側面でしか見ず、断罪する。そんなにもあなたは偉いのでしょうか?
金融ビジネスを蔑視し、研究の方が価値のあることとお思いでしたら、こんなところにいらっしゃらずに黙って研究生活を送られたらよろしいのではないでしょうか?

このブログ、一通り読んでみたがその辺のおバカOL日記と変わらない。
選んで使ってる文字こそ違えど、

私という女は~
私の回りの男は~
私の仕事って~
私ってこうなのよ。その辺の女と一味違うのよ。どうよどうよ。色々あるけど実は羨ましいでしょ。

ってな内容。専門的な知識で濃く見せてるけど非常に薄い。どんな仕事でも内情を明かして掘り下げればいくらでも自伝ドラマティック小説は書ける。

自分でセレブと名乗るセレブって、、、、
>過労で会社で倒れて救急車で運ばれたり、自分の時間や自分自身を切り売りしながら働いて稼いでいる

でも自称セレブさんはブログを書く暇がある。仕事以外の事を考える暇がとてもある。
力入れて↑のようなことを代弁してるけど、恐らく「稼ぐ人」の9割以上は自分自身でそんな経験をして、実際今もその状況下で働いている。分かりきったことだ。

今さら外資系金融って(笑)ちょっと恥ずかしい仕事になっちゃいましたね。

blogの更新楽しみにいつも見てるんで。

文句があったら見にくんなっての!
コメント欄は悪口を書く所じゃねーだろ!

うっとおしーんじゃ
器がちっちゃい奴め!

↑客観的に同類

ずいぶんと気が立っていますね・・・
リストラにあわれたんでしょうか・・・?

もしご自身が充実されていて、多様な価値観生き方を認めよというなら、
ぷーたろーさんの生き方にあれこれ口を出すというのもまたどうなんでしょうね?
それこそ放っておいたらどうでしょう?

私は、もしかしたら嫉妬の対象になるかもしれない出身です。
生まれたときから高級マンションではなく都内の高級住宅街で育ち、
まわりも親が社会的にも地位の高い職についている、同じような水準の人ばかりです。
でも、普通に暮らしていて、嫉妬されることなんてほとんどありません。
なぜなら、いちいちそんなことを見せびらかさないからです。
自分たちにとってはごく自然で当たり前のことだからです。

そして、正直に言うと、新興富裕層の方々のような見せびらかしには、
浅ましいという印象を持つのと同時に、イライラさせられることもあります。
私は決して態度には出さないようにしていますが、品のない成金の人々を見るととても見下げた気持ちになります。

そんなこと、人の勝手でどうでもいいじゃないか、ほうっておけばいいじゃないか、
と思われると思います。その通りだと思います。
私の知っている生まれながらに裕福な育ちの人々のうち、
私のように新興富裕層の見せびらかしに目くじら立てる人をあまり見たことがありません。
経済的にも精神的にも満たされた状態だと、不足を感じないので、
お金、ステータスその他で他人と競うことに興味がなく、新興富裕層の言動などどうでもいいのです。
おそらく私がそんなことでイライラするのは、どこか今の自分に自信がなく、
経済的な面で一般より優越していると考えることで
自分のプライドを保ちたいと思っているからだと思います。(昔は成金なんてどうでもよかった)

ですので、もし私が新興富裕層の見せびらかしにイライラしているのをみて、
ほっとけばいいじゃないかと思うのであれば、
あなたも見せびらかしに対してあれこれ言う人々をほうっておけばいいのではないでしょうか?
それこそ本当に自分の生活に熱中していたら、何を言われても、いちいち過敏に反応しないと思います。

というより、そもそもつまらないことで人からの評価を求める見せびらかしなんてしないだろうと思います。
結局そうした声に過敏に反応して、
こんなところで人の生き方価値観にあれこれ口を出すということは、
本当には自分自身や生活に満足できておらず、
やはり人からどうみられるかをとても気にしていて、
自分を人より上だと思いたい、という気持ちがあるのではないでしょうか?

そうであるなら何を言われてもお互い様、という気がします。
結局自慢する人に集まる人は、自慢するほうも、それを羨む方も、
自分の人生に満足していないという点で、共通したメンタリティを持っているのではないかと思います。

きっと自分の人生を生ききっている人は、こんなどうでもいい論争に興味を持たず、立ち寄りもしないし、参加もしないと思います。自戒を込めてですが。

羨ましいでしょ羨ましいでしょって何か病的だな・・・
価値観は多様だといいつつこんなところで他人を断罪
ほんと生き切ってるならこんなとこで他人に説教しないよな・・・

ストレスたまってんなー金融の人

確かにほーっとけばイーよね。
相手にするだけムダムダ。しかし生まれながらに裕福って書いちゃうトコがすごいね。

恐れ入りました…

何もわかってないなあ
病んでてあたりまえなんだよ
病んでないやつは、もともと本当のビョーキか
よっぽど仕事してないやつか暇な部署のやつだけだろ。
まともに働いていたら、順調に病んでいく。
抗鬱剤のみながら働いてるやつなんて山ほどいるぞ。そんな業界だ。

これまでの議論はM&A等のアドバイザリー業務には当てはまらないですよね? アドバイザリー業務はフィービジネスなので。これらの業務は非常に高度な専門性とハードワークを要求されるプロの仕事であり、今後もなくなることはないし、必要とされ続ける仕事だと思います。別に投資銀行業務全体が悪いわけでもなくなるわけでもないと思います。

ってゆうかいい機会だから言うけど
自分でセレブって名乗るのはいったいどういう意味よ?
自分で金もうけてます、はいセレブですって言っておきながら、不況のときには、助けてくださいなんて虫がよすぎませんか?
それに、本当のセレブはセレブと自分で名乗らないから。

>「ボーナス」や「ライフスタイル」にだけフォーカスして外資系証券を批判するのは間違っていると思います。こういう嫌な風潮がなくなっていることを祈るばかりです。

自分が散々フォーカス&アピールしといて・・・
こういうブログが存在しているせいじゃないの。

優れた記事には優れたコメント満載
「外資系で働くと言うこと」by ぐっちーさん

そうでないものにはそれなりのコメント満載
「金融日記」by kaz

外資系金融の中身をちゃんと知りたい人はちゃんとしたものを読みましょう。

私のコメントへ返信を付けてくださったのは、セレブさんなのかな?とにかく、有り難うございます。研究は仕事として続けるには難しいので色々と精神的なストレスがあることは確かですが、稚拙な八つ当たりや断罪をしようという気は毛頭ありませんでした。本音を伺いたかったあまり、文体が刺々しくなった点は反省していますので、お許しください。

金融自体が虚業とはあまり思っていません。さすがに収入と業務内容を比較すると疑問を持ちますが、もちろんお金は、あるに越したことはありません。今何かと批判される金融工学も、何らかの現象を信頼のおける方法で記述したいという動機そのものが科学なので、私にとって金融のそういった部分は、どちらかというと興味をそそられます。

何故他の方でなく、セレブさんにこういった質問をしたかったかというと、それはセレブさん自身が金融業を続ける事自体に現在はあまり魅力を感じていないのではないだろうかと、他のブログのエントリーから感じられたからです。ブログのサブタイトルにも、本当にやりたいことを職業にしたい、とあります。研究屋はヲタなので、どうでもいいことに価値を見出すことの出来る、基本的に幸せな人間です。でも、ファイナンスに移った人の多くが仕事が虚しくなるとこぼすようなので、そう思う人間は、何が本質的な原因なのか、探ってみたかったのです。

自由に出来るお金が多くえられることは、正直薄給の身である自分には羨ましいことです。あと、女性に恵まれるのも羨ましいです、ハイ(笑)。でも、高級マンション、高級外車とか、クラブのお手洗いで外国人とH(笑)とかそういう物には、ほとんど興味ありません。嫉妬と言っても、そのくらいのものです。

またも長文失礼いたしました。ブログも楽しく読んでいます。セレブさんが本当に好きなことをして働けることを、心から願っております。

ぷーたろーさん、
あなたのコメントに対して返事をしたのは、このサイトの管理人ではありませんので、念のため。
もしセレブさんがここでコメントを書くとしたら、ご自身の名前を名乗ると思うのですが・・。そもそも、先週の土曜日から見ていない可能性もあります。

〉本当のセレブはセレブと名乗らないから

そりゃ洒落だろ。
それぐらい分かってあげなさい。

素直か!

更新楽しみにしてます(^-^)
子育て中の主婦は刺激がない毎日ですのでセレブさんのブログを読むとワクワクしますよ(笑)

外資系金融が世間にメーワクかけたんだよね。
もらってるとかもらってないとかの問題じゃない。

世間に、世界にメーワウかけた。
非難される理由は、メーワクかけたことです。

外資系スーパーが非難されてる?
外資系アパレルが非難されてる?
外資系金融だけが非難されてるでしょう。
cancer

わかってないなあ・
迷惑かけたのはアラングリーンスパンでしょ。
アメリカ金融当局が「許可」した商品を売っていただけですからね。
外資金融じゃねえ。世間の嫉妬ってすごいね。

ばっかじぇねえの、あんた?
業界から要求もないのに当局が「許可」するかよ。

外資系金融からは謝罪の言葉もないしな。
ほんと世間にメーワクかけてるよ。
cancer

外資金融が世間から注目集めてる理由が「嫉妬」だって未だに思ってる人間がいるとしたら、オツムがよっぽどお目出度いんだな。
「軽蔑」以外の何ものでもないですから。

俺は正直嫉妬がある。
高い給料、派手な生活・・・。いいなあ。

↑だって。よかったね、セレブさん。セレブさんが最も喜びそうなセリフ・・・

普通に、セレブさんのブログ面白いですよ!
文句言いたい人はほっとけば良いと思います。
そういう人も、興味があるから見に来てるわけだし。あはは。好きな人をいじめちゃう小学生と一緒。

まぁこの業界も本来必要な役割を超えて業務が膨張しすぎてた時代も終えて、これからはドンドン縮小していくでしょ。そんで、これからは、クビになっても同業他社に簡単に転職できる時代はなくなるでしょ。

実績を残した者だけが残り、残さないものは業界から淘汰される時代。ハイリスクハイリターン。

仕事に見合った給料とかの議論は関係なしに、こーゆープロスポーツ選手みたいな賃金体系の業界があることは、いいことだと思いますけどね・・・僕みたいに体力のない人にとっては。。

まぁ金融に興味ない人にとってみれば、うらやましいし、目立ちたがりのうっとおしいヤツがたくさんいるってだけのクソ業界なんでしょうけど。

ブログのタイトルがあなた自身を語っていると思います。謙虚であることって大事だと思います。

拝金主義の何がいけないのか分からない。今の時代、個々の価値観なんて人それぞれだし。やっぱ日本は誰かが突出すると足を引っ張るくせがあるよな。そこらへんもっと国際化しないと。給料が高いから批判を受けるのはおかしいでしょ。明らかに嫉妬じゃん、そんなの。就職したときにもう企業研究で知ってるでしょ、メーカーは低く金融は高い。自分の給料に不満なら外資行きなよ。外資金融じゃなくても外資なら実力主義だから頑張るやつは年収伸びると思うよ。能力がない人で批判してる人は見込みなしだけど。

やってる仕事が年収に見合ってるかって言われたら、自分で言うのもあれだけど見合ってないな。だけどしょうがない。


世の中そんなもんだよ。なんでテレビで子供に悪影響しか与えない馬鹿な芸人が数億もらってるのかい。スポーツ選手もすごい額もらってる。給料が高い産業と低い産業、これは永久に変わらないと思う。外資金融、総合商社、広告、マスコミ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/24732186

この記事へのトラックバック一覧です: チャンス:

« 買いのタイミング・売りのタイミング | トップページ | 炎上中につき »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31