無料ブログはココログ

« アラサーになって分かること | トップページ | GWの課題図書 »

2009年4月29日 (水)

とにかく聞いてみよう

二日酔いで若干頭痛が... 

昨日行ったバー/レストランで有名ハーフモデルを見かけました。結構メディアで騒がれている彼女だけど、ノーメイクでサングラスなし、帽子なしのナチュラルな感じで綺麗でした。一緒にいた友人(♂)は「ハーフだから人気あるだけだろ?」っていうドライなコメントで、人間ってこうも見解が異なるのね、なんて思いました。

さてcocoさんからのコメント(青字)

またまた、クイックレスありがとうございます。
そうですか、彼の行動はセレブさんにすると、そんなに支離滅裂でもないんですね。

またまたいくつか質問ですが、まず、セレブさんなら絶対エスコートしている理由を聞くとのこと、でもそのサイトはえげつなくて、たとえば彼なんかは、もろに性器丸出しののアップの写真とか性器クローズアップのビデオまで公開しているんですよ。他のエスコートも大体そんな感じです。高級ホストクラブとか高級ソープというより、錦糸町あたりの下町風俗とか、家の郵便受けに入ってくるAVの宣伝チラシ(って今はないのかな)ってイメージなんですが、それでもやっぱり本当に聞いちゃいますか?それでもう私に会いたくないなんてことになっても、と思うといまいち、、、。
あと、サイトを見る限りでは、エスコートとして男を相手にしているときは、なんか色々激しくやってそうなのですが、今のところ彼とのそっちのほうはいたってノーマルなんですよね。それって、相手が男性か女性かによって欲求のタイプが異なるってことなんでしょうか。
男となら心置きなく本能のまま楽しめる、または楽しみたいけど、女とはごく普通でいいと思っている、それとも、女の拒否反応が怖くて(あるいは過去にひどく拒絶された)よほど相手から積極的にもちかけられない限り抑えているとか。
大体、どうしてエスコート活動はゲイ方面のみなんでしょう?やっぱりゲイの世界は狭いし出会いもヘテロと比べて限られているからですかね。まあ、女性に対しても、私がまだ見つけていないだけで実は同様の活動しているのかもしれませんが。
それとも実は彼にとっては異性関係は世間体というか表面的なことにすぎず、本当の興味の対象は同性なんでしょうか?

やはりまだ、わからないことだらけです。

最後に、セレブさんのお勧めのように、こうなったらとことん楽しんでみたいと思うものの、どうやって始めたらいいんでしょう?
まずもしかしたら彼は私(女性一般)とはごく普通のことしかしたくないのかもしれないし、エスコートのことを話してみたり、したくもないことを求めてそのせいで彼を失ったらなどと、なんだか柄にもなく、というか今になって心配になってきます。

なんだか毎回色々聞いちゃってごめんなさい。

私ももえこさんのコメントと全く同意見ではっきり聞きますね。

男と激しくやってて自分とは「何で?」って思ってるならなおさらですよ。表面上の付き合いをしてて楽しいならそれでいいですが、そうじゃないからこうして悩んでる訳ですよね。それなら相手に踏み込まないと何も見えないですよ。相手に踏み込んでみてそれで拒否されたら、cocoさんは彼にとってはちょっと違う感じを試したかった、ってそれだけですよ。それだけの関係だったってこと。それが分かったら次にいくしかないですよね。でも今はそれすら判断できない状態ですから、もう聞くか、今のまま悩み続けるか(でもその場合出口はない)、二者択一ですね。

彼に聞いて、自分も自分の嗜好を話せば新しい展開は自ずと見えてきますよ。正直が一番だと思うわ。

« アラサーになって分かること | トップページ | GWの課題図書 »

コメント

セレブさん、その他の皆さん、色々なご意見・コメント、大変参考になりました。

皆さん見事に満場一致なので、とりあえず彼に思い切って聞いてみることにします。
ちょっと前、インターネットでバイの男について検索していた時、悩み相談のようなサイトで、バイだということを自覚しているが、女性にもきちんと恋するし、付き合いたいとも思うけど、自分が実は男も好きだということ、女性と付き合っていても男の体も恋しくなることなどは相手には絶対隠したい、または、恋する対象は女性だけど、欲望を感じるのは男、だから女性と付き合いたいがバランスが取れない、勿論相手(女性)にはそんなことは打ち明けられない、というようなケースをいくつか読んでいるうちに、やはりバイセクシュアリティーというのは当人にとってはかなり深刻に複雑なもの、たとえ実は周りがそこまで気にしていなくても、当人は必要以上に隠したがるものなのかもしれないんですよね。
私の場合、ちゃんと付き合っているわけじゃないからかもしれませんが、彼がバイだということ、私と関係しつつも、体だけだろうが、時には恋することもあろうが、男とも色々やっていることについての抵抗は全然ないんです。ただ今となっては、何も知らなかったかのようには出来ないので、とにかく踏み込んでいってみます。
それでだめになっても、悔いなし。思えば、エスコート君とは最初は先のことなど何も考えず、とにかく恋がしたかったんです。それでも、ちょっと前まではもう冷めてきたように感じて結局もう終わりかなと思っていた関係も、これでうまく転がれば、また予期しない楽しい展開が待っているかもしれないし。となれば、これも何かの縁ってことですよね。

セレブさん、南の島でごゆっくりお楽しみください。
何か面白い発展あったらまたアップデートします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/29348171

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく聞いてみよう:

« アラサーになって分かること | トップページ | GWの課題図書 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30