無料ブログはココログ

« Get over yourself | トップページ | まだ生きてる »

2009年3月 8日 (日)

金融のプロ

うーん・・・さんのコメント(青字)

駄文にご回答下さいましてありがとうございました。ギリギリ正直な思いを書いて下さったのだと感じています。「若い子は踊らされてる子が多い」もそうですが、セレブさんご自身の「素人宣言」まで飛び出して、僭越ながら「あぁ、まともな人じゃん」と思いましたので今後もブログ読ませて下さい。
ただでさえ世間から隔離されている外資系投資銀行の中でもさらにチャイニーズウォールで隔離され、果て無き単純作業でお客さんとも会話できず、社会勉強どころか営業の訓練や金融知識を得る機会のないIBDの人々。「昨日も朝5時まで仕事(作業)したぜ~」とか言っているうちにやがてはシニアに昇進するも、いざお客さんを前にしても日本のまともな企業の人と会話ができない→でも社内では在籍年数長いので妙に尊敬されている(特にジュニアから)→社外よりも社内に活路を見出す(アドミになる人までいる) or 今更普通の生活水準など受け入れられずファンドに転職するも長期的には裏街道となりキャリアダウン→残ったのはお金と「作業力」のみ。。。というパターンは多いように思います。しかし、報酬がすべてを正当化してきたのでしょう。今後はどうなるんでしょうかねぇ。ある種の収束が起きて唯一の根拠だったお金に期待ができないと仮定すると、「バンカー」たちの行動様式にどのような変化が生じるのかについて一種の社会学的な関心を寄せているところです。

正直、私なんて正真正銘のキャラ採用で、数字には強くないわ、学歴も資格もない(運転免許すら持ってない)。帰国子女でもない。ホントに「客商売」で食ってる。

さっきも書きましたが、「金融のプロ」というラベルのついた素人営業でここまで来たことを痛い程に認識している。だから色んなことを教えてくれたお客様には足を向けて寝れない。たぶんこれはこれまでもこれからも一緒だと思うこと。

ちょっと友達が遊びに来たのでまたあとで。

« Get over yourself | トップページ | まだ生きてる »

コメント

いつも非常に楽しく読んでいます。私は、現在修士1年であり、金融工学を専攻しています。08年夏までは、当たり前のように外資金融に行くことが最善の道だと信じていました。しかしリーマンショックから、就活前線に異変が生じ、縁があって、某外資消費材メーカーで働くことに決まりました。
私が学部3年の頃は、盲目的に皆が外資金融を目指し、メガバン、内資証券は負けだなんて話していたことが懐かしくありますw。現状を見ると、商社と野村とメガバンクのコース別が圧倒的に人気があるように感じます。
今年の就職活動をみて、例年と比べ、面接で会った学生に変化はありましたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/28530030

この記事へのトラックバック一覧です: 金融のプロ:

« Get over yourself | トップページ | まだ生きてる »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31