無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

あ、危ない

うまさんからのコメント(青字)

セレブさんコメント
「ハゲタカの上・下、ハゲタカ2の上・下、と読んでますけど・・・」

ハゲタカ2 とバイアウトは中身が同じですよ。
買ってしまいましたか??バイアウト。

新刊のレッドゾーンが単行本ですけど、3作目になります。

はっ。あ、危ない。買うとこでしたが、皆さんからのコメントを読んでからと思ってたので買ってません。良かった。これっすね、新刊は。

レッドゾーン(上) Book レッドゾーン(上)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドゾーン(下) Book レッドゾーン(下)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

有難うございます。レッドゾーン読まれました? いかがでしたか? もしコメントあれば教えてください。オーダーする前に知りたいです。

ワイルド・スワンは重いとの評判に屈し、とりあえず今、(上)だけオーダーしました。エネルギーがあれば続編オーダーします。でもGW中は(上)で終わりそう。ビギーは今日届いてました。こちら。

ザ・ノトーリアス・BIG ビギー・スモールズ物語 (warp ARTIST SERIES) Book ザ・ノトーリアス・BIG ビギー・スモールズ物語 (warp ARTIST SERIES)

著者:ジェイク ブラウン
販売元:トランスワールドジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

全然関係ないんだけど、友達に↓を持ってかれたので、自分用に再オーダーするかと思ってみたら、なんと売り切れ。大人気なのかな?

OMFGG: Original Music Featured on Gossip Girl Music OMFGG: Original Music Featured on Gossip Girl

アーティスト:Original Soundtrack
販売元:Warner Music
発売日:2008/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

で、サーチしてこっちを見つけた。全く同じ物なんだけど、今すぐオーダーを受け付けてくれて、かつ安いです。なんでかな? ってことで↓で再オーダーしました。っていうか、誰が持って行ったんだろう.... まあ、それはいいとして。これいいですよ。Gossip Girl 好きなら好きだと思う。私の周りでゴシップガールブームを起こしてるとこです。サテライトで日本語版をやってるみたい。

O.S.T./ORIGINAL MUSIC FEATURED ON GOSSIP GIRL NO.1 : サウンドトラック/ゴシップ・ガール O.S.T./ORIGINAL MUSIC FEATURED ON GOSSIP GIRL NO.1 : サウンドトラック/ゴシップ・ガール
販売元:CDイージー
CDイージーで詳細を確認する

ポストSATCとして押したし。GWの課題DVDとしてぜひ。

Gossip Girl: Complete First Season (5pc) (Ws) [DVD] [Import] DVD Gossip Girl: Complete First Season (5pc) (Ws) [DVD] [Import]

販売元:Warner Home Video
発売日:2008/08/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓は日本語版なんだって。でも9月発売らしい。なので上をお薦めしたいです。

送料無料 ゴシップガール(GOSSIP GIRL) <ファースト・シーズン> DVDセット 送料無料 ゴシップガール(GOSSIP GIRL) <ファースト・シーズン> DVDセット

販売元:脳トレ生活
楽天市場で詳細を確認する

mikoさん、とりあえずメールが着てたヘッドハンターにメールをフォワードしていいか、メールしておきました。他のdistress案件はメールボックスを探したんですが、捨ててしまったみたいで... すいません。でも少なくとも1件は紹介出来ますのでヘッドハンターから返事が来たらご連絡します。GW前に返事が来なかったら勝手にフォワードしちゃいますね。でもソースは明かさないでくださいね。では。

2009年4月29日 (水)

GWの課題図書

世の中は既にゴールデンウィークとの事。16連休の方もいるみたいで、そこまで休んじゃうと仕事に戻れないんじゃないかっていう恐怖感ありますね。

かく言う私も来週から暖かい所に行ってきます。それに先駆け、GWの課題図書を選んで持っていこうと思っています。完全なる備忘録ですが、もし挙げているもので「それあんまりじゃないですか?」(「朗読者」にコメント戴いたみたいな感じで。その節は有難うございました)というのがあればコメント戴けると大変有難いです。

①ザ・ノトーリアス・BIGビギー・スモールズ物語

りえこさんも推薦の本書。実はもうオーダーしました。Jay-zの本がかなり上手くかけていたので期待大です。日本語訳は心配ですが... 内容はイケてそうで楽しみ。

 ザ・ノトーリアス・BIGビギー・スモールズ物語 ザ・ノトーリアス・BIGビギー・スモールズ物語
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

②マドンナ真実の言葉

マドンナ真実の言葉 Book マドンナ真実の言葉

販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実はこっちを大昔に読んで気分が上がったから読んでみたくなったのです。かなり「這い上がり系」です。マドンナは「凄い」の一言ですね。中西部から数百ドルを持ってNYに来て、食べる物がなくて「ゴミ箱漁ったこともある」と告白してます。「もう成功するより方法がなかった」と語っていますが、そのハングリー精神たるや、ホント尊敬してしまいます。人間はどこまで自分を追い込めるのかなって考えさせられます。彼女は今50歳だと思いますが、今後も楽しみです。

マドンナ語録―時代を生き抜く女の言葉 Book マドンナ語録―時代を生き抜く女の言葉

著者:ミック・セント ミッチェル
販売元:ブルースインターアクションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「這い上がり系」だと、かなり紹介してますが、もう一回。

Book No Lifeguard on Duty: The Accidental Life of the World's First Supermodel

著者:Janice Dickinson
販売元:It Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジャニスは今年リアリティショーへの出演が決まってるそう。実物もかなりおしゃれでお綺麗でした。実際に会ったからなんか思い入れあります。

③ワイルド・スワン(上)(中)(下)

ワイルド・スワン〈上〉 (講談社文庫) Book ワイルド・スワン〈上〉 (講談社文庫)

著者:ユン チアン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワイルド・スワン〈中〉 (講談社文庫) Book ワイルド・スワン〈中〉 (講談社文庫)

著者:ユン チアン,Jung Chang
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワイルド・スワン〈下〉 (講談社文庫) Book ワイルド・スワン〈下〉 (講談社文庫)

著者:ユン チアン,Jung Chang
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昔から気になっていて読む機会がない本書。壮絶な人生ストーリーだと聞いてますが、読んでみようかと。もし、ご意見あればぜひ。

④Anybody Out There?

Anybody Out There? Book Anybody Out There?

著者:Marian Keyes
販売元:Penguin Books Ltd
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはねぇ、号泣物らしいです。愛の話らしいのですが、友達が推奨してました。まあタイトルから推測してそういう感じですよね。私にも誰かいるんですかね... すいません、個人的なとこに入ってしまいました。

⑤バイアウト "ハゲタカ2"上・下

バイアウト~ハゲタカ2~上 (講談社BIZ) Book バイアウト~ハゲタカ2~上 (講談社BIZ)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハゲタカの上・下、ハゲタカ2の上・下、と読んでますけど、かなり秀逸で、これも大期待です。映画も6月公開って聞きました。あ、どなたか、映画のエキストラで出演するかもってコメント頂いてましたよね? どのシーンに出演してるか教えてください。じっくりチェックしておきます(笑) こういう経済環境になってくると、distress系の話って結構出てますから、またハゲタカファンドに注目が集まりそうですよね。そういえば最近distressやってた人を探してるヘッドハンターが多くて「誰か知らない?」とかよく電話かかってきますね。

⑥1回きりのお客様を100回客に育てなさい

1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS) Book 1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)

著者:高田 靖久
販売元:同文館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはツタヤ六本木店の目立つ所に置いてあったので気になりました。確かに、今までを考えると色んなお客さんからまんべんなく仕事をもらったというよりは、リピート客なんですよね。理由は色々あると思うのですが「一度使ってみて良かったからもう一回使ってみよう」なんだろうな、と。そういう意味でタイトルに惹かれました。内容は不明なんですが、タイトル買いの一冊かと。

他にもいい本あれば是非ご推奨ください。「スラムドッグ・ミリオネア」は映画館の大爆音の元で観たいと思います。

とにかく聞いてみよう

二日酔いで若干頭痛が... 

昨日行ったバー/レストランで有名ハーフモデルを見かけました。結構メディアで騒がれている彼女だけど、ノーメイクでサングラスなし、帽子なしのナチュラルな感じで綺麗でした。一緒にいた友人(♂)は「ハーフだから人気あるだけだろ?」っていうドライなコメントで、人間ってこうも見解が異なるのね、なんて思いました。

さてcocoさんからのコメント(青字)

またまた、クイックレスありがとうございます。
そうですか、彼の行動はセレブさんにすると、そんなに支離滅裂でもないんですね。

またまたいくつか質問ですが、まず、セレブさんなら絶対エスコートしている理由を聞くとのこと、でもそのサイトはえげつなくて、たとえば彼なんかは、もろに性器丸出しののアップの写真とか性器クローズアップのビデオまで公開しているんですよ。他のエスコートも大体そんな感じです。高級ホストクラブとか高級ソープというより、錦糸町あたりの下町風俗とか、家の郵便受けに入ってくるAVの宣伝チラシ(って今はないのかな)ってイメージなんですが、それでもやっぱり本当に聞いちゃいますか?それでもう私に会いたくないなんてことになっても、と思うといまいち、、、。
あと、サイトを見る限りでは、エスコートとして男を相手にしているときは、なんか色々激しくやってそうなのですが、今のところ彼とのそっちのほうはいたってノーマルなんですよね。それって、相手が男性か女性かによって欲求のタイプが異なるってことなんでしょうか。
男となら心置きなく本能のまま楽しめる、または楽しみたいけど、女とはごく普通でいいと思っている、それとも、女の拒否反応が怖くて(あるいは過去にひどく拒絶された)よほど相手から積極的にもちかけられない限り抑えているとか。
大体、どうしてエスコート活動はゲイ方面のみなんでしょう?やっぱりゲイの世界は狭いし出会いもヘテロと比べて限られているからですかね。まあ、女性に対しても、私がまだ見つけていないだけで実は同様の活動しているのかもしれませんが。
それとも実は彼にとっては異性関係は世間体というか表面的なことにすぎず、本当の興味の対象は同性なんでしょうか?

やはりまだ、わからないことだらけです。

最後に、セレブさんのお勧めのように、こうなったらとことん楽しんでみたいと思うものの、どうやって始めたらいいんでしょう?
まずもしかしたら彼は私(女性一般)とはごく普通のことしかしたくないのかもしれないし、エスコートのことを話してみたり、したくもないことを求めてそのせいで彼を失ったらなどと、なんだか柄にもなく、というか今になって心配になってきます。

なんだか毎回色々聞いちゃってごめんなさい。

私ももえこさんのコメントと全く同意見ではっきり聞きますね。

男と激しくやってて自分とは「何で?」って思ってるならなおさらですよ。表面上の付き合いをしてて楽しいならそれでいいですが、そうじゃないからこうして悩んでる訳ですよね。それなら相手に踏み込まないと何も見えないですよ。相手に踏み込んでみてそれで拒否されたら、cocoさんは彼にとってはちょっと違う感じを試したかった、ってそれだけですよ。それだけの関係だったってこと。それが分かったら次にいくしかないですよね。でも今はそれすら判断できない状態ですから、もう聞くか、今のまま悩み続けるか(でもその場合出口はない)、二者択一ですね。

彼に聞いて、自分も自分の嗜好を話せば新しい展開は自ずと見えてきますよ。正直が一番だと思うわ。

2009年4月27日 (月)

アラサーになって分かること

cocoさんからのコメント(青字)。修正なしです(笑)

お返事ありがとうございます。
確かに最初のコメントには、くだらない細部にこだわっていた割りに、肝心な情報書いていなかったような気がするので、ちょっと補足兼アップデートさせていただきます。
それなのに丁寧に回答・分析していただいてありがとうございます。
まず、「冷めてきた」というのと「曖昧な関係」と書いたのは、私の事情や離婚話とは切り離したいので、離婚するから急に浮気相手との関係も正式に付き合うか付き合わないかとか白黒つける気にもならないし、しかも彼の出向が終わって、同じ会社で毎日会わなくなったら、なんだかごく普通の浮気の関係になってしまって、なんとなく私の欲しかったものはこれじゃなかったのではないか、などとそうでなくてもはっきりさせられなくて、というのが、状況の補足説明です。
向こうは向こうで、私とは始まり方も不倫なので、あえて何かさらに先に進めていこうとかいう気はないのだろうと、例の発見をするまでは解釈していましたし、最初から、相手は気ままな独身者だから、もしほかの人と付き合っていたり、遊ぶ相手がいたりというのは別に気になりませんでした。
だからセレブさんのおっしゃるとおり、彼にとっても、私にとっても、ちゃんと付き合っていないのは明らかです。
今でも、彼には夫との関係一般について、また進行中の離婚話についても、一切話していません。よそで浮気するくらいだから、100%幸せではない、または満足していないとは思っているはずですが、とりあえず表面的にはまだ夫と一緒に住んでいるので、私が離婚するというのは考えてもいないはずです。

私たちの場合は正確に言えば、コンサルの彼が私の会社に割と長期で出向していたので、厳密にいえば社内恋愛ではないのですが、セレブさんも書かれていたように、社内恋愛っていいですよね。確かに毎日が楽しくて、会社でのことが全て新鮮で、、、。

まあそういうきれいな思い出はおいておいて、セレブさんの指摘されたとおり、一番のキーポイントはエスコート活動ですよね。

彼の登録しているサイトはそれぞれのエスコートボーイのかなり細かい詳細も書いてあるので、それによると、彼の性的嗜好はバイで、セックスなら受身専門、それ以外なら(サイトにはきちんと具体的にスペック書いてありますが)受身でも攻めでもOK、変態的行為(これもあえて具体的には記載しませんが、SMやアクロバット的な行為と思ってください)は一切なし、ということで、会う場所は自宅、相手の家、ホテル、単なる外出OKとなっています。他の登録している男たちをベンチマークしてみると、80:20くらいでゲイが多く、バイで受身セックス専門というのは、登録者のなかでも結構少数派みたいです。あと、自宅に客を呼ぶというのも、あまりいません。

たとえばヘテロ間でも、単なる出会いを求めてサイトなどに登録するのと、売春行為ってまったく別物ですよね。
しかもエスコートが本業ならともかく、裏の生活としてあくまで自分の日常と切り離しているなら、普通自宅には呼びたくないと私は思うのですが、この点に関してはいかがでしょう?
なんだか彼のしていることの全てが私の理解範囲やロジックからは支離滅裂で、今さらになって初めて、さらにもっと彼を知りたい、近づきたいという気持ちが強くなってきて、自分なりにこれって恋しているのは、なんて思い始めた理由です。あと、いったい男をエスコートして何しているんだろうとか、そんなに気持ちのいいものなのかとか、色々想像すると、なんだか変に興奮してくるんですよね。

基本的に、彼のバイセクシュアリティーについては私は何の抵抗もなく、それとは別のまたもっと深いところでの異常さ(もともとバイで、男とも色々したいけど、普通のゲイの出会いよりも、お金に困ってもいないけど男相手に体売っている自分とか二重生活にエクスタシーのようなものを感じている?)なんかも、もしかしたら知り合った最初から直感的にかぎつけていて、だから妙に気になる存在だったのかなとさえ思えてきます。
というのは、私も、特別派手とか怪しげなところに出入りしているとかいうのではないのですが、今までもなぜか怪しい人をひきつける運命のようで、まだ独身で日本に住んでいたときもこちらに来て結婚してからも、なにかと普通の基準とははみ出した性嗜好の人と縁があって、アラサーを迎えた今となっては、自分の中にある変態性質みたいなものも受け止められるようになってきたのです。その辺から急に、今までどうしてもはっきりしなかった彼との関係の先が見えてきたような気もして、なんていうと、同世代(だと思っています)の女性として、理解していただけますか?ちなみに夫は私の知る限りでは完全なノーマル男です。

彼は、どちらかといえばシンプルな性格で、本人の意図していないところで笑えるつかみどころ満載で、いわゆる癒し系とも違うのですが、まだ相知り合ってすぐの頃から妙に一緒にいると和むでも、それ以外の何かも感じさせられるタイプで、でも、ルックスだけみれば別に特別好みでも、街中で会ってすぐ目に入るタイプでもないし、セクシーさとか男の色気も感じたこともなく、何で結局社内恋愛というか不倫するようになったのか、最初のころは自分でも不思議でした。で、結局、先ほど書いたような曖昧な関係のまま今に至るというわけです。

とにかく、バイなのか、なぜ男に掘られる(下品な表現ですみません、、、、。)のが好きなのかというのは、近々聞いてみルつもりです。
でもやはりエスコートの件はいくら本人に罪悪感なくても、理由はきっと彼にとったら誰にも知られたくない自分だけの秘密なんだろうし、とすると、それが私じゃなくてももし誰かに偶然知られてしまったのが分かったら、一生忘れられないくらいショックを与えてしまうのではないかなんて心配もしています。
セレブさんならそれでもやはり、聞いてみますか?

なんだか下ネタというか怪しい言葉をかなり、変な目的でセレブさんのブログを訪問する人が急に増えてしまったらと思うと、大変申し訳ありません。

なんか深いっすね。ちょっとマトモに答えられるかどうか不安になってきましたが、私の想像を含みつつ、ご回答させて頂きます。

質問である

とにかく、バイなのか、なぜ男に掘られる(下品な表現ですみません、、、、。)のが好きなのかというのは、近々聞いてみルつもりです。
でもやはりエスコートの件はいくら本人に罪悪感なくても、理由はきっと彼にとったら誰にも知られたくない自分だけの秘密なんだろうし、とすると、それが私じゃなくてももし誰かに偶然知られてしまったのが分かったら、一生忘れられないくらいショックを与えてしまうのではないかなんて心配もしています。
セレブさんならそれでもやはり、聞いてみますか?

についてですが、私は絶対聞きますね。「一生忘れられないくらいのショック」は絶対に与えないですよ。だって、cocoさんに発見されるくらいのエスコートサービスですから、他の誰に発見されてもおかしくないと思っていて普通だと思います。ある意味、バレることも含みでエスコートサービスに登録している気がしますけどね。もしかすると、発見されるか否かのラインを楽しんでいる可能性すらある気がする。

たとえばヘテロ間でも、単なる出会いを求めてサイトなどに登録するのと、売春行為ってまったく別物ですよね。
しかもエスコートが本業ならともかく、裏の生活としてあくまで自分の日常と切り離しているなら、普通自宅には呼びたくないと私は思うのですが、この点に関してはいかがでしょう?

出会いと売春は違うといいつつも、表裏一体だと思いますよ。「出会いを求めてサイトに登録してます」とか言ってても実はエッチしたいだけの男とか余裕でいそう。結婚したい女の気持ちを逆手にとってエッチしてさようなら、とかありそうじゃないですか? それと同じ気がするんだけどな。出会いか売春かを分けるラインは、最初から金絡みか否かが明確に示されているだけであってかなりグレーな気がする。(誰か売春の定義を教えてください)

エスコートの利点を挙げるとすれば「金の切れ目が縁の切れ目」に示されるところでしょうね。後腐れがない気がする。

エスコートサービスを自宅で行う、についてですが、まあありでしょうね。っていうのもお互い様というか。彼と彼のお相手は、同じエスコートサービスに登録する位の精神状態ですから、そこの感覚は一緒ですよね。自分には社会的立場がある。でも相手にだって社会的立場がある可能性だってある。私が彼の立場になって考えた場合、自分のテリトリーでするか、相手のテリトリーでするか、だけの違いで、どっちかっていうと自分のテリトリーでする方が安全そうですけどね。相手のテリトリーには何が潜んでいるか分からないですよね。

なんだか彼のしていることの全てが私の理解範囲やロジックからは支離滅裂で、今さらになって初めて、さらにもっと彼を知りたい、近づきたいという気持ちが強くなってきて、自分なりにこれって恋しているのは、なんて思い始めた理由です。あと、いったい男をエスコートして何しているんだろうとか、そんなに気持ちのいいものなのかとか、色々想像すると、なんだか変に興奮してくるんですよね。

そういう訳で、私からするとそんなに彼は支離滅裂でもないかなって思います。恋ってのはまずは「相手を知りたい」から始まると思いますけど、うーん、冷めてたのに秘密を知って燃えてるってのは「高い橋の上でドキドキ感を感じながら男を見て、その男と恋に落ちる」ってのに近い気がするんですよ。「興奮」と「恋」のドキドキ感を勘違いしているかなって。

というのは、私も、特別派手とか怪しげなところに出入りしているとかいうのではないのですが、今までもなぜか怪しい人をひきつける運命のようで、まだ独身で日本に住んでいたときもこちらに来て結婚してからも、なにかと普通の基準とははみ出した性嗜好の人と縁があって、アラサーを迎えた今となっては、自分の中にある変態性質みたいなものも受け止められるようになってきたのです。その辺から急に、今までどうしてもはっきりしなかった彼との関係の先が見えてきたような気もして、なんていうと、同世代(だと思っています)の女性として、理解していただけますか?ちなみに夫は私の知る限りでは完全なノーマル男です。

年を取って色んな人としてみて、自分の性に目覚めるってのはありますね。数うてば性的に自分に合う人が絶対に見つかると思います。ルックスとか社会的地位とは違う基準ですけど、結構重要な基準だと思います。アラサーで独身であればなおさら。でも、cocoさんは自分の性を見つける前に結婚してますから、そこは惜しいっていうか、見つけてから結婚すればもっとハッピーになれたかもしれませんよね。でも離婚プロセスに入っているのであれば、夫への遠慮もない訳で。そこは自分が納得いくまで、彼と楽しんでみてはどうでしょうか? また新しい世界が開けるかもしれませんよ。

2009年4月25日 (土)

六本木で遊ぶ女達

よっちさんからのコメント(青字)

セレブさん コメントありがとうございます!
そして皆さんのコメントも面白いです!
片言の日本語で申し訳ありませんでした(泣)
見直してみてやっと気がつきました。本当にごめんなさい。
内容はがるさんのおっしゃっているとおりで、ガイジン(男性)さんの真剣/遊びの交際の相手ってどんな方かなぁと思ったからでした。
やはり一昔前のデリバティブトレーダーとCMYKさんのおっしゃる(遊びの)カテゴリに入る人って、こういう方達なのですね。
本当のことをいうと質問コメントをした理由は、「近づきたい」為ではなく(笑)、実は私のパートナーがセレブさんと同業なため(本部勤務)結婚間近な彼の日本の駐在の可能性があり、いろいろなウワサを聞くたびに私が怖じ気づいてしまったことが起因しています...日本の女性はきれいに「作る」のが上手ですが(特に六本木界隈に出入りしている人について)、裏がありそうで結構怖く、彼がひっかかってしまわないかとっても怖いです。ちなみに私たちの仲は安定しており毎日幸せなので充実感この上ありません。そしてまたちなみに、私はガイジンさんに全く興味がなく、たまたま出会ったのが彼だったみたいな感じで付き合いだしました。同じ大学の同級生だったことが始まりです。
 恋愛分析博士な皆さんについでに質問したいのですが、そういう「遊び」系の女性は一体何をもって駐在のガイジンさんに近づくのでしょう。彼女たちも遊びでしょうか。誰かがよってきた場合には私は一体どういうふうにして構えていたら良いのでしょうか。どうかこの心配が杞憂に終わりますように(><)!

確認なのですが、「結婚間近な彼の日本の駐在の可能性がありとありますが、これはよっちさんとよっちさんの外人の彼が結婚するって意味ですよね? そして、結婚した場合にはよっちさんも彼と一緒に日本に来ますよね? 「私たちの仲は安定しており毎日幸せなので充実感この上ありませんだったら大丈夫な気がしますよ。ちなみに彼は白人ですか? (これ結構重要です)白人なら大丈夫だと思う。アジア系だったりすると、.... ちょっと違うかな。なので以下の文章の「外人」は白人を前提したものとお考えください。

基本、六本木で遊んでる外人は独身者が多いです。独身だから遊んでる訳で、既婚で女の子と遊びたがる外人は少数です。離婚寸前の既婚者外人が遊びまくってるのは見たことがありますが、「外人既婚者で遊んでるって日本人既婚者で遊んでる人よりも問題がある」ってのが私の見解です。驚かれるかもしれませんが、日本人男性の方が女性に関して言えば遊び上手です。外人男性の方が彼女もしくは妻にコミットしている状況であれば、真面目ですから。そういう意味では、よっちさんの彼との関係が安定しているのであれば、全く問題はないと思います。逆に、彼が六本木で夜な夜な遊び始めたら、それはある種のサインじゃないでしょうか?

「遊び」系の女子については、「遊び」と思って近づいているか不明ですよね。最初から本気かもしれないし。または、最初は遊びなんだけど途中から本気になることだってありますよね。これは、遊び系の女子か否かの問題ではなく、普通の女子の恋愛体系と一緒だと思います。まあ強いてその動機を挙げるのであれば、「違うものを試してみたい」という「好奇心」ではないでしょうか?(でもこれも普通の恋愛と似てる気がしますね)

そういう意味では身構える必要はないと思いますけど、よっちさんに必要なのは、彼と自分との距離が離れていないか確認することだと思いますよ。あまり心配しすぎても疑心暗鬼になったりして関係がこじれたりますから、彼を信じつつ、距離感を確認するというのがポイントかと思います。大丈夫ですよ。

外資系金融で働くには?

かなり雨降ってますね。買い物行ったり、ヨガ行ったり、と勝手なプランが頭にあったのですが、これだけ雨脚が強いと外に出る気にもなれず.... 今日はネットショップですかね。

さて、ともさんからのコメント(青字)。

初めまして。

内容とは異なりますが、、、

外資系投資会社で働きたいと思っています。
現在証券アナリストの資格はありますが、学歴はありません。。。

働くためには?  ご意見を聞かせてください。

投資会社と言うのは、投資信託会社(日本語が変?)、所謂アセットマネジメントですか? それともハゲタカの鷲津がやってるみたいな投資会社でしょうか? 後者だと証券アナリストが有無は関係ないでしょうね。前者だと、通常のマーケットだったらややプラスな気がするんですが(努力したって意味で)、今はハーバードのMBAを持ってても、CPAを持ってても、海外の証券アナリストを持ってても、どれもいい作用はない気がします。正直、今ハイヤーしている外資系金融会社は、業界でキャリアを持っている人しか採ってないので経験だけが評価されていて、ポテンシャルは度外視になってしまってます。ホントはそれっておかしいと思うんですけどね、私個人は。でも現実は厳しいです。

学歴は... これも今のマーケットだとないとマイナス評価になってしまいますね。あってニュートラルみたいな感じかと。バブルな状況だったら、学歴はある程度だったらオッケーなんだと思うのですが。基本、東大、慶応、有名国立大学(一橋とか)、もしくは有名私大がメインストリームですね。そこからはずれていると今はきついかもしれません。採用活動でもなんかそういう流れになってしまってます。

一つあるとすれば、コネクションを使うってことでしょうか? ご友人とか先輩で既に投資会社に勤務されている方で、その人がある程度シニアなポジションにいて、ともさんを大プッシュしてくれれば入るチャンスはあると思います。

最近のマーケットだとコネクションはかなり大きな要素なんですよね。コネクションで攻めて面接までこぎつけるという方法が一番効果的だと思いますよ。

J + B.I.G.

いつ買ったかすらも忘れてましたが、最近寝る前に少しずつ読み進めて「いい本だな」と思ったのがこちら。

JAY‐Z―ロッカフェラ王朝を築いたヒップホップの帝王 (warp ARTIST SERIES (3)) Book JAY‐Z―ロッカフェラ王朝を築いたヒップホップの帝王 (warp ARTIST SERIES (3))

著者:ジェイク ブラウン
販売元:トランスワールドジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本には、Jay-Zの生い立ちから"The Black Album"を作るところまでが書かれてますが、所々に考えさせられるJay-Zの言葉が散りばめられてます。

ドラッグ売るかラッパーとして成功するかの二つしか残された道がなくてラッパーになることに全てをかけたことや、ある事件を起こして今まで築き上げてきたものが一瞬にして崩れ去るってことを実感して悔い改めることや(誰かみたいですね)、人生の中で誰かを失うことについての悲しみや人を許すことの大切さとか、誰にでも感じることがある瞬間をJay-Z自身のインタビューや取材などで駆使して上手く描いているな、と思いました。(部分的に訳が「...?」なところはありますが)

Notorious BIG とは高校生時代の同級生だった様で、ビギーも話に登場してくるのですが、彼も素晴らしいラッパーですね。アメリカではビギーの映画が公開されて、かなり大好評みたいです。早く観たい。ビギーの言葉で

「もしラップゲームに参加していなければ

クラックゲームにひざまでどっぷり漬かっていただろう

だってストリートでドラッグを売り続けるか

ダンクを決めて有名になるかを選ぶだけだから」

というのがあるのですが、彼らの当時のストリートでの状況をよく表している気がします。他のラッパーも同じ様なことを言ってますよね。彼らのハングリーな精神にはとても惹かれるものがあります。

本の中ではいつどのアルバムをリリースしたか、や、実際の歌などの言及もあって、本を読んでからCDを聞いてみるといいなと思い、さっき戸棚からCDをひっぱってきました。Jay-Zというよりはちょっとビギーを聴きたいな、って思い、下みたいなセレクションになりました。

Life After Death Music Life After Death

アーティスト:The Notorious B.I.G.
販売元:Bad Boy
発売日:2005/10/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは言わずもがなの大傑作で、2枚組です。ベストアルバムなのでこれを聞けばカバーされていると思われるかもしれませんが、実は本の中でJay-Zや2Pacがインスピレーションを受けたと書いていた一曲は含まれていません。

Notorious Big ノトーリアスB.I.G. / Born Again 輸入盤 Notorious Big ノトーリアスB.I.G. / Born Again 輸入盤
販売元:HMV Yahoo!店
HMV Yahoo!店で詳細を確認する

↑に入っている "Who shot ya" が絶賛されている一曲。彼の死後も50centとかエミネムがカバー/サンプリングしていてどれだけ愛された一曲かが窺えます。ぜひ聴いてみてください。あと自分の備忘録用に。Jay-Zの本と同じバージョンでビギーのも出ているらしい。また若干訳が微妙なとこがあるのかなぁと思うと原書で読むべきかと思ったりもしますね。私に訳させて欲しいなぁ。

ザ・ノトーリアス・BIG ビギー・スモールズ物語 (warp ARTIST SERIES) Book ザ・ノトーリアス・BIG ビギー・スモールズ物語 (warp ARTIST SERIES)

著者:ジェイク ブラウン
販売元:トランスワールドジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2PACとかもある様ですが、西海岸モノはあまり共感できず... GW中の課題図書としてはとりあえずビギーかと。今年のGWはほとんど日本にいることが予想されるので、何かおもしろい本、CDがあれば是非ご紹介ください。

2009年4月24日 (金)

バイセクシュアルな男

なんか私のブログ、最近インターナショナルな恋愛に話が及んでますよね? 正直、よく分からないこともあるんですが、戴いた文章で出来る限り判断しますので的外れだとしてもお付き合いください。

今日はcocoさんからのコメント(青字)。これは第二部ありなんでかなり下まで読んでください。

はじめまして。時々盗み読みしていたものですが、今回初めてコメントさせていただきます。多分セレブさんと同じ年代、アラサー女・既婚現在離婚検討中です。留学生だった夫と日本で大学時代に知り合って、24歳で海外移住(夫が外国人なので彼の祖国にというパターンです)、付き合い始めて10年目、結婚7年目にして紆余曲折を経てこの展開にいたるわけですが、離婚話が持ち上がった前後からお互いに別の相手が出来て、でもそれぞれ微妙な展開で、、、というか夫のほうは今のところ完全破局した模様ですが、私のほうは離婚の話が出るまではかなり盛り上がっていたけれど、離婚話(本当の原因はお互いの浮気ではないと思います)が出てからはなんとなく私の気持ちがトーンダウンしてしまい、と思ったら最近ふとしたきっかけでその相手がゲイ専門のエスコートサイトにエスコートボーイとして登録していたことを偶然見つけてしまい、なんだかその途端私の気持ちに突然火がついて、、、というわけ分からないことになってきたのです!ちなみにその相手とはいわゆる職場不倫(相手は未婚・フリーでしたが)で、共同でプロジェクトを担当したことがきっかけというベタな始まりです。その彼は、コンサルタントというそれなりの職もあって、しかも知る限りでは割と裕福な家庭環境で、たとえば今も親の持っている一等地のアパートに家賃も払わず優雅な一人暮らしという感じで、別に生活に困っているわけではなく、仮にバイセクシャルで同姓との出会いや快楽を求めてのことだとしても(登録しているエスコートサイトにはバイと記載していました)、なぜよりによって出会い系ではなくエスコートサイトに登録するのか、しかもかなり過激なメッセージや写真までつけて、、、、。まったくなぞです。どこまでも背徳的な快楽主義者なのか、親にも人にも言えない借金かなにかがあるのか、などなど、どんないきさつでバイとしてゲイ専門のエスコートボーイ登録をすることになったのか非常に心に引っかかって、それ以来毎日毎秒彼のことばかり考えています。その前までは、火遊びの相手プラス気の合う男友達という以上にはそこまで好きではなかったのだなどと結論を下しかけていたというのに。でも、いまだにただ単に好奇心が刺激されているのを恋愛感情と勘違いしているのか、それとも本当にこれがきっかけで恋に落ちてしまったのか、自分でも分からなく、もし後者だとしてもいったいどうやってその恋と向き合っていけばいいのか、、、。本当に困惑していて、ぜひ聡明なセレブさんの意見をお伺いしたく始めてコメントしてみました。取りとめのない内容で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

ここ、

ふとしたきっかけでその相手がゲイ専門のエスコートサイトにエスコートボーイとして登録していたことを偶然見つけてしまい、なんだかその途端私の気持ちに突然火がついて、、、というわけ分からないことになってきたのです!

よく分からないですね。なぜ「エスコートボーイ」の登録を見て火がついたのか? まずこれを解明すべきじゃないですかね。勝手な私の分析だと...

「cocoさんにとって単なる浮気相手と思ってた男が、実は男にも興味あることが分かって、女としては男(全般)に勝ちたいと思って火がついた」

って感じかと。だって、エスコートボーイであることを知る前は冷めかけてた訳ですよね。単なる「対抗意識」で燃えてるのでは? その場合は当たり前の様に「恋」ではないでしょう。単なる男に対する対抗意識です。そもそも、文章を読む限り、cocoさんの頭の中では恋愛は「ヘテロセクシュアル」というのが前提になっているので、男である彼が男に興味があることが許せないのではないでしょうか? 

そして下が二番目のコメント(青字)

今自分のコメント読み直してみて、そのまとまりのなさにわれながら恥ずかしくなり、補足ですが、お聞きしたいのは、セレブさん的にはその彼はいわゆる快楽主義者なのか、どちらかといえばゲイよりなのか、ということと、私は結局その彼に恋してしまったのか、そうだとしたらその恋の展望は、ということです。
それまではさすがに、今まで10年もともに過ごしてきた相手との関係にピリオドを打つことになる離婚話の現実化に、納得している結果とはいえ、自分の想像以上にダメージを受けて、そのせいか浮気相手の彼に対しては急に冷めてきてしまって、所詮遊びにすぎなかったのだなんて思いかけていたのに、です。といっても別に夫とやり直そうと思っていたわけでもないのですが、とにかくここ2ヵ月半は何も手につかないほど落ち込んでいました。最近ようやく立ち直ってきて色々前向きに考えられるようなってきた矢先に今度は浮気相手のとんでもない一面を発見して、、、。
あまりの動揺に、つい夫(まだ微妙な関係で同居しているのです、、、)にも話してしまいました。夫とは、離婚を話し合い始めた頃から、お互いの相手のことなども、そこそこ話しているのもあり、とにかく誰かに話さずには入れれず話してしまったというかんじですが、それでも夫はとりあえず彼に効いてみて話してみたほうがいい、とのことです。セレブさんはどう思われますか?私たちの関係は実際知り合ってからは1年半くらいとはいえ、関係自体はまだ半年、しかもなんとなく曖昧な関係なので、彼の行為を責めることもできないし、私もせめたり非難する気は一切なく、ただとにかく気になるのです。かといってかなりデリケートなことなので、私的にはうかつに話せることではないと思います。どうしたらいいのでしょうか。

p。s。ちなみに私の住んでいる国は非英語圏のヨーロッパ地域で、別にそこまでゲイ・バイカルチャーがさかんではないはずです

これについての回答は今のcocoさんの旦那と一緒ですよ。浮気相手の彼に聞いてみてはどうでしょうか、エスコートサービスについて。「見つけちゃったんだけど」って。こればっかりは私にも判断できないですね。浮気相手の彼に聞くこと自体は大変じゃないと思います。夫に浮気相手の話をする方がよっぽど大変な気がします。あと、浮気相手の彼は罪悪感なしにエスコートサービスをやってる可能性がありますね。そうすると全くデリケートなことではないですよね。

彼の行為を責めることもできないし、私もせめたり非難する気は一切なく 

って書かれている部分ですが... そもそも論にはなりますが「責める」って言葉は違うと思います。彼からすると、エスコートサービスとcocoさんとの関係は全く別物な可能性も高くて、「責める」「責めない」という種類のものではないと思います。

「関係自体はまだ半年、しかもなんとなく曖昧な関係」

であればならなおさらです。彼からすると「付き合ってない」と思っているかもしれませんよね。曖昧なら付き合ってないと解釈できます。付き合ってないなら、誰とどこで遊んでてもフリータイムにエスコートサービスに精を出そうと責められることではないと思います。彼の自由ですからね。

そういう意味ではまず聞いた方がいいでしょう。

あと、私が思うに彼はバイだと思いますよ。でもエスコートサービスをなぜやっているのか、がキーになるのでとりあえず聞いてみましょう。そうしたらもう少し細かい分析ができるかもしれません。またアップデートしてください。

2009年4月22日 (水)

もう少し詳しく書いて頂けると的確な答えが出せる気がします

よっちさんのコメント(青字)

こんにちは。
以前から疑問だったので教えていただければ嬉しいです!
内情を知ってそうなレセブさんからの情報知りたいです。。。
おちうのは、外資系金融で働いている「ガイジン」の彼女(真剣なおつきあい。一晩とか夜の人とか含めない)って、どんな職業のひとですか?
そしてどんな容姿でどんなプロフィールの感じの人ですか? 
別世界みたいで知りたい...ガイジンさんは任期が終わったら帰っちゃうって言いますが、真剣になって結婚する人や日本人と結婚してこちらに来る人もいる訳で、雑誌に出ない(笑)この情報是非おしえてください!
そしていろいろあるみたいですが。。。どうか無リゼズにうまくいきますようおいのりしています!

ちょっと下の文章の意味が分からなくて正確に答えられないのですが...

おちうのは、外資系金融で働いている「ガイジン」の彼女(真剣なおつきあい。一晩とか夜の人とか含めない)って、どんな職業のひとですか?

「おちうのは」ってどういう意味でしょうか? ガイジン女性で日本に派遣されている人の職業を知りたいのでしょうか? もう少し詳しく書いてもらえると答えられると思います。

でも、基本外人女性で日本に派遣されている人って、サポート業務です。人事とか、ビジネスマネジャーとか。私の知っている限り、外人女性が日本人男性と結婚したケースは見たことないです。

よく言われているのは、アジア人女性は白人男性受けするけど、アジア人男性は白人女性受けしないってことですね。

それって体型とかアティチュードと関係している気がします。

2009年4月18日 (土)

恋は50:50

よりすけさんのコメント(青字)。あの、今結構酔っ払ってて、若干機能してないかもしれませんが、許して下さい。

今回のエントリはすごく興味深かったので
一人の悩める男としてゼヒご意見お聞きしたいのですが、

1.「友達」カテゴリと「恋人」カテゴリ、自分がどっちにいるかを
  見きわめるには、どういったところを見ればいいのでしょうか?
   (「俺って君にとってどっちのカテゴリ?」ってストレートに聞くべき?)

2.すでに彼氏がいる状態で、「恋人」カテゴリな人が見つかった場合、
  何がおこりますか?

3.デートに誘うは、男性から?女性から?
  (一般的には男性が多いべきとは思いますが、
  100%いつも男性からではないですよね?)
  セレブさんと草食の彼の場合、どのくらいの比率でした?

1.ボディタッチの回数。多ければ多い程興味あります。全くないと死んでます。あの、間違ってもストレートに聞いてはダメですよ、女子に。(私はいいんですが...)

2.うーん、私はとりあえず駒を次に進めますね。視線を投げかけるとか、手をつなぐとか、キスするとか(ま、これはたぶん凄くいいと思えば、です)。そういう何らかの、細かくても、インディケーションは女性サイドからあると思います。

3.出来れば男性から誘ってほしい。でも年下草食男はそんなことが頻繁に出来るタイプではなかったので、私vs年下草食男との比率は50:50でした。でも女の人は男の人に誘ってもらってナンボだと思いますよ。だってホントは私も誘ってほしいし。

2009年4月17日 (金)

社内恋愛の掟

本日は大学生さんのコメント(抜粋、青字)です。

ところで、僕は来年の春から某コンサル会社で働きます。
そこで質問なのですが、セレブさんの働く会社や周りの人たちでは、社内恋愛はどの程度ありますか?やっぱ社内恋愛はリスキーなんですかね。ちなみに僕はもう、社内恋愛は絶対しないと心に決めてます。以前、バイト先の女の子と付き合って、別れた後に相当メンドいことになったので。

ただ、職場に行って仕事だけ、っていうのもどうなのだろう、って考えちゃいます。別に恋愛じゃなくてもいいけど、プラスアルファの何かがあったほうが絶対楽しいし、仕事にもやる気が出ると思うんですよね。

そのあたりセレブさんとしてはいかがですか?
下手な文章ですいません

社内恋愛事情は会社によって随分違うんですよ。会社の社風というか、まず入社したら先輩なんかに軽く聞いてみるといいと思います。その場合、男性の先輩に聞いて下さい。女の先輩だと勘違いしちゃうかもしれないから(笑)

あ、でもコンサルは女性少ないですよね。そういう意味では浮いた話が少ないかもしれませんよ。

うちの会社は外資系証券でも珍しい、社内恋愛、というか... 社内不倫が少ない会社で。まあ「少ない」だけであって「ない」と書けないあたりがなんとも言えないんですけど(笑) 意外かもしれませんが、年上の方々が社内恋愛(不倫)を繰り広げてましたね。もう引退された方々が多いので書きますが、かなりえげつない話もあったりして。それを見てて思ったのは

「社内恋愛(不倫)はダメだ」

ってことでしょうか? どの関係でもそうなのかもしれませんが、好きな時はいいんですけど、終るとかなり醜い状態があって... 特にW不倫案件の場合はかなりえげつなかった。2ちゃんとかに凄い内容が書かれてたみたい。でも一体誰がそんな話を書き込んでいるんだ、とか噂になったりして。男の方か、女の方なのか? はたまた男の奥さんか、女の旦那なのか? とか。もう完全にメロドラマ化してました。周りで見てて、絶対W不倫はダメだ、なんて結婚してない私ですら思った... あ、すいません、夢を与えてないですね、この投稿... 

基本、仕事と恋愛は分けた方がいいと思いますけど、働くインセンティブというか、会社に行くインセンティブって、恋愛物で生まれますよね。淡い恋心位はいいかと思います。でも一旦付き合い始めると周りにバレたりして、結構厄介かもしれません。付き合ってる時はいいんだけど、別れるとね、やっぱりお互いが辛いと思います。

かく言う私も過去には社内恋愛してました。付き合ってる時はかなり楽しかったですね。とりあえず毎日職場に行くのが楽しかった。文体でお分かりかとは思いますが、ある時終わりを迎え... でも全然違う部署だったし、お互いのポリシーもあって全く醜いことにはなりませんでした。未だに良いお友達です。美しい関係だけを覚えておくってのは重要ですね。まかりなりにも好きだった訳で、その時の感情を殺してしまうような醜い争いは良くない。これは私の恋愛の美学にも通じるかもしれません。

そういう意味では、基本「社内恋愛禁止」だけど、とりあえず破ってはいけない掟として、「死んでも同じ部署の子には手をだすな」ですかね。

近い所での恋愛は、色んな意味で払う代償は大きいと思います。でも会社で楽しい恋愛が待っているといいですね。新入社員ステータス、超羨ましいです。私も新しい場所で新しい恋がしたいです。

2009年4月16日 (木)

In da club - 50cents

ちなみに、先日の"In da club"の投稿はこれとかけてました。

Get Rich Or Die Tryin Music Get Rich Or Die Tryin

アーティスト:50 Cent
販売元:Interscope Records
発売日:2003/02/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

5曲目 - In Da Club です。名曲なんでぜひ。

Deal breaker - 女から男への「過多な要求」

まず最初に... 

最近若干人生に疲れているので、質問を戴いていても即リプライが出来ない状態にあります。でも、お答えしていきたいと思いますので、気長に見守っていてください。下手すると忘れちゃったりとかあるかもしれませんが、でも頑張ってトラックしていきたいと思います。

今日は前から少し気になっていたコメントをご紹介したいです。

ネクスト(23・男)さんからのコメント(青字)。

He's Just Not That Into Youにもありましたね、「酔っぱらっときにしか電話してこない相手はダメだ」とか・・・。俺も酔っぱらって電話をかける癖があって、翌朝目が覚めて発信履歴とか見てすげー落ち込んだりしますよ。

俺が思うに、今はやりの草食男子の逆の肉食男子ってそもそもセレブさんも前に書かれていたかもしれませんが「相手が振り向いてくれるまでがゲームのいちばん面白いところ」なんですよね。自分も外コンですけど、肉食じゃないとやってけない部分てシゴトの面でありそれがプライベートでもそうなるんじゃないかと。(そもそもの素質の問題かも)

というかそもそも、女の子からの「好き!」っていうメッセージって純粋にそばにいたいとか相手を思いやりたいとかいうよりも、男に対して「私のために何かして!幸せにして!」ていうのと同義である場合も多くて、自由に「会いたいときに会えれば良い」的な男にとっては「過多な要求」であることも多いんじゃないかと思ってたりします。

コメントの返信がてら、エピソードを。以前女の子と前に話していたとき「デートを何回もしてるんだけど、”君が俺のことちゃんと好きって分かるまで告白しない”って言ってる男が前に居て、蹴り飛ばしてやろうかと思って別れた」と言ってました。草食男子が増えてくるとこういう場面も増えるのかな?

ネクスト(23・男)さんのコメントは、実は私に大きな気付きを与えてくれたコメントだったんです。特にここ↓。

というかそもそも、女の子からの「好き!」っていうメッセージって純粋にそばにいたいとか相手を思いやりたいとかいうよりも、男に対して「私のために何かして!幸せにして!」ていうのと同義である場合も多くて、自由に「会いたいときに会えれば良い」的な男にとっては「過多な要求」であることも多いんじゃないかと思ってたりします。

そーなんですよ。

女って純粋に「この人好き」じゃなくて、特に年取ってくると「こーして欲しい」「あーして欲しい」になるんです。ネクストさんがおっしゃる通り「過多な要求」を付きつけているんです。だけど女性自身は気付いてないことが多い。私の周りの女友達って結構、というか、かなりそういう人が多くて、客観的に見てる私からすると「あなた、彼に多くを求めすぎじゃない?」って思ってしまう。男性からすると「好きだけでいいじゃん」みたいな純愛は、女性には通用しないのです。女性の皆さんすいません。でも私、男的視点では最近ホントにそう思うのです。

ちなみに私は年下男には「純愛」を求めてました。別に「結婚して欲しい」とか「付き合って欲しい」とかじゃなくて、ただ単に好きだったんです。でもフラレた。

その理由は?

なぜなら、彼は私が「純愛」以上を求めていると思っていたから。彼は私を勘違いしていて、女アラサーにして「純愛」なんか求めている女はいないでしょ、が大前提だった訳です。彼は私の気持ちをなぜか「要求」として解釈していましたね。でもそれって年齢相応に考えれば、勝手にそういう前提になっても仕方ないのかと今は思ったりします。でも私の中では違った。

男と女って難しいですよね。

どうしたらギャップが埋まるのかしら、なんて最近よく考えます。

2009年4月15日 (水)

In da club

証券マンさんのコメント(青字)

>人生における究極の目標って、自分が望む愛に出会うことなんだと思っています

これ、すっげーわかりますわ。
僕も振られたばかりなだからですかね。

僕個人としては、「愛し、愛される関係」は一朝一夕に出来上がらないものの、出会ってから日が浅くないと恋人の関係に成りにくい傾向にありますね。

難しいですね。

あと、いい女を知ってしまうと、次はそれ以上を求めてしまうのも、ありますね。これは女性にも当てはまると思いますが。

まさに僕はそういう理由で振られましたし。

コメント有難うございます。最近私もフラレたからかもしれませんが(笑)感覚が合います、証券マンさんと。以下のくだりは私にはピッタリ当てはまります。

「愛し、愛される関係」は一朝一夕に出来上がらないものの、出会ってから日が浅くないと恋人の関係に成りにくい傾向にありますね。

これはいつもミステリーなんです。証券マンさんの場合はなぜだと思われますか?

私も出会った瞬間に何か引き合うものがないと恋人になれない。一目ぼれ要素というか、勢いというか、何らかの強い力が初期段階に起こらないと恋人にはなれないのです。私の場合、恋人としての引きが一瞬でないと判断した人は「友達」になります。そしてその「友達」カテゴリーから「恋人」カテゴリーに移ってきた人は今まで一人を除いていません。つまり、通常は「友達」カテゴリーに入るとずっと「友達」になってしまうのです。

私がフラレた男は

「会ってすぐにいいなと思って付き合ったこと、ないんだよね。相手のことをじっくり知らないと付き合いたいという気持ちにならないんだ」

と(一般論として)言ってましたが、

「それって「付き合う」ということへの姿勢の段階から私達ズレてるのね」

と、内心驚愕したのを覚えてます。恋愛スタイルは人によって随分違うんだな、と。そういったエピソードを含め分析した結果、私は彼を「草食男」と命名した訳です。瞬発力重視の私、じっくり時間をかける草食男。今考えてもかなりずれていますよね。上手くいかなくて当たり前です。

前述で「一人を除いて」と書いたのですが、その一人は物凄く長く付き合って去年夏に別れた彼でした。彼は当初友達カテゴリーにいたはずですが、ある時、気がついたら友達ではなくなっていました。

最近、その「一人を除いて」と同じパターンになりそうな人、正確には友達だと思っていたけれどある時突然「違うのかも」という瞬間を感じた人がいました。アラサーという年のせいか、相手にも自分にも理性があったからか、一難は避けましたが、なんとなく危険でした。「一人を除いて」の男とも、今回の人とも、そうなるシチュエーションはいつも同じで...

人の人生ってのはある意味パターン化されているものな気がします。少なくとも私のは。

2009年4月14日 (火)

You only get one shot...

今日子さんのコメント(青字)

セレブさん、ありがとうございます!一般常識とは違う、斬新なご意見を言ってくださったおかげで、自信が持ててきました。親の説得は今の段階では、もはや諦めつつあります。親はなんと両方とも、よりによって高校教師(公務員)です。理解してもらえるわけがありません。駆け落ち的に結婚して、いつかわかってもらえたら、というくらいで行こうと思います。

私も、これからの世の中は色々な価値観が変わると思います。それに、この世にはデイトレーダー以上に社会の役に立っていないどころか、むしろ害になっているような職業もあると思います。体に悪い商品を売りつけるとか。あるいは、バイアスがかかったことを教える学校教師とか…。税金をよくないことに使う公務員とか。なのに、むしろ無害のデイトレーダーだけが叩かれているような気がしてなりません。

多分、セレブさんに言っていただく前に、すでに自分で「彼の生き方もアリだ」と思っていたのですが、きっとセレブさんなら肯定してくださる、と期待していました。ありがとうございます。確かに、ここまで結婚したいと思えた人はいません。しかも結婚したいと思ってから5年になりますが、その気持ちも変わりません。多少、危険な橋なのかもしれませんが、彼と自分を信じて渡ってみようと思います。

いや本当に「結婚したい」と思える男性って少ないですよ。その思いが、お金でもなく、職業でもなく、何らかの条件でもなく、ただ彼自身に抱く思いであれば本物なんだと思います。危ない橋と思っても自分が信じられるのであれば渡ってみたらどうですか? その先にはすごく美しい世界が広がっていると思います。

最近私が年下男にフラレ、愛に飢えているだけなのかもしれませんが、人生における究極の目標って、自分が望む愛に出会うことなんだと思っています。5年経った今もその当時の思いが変わらないのであれば、今日子さんはきっと望む愛に出会ったんだと思います。

それって逃してはいけないものだと思いますよ。

2009年4月12日 (日)

年上女のテクニック

こーさんからのコメント(青字)

セレブさん、こんばんは。年上オレサマ系の攻略法、ありがとうございます。
簡単にみえて生意気のさじかげんが難しそうですね。私は年上の人やオレサマ系の人には遠慮しちゃって生意気が言えず、話しを聞くだけになってしまいます。
こういうのは本人の素質なのでしょうか?

ところで私の年下おとなしめ男子の攻略法は、
きれいなお姉さん:笑顔でほめる:ワガママ(not生意気)を言う:無視=4:3:2:1
くらいで接することです。
あと、おとなしめ男子に「○○君っていやらしいなぁ~☆」と言ってあげると、なぜかすごく喜ぶのでお試しを…。笑

年下が年上に意見することに抵抗がある人、結構多いでしょうね。だからこそ、年上は物珍しいと感じたり、可愛いなと思うんじゃないですかね? 私の勝手な予測ですけど。今度、ちょっと生意気発言してみてください。

「○○君っていやらしいなぁー」は年下男に使ってみます。なんか使う前から効果がありそうな気がするのはなぜ?(笑) でもこの発言を年下男が喜ぶ気持ち、少し分かります。とりあえず、使ってみますね。その結果は後日公開します。楽しみだわ。

デイトレーダーとの結婚について物申す

今日子さんからのコメント(青字)。

セレブさん、私事で、記事とも関係なくて申し訳ないのですが、前からセレブさんのご意見を伺ってみたいと思っていました。

私の彼氏はデイトレーダーです。普通の仕事を転々とし、地道に貯金し、最後に外資金融に就職したとたん今回の危機でクビ…でしたが、デイトレについては8年ほどペーパートレードでかなり研究していたらしく、今はかなり儲かっています。もちろんこれからはどうかわかりません。でも本人は、「デイトレの性質上、ダメなときもあるだろうけど、初心にかえって研究するから大丈夫。」と言っております。確かに彼のやり方では大損は防げるとは私も思っています。彼はデイトレをずっと続けたいわけではなく、デイトレで資金を集めたらビジネスをはじめたいと考えています。

私が安定職なので、デイトレーダーのこの彼と結婚したいと思っているのですが(彼が専業デイトレになる前から付き合っています)、田舎の親が大反対です。「デイトレとパチプロは変わらない」と言われ、なかなか説得できません。セレブさんはデイトレーダーについてどうお考えでしょうか。やはり「絶対的に危ない仕事」「全く社会の役に立っていない」と思われますか。

私の意見が役立つかどうかは分からないですが、忌憚なき意見を書いてみたいと思います。

デイトレーダーは私が尊敬する職業の一つです。素晴らしい職業ですよ。自分の相場観を信じて自分の金を突っ込んでやってる訳ですよね? ガッツあるじゃないですか? 何が悪いと言いたいですね。会社でもトレーダーがいたり、知り合いでもファンドマネージャーがいたりしますが、彼らは自分の金は突っ込んでないですからね。会社の金ですからね。雇われトレーダーがダメって言ってる訳ではありません。でも勘違いして威張ってるトレーダーがたくさんいて、そういう人達を見ると、所詮人の褌で相撲を取ってるのに、って思う時、ありますよ。自分の手金でやってみたら? って。でも今日子さんの彼は違うでしょ。自分の褌で自分の相撲を取ってる。素晴らしいじゃないですか。

「デイトレとパチプロは変わらない」とのご発言ですが、「パチプロの何が悪い?」って逆に言いたいですけどね。職業に優劣はないと思いますよ。パチプロで身を立てられるならそれはそれで素晴らしいと思いますけどね。自分の腕を信じるってなかなか出来ないですから。

今、「百年に一度の不況」とか言われてますけど、これを機にこれから様々なことが変わってくると思うのです。公務員は知りませんが、基本、終身雇用モデルは終わったし、どんな仕事だって誰かに雇用されている限りは危ないと思います。いつ何があって解雇されるか分からない。でも自分でトレードしている限りは解雇はされないですよね。誰の手にも自分の人生を預けてない。

「社会の役に立ってない」との発言ですが、儲け分の10%は税金として納めている訳ですよね。役立ってるじゃないですか? 社会に儲けた一部を還元している。

今日子さんはきっと親に彼とのことを祝福して欲しいとは思うでしょうが、そんなに結婚したいと思える相手に出会えることってないと思います。そういう人を簡単にあきらめてはいけない。もう少し、ご両親を説得してみてはいかがでしょうか? 職業という観点で反対されているのであれば、上記のことを話されてはいかがでしょうか? 

あきらめずに頑張ってください。本当に彼を好きなら親くらい説得してください。説得できなくて、それでも彼のことを好きなら結婚されたらいいと思います。ホント、なかなか結婚したいと思う男には出会えないですから。そして出会えても相手が同じ様に思ってくれる訳でもない。奇跡的な出会いですから大切にしてください。応援してます。

2009年4月10日 (金)

人生におけるスキルセット

いち学生さんのコメント(青字)

>男を夢中にさせる方法

男の意見です。
ものすごくシンプルですが、恥ずかしいから隠そうとする性格(人間性の一面)、を何気ない会話で言われるとドキッと来ます。しかも、あえてアピールしないその一面をずばっと言われるとなおさらです。そして、このタイミングを逃さず相手に外見的魅力を伝える事ではないでしょうか?

この手順って、女の子を落とす時も同じ気がします。結局、許容できる外見+内面を理解できる、この2点ではないでしょうか。それをタイミングよく実行できる人が充実した異性関係を作れる気がします。

学生なので浅いかもしれません(笑。

全然、浅くないでしょ。「褒める」という基本動作に加えて、相手を見透かしたコメントをするって重要だと思いますよ。あ、ちなみに、悪い意味の「見透かした」コメントではなくて、相手を理解した形での「見透かした」コメントです。

「見透かす」というのは相手の内面を深く観察しているということだし、なかなか、自分の内面にまで深く入ってくれる人っていないと思う。そういう人の存在は誰もが大事にした存在だと思います。だから、ぐっと近くなれる。

学生とか、アラサー、アラフォーとかって関係ないんですよ、浅さ、深さとは。年食ってても浅い人もいます。

いかに深層心理を読むかって、年齢とは関係なく重要なスキルセットだと私は思います。

2009年4月 9日 (木)

Take this, girls! - 妄想男さんは正しい

妄想男さんからのコメント(青字)です。女性の皆様、しっかり読んでください。

コメントの方、拝見させていただいたら、何だか、すごい期待値があがってしまっていて、緊張してしまいますが・・・。

以下、男を夢中にさせるための簡単な方法に関して、私の意見です。

男の行動原理って、すごく単純で、一言で言うと、
「頑張ってるところを好きな女性が見てくれて、喜んでくれて、ほめてくれたら嬉しい」なんですよ。

男である以上、強弱の差はあれ、そのスイッチがついているわけです。

そのスイッチを連打されると、男はその女性から離れられなくなっていくんです。

女性から見たら、不合理でバカの極致でしょうが、キャバクラがなぜあんな巨大産業になっているのか、というのもその視座から考えると割と理解できるのではないでしょうか?

訓練されたキャバクラ嬢は、そのスイッチのありかを探して、押すのがうまいんですよ。

キャバクラは悪い例かもしれませんが、普通の恋愛においても使えるとは思います。

具体的言うと・・・

何かに挑戦しているときに、「頑張ってるね、私が見ているからね」って言ってくれたら嬉しいし、

頑張って結果が出たら、「すごーい、嬉しい」って自分のことのように、笑顔で喜んでくれたら嬉しいし、

「何かこんなことをやってみたいんだよな」って話したら、目を輝かせながら話を聞いてくれて、「すごいね、できるよ、やって見せてよ」って言ってくれたら嬉しいし、

挑戦して失敗したら、「痛かったね、でも偉かったね、頑張ったね」って一緒に泣いてくれたら、そしたら、また立ちあがっていいとこ見せようって思うし、

そうしたら今度は、「この女は自分の命をかけて、一生守ろう」スイッチが入るんですよ。

男である以上、やっぱりどっかにそのスイッチはあるんですよね。

そのスイッチが入った折には、多少の浮気はするかもしれないですが、必ずその女性の元に帰ってくるし、一生大事しますよ。

何も求めなくても、せっせせっせと現金を運んできます(笑)
それをビジネスシステムとして搾取してるのが、キャバクラなのです。

だから男と女の関係は、「鵜飼い」と「鵜」の関係に近いですね。
もちろん女性が「鵜飼い」で、男が「鵜」です。

そのためには、ブレない優しさが必要なので、決して簡単ではないかもしれません。相手に命を預けるくらいの、覚悟が必要かもしれないな。

あと、何かを頑張っているうちに、その男の中で、意地であったり、使命であったり、仲間ができたりして、次第にそっちが大事になっていく、というのはあります。

その辺の心理的変遷は、マンガですが「スラムダンク」とかを読むとわかります。

この男女平等の時代に、こういう意見は、竪穴式住居に暮らしている縄文人が言うことみたいに響くかもしれませんが、自分は男と女はこうやって歴史を作ってきたんではないか、と思います。

そのスイッチを上手に押してくれたら、男は本当に勇気が出ますよ。
男の勇気は女が作るんだと思う。

ただ、草食VS肉食の議論があったかに思いますが、
男スイッチが利かない男が増えたのは確かですね。

今、この時代に男スイッチがあると、生きづらくなってるんですよね。

最後ですが、自分の意見はだいたいこの人の受け売りです。

岡本敏子さん
http://www.youtube.com/watch?v=gQgVasG63Bg

岡本太郎と一緒に生きられた方で、
もう亡くなられているのですが、70を超えても
少女のような可憐さを持った方です。

もしよかったら、ご参考までにご覧になってみてください。

上記参考になりますと、幸いです。

妄想男さん、あなたは正しい。そう思うに至るエピソードを思い出させてくれました。

思い返せば... 私が失恋した年下男と私の距離が物凄ーく縮まったのは私が彼のことを褒めた時でしたね。

彼は私と同業で、これからどうなるか分からない外資系金融で、その時彼は少し不安だったんだと思います。彼が「もし、時間があれば金融じゃなくてこういうビジネスをやってみたいんだけど... でも上手くいくかなぁー」と言った時に、私は

「え? なんでも上手くいくでしょ。だって●●君、すごく頭いいから。やる気さえあればなんでもできる能力あると思うな」

と、ホントに、お世辞じゃなく純粋に言った時、彼の目がキラキラと輝いてたことを今、思いだしました。そう、思い返せば、あの時から妙に距離が縮まったな。なんか、彼の目がきらっとしてて、凄くいいひと時でした。なんでしょうねぇ、男性って女性から純粋な尊敬を受けると凄く輝きますよね。

「褒めて伸ばせ」

がポイントなのかな。ただ草食過ぎると、妄想男さんが書いたように、輝きスイッチが入り難いんだろうけど... でも普通の男性には「とりあえず褒める」ってのは効くと思います。

2009年4月 8日 (水)

番外編: 証券マンさんが夢中になる女

お久しぶりです、証券マンさん(青字)。

ご無沙汰です。
「男を夢中にさせる方法」というものではなく、「僕が夢中になる女」は、

①外見が好み⇒美人は3日で飽きるというが嘘だ。外見が好みでないと1日ももたない。

②話の視点が自分と違う⇒コミュニケーションの中で、いつも新しい発見がある。

③セックスがいい⇒僕は淡白ではないので、淡白な子は無理です。

④いい匂かついい声⇒嗅覚も聴覚も重要。

⑤料理が美味い⇒料理が全くできないとひく。簡単なものであれば、僕も出来るし。

この条件を満たそうとすると、いつも自分が働いている領域とは違うひとたちになります。金融はもちろん、OLさんも難しくて、夢中になった女の過去実績は、スタイリストとかファッション関係とか学校の先生とかでした。人間、自分にないものに魅かれるのだと思います。

正直に書いて頂き、有難うございます。凄く正直なご意見を戴いたのが伝わってきたので声を出して笑ってしまいました(笑)。今日一日の疲れが飛びました。

返信で「私が夢中になる男」は、

①頭がいい - 頭の良さを感じさせる発言が出来る男。これに弱いです。自分が見てない方向から物事を分析出来て、それを上手く人に伝えられる男に会うと、私はそれだけで落ちます(笑) ダメ女?

②いい匂いかついい声 - これ重要です。特に匂い。女性間の話でも「いい匂いの男、いいよねぇ」の話はよく挙がりますね。あと「●●(別部署の某先輩)さん、タイプじゃないけどあの匂いにやられる」とか、普通に会話に挙がってきますね(笑)。個人的意見ですが、私はアルマーニのGioとかベタなCK Oneみたいな少し甘い感じが好きです。同意見の女子は周りには多いです。たまにエレベーターとかでこういった香りがするとその男性についていきたくなります(笑)。

③自分と背が同じくらいか高い - これ... 結構難しいんです。私、背が高いんで。でも低いヒールならなんとか170cmで収まるかな... 

④相性がよい - これについては言及しません、♀なので。

ルックスにこだわる女性は意外と少ないと思います。でもその代り、女性は男性にルックス以外の部分で高いスペックを求めてる気がしますね。よく言うのは、地位とかお金。私はその両方にあまり興味ないですが、でも地位やお金といったパワーを象徴するものに女性は弱い、と客観的に見てて思います。

残念ながら、私の場合は同業者、同業者周辺としか付き合ってないですねぇ。出会う場がないんですよね。どこで出会ったらいいんだろう、と結構真剣に考えたりして。違うテリトリーになんとかして進出せねばと思っているところです。ご意見あらば是非。

「男を夢中にさせる方法 Part 2」について戴いたコメントは明日以降にご紹介/コメントさせてください。今日はここで力尽きました...

2009年4月 7日 (火)

男を夢中にさせる方法 Part 3 (少し年下orタメ、おとなしい男子編)

こーさんからのコメント(青字)

セレブさん、こんばんは。いつも更新楽しみにしています☆

「男の人を夢中にさせるのは本当にラク」の件ですが、私の中では「少し年下orタメ、おとなしい男子」に対しては、「こうやれば夢中になってくれる!」みたいな方法が確立されつつあります(ラクではないですが)。
逆に「ちょいオレサマ系」「年上」に対する攻略法がまったくわかりません。
年上オレサマ系に対するセレブさんの攻略方法がありましたら、ぜひ教えてください。

年上オレサマ系は私のテリトリー内です。

簡単です。

「黙ってニコニコして話を聞いてあげる」

そしてたまに

「生意気な発言をする」

これに限ります。年上のレンジにもよるのですが、40代男性だと、そもそも話を聞いてくれる相手がいない(or 少ない)人が意外と多い。そこで少し親身になって話を聞いてあげる(素振りをする)と、それだけでポイントアップです。ちょっと、お年寄りが病気でもないのに病院に行きたがる理由に似ているかもしれません。寂しいから、先生とか看護婦さんと話したいっていう感じかなぁ。でもなんかこれって分かる気、しません?

生意気発言に関してですが、私はそういうつもりはないのですが、過去に何度か年上男達から指摘を受けたことがあって書きました。「こいつ生意気な。でも可愛い」と感じるらしい。ポイントは不明... 

「少し年下orタメ、おとなしい男子」に対しては、「こうやれば夢中になってくれる!」みたいな方法が確立されつつあります(ラクではないですが)

↑、教えてください。女性の観点からの同年代男子攻略法。期待してます。

本日はかなり意見ありますので...

少しずつ分けていきたいと思います。今からアップしたら一体いつ終わるのか、不安ではありますが、いけるとこまでいきます。まず「朗読者」に関してSSさんからコメント戴きました。(青字)

はじめまして。

「朗読者」についてですが、10年くらい前に新潮社の翻訳を読みました。理由は忘れましたがその当時、頭をまったく動かさなくても良い、だけど涙がたくさん流れ出てくる純愛ものを読みたくて同書を手にした記憶があります。失恋でもしていたのでしょうか。

自分の中では「世界の中心で~」みたいなコテコテのものを探していたのですが、読んでみたらかなり重い雰囲気に覆われた作品だと感じました。記憶が曖昧ですが、「愛」というよりは「戦争」がテーマの作品だった気がします。

求めていたものと読後感の違いから、何となくどんよりとした感覚が強く残っています。また若かった当時、年上の女性との恋というストーリーにうまく入り込めなかったことも、そんな微妙な感覚を強めた理由かもしれません。

作品自体は質の良いものだったと思います。余計なお世話ですが、僕みたいなギャップがなければと思いコメントしました。映画化されたのですね。知らなかったです。

私が「朗読者」を読みたくなった理由。

ズバリ、私も年下男に失恋して泣きたかったので読みたくなったのです。私、単純なんです。

朗読者 (新潮文庫) Book 朗読者 (新潮文庫)

著者:ベルンハルト シュリンク
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オーダーした後にコメントを読ませて頂きました。

「愛」を読みたくてオーダーしましたが、実際は「戦争」がメインテーマとのこと。とりあえず、本棚へ封印させて頂くことが決定しました。今は、私に「戦争」を考える余裕はありません。SSさんの感じられたギャップを私も危うく感じてしまうところでした。コメント、有難うございました。

逆に、「愛」で涙出来る本、ご推奨頂けませんか? 図々しくてすいません。

映画は6月に公開されます。アカデミー賞主演女優賞の熱演が見られる感動巨編に仕上がっているみたいです。「愛をよむひと」というタイトルです。映画はとりあえず見に行きたいと思っています。本は後回しだな...

2009年4月 6日 (月)

男を夢中にさせる方法 Part 2

76さんからのコメント(青字)

24のオトコですが、セレブさんの言うように「自分が好きだったらいい」って思うタイプです。

周りの友人には『かわいくても自分のこと好きでいてくれるコじゃなきゃ嫌だ』っていうヤツもいますが、そういうのは少数派かも。

自分のこと好きになってくれる女性と付き合うスタイルは合理的というかラクだし、無駄に合コンしたりするエネルギーかからないし、それはそれでいいんだろうなって頭では思うんですけど、どうもそういうスタイルは自分には合いません。。笑

自分を想ってくれる彼女がいて、2年付き合いましたが、アラサーですごく魅力的な人が現れ、彼女と別れて今はそっち追ってます。付き合ってた彼女とはいい関係だったし(何より向こうが好いていてくれてラクだった)自分もそこそこ好きだったんですが、自分が好きでいたいって思う気持ち強くあって別れちゃいました。

あと、好きだから=あえて連絡しないっていう感覚があります。相手への気持ちが強い分失敗したくないという思いから連絡しづらくなるというのはないですかね?

やっぱり「自分が好きになれないとダメ」なんだ。なんて、結構当たり前のことな気がしますが、でも活字にして読むととても新鮮な感じがしました。そう考えると、私も同じですね。自分が好きにならないとダメですね。相手から好きになられるというのは、一時的にはいい感じなんですが、長くは続かないんですよね。難しいわ。

「好きだから」=「あえて連絡しない」ってのはまだ理解出来ないかなぁ。好きだと結構連絡したくなる、というか、話したくなる、というか。特に酔っぱらった時とか(笑)。そうすると、私はmid-30sさん(下、コメント赤字)がおしゃってる夢中になるタイプなんですね。

セレブさん、いつも楽しく拝見させて頂いております。

「気をひいたり、夢中にさせたり、心をつなぎとめとくことって、本当に簡単」なら、それは、どういう方法なんでしょうね。。。」

男性側の意見をお聞きになりたいところでしょうが、当方の経験から言わせてもらうと、相手に夢中にならないことだと思います。

現在、mid-30sながらも4名とデートしております。
内訳:外資金融、外資コンサル、日系金融、外資IT(年下)

何事も分散が良いです。いろいろと楽ですし。連絡もマメに来ない方が助かります。気持ちもニュートラルでいられるので、それが良い効果を生んでいるのかもしれません。
うち、2名からは将来についての話も出ています。一応、結婚願望もありますのでこの半年で本命を絞る予定です。

分散投資。こういう時代にはぴったりな気がします。株だけ入れといても分からないから、債券も、みたいな(笑)。これがスマートに出来ればいいんですが、私には無理なんですよ。ちょっと頑張ってみたい手法ではあります。トライしてみようかな。

さて話が戻りますが、「男を夢中にさせる方法」、引き続き、コメントお待ちしております。

2009年4月 5日 (日)

男を夢中にさせる方法

妄想男さんからのコメント(青字、抜粋)

確かに男は単純ですよね、こと恋愛に関しては特に。

反面、女性は恋愛にドラマを求めますよね。

時に、本来はシンプルなはずなのに、自ら障害を作りだして複雑化する傾向がある気がします。

女性と買い物とかしていても、男目線で言うと、費用対効果の良いものを、効率的に買えればいいじゃん、と思うのですが、女性はいろいろ迷うプロセスにも喜びを見出しているのではないか、というのが自分の仮説です。

その辺、性差が表れて面白いな、と思います。

男の自分からすると、男って本当に単純だから、気をひいたり、夢中にさせたり、心をつなぎとめとくことって、本当に簡単な気がするのですが、女性からすると、そうでもないのかな?

ご意見いただけると嬉しいです。

に対して、こんなコメントが女性達から寄せられています。以下、rieさんからのコメント(赤字)

「気をひいたり、夢中にさせたり、心をつなぎとめとくことって、本当に簡単」なら、それは、どういう方法なんでしょうね。。。
私に関しては、夢中にさせたいという欲求は、そんなにないけど、彼からメールがほとんど来なくて、はぁ?って感じでいます。
メールに振り回されてるというか・・・
夢中にさせたいというか、ジョウシキを教えてあげたいという欲求がこみ上げてきています。

そしてこちらはリエコさんからのコメント(赤字)

↑私もその簡単な方法を知りたいです!あと好き度と連絡度が、なぜ比例しないのかも知りたい。。。最近聞いた話で、2カ月連絡しなくて振られた男性が、実はすごい彼女が好きだったとか。。。全く連絡なかったら興味なしですが、その頻度っていうのはかなり謎?です。

もうこの3つのコメントだけで男女間でかなりの意見の違いが見られますよね。

「男の自分からすると、男って本当に単純だから、気をひいたり、夢中にさせたり、心をつなぎとめとくことって、本当に簡単な気がするのですが、女性からすると、そうでもないのかな?」

とは、妄想男さんのコメントですが、大変ですよ。自分が好きな男の気をひいたり、夢中にさせるなんてかなり大変。妄想男さんに、もしくは世の中の男性にどうしたらいいのか教えて欲しい。そして、リエコさんが書いていたことですが、私の最近の理解出来ないポイントは「男性は好き度と連絡度が比例しない」こと。女性的には

「連絡がこない」 = 「興味なし」

でしょう。でもそうではない男性が多い気がする。なぜでしょうか?

男女の違いについて、少し分かったかも、と思えた瞬間はこちらのコメントを読んだ時。ネクスト(23・男)さんからのコメント(青字)

そもそも、女性と違い(とかいってもこれも想像ですけど)、男性って「自分を好きになってくれる人しか好きになれない」傾向の人が少ないのでは…と思うのです。

俺もそうですけど、相手が自分のことそれほど興味なくても、自分からの興味(includes 性的興味)は消滅しないし、相手の見方を待たなきゃいけない場面が女性より少ない気がするんです。

だから俺は男でいることがラク、というか正直に動いていればいいだけなので生きやすいと思っています。

確かに... 女性は「自分が好き。でも相手も自分を好きになってくれないとイヤ」な人が多い気がします。でも男性は「自分が好きだったらいい」、そういう人が多い気がする。相手も好きになってくれたら嬉しい、位の感覚というか。男性は、自己満足というか、「自分がどう思うか」に重きを置いている気がしますが、この見解って正しい? 男性にお伺いしたい。

でもこの仮説が正しいとしたら、男女間の色んなことが少しは簡単になる気がする... 

「朗読者」

本日は、会社同期で花見の予定が急遽延期されてしまい、久々家にてじっとしておりました。延期で来週になったのですが、果たして来週まで桜は持つのか... 雨が降らないことを祈るしかない。

そんな訳で雑誌を読んでいたら、映画「愛を読むひと」の原作が紹介されていました。こちらです。

朗読者 (新潮文庫) Book 朗読者 (新潮文庫)

著者:ベルンハルト シュリンク
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以下の内容文は雑誌からの抜粋

「20ヵ国語に翻訳された衝撃のストーリー

15歳の少年ミヒャエルは、母親ほどに年上の女性ハンナと出会い、激しい恋に落ちるが、ある日、彼女は忽然と姿を消す。数年後、法学部の学生となった彼は、法定でハンナと衝撃的な再会をし、彼女の秘密を知る。法学教授でもある作家ベルンハルト・シュリンクの自伝的小説。米国で200万部、日本でも70万部を超えるベストセラー。」

映画「愛を読むひと」でハンナを演じたケイト・ウィンスレットはアカデミー賞主演女優賞を受賞してましたね。この原作紹介文と映画の前評判... かなり惹かれる。でも日本だと6月にならないと公開されないらしいです。

もし原作読まれた方いれば、感想お教えください。とりあえず、私も近所の本屋に売ってなかったので、ネットでオーダーしてみることにしました。

Nice point

そー、アムロは清純派ではない。

2009年4月 2日 (木)

オトコはみんな妄想系?

日本橋のアソシエイトさんからのコメント(青字)

セレブさん

お久しぶりです。楽しく読ませていただいています。

私はというと、まだGardenLeave中&別居中です。
次はまだ探しておりません。とりあえず家族問題を解決するほうが先かなと。

先日、恵比寿、六本木の同業の男連中とゴルフに行って来ました。
私と一緒に参加した女友達は日本橋の女なので、ゴルコンっぽい華やかな感じじゃなかったんですが(ってセレブさんならなんとなくわかりますよね?)
最近流行っている感じの超ミニのゴルフウェアで行ったところ、帰りに「ゴルフ場のお風呂じゃなく、違うお風呂に入って行かない?」と誘われてしまいまいした。
私にはそんな気がないので「なんで?」と聞いてみたところ、
「だって、ゴルフでミニ穿いてたからやらせてくれるのかと…」と言われました。
男は単純ですね、本当に。。。
ゴルフしながらどんな妄想をしていたのかと思うと呆れます。
個人的な意見ですが、この業界の男って他業界の男性よりも頭脳回路が単純だと思うのは私だけでしょうか?高学歴連中なだけに、社会人デビュー組が多いんでしょうか?
金と会社のネームバリューで落ちると思っているというか。。。
夫が同業なもんで、多少の理解はあったつもりですが、どいつもこいつも口説き方が似ているというかなんというか…
離婚だ!とひとり騒いでいる自分がイヤになってきました。

分かり易くて爆笑(笑)。

思考回路が非常に単純、というか、よく言えば(?)、効率的な物の考え方が出来るというのがこの業界の男の傾向なんじゃないかと思います。ある意味、頭脳明晰な人って物事を単純化する能力に長けてますよね、そのパターンかと。

たぶん、ですが、「離婚」モードにある女性は男性からすると(色んな意味で)やり易いんだと思います。シングルの女は、なんかやってしまうと「結婚したい」とか言いだしそうで男からすると重い。でも、一度結婚を経験した女性というのは、「結婚」という経験を経て「離婚」を選択している、つまり、「結婚はもういいわ」モードにある(と男は思っている)から、何かあったとしても、別に結婚を迫られることはないだろう、と、男は思っているのではないでしょうか。ある意味、単純な男性心理でしょう。離婚してる女性に群がる男は私の周りでも多いです。

それにしても

ゴルフでミニ穿いてたからやらせてくれるのかと…

は完全妄想派ですね。その男がゴルフしながらそんな妄想を膨らませてたかと思うと、あきれるやら、おもしろいやら.... (笑)

でも、男の人が本当にそんな単純に出来てるとしたら、私達女性は簡単に男性を操れていいものなんでしょうけどね。でもそうは簡単にいかないのが人生か...

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30