無料ブログはココログ

« もう少し詳しく書いて頂けると的確な答えが出せる気がします | トップページ | J + B.I.G. »

2009年4月24日 (金)

バイセクシュアルな男

なんか私のブログ、最近インターナショナルな恋愛に話が及んでますよね? 正直、よく分からないこともあるんですが、戴いた文章で出来る限り判断しますので的外れだとしてもお付き合いください。

今日はcocoさんからのコメント(青字)。これは第二部ありなんでかなり下まで読んでください。

はじめまして。時々盗み読みしていたものですが、今回初めてコメントさせていただきます。多分セレブさんと同じ年代、アラサー女・既婚現在離婚検討中です。留学生だった夫と日本で大学時代に知り合って、24歳で海外移住(夫が外国人なので彼の祖国にというパターンです)、付き合い始めて10年目、結婚7年目にして紆余曲折を経てこの展開にいたるわけですが、離婚話が持ち上がった前後からお互いに別の相手が出来て、でもそれぞれ微妙な展開で、、、というか夫のほうは今のところ完全破局した模様ですが、私のほうは離婚の話が出るまではかなり盛り上がっていたけれど、離婚話(本当の原因はお互いの浮気ではないと思います)が出てからはなんとなく私の気持ちがトーンダウンしてしまい、と思ったら最近ふとしたきっかけでその相手がゲイ専門のエスコートサイトにエスコートボーイとして登録していたことを偶然見つけてしまい、なんだかその途端私の気持ちに突然火がついて、、、というわけ分からないことになってきたのです!ちなみにその相手とはいわゆる職場不倫(相手は未婚・フリーでしたが)で、共同でプロジェクトを担当したことがきっかけというベタな始まりです。その彼は、コンサルタントというそれなりの職もあって、しかも知る限りでは割と裕福な家庭環境で、たとえば今も親の持っている一等地のアパートに家賃も払わず優雅な一人暮らしという感じで、別に生活に困っているわけではなく、仮にバイセクシャルで同姓との出会いや快楽を求めてのことだとしても(登録しているエスコートサイトにはバイと記載していました)、なぜよりによって出会い系ではなくエスコートサイトに登録するのか、しかもかなり過激なメッセージや写真までつけて、、、、。まったくなぞです。どこまでも背徳的な快楽主義者なのか、親にも人にも言えない借金かなにかがあるのか、などなど、どんないきさつでバイとしてゲイ専門のエスコートボーイ登録をすることになったのか非常に心に引っかかって、それ以来毎日毎秒彼のことばかり考えています。その前までは、火遊びの相手プラス気の合う男友達という以上にはそこまで好きではなかったのだなどと結論を下しかけていたというのに。でも、いまだにただ単に好奇心が刺激されているのを恋愛感情と勘違いしているのか、それとも本当にこれがきっかけで恋に落ちてしまったのか、自分でも分からなく、もし後者だとしてもいったいどうやってその恋と向き合っていけばいいのか、、、。本当に困惑していて、ぜひ聡明なセレブさんの意見をお伺いしたく始めてコメントしてみました。取りとめのない内容で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

ここ、

ふとしたきっかけでその相手がゲイ専門のエスコートサイトにエスコートボーイとして登録していたことを偶然見つけてしまい、なんだかその途端私の気持ちに突然火がついて、、、というわけ分からないことになってきたのです!

よく分からないですね。なぜ「エスコートボーイ」の登録を見て火がついたのか? まずこれを解明すべきじゃないですかね。勝手な私の分析だと...

「cocoさんにとって単なる浮気相手と思ってた男が、実は男にも興味あることが分かって、女としては男(全般)に勝ちたいと思って火がついた」

って感じかと。だって、エスコートボーイであることを知る前は冷めかけてた訳ですよね。単なる「対抗意識」で燃えてるのでは? その場合は当たり前の様に「恋」ではないでしょう。単なる男に対する対抗意識です。そもそも、文章を読む限り、cocoさんの頭の中では恋愛は「ヘテロセクシュアル」というのが前提になっているので、男である彼が男に興味があることが許せないのではないでしょうか? 

そして下が二番目のコメント(青字)

今自分のコメント読み直してみて、そのまとまりのなさにわれながら恥ずかしくなり、補足ですが、お聞きしたいのは、セレブさん的にはその彼はいわゆる快楽主義者なのか、どちらかといえばゲイよりなのか、ということと、私は結局その彼に恋してしまったのか、そうだとしたらその恋の展望は、ということです。
それまではさすがに、今まで10年もともに過ごしてきた相手との関係にピリオドを打つことになる離婚話の現実化に、納得している結果とはいえ、自分の想像以上にダメージを受けて、そのせいか浮気相手の彼に対しては急に冷めてきてしまって、所詮遊びにすぎなかったのだなんて思いかけていたのに、です。といっても別に夫とやり直そうと思っていたわけでもないのですが、とにかくここ2ヵ月半は何も手につかないほど落ち込んでいました。最近ようやく立ち直ってきて色々前向きに考えられるようなってきた矢先に今度は浮気相手のとんでもない一面を発見して、、、。
あまりの動揺に、つい夫(まだ微妙な関係で同居しているのです、、、)にも話してしまいました。夫とは、離婚を話し合い始めた頃から、お互いの相手のことなども、そこそこ話しているのもあり、とにかく誰かに話さずには入れれず話してしまったというかんじですが、それでも夫はとりあえず彼に効いてみて話してみたほうがいい、とのことです。セレブさんはどう思われますか?私たちの関係は実際知り合ってからは1年半くらいとはいえ、関係自体はまだ半年、しかもなんとなく曖昧な関係なので、彼の行為を責めることもできないし、私もせめたり非難する気は一切なく、ただとにかく気になるのです。かといってかなりデリケートなことなので、私的にはうかつに話せることではないと思います。どうしたらいいのでしょうか。

p。s。ちなみに私の住んでいる国は非英語圏のヨーロッパ地域で、別にそこまでゲイ・バイカルチャーがさかんではないはずです

これについての回答は今のcocoさんの旦那と一緒ですよ。浮気相手の彼に聞いてみてはどうでしょうか、エスコートサービスについて。「見つけちゃったんだけど」って。こればっかりは私にも判断できないですね。浮気相手の彼に聞くこと自体は大変じゃないと思います。夫に浮気相手の話をする方がよっぽど大変な気がします。あと、浮気相手の彼は罪悪感なしにエスコートサービスをやってる可能性がありますね。そうすると全くデリケートなことではないですよね。

彼の行為を責めることもできないし、私もせめたり非難する気は一切なく 

って書かれている部分ですが... そもそも論にはなりますが「責める」って言葉は違うと思います。彼からすると、エスコートサービスとcocoさんとの関係は全く別物な可能性も高くて、「責める」「責めない」という種類のものではないと思います。

「関係自体はまだ半年、しかもなんとなく曖昧な関係」

であればならなおさらです。彼からすると「付き合ってない」と思っているかもしれませんよね。曖昧なら付き合ってないと解釈できます。付き合ってないなら、誰とどこで遊んでてもフリータイムにエスコートサービスに精を出そうと責められることではないと思います。彼の自由ですからね。

そういう意味ではまず聞いた方がいいでしょう。

あと、私が思うに彼はバイだと思いますよ。でもエスコートサービスをなぜやっているのか、がキーになるのでとりあえず聞いてみましょう。そうしたらもう少し細かい分析ができるかもしれません。またアップデートしてください。

« もう少し詳しく書いて頂けると的確な答えが出せる気がします | トップページ | J + B.I.G. »

コメント

お返事ありがとうございます。
確かに最初のコメントには、くだらない細部にこだわっていた割りに、肝心な情報書いていなかったような気がするので、ちょっと補足兼アップデートさせていただきます。
それなのに丁寧に回答・分析していただいてありがとうございます。
まず、「冷めてきた」というのと「曖昧な関係」と書いたのは、私の事情や離婚話とは切り離したいので、離婚するから急に浮気相手との関係も正式に付き合うか付き合わないかとか白黒つける気にもならないし、しかも彼の出向が終わって、同じ会社で毎日会わなくなったら、なんだかごく普通の浮気の関係になってしまって、なんとなく私の欲しかったものはこれじゃなかったのではないか、などとそうでなくてもはっきりさせられなくて、というのが、状況の補足説明です。
向こうは向こうで、私とは始まり方も不倫なので、あえて何かさらに先に進めていこうとかいう気はないのだろうと、例の発見をするまでは解釈していましたし、最初から、相手は気ままな独身者だから、もしほかの人と付き合っていたり、遊ぶ相手がいたりというのは別に気になりませんでした。
だからセレブさんのおっしゃるとおり、彼にとっても、私にとっても、ちゃんと付き合っていないのは明らかです。
今でも、彼には夫との関係一般について、また進行中の離婚話についても、一切話していません。よそで浮気するくらいだから、100%幸せではない、または満足していないとは思っているはずですが、とりあえず表面的にはまだ夫と一緒に住んでいるので、私が離婚するというのは考えてもいないはずです。

私たちの場合は正確に言えば、コンサルの彼が私の会社に割と長期で出向していたので、厳密にいえば社内恋愛ではないのですが、セレブさんも書かれていたように、社内恋愛っていいですよね。確かに毎日が楽しくて、会社でのことが全て新鮮で、、、。

まあそういうきれいな思い出はおいておいて、セレブさんの指摘されたとおり、一番のキーポイントはエスコート活動ですよね。

彼の登録しているサイトはそれぞれのエスコートボーイのかなり細かい詳細も書いてあるので、それによると、彼の性的嗜好はバイで、セックスなら受身専門、それ以外なら(サイトにはきちんと具体的にスペック書いてありますが)受身でも攻めでもOK、変態的行為(これもあえて具体的には記載しませんが、SMやアクロバット的な行為と思ってください)は一切なし、ということで、会う場所は自宅、相手の家、ホテル、単なる外出OKとなっています。他の登録している男たちをベンチマークしてみると、80:20くらいでゲイが多く、バイで受身セックス専門というのは、登録者のなかでも結構少数派みたいです。あと、自宅に客を呼ぶというのも、あまりいません。

たとえばヘテロ間でも、単なる出会いを求めてサイトなどに登録するのと、売春行為ってまったく別物ですよね。
しかもエスコートが本業ならともかく、裏の生活としてあくまで自分の日常と切り離しているなら、普通自宅には呼びたくないと私は思うのですが、この点に関してはいかがでしょう?
なんだか彼のしていることの全てが私の理解範囲やロジックからは支離滅裂で、今さらになって初めて、さらにもっと彼を知りたい、近づきたいという気持ちが強くなってきて、自分なりにこれって恋しているのは、なんて思い始めた理由です。あと、いったい男をエスコートして何しているんだろうとか、そんなに気持ちのいいものなのかとか、色々想像すると、なんだか変に興奮してくるんですよね。

基本的に、彼のバイセクシュアリティーについては私は何の抵抗もなく、それとは別のまたもっと深いところでの異常さ(もともとバイで、男とも色々したいけど、普通のゲイの出会いよりも、お金に困ってもいないけど男相手に体売っている自分とか二重生活にエクスタシーのようなものを感じている?)なんかも、もしかしたら知り合った最初から直感的にかぎつけていて、だから妙に気になる存在だったのかなとさえ思えてきます。
というのは、私も、特別派手とか怪しげなところに出入りしているとかいうのではないのですが、今までもなぜか怪しい人をひきつける運命のようで、まだ独身で日本に住んでいたときもこちらに来て結婚してからも、なにかと普通の基準とははみ出した性嗜好の人と縁があって、アラサーを迎えた今となっては、自分の中にある変態性質みたいなものも受け止められるようになってきたのです。その辺から急に、今までどうしてもはっきりしなかった彼との関係の先が見えてきたような気もして、なんていうと、同世代(だと思っています)の女性として、理解していただけますか?ちなみに夫は私の知る限りでは完全なノーマル男です。

彼は、どちらかといえばシンプルな性格で、本人の意図していないところで笑えるつかみどころ満載で、いわゆる癒し系とも違うのですが、まだ相知り合ってすぐの頃から妙に一緒にいると和むでも、それ以外の何かも感じさせられるタイプで、でも、ルックスだけみれば別に特別好みでも、街中で会ってすぐ目に入るタイプでもないし、セクシーさとか男の色気も感じたこともなく、何で結局社内恋愛というか不倫するようになったのか、最初のころは自分でも不思議でした。で、結局、先ほど書いたような曖昧な関係のまま今に至るというわけです。

とにかく、バイなのか、なぜ男に掘られる(下品な表現ですみません、、、、。)のが好きなのかというのは、近々聞いてみルつもりです。
でもやはりエスコートの件はいくら本人に罪悪感なくても、理由はきっと彼にとったら誰にも知られたくない自分だけの秘密なんだろうし、とすると、それが私じゃなくてももし誰かに偶然知られてしまったのが分かったら、一生忘れられないくらいショックを与えてしまうのではないかなんて心配もしています。
セレブさんならそれでもやはり、聞いてみますか?

なんだか下ネタというか怪しい言葉をかなり、変な目的でセレブさんのブログを訪問する人が急に増えてしまったらと思うと、大変申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/29261167

この記事へのトラックバック一覧です: バイセクシュアルな男:

» セフレから本命の彼女に! [都合のいい女から脱却]
都合のいい女で終わりたくない!! セフレから彼女に昇格できる、その究極のテクニックとは? [続きを読む]

« もう少し詳しく書いて頂けると的確な答えが出せる気がします | トップページ | J + B.I.G. »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30