無料ブログはココログ

« you know what... | トップページ | 恋活(コイカツ)開始 »

2009年5月21日 (木)

I am the person who made me feel nothing...

This is my fault.  I knew he has a girlfriend from the beginning.  I take back the word yesterday.  I am the person who made me feel nothing.  I let myself into this situation.  It is clearly not his fault, but mine. 

I am not good at analyzing myself, but I might have seen this whole thing like a competition.  A competition with someone I have never even met.  Deep down, I probably felt that I can win him over if I really tried.  Clearly, I was wrong.

I learnt a lesson.  Finally I feel I should let go the whole drama with him and move on.  Hopefully we can be a good friend...

And thank you all for your warm comments. 

« you know what... | トップページ | 恋活(コイカツ)開始 »

コメント

Most of us have no idea if our decisions are right or not at that time, but we just need to do what we believe. And I'm sure you did absolutely right, yes go forward! Life is too short to worry about little things.

セレブさん

しっかりと、決断されたんだと思います。
間違ってないですよ。
前を向いて、歩んでくださいね。
応援してます。

つきあううえで何かしら障害があるとわかってる相手と、(1)関係を持とうと決めるのと、(2)悩みながらもその関係を保つのと、(3)関係を絶つのでは、

(3)が圧倒的に辛いですね...

自分は恨まれないように理性と本能を使いつつ、欲しいものを手に入れる人っています。他人の優しさも弱さも甘さも、自分の欲しいものを手に入れるために利用できるものとして本能的にみわける能力があるんだと思います。

断片的な優しさ(それにいちばんすがってたかも)や、分かりやすい学歴や収入、それにスマートな振る舞いに、そのひとの本質がみえない(もしかしたら潜在的にみないようにしてた?)ことが私にもありました。

セレブさんのfaultではないです。100%違います。
私のfaultだ、とセレブさんに思わせているのも彼だと思います。

竹を割ったようなセレブさん(私の勝手なイメージです)でいてください。セレブさんを大事にしてくれ、お友達やご家族の方に堂々と「俺の彼女」と紹介してくれる方とおつきあいしてください(結婚するしないはおいておいて)。セレブさんに「日陰の女」は似合わないです。

長々と失礼しました。

私自身、あれこれくよくよする毎日を送ってますが、
セレブさんの日記を読んで笑ったり考えたり、
勇気づけられたりしてます。

Yes, life is too short, it's not the end of the world, darling. Grab your girlfriends and go for a drink! Life is always moving on.

Or you might need this. (^_-)
http://www.youtube.com/watch?v=meWnr8rA5Uw

セレブさん、このバカバカしい本、ご存知ですか?
「バッドボーイが教える狙った男をメロメロにする恋愛術」 役に立つうんぬんより、かなり笑える文体です。
私は間違いや無駄な動きが多い、といわれるので、仮説力の本を読んで、何でも着地イメージを考えてから、行動したいと思ってるのですが、なかなか。。。今困っているのは引越しです。インハーシューズみたいに、気分転換も兼ねて、おひっこしがしたいのですが、やはり都内でそんなに、イメージの違う場所ってないですよね。(お金もないけど。。)イメージだけ追及してったら、やっぱNY!とかになるのですが、現実的に考えて、今週末には決めたいと思います☆

Well, I know how you feel because I was in a situation like yours. I was thinking as if I could start over again wiht my ex-girlfriend easily, as if she still loved me. I tought I could win but I couldn't.

Well, this is my favorite phrase from Harry Potter and I hope this will make you feel better.

"You can't have everything in your life"

Although I do not have the full picture, I feel you did the very right thing. I think what held you back from switching off your moral feelings and using pure logical strategies to get him (because without moral or genuine feelings, ppl can do almost anything) was that you knew at the bottom of your heart that you want someone who deserves you.
Pretty much anyone is replacable - but what dissociates someone special from them is mutual love and respect, I think. Don't be too harsh on yourself, as this kind of thing requires two ppl to happen, and like road accidents, even when you are careful, there are always cars or bicycles which approach you. Deducing from what I read, he will repeat the same mistake.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/29714867

この記事へのトラックバック一覧です: I am the person who made me feel nothing...:

« you know what... | トップページ | 恋活(コイカツ)開始 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31