無料ブログはココログ

« 過去に生きる | トップページ | 人を繋ぐこと »

2009年6月 1日 (月)

なぜ抜けられないのか?

30代前半男さんからのコメント(青字)

アラサーだからって、無理に自分の性格まで変えようとせん方が良いように思いますなー。絶対無理が生じる。とはいえ、時間というリソースは有言なので、愛に巡りあいたいなら、やっぱし戦略的に、仕事ができる男と知り合う機会を増やすしかなかと。でもセレブさんが外資証券にいるという時点で、「世の中カネよ」って価値観を持ってます、って宣言してることになるので、そんな女性というか人間に興味持つ人は限られますよね。もしカネじゃなく愛、と思うならさっさと投資銀行やめて、外資のメーカーあたりの財務部門とか、日本に進出したてのスタートアップの外資とか、外国の文化と言語にハンディがない男が多い会社に転職すりゃいんでないですか?帰国子女ってことでひかれることはなくなるし、もう外資証券っていうタイトルも外れますよね。そうすっと壁がないじゃん。それをしない理由はなぜ?

性格は変えられないでしょうね。30超えてるとなかなか難しいだろうなぁ。

「外資証券にいることが「世の中カネよ」って価値観を持っている」と言われてしまったらそれまでなんですが(それが社会的なイメージでしょうし)、なぜそんな業界から出ないか? そうですねぇ... 

総じて優秀な人が多い、人の質が均一というのは大きいです。勿論、とんでもない奴もたまにいますけどね... 優秀な人が多い場所にいると学ぶことも多いし、色んな意味で無駄がない。効率の良さを皆が(ある程度)追及していると思います。あと、人の質が均一というのと同義なのかもしれませんが、価値観が近い人が多いので居心地が良いというのはあります。

ここ数年、「職業」として何がやりたいのかを考えてきた訳ですが、最近たどり着いた結論は、正直、仕事内容はなんでもいいんだと思う。ある程度、自分が興味をやって取り組めることであれば。たぶん何をやっても一緒な気がする。ただ、一緒に働く人は重要だと思ってます。価値観の近さとか、どういう目標を共有しているかとか、信頼出来るか、とか。価値観というのは、お金ではなくて、モラルですね。同じ業界にいても外資証券のイメージである「稼げれば何でもいい」と思っている人とは働きたくないですね。稼ぐ為にクライアントに自分のアイデアを押し売りするとか、騙すとか、そういう人もいますけどそういうタイプとは働きたくない。そこは相手に一定のモラルを求めているところでもあり、私なりの仕事に対するプライドなのかもしれませんけど。そういう意味で、信頼出来る人と働きたいという思いはいつも強いです。そういう場所が見つかりさえすれば、別に外資証券じゃなくてもいいんですが。人と価値観を共有出来ることって、恋愛じゃなくても、素晴らしいことだと思います。

話は変わりますが、最近、お金には全くならないので職業には出来ないんですが、楽しそうだからやりたいって事は見つかりました。この話はまた今度。久々に聞いたこのCDはやっぱり良いです。

The College Dropout Music The College Dropout

アーティスト:Kanye West
販売元:Roc-a-Fella
発売日:2004/03/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

特に、歴史に残る名作と言われる"Jesus Walks"、何かの映画にも使われてたと思いますが"All falls down"はお勧めですが、一枚のアルバムとして完成されてると思うので、最初から最後まで通しで聞いて欲しいです。やっと眠くなってきたので寝ます。おやすみなさい。

« 過去に生きる | トップページ | 人を繋ぐこと »

コメント

やりたい事が見つかって良かったですね!
セレブさん位お金があったら、私だったら働きませんが?お金になる仕事+やりたい仕事を組み合わせて生活するのは、よさそうですよね。私は今父が残したボロ4部屋アパートの修繕と管理(最低限の生活費)、+音楽活動をしてて、出来たらもう少しお金になる仕事も、ゆくゆくは足してきたいと思ってます。でもとりあえず引越し先が決まりそうなので、それで気分転換したいです☆(男ともうまくいってないし。。。7月に「そんな彼なら捨てちゃえば?」を劇場で見る確率高いです。。)では。

いつも読ませて頂いています。

『総じて優秀な人が多い、人の質が均一というのは大きいです。』
って書き始めて、(苦しそうに)自分以外の事が書いてある点が印象的ですね。「カネ」って正直に書かないところが奥ゆかしいと思います。

職業選択も人格形成ファクターのひとつだと思うので、ブレることなく働き続けることは個人的には魅力的です。むしろ愛だの何だの言って辞めてしまう方が悲しいかな。単に出会う男性が小さいだけなのでは?

セレブさんの「お金にはならないけど楽しそうだからやりたい事」のお話が凄く聞きたいです。
そういう前向きな話、はやく教えていただけたら嬉しいです☆
ちなみに、私も以前外資金融にいましたが、セレブさんの言う信頼できるメンバーって、実際全然いませんでした。
殆どの人が、同僚の揚足取ったり、風説の流布に近い行為をしたり、騙しに近い行為をしたり。
上司も結局はハゲタカが日本人に化けたタイプの人間だったりと、正直、人については、あまり良い出会いは無かったです。
なのでセレブさんが今、信頼できる人と仕事が出来ているというのは、環境的にはすっごく恵まれているように思います。人って、セクションやビジネス内容によって違うんですかね、、(ちなみに転職先では円満な人間関係が築けているので今はハッピーです)
これからも頑張ってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/29888772

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ抜けられないのか?:

« 過去に生きる | トップページ | 人を繋ぐこと »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31