無料ブログはココログ

« 究極のラブストーリー | トップページ | 外資系金融マンの「人を愛せない」病 »

2009年9月27日 (日)

有意義な時間の過ごし方

おじさんさんとよりすけさんがお薦めのこちら

国境の南、太陽の西 (講談社文庫) Book 国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読み始めましたが、期待大です。 

村上春樹って、モメンタム醸成型なんですね。最初は「別に面白くない」けど、後ろに行くに従って味が出てくる。もしかすると、最初だけ見て「つまらない」と思って、最後まで到達されない方、結構いる気がしています。でもそれだともったいないなぁ。

是非、読んでみてください。

VINOさんのコメントには明日以降、お答えします、

が、

私はアラサーになるまで、本を読むのが好きではなかったです。人のスタイルが自分に移ってくる感じがしていたのもあって、全く読みませんでした。加えて、仕事で読むものが多くて(アナリストレポートとか)、私生活で活字を読むのがとても嫌でした。「本を読む」という行為を始めたのはここ数年ですね。

でも今は、本を読むのは有意義な時間の過ごし方だと思ってます。

年とったんでしょうねぇ。

« 究極のラブストーリー | トップページ | 外資系金融マンの「人を愛せない」病 »

コメント

セレブさん、アナウンス有難うございます!!
ドキュメンのご回答、凄く楽しみにしております!
これにプラスして、ドキュメン能力をつけるために、「リーガルのセンス」がどのくらい必要か、またそのリーガルセンスor知識を身につけるには、どのような方法が近道(or王道)かも、あわせて教えていただけましたら嬉しいです。
教えてチャンで申し訳ないのですが、数字やコンピュータに強くても、ドキュメンできないと太刀打ちできない仕事も多く、実は、結構真剣に悩んでます(笑)。

読まれました?

村上小説の女性ってどうしてこうも魅力的なんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/31546595

この記事へのトラックバック一覧です: 有意義な時間の過ごし方:

« 究極のラブストーリー | トップページ | 外資系金融マンの「人を愛せない」病 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30