無料ブログはココログ

« 女がらみだけ草食な男 | トップページ | バイ・セクシュアルな気分 »

2009年2月21日 (土)

草食男との恋愛方法

おくらさんからコメント戴きました(青字)

セレブさん、はじめまして。
いつも読ませてもらっています。

肉食系・草食系って切り口とはズレているかもしれないけど、狩猟民族系・農耕民族系って見方の方がわかりやすいです。
獲物を捕獲するために、罠に追い込むために獲物の好物をずらりとぶら下げているというのが狩猟民族系の行動で、無理なくできる水やりのような行動をずっと続けて木に実がなるのを待つのが、農耕民族系の行動のように思う。
自然体の自分で落とせる相手を落とせばその後のつきあいにも無理はない。相手をがっかりさせることもない。
農耕民族系だって恋愛はしたい、恋愛している時も楽しい。だけど別に恋愛のために自分自身の行動を大きく変化させるほどのことをしない。そりゃあ多少はテンションが高まる場面(植物に肥料を多く与える季節)はあるだろうけど。総じて行動の変化幅は小さい。
よくモテたいのならばマメに行動をせよなんて指南を聞くのだけれど、「それでもいいの?」なんて思う。恋愛期間だけプレゼントとかエスコートとかマメな行動をして、ゴールインした後は次第になにもしなくなるなんて相手ががっかりしないのかなあ、って。
肉食系(狩猟民族系)には、「釣った魚に餌はやらない」なんて豪語して、落とすまでだけ異常にマメになっている男がたくさんいると思う。
私の場合、たいしてマメではないのに幸いにして所帯を持てているのだけれど、恋愛中も結婚後も妻に対するマメさ具合はほとんど変わってないと思っている。むしろ共同生活で妻に感謝するシーンが増えることによって徐々にだけどマメさは向上してきているような気がしないでもない。

「マメさ」において、一時期だけ100点満点をとるけど、一緒になったあと最終的には10ー20点で落ち着いてしまうオトコと、最初から60点くらいでおおむね安定(もしくはじんわりと上昇)するオトコとどちらと一緒になるのがいいのかはよくわからない。自分にさかりのついた時期は前者を適度に取り替えるのが楽しいだろうけど、落ち着いてきちゃったら後者のほうがハッピーエンドじゃないのかなあ。
40点くらいで安定しちゃっていつも相手を満足させられない農耕民族は反省すべきだろうけど、相手側がコンスタントに80点以上を求める狩猟民族だったりしたらうまくいかないのはお互い様のような気もする。

私は狩猟民族系のオトコが最終的に何点くらいで落ち着きそうか推測する一つの手段を知っているのだけれど、長くなっちゃったのでいずれ。

「肉食系=狩猟民族系」

「草食系=農耕民族系」

基本的な公式としては正しそうですよね。前回のエントリーで書いたけど、これは「恋愛」という枠組みに限ってのこととご理解ください。仕事においては「肉食=狩猟民族」になる人、たくさんと思うので。

「マメさ」ってのはもて度とかなりリンクしていると個人的には思います。マメな男の方がもててます。前にも書いたけど、基本、みんな誰かから求められたいという欲求は大なり小なりある訳で、その欲求というか本能をつくマーケティングは大半のケース、効果的だと思います。

「マメさの持続度」についてですが、これは女性側の考え方がマチマチな気がします。肉食男が好きな女性の場合、最初はガンガンに攻めてくることを予想してますから、その後のスローダウンについては最初から(ある程度)許容、もしくは予想している場合が多い。ただ最初は一生懸命口説いて欲しい(=モメンタム形成)。でその後は流れに任せる。流れに任せてあまりにもマメ度が落ちた場合には違うオプションを検討するという選択肢が生まれる。つまり、必ずしも関係初期のマメ度の維持を後期にも求めている女性ばかりではない、と思います。

下記はおくらさんのコメントの抜粋箇所ですが、私がいいと思っている草食男もこう考えているのを何度か感じ取ったことがあります。(文章を読むとぼんやり思っていたイメージがはっきり見えていいですね)

自然体の自分で落とせる相手を落とせばその後のつきあいにも無理はない。相手をがっかりさせることもない。

別に恋愛のために自分自身の行動を大きく変化させるほどのことをしない。そりゃあ多少はテンションが高まる場面(植物に肥料を多く与える季節)はあるだろうけど。総じて行動の変化幅は小さい。
よくモテたいのならばマメに行動をせよなんて指南を聞くのだけれど、「それでもいいの?」なんて思う。

彼は、もてるために「マメ」になるなんて馬鹿馬鹿しいと思ってるし、自分のスタイルを変えることが許せないタイプだと思います。

さて...

今、私は「過去に肉食男としか恋愛したことがなく、しかし、図らずも草食男に恋をしてしまったため、どうしたものか」と思い悩んでいる状態にあります。

様々な方からのコメントで、今まで聞いたこともない草食な男性の思考回路・傾向を知り、なんとなくではありますが、理解するに至った訳ですが、今後、この彼を落とす(言い方悪い?)にはどうしたらいいんでしょうか? 

草食男性からのアドバイス、お待ちしております。

あ、あと、おくらさん、私の今後の恋愛のためにってことで狩猟民族系オトコが最終的に何点で落ち着くかについての見極め方も教えてください。いつ何時また狩猟民族系に惹かれるか分からないですから、備えておきたいです。

« 女がらみだけ草食な男 | トップページ | バイ・セクシュアルな気分 »

コメント

セレブさん、リアクションしていただけて光栄です。

本当のことを言いますと私はたった2パターンに分けて考えるのはやめておくべきだとは思っております。無理やり分類した場合のおおまか&大雑把な傾向、くらいの捉え方にするのが無難です。
肉食系(狩猟民族系)と言いましても、おいしそうな餌をぶらさげたワナでつかまえるタイプ、急所をズバっと射抜く弓矢を持っているタイプ、いろいろな技を駆使するタイプなど様々いますよね。十分にお分かりでしょうけれども。

さて、狩猟民族系オトコがマメさにおいて最終的に何点で落ち着くか見抜く方法ですが、セレブさんも感覚的にわかっていらっしゃる部分と関わりがあります。
まず、「同姓に好かれる」という属性に端的に現れることがあります。長い付き合いの友人、知人とどのように接しているかがポイントです。同姓に好かれるタイプにもいろいろありますが、友人、知人の喜ばしい出来事をちゃんと祝う人間というのがいます。本当にマメな人間だと、結婚式など大イベントだけでなく、昇進祝いとか、場合によっては誕生日とか、「彼女ができた記念」とかも祝っちゃう。プレゼントをあげるなんてことはしなくても、「よし、飲みにいこう」なんていう具合に。
友人、知人で見極めにくい場合は家族です。両親のめでたい日に祝うことをずっとしてきたような人間は、パートナーのめでたいこともきっと祝い続けると思われます。彼自身の母親への接し方でも分かります。妻よりも母が大事というマザコンは論外ですが、母にそっけない人間はおそらく最終的に妻にもそっけなくなるでしょう。
獲物を落とすために一時的にいろいろやってくれる人間がいろいろやらなくなった場合でも、習慣になっていること(長年の大事な人にやり続けていること)は大事な異性のパートナーにもやり続ける可能性が高いというわけです。
遺伝的に考えた場合は、それとなく彼の両親の関係を聞いてみるのがいいと思います。彼の父が彼の母に気遣いできているのであれば、同じ血を引く彼も、というわけです。コレは案外当たるように思いますよ。

なお、私は人に指南できるような恋愛の達人ではないので、そのつもりで読んでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/28266110

この記事へのトラックバック一覧です: 草食男との恋愛方法:

« 女がらみだけ草食な男 | トップページ | バイ・セクシュアルな気分 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30