無料ブログはココログ

« 「付き合う男」と「結婚する男」の基準 | トップページ | 男の心理が読めない私 »

2009年7月12日 (日)

女との戦い

夏にしては暑くないですよね、今年? ちょっと夏っぽくない。過ごし易くていいですけどなんかエンジンがかからない感じが... 暑くならないと燃えないんですよね、色んな意味で(笑)。7月下旬からに期待したいところです。さて、 

あやこさんからのコメント(青字)

セレブさん、いつもエントリー楽しみにしています。
「幸せになりたい」って皆の願いですよね。切実に。

話しは変わるのですが、6月から新卒で、外資系の会社で働き始め、そこにいる先輩と全くウマくいかなくて悩んでしまっています。

私より半年早く入社したその人は、ナゼか当初から部署も違うのに私の世話を焼きたがり、仕事を押し付けては、何かにつけて目の敵にしてきます。

私が満足に仕事が出来ていないことも大きな要因のひとつで、初めての仕事の際は、簡単な説明は欲しい旨を伝えました。しかし、私が質問をすると(他の人には普通ですが)あからさまに嫌な態度を取り、他の人に聞いたり、時間がかかってしまっていると、「あのコ全く使えない」と言う様な事を上司や同僚に言っているようです。

私の任されている仕事がその人のやりたい仕事であるということもあると思いますが、毎回イライラした態度や、物の言い方など、本当にストレスになってしまっています。。

まだ働き始めて1ヶ月も経っていないし、同期と呼べる人もその人くらいしかいないので社内に相談出来る人もおらず、会社に行くのがとても億劫です。

こんなとき、セレブさんならどうしますか? or どう対処されて来ましたか??是非、ご教授ください。
全くトピずれでごめんなさい!

困りましたね。

私は女との戦いについてはズブの素人です。そもそも、女性率が低い部署ということに加え、私は積極的に女子と絡まない(これはポリシー)。職場において女の寄り合いが美しい結果を産むことはまずありません。基本、悪口に巻き込まれます。避けて通るのが一番仕事を効率的に進める方法だと信じてます。よっていいアドバイスが出来ないかもしれませんが、一つの意見としてご覧ください。

文章を見る限り、あやこさんは完全に敵対視されてますよね。「あの子使えない」攻撃はおハコでしょう。ここはもう、その女の存在を完全に無視するより他ないと思います。

半年しか違わない同期 = あやこさん、は彼女にとっていいあて馬です。彼女の方が半年早く入っているということは、彼女に既にアドバンテッジがある。にも拘らず「同期」括りなので彼女にとっては格好の比較対象です。あやこさんを落として自分を上に持っていくという、「地盤沈下型出世」を狙っていますね。最悪です。

「たぶん」ですけど、ここから彼女と友好関係を築くのは不可能でしょう。こういう性格の悪い女につける薬はありません。そうなるとその存在を自分の中で消すだけです。「無視する」しかありません。

あくまでも友好的な姿勢を示している風に「無視」するのがポイントだと思います。露骨に無視するとまたなんだかんだ言ってきますから。仕事で頼まれたことは頼まれた様に行い、それ以外では全く会話をなくする。これが一番です。変に同期だなんて思ってはダメです。

その間、あやこさんは同じ部署にいる他の先輩や同僚と友好関係を築きましょう。あまり、入社年次や年齢にこだわっててはいけません。別に「同期」と呼べる人がいなくてもいいんです。特に必要ありません。自分が信用できる人と友好関係を築けるか否かがポイントですから、年次はどこの人でも、性別はどちらでも構わないんです。同じ部署で少し上の人(男女どちらでも)と仲良くなるというのが一番いいと思います。その人からちゃんと仕事を教えてもらい、社内ポリティックスのアドバイスももらいましょう。

ストレスは溜ると思うんですが、これからもっとストレスの溜るトピックがあると思うので(笑)、しょうもない女はとりあえずほっときましょう。ホント、無駄ですよ。悪口を言われてもにっこり無視。そのうちその女も諦めますよ、「のれんに腕押し」だったら。辛いとは思いますが、頑張って。

« 「付き合う男」と「結婚する男」の基準 | トップページ | 男の心理が読めない私 »

コメント

初期のころから拝読している外資証券アソ(30ちょい前、♂)です。セレブさんとは“壁”の反対側にいます。


これねー、業種・部署・年齢問わずどこでもある光景なんですよ。セレブさんも似た様な人について昔書かれてましたね(相当上の歳の方でしたが)。

女との戦いと書かれてますが、確かに経験上女性に多い気もします(特にUS帰りの一部)けど男も相当いますよ。
特に証券は、こんなリストラ続きの局面では生き残る上での「現実的な」策だったりするので、後が絶えないです。

私からは特にアドバイスできません(今回に限っては女性同士の話ですので、笑)が、ひとつだけセレブさんの補足をさせて頂くと、
きちんとした感覚の先輩・上司が周りにいるのであれば、あやこさんの苦悩にちゃんと気づいていますし、見てくれていると思います。

誰が気づいてくれているのかをなるべく早く察知して、(権限の大きな人であれば)相談して早く味方にしてしまうのも一つの方法だと思います。
早めに対処しないと、手遅れになるケースもありますから(特に外資証券)。

自分も同じような目に会って(野郎同士、しかも相手は2回り上)、一時はノイローゼ気味になりました。
ある時、同業他社に移っていた先輩と偶然再会して当時の惨状を話したら親身になって聞いて頂き、誘ってもらえたので即移籍(笑)。移籍先ではパフォーマンスも良く、おかげでちゃんと生き残れています。なので、あやこさんも一人で悩まずに味方を作るといいです(ただし、相談相手は慎重に選びましょう)

あと、こういうタイプの人を(自分も外資数社を渡っていますので)何人も見ていますが、幸せそうに働いている人は皆無ですね。
特にシニアの人で生きることの辛さ?のようなものをそういった「いじめ」で発散させようとしている人をよく見ますけど、そんなことで辛さが消えるわけないですよね。

セカンダリーではリストラも一巡し(反動の採用が少しずつ始まりました)、やっと落ち着いてきたので「冴えないドレイの毎日」的なブログでも書こうかな、と思っています...

長文失礼致しました。

セレブさん Trevisoさん
アドバイスありがとうございます。

確かにTrevisoさんのおっしゃる通り、彼女もUS帰りです。私も女子の争いには出来るだけ首を突っ込まず生きて来たタイプです。免疫がないのも困りますね。

上司や周囲の人とコミュニケーションを深めるとのアドバイス、参考になりました。仕事を早く終えなければならないというプレッシャーから、コミュニケーションがおろそかになっていました。

彼女以外のメンターを探して、仕事のやり方を教えていただきながら、スキルを磨く努力をするのが一番なのかな、と思います。しばらくは、彼女の出来ない仕事の請負工場になりそうですが。。

ありがとうございました☆やっぱりどこにでもあることなんだなと思う事で少し楽になりました!アドバイスも実践してみようと思います。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/30518208

この記事へのトラックバック一覧です: 女との戦い:

« 「付き合う男」と「結婚する男」の基準 | トップページ | 男の心理が読めない私 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31