無料ブログはココログ

« 草食男の罪 | トップページ | 女がらみだけ草食な男 »

2009年2月19日 (木)

草食男が草食男になった理由

25歳草食男子。さんのコメント(青字)。このコメント、久々に新しい世界を見せてもらったって感じ。ホント有難うございます。皆さんもじっくりお読みください。特に肉食女は、ね。

いつもエントリーたのしみにしています。彼女と会うの基本的にお盆と正月のみでOKというモチベーションです。彼女といればそれはそれで楽しいですが、でも楽しいことだけじゃなく感情的にキレられるような面倒な場面もあり、正直一人でいるほうが楽だと感じます。

>付き合うって、時を共有することでもあるって思うんだけど、間違っているんでしょうか?

レセブさんの主張はまったくの正論なんですけれども、付き合いの形って人それぞれで、かなり淡白な付き合いもありだと思います。やっぱり相手以上に自分が好きなんですよね。あまりハマりすぎたら別れるときに傷ついてしまう可能性もあるので、一種のリスク軽減的行動かもしれません。

あと、自身が草食男子に成り下がった理由を少し考えてみたんですが、これって多分”慣れ”だと思います。1つは男子らしく、という教育を十分に受けてこなかったから。昔は「男なら泣くな」とかガミガミ言う頑固なオヤジさんが居たんだとおもいますが、あいにく我が家では「男だから・・・」という説教を両親から受けたことは一度もなかったです。もう1つは、孤独に長い間慣れて来たから。幼少時代、両親共働きの鍵っ子で、一人でいる時間がながく、自宅に帰っても一人でいる時間が多くありました。幼少の頃から長かったら、自分で楽しむ道筋を見つけることに長けてしまったのかもしれません。あるいは、生まれる前から草食男子になることが決まっていたという”草食の遺伝子”説もありえますが。

もし、習慣で草食男子になった方なら、「ひとりでいるよりふたりでいたほうが楽しい」という体験やインセンティブを与えていくことによって変わるかもしれませんよね。この”しつけ”には時間と根気が必要ですが、教育を施すに値する男性がいたら試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、なぜセレブさんのような”肉食女子?”が過去、草食男子を好んだんでしょうか?どういう点に惹かれるのかよければ教えてください。

このコメントを読んで、思いをはせる草食男子が25歳草食男子。さんと同じ様なことを言ってたのを思い出したのです。

詳細は割愛ですが、家族構成上、一人で遊ぶことが普通になってしまい、その結果一人でいることが快適になって、それが大人になった今も続いているだけなんだ、って言ってました。

そして25歳草食男子。さん同様、彼もかなり女性に対して理解があります。男女平等じゃないオヤジ達が未だに多い、って話になった時に

「そんな遅れた発想のオヤジがお偉いさんなんて理解に苦しむよ」

って真剣に語ってたし。とてもリベラルな人なのです。だから25歳草食男子。さんが書いていた自身が草食男子に成り下がった」とは思っていないですよ。「成り下がった」んじゃなくて、実は男尊女子男から「成り上がった」もしくは「進化した」とも言えるかも。

「一人でいるより二人でいる方が楽しい」なんてどうやったら植えつけられるんでしょうか? もーしかすると、先天性草食男な可能性もあるしなぁ。でも過去のコメントだと後天性な気がする。もしアドバイスがあればコメントください。

「なぜセレブさんのような”肉食女子?”が過去、草食男子を好んだんでしょうか?どういう点に惹かれるのかよければ教えてください。」

とあったのですが、私は頭のいい人が好きで彼はとても頭がいい。普通に話をしてて、知性とは違うのですが、「頭いいな」って思うことが多い。考えさせられる一言とか多いし。あと男友達も多くて男の人から人気があるとことか。同性に認められることって重要な気がします。あとリベラルなところも嫌いではないです。昔は亭主関白な人が好きだったんですが、リベラルな人もいいな、と彼と接するうちに思いました。最初の段階では彼をあまり草食だと思わなかったんです。気づいたらなんかこの草食男子をいいな、と思ってました。

それにしても視点を学ぶってとても重要なことですね。肉食な私はどういう風に草食男子を捉えていいのか苦しんでいましたが、なんか25歳草食男子。さんのコメントで新しい視点が見えて少し打開された気分。ちょっと時間をかけてじっくりと接してみます。

« 草食男の罪 | トップページ | 女がらみだけ草食な男 »

コメント

セレブさん、はじめまして。
いつも読ませてもらっています。

肉食系・草食系って切り口とはズレているかもしれないけど、狩猟民族系・農耕民族系って見方の方がわかりやすいです。
獲物を捕獲するために、罠に追い込むために獲物の好物をずらりとぶら下げているというのが狩猟民族系の行動で、無理なくできる水やりのような行動をずっと続けて木に実がなるのを待つのが、農耕民族系の行動のように思う。
自然体の自分で落とせる相手を落とせばその後のつきあいにも無理はない。相手をがっかりさせることもない。
農耕民族系だって恋愛はしたい、恋愛している時も楽しい。だけど別に恋愛のために自分自身の行動を大きく変化させるほどのことをしない。そりゃあ多少はテンションが高まる場面(植物に肥料を多く与える季節)はあるだろうけど。総じて行動の変化幅は小さい。
よくモテたいのならばマメに行動をせよなんて指南を聞くのだけれど、「それでもいいの?」なんて思う。恋愛期間だけプレゼントとかエスコートとかマメな行動をして、ゴールインした後は次第になにもしなくなるなんて相手ががっかりしないのかなあ、って。
肉食系(狩猟民族系)には、「釣った魚に餌はやらない」なんて豪語して、落とすまでだけ異常にマメになっている男がたくさんいると思う。
私の場合、たいしてマメではないのに幸いにして所帯を持てているのだけれど、恋愛中も結婚後も妻に対するマメさ具合はほとんど変わってないと思っている。むしろ共同生活で妻に感謝するシーンが増えることによって徐々にだけどマメさは向上してきているような気がしないでもない。

「マメさ」において、一時期だけ100点満点をとるけど、一緒になったあと最終的には10ー20点で落ち着いてしまうオトコと、最初から60点くらいでおおむね安定(もしくはじんわりと上昇)するオトコとどちらと一緒になるのがいいのかはよくわからない。自分にさかりのついた時期は前者を適度に取り替えるのが楽しいだろうけど、落ち着いてきちゃったら後者のほうがハッピーエンドじゃないのかなあ。
40点くらいで安定しちゃっていつも相手を満足させられない農耕民族は反省すべきだろうけど、相手側がコンスタントに80点以上を求める狩猟民族だったりしたらうまくいかないのはお互い様のような気もする。

私は狩猟民族系のオトコが最終的に何点くらいで落ち着きそうか推測する一つの手段を知っているのだけれど、長くなっちゃったのでいずれ。

セレブさん、はじめまして、プチセレブです。

確か少し前にネットで美味しいイタリアン@六本木を探していたら、偶然セレブさんの
ブログに辿り着き、実は自身も02年の就活時に当時アークヒルズに居を構えていた
某外資系証券会社に内定したもんでそれ以後興味深く読ませて頂いておりました。

僕は自分は、もとい他称でもありますが、肉食だと思って今まで生きてきましたが、
セレブさんの草食男の要素に随分当てはまります。

であれば自分は草食なのか?と自問したみたところ、やはり意識、スタンスは肉食だと
思います。

これは僕だけにしか当てはまらないのかもしれませんが、彼女に対しては草食、その他
諸々に対しては肉食という人もいます。

本当はもう少し詳細に説明すべきなのかもしれませんが、そもそも今日は久々の風邪で
意識が朦朧としているので、中途半端で恐縮ですが、たまにデスクでランチするので、
その際にまたコメントさせて下さい。

でも、いまだに女性は昔の女性の保護を求めてますよね?w

男女平等の義務、責任を果たしてる女性ってわずかですよね?w

都合のいい男女平等を乱用する醜いオバサンに嫌気がさして草食化してる男も多いでしょうねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/28221302

この記事へのトラックバック一覧です: 草食男が草食男になった理由:

« 草食男の罪 | トップページ | 女がらみだけ草食な男 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31