無料ブログはココログ

« キャリアとしてのIBDの将来性② - 今はあまり(日本では)選択肢がない | トップページ | インベストメントバンキング業界向上計画 »

2009年11月30日 (月)

いかに「運」を引き寄せられるか?

コメントです(青字)

セレブさん、丁寧なご回答どうもありがとうございました。結構強烈なインパクトがありましたが、もう一度突っ込んだ話をさせてください。

①外資IBD VP以上の年収の誤解
2億円貯めるのに十年はかからない、5-6年位だろうというコメント正直ぶっ飛びました。何故なら、2億÷5-6年=3000万以上・・・1年あたりの貯蓄額。これは税引き後なので、少なくとも税込み年収7-8千万レベルは必要です。ということはベースは2000前後なので株込みボーナスが5-6000千万ということですか!実は私含めた国内系IBD、ヘッドハンター(VP案件扱わないのであまり当てになりませんが)の共通認識は、外資IBDのVPの年収はせいぜい4千万、SVP・Dで5-6千万です。実はその水準は国内系IBDは知りませんよ。セレブさんたちもらいすぎですよ、ありがたみを感じて下さい(笑)。

②外資コンプライアンスは本当に人気あるのですか?
外資IBDの年収の凄さに驚いた反面、コンプラが人気は意外です。私のアラフォーの先輩たちで外資コンプラの人が複数いるので、こちらの年収は大体わかるのですが、ベース2000で米系大手でも1000にもとどきませんよ。せいぜい合計2500-3000ですよ。IBDの半額というより三分の一ですよ!フロントの方たちはそのあたりの事情を知って、コンプラに行きたいとお考えなのでしょうか?

以上より、地道に元上司の引きでコンプラにでも行こうかと考えていましたが、7-8千万に揺さぶられ(笑)、何とか外資IBDにもぐりこめないかと思うようになってしまいました。それなら3年でクビになってもいいから行きたいなあと思っています(笑)。

①はその会社でのポジショニングによるのでは? 5~6年だと無理な人も勿論いると思います。VPで出来て3年ですからそれ以降は実力、そして運がないと無理でしょう。もらいすぎ? そうかもしれません。でもどれだけ長く出来るかは不明です。明日は切られているかも。その後は全く仕事がないかもしれません。それでも、貰い過ぎなんでしょうか? 明日もどうかわからない不透明の中で生きれる人がどれだけいるか... じゃないですか? 私は独身なのでいいですけど、ご家族がいる方はそのプレッシャーたるや、かなりあると思います。思う程、簡単ではないと思います。 

②は①を踏まえるといいポジションじゃないですか? だって明日も見えないIBDより、長く細く稼げるコンプラがいいって考え方、あってもおかしくないですよね。3分の1でも、フロントより3倍長くいれれば、税金等考えるといいのでは?(せこい?) 悪くないと思いますよ。

結局、アップフロントで取るか、将来繰越で取るか、はたまた実力と運全開で常に高い水準取るか、もしくはその逆か... どれに該当するかということではないでしょうか? 

最近感じるのは、結局「運」なのかもってこと。

稼げる場所にいるのも、稼げる位の頭を持つのも、いくら貰えるのかも、そして今生きているのも、全て運じゃないですか? どうやって自分に運を引き寄せるのが重要な気がしますねぇ。これ書きだすと切りがないのは分かってて書いてます...

それにしても... 昨日の内藤・亀田戦は感動しました。TV前にて号泣。私も運があれば、スポーツ選手になって人を感動させたかったです。

« キャリアとしてのIBDの将来性② - 今はあまり(日本では)選択肢がない | トップページ | インベストメントバンキング業界向上計画 »

コメント

明日運が悪かったら死ぬかもしれないというような現場で働く職業についてるひとより、明日クビになるかもしれないで収まっている職業。なのに給料が半端ない。
運、か。そうかもな。
でもそう考えると、人の営みて何なんだろうな。
前の質問に対価って何だよ?的な質問もあったけどさ、俺もそれ気になる。
あ、荒らしとかじゃないんで、俺。むしろセレブさんのファンだし。
でもわかるんだよな、あの質問屋が抱いた疑問がさ。農業とかその他生きるのに必要なライフラインは皆で使用され必要不可欠かつ貴重なものなのに、それより高額て何なんだろうな。経済活動の方が生きるのに優先的なんだろうか、とか。もはや誰もわかんないよな。教育環境も運だし、まぁ運で左右される世の中にしてんのも人だし、しょうがないじゃん、て思うしかないことかもしんないけどさ、俺はそれに適応出来ないでいる。
俺はセレブさんのファンだから、抱負がずっと気になってるんだけど、もっとお金稼いで良い暮らしするとか今あるお金の水準が当たり前とか思って求める方向より、もっと実のなる事探して欲しいなぁとか思うな。教養の高い人だと思うからさ。
運、か。
運ねぇ。
正直、羨ましいっす。

質問屋さん と 正直羨ましいっす。 さんへ
こんにちは。セレブさんではないのですが、
私の彼がセレブさんと同じ職業なので私の「外部の人/内情もままわかっている」立場としてお二人のコメントに関して思ったことがあったので意見します。

お二人の言ってることもとてもよくわかるし自分もそうずっと考えていました。でも付き合ってみて、彼(とその友人/同僚)が労働力として異常に生産性の高い人たちだと気がつきました。
まず個人の能力として、プライベートであっても旅行に行っても完璧に下準備して無駄がない。新しいお店に行くときでも自分の中に行く先を叩き込んでくるから迷ったことが一度もない。そしてやるといったことをすぐに全力でする。しかもいくつも同時進行できる。切り替えが早いし落ち込まない。人間的な低いレベルでの摩擦がすくないから(人格の強い人が多い)ちょっとしたことで軋轢がおきにくくスムーズにいろいろなことが遂行できる。イライラすることがあっても自分のすべきこととは言い訳なしで必ずする。
ある時一般メーカーの男性に誘われて食事に行ったのですが、そのときのだるさ(場所は大体解っていて地図は持っているけど把握していない、態度の悪い店員さんを上手にコントロールできず勝手に怒っている、など)と比べると、外資系の金融マンと過ごす時間の違いに頭をぶち抜かれたような気になりました。とりあえず自分に対する要求が多分たかいから、自分が行うことへの完成度が多分高い人が多くてそのストイックさ、その場を支配するのは自分の責任という感じのプロフェッショナルさに感動しました。男性だから下ねたをいうこともあると思うのですが、外資の人は多分教育が徹底されていて、セクハラや人権侵害的な要素がある低レベルな会話にはならないので、とても刺激が会って楽しいのに律されていておどろいた記憶があります。
総じて言うと、単純に時間当たりの肉体的生産性で他業と比べることができるのならば、本当にその他の人の何倍も高いと思います。上記の食事の例は、同じ単純タスクをさせた場合の遂行能力を比べるよい機会だったと思います。これを仕事で当てはめたのなら、ものすごい差が出るのは火を見るより明らかでしょう。

そして金融という業界について。農業がどうして例として出て来るのかよくわかりませんが(多分全ての人が必要としているものという意味でお書きになったのでしょうが)、確実に素人の私でも言えることは、金融がなかったら他業もつぶれていると思います。資本が行かないからです。基本的に有限のキャピタルをどうやって有効に、または利益が上がるように再配分するのが金融なわけだから、その大元を司る影響力の強い業種の人(しかも少数精鋭)が高給をとるのはある意味で当然の気がします。そして、その人が高給をとっているっていうことは、資本を投入したビジネス先で利益が上がっていることじゃないですか?? 資本を入れて成功しているって言うことですよね?

ここに簡単に結論を書くのならば、身近にいる人間として努力を見てきた上で言うと、数千万位の給料についていうのならば、あげておけって言う感じです。それにきっと値するくらいのことはしていると思います。よく言われるのは、少人数の外資一人(金融の話で)は日系三人の働きをするということですが、傍目から見ていて、個人のアグレッシブさと、社内の雰囲気からきっとそうなんだろうなぁとおもいます。だから日系の金融マンが500万稼いでいたとして、同年の外資マンの1500ー位は普通なんじゃないかと。
ただボーナス20億円とか言う人についての意見は私はまだまとめられていません。

質問屋三t」正直うらやましいっすさんは一度セレブさん的な友達を作ってみるといいですよ。究極の人間の努力とプロ意識には敬服するばかりです。甘いことを私がやると容赦なく切り捨てられますが、自分のいい訳ばかりの人生を振り返るとても良い機会です。
それから、質問屋さんへさんの意見はとても参考になると思います。セレブさんの「それでも高いですか?」については、私でも高いと思いますねやっぱり。年収300万円で生活しているひとは、正社員でも数ヶ月前の予告の後首切られたとしてもセレブさんたちの即日解雇よりも確実に貯蓄額としてはすくないですから。絶対。

私も、米系と欧州系の外資系セルサイドでフロントに、在籍計18年ですので、セレブさんのコメント、よく判ります。金額の見積もりの根拠も、その通りだと思います。

社員や役員が、貰いすぎかどうかは、外野周りがあれこれ判断するわけではなく、会社の株主が、判断すればいいだけのことです。

でも、この世界だって、10年後には、どうなっているかは、わかりませんよ。
いつまでも、高給取りの世界では、ないかもしれません。

職業の選択は本人の自由です。そういう「おカネ」だけの世界がイヤであれば、金融の世界ではなく、モノを創造するメーカーでも、農業でも、福祉の世界でも、医療の世界でも、どこにでも転職できるはずです。

とっぽさんのご意見、面白いです^^
外資金融ではありませんが、私の知人もとても忙しい&高収入の仕事をしているので共感すること多々ありました。プライベートでもとにかく淀みがないんですよね、やることに。確実に予定を押さえられ、確実に遂行されています。。あの強引さは時間がないのも手伝ってなのね、と今更ながらに納得です(笑)彼らは通常の人のキャパをはるかに超えた仕事を何気なくこなしています。きっと私がまごついたりしている間に彼らは三倍働いているのでしょう。高収入は羨ましくもありますが、とても挑戦してみたいとは思いませんね。

セレブさん、3回にわたり具体的な助言と感想どうもありがとうございました。外資IBDに行くべく、何とか粘ってダメならコンプラでも行こうかと思います。それ位の収入水準であれば、アラフォーの女性IBDのMDとお付き合いしてもいいなあと不謹慎ながら思ってしまいました(苦笑)。新卒や準新卒(他社⇒MBA経由外資IBDアソシエイト⇒VP昇格)からのVPが大半で国内系からの参入が極めて厳しい現在・今後においては、女性MDは国内系IBDから引く手あまたかも知れませんね。残念ながら女性は、男性と違って若いというだけで相手にしてはくれないので、取り入ることは難しいかも知れませんが。それにIBDはコンサバなオヤジ社会なのでG社以外は女性MDなんていらっしゃらないですよね。セレブさんもMDになって、国内IBDからモテモテになるのはいかがですか?最後は不真面目で失礼しました。

高給取りが当たり前だと考える人と違和感を抱く人が半々てのがびっくりだな。

IBDがどんな仕事なのかに興味があるのですが、社内秘含めず、凡人にも解るようにどんな仕事か教えてくださいませんか?

私もびっくり。。。っていうか、5~6年で2億貯めてる人は、別に外銀でなくてもたくさんいると思います。別に特殊なお仕事の外銀に、スポットをあてる必要はないのでは。。ビジネスセミナーとか行けば
(私はあまり好きでないので行きませんが)、そんなお話はたくさん聞けると思います。
私が前にバイトしてたネットビジネスの会社でも、女の子二人で月に800万売上がありました。(私はパートタイムで、もう一人も秘書と兼務してた。。コストが30%としてもそこそこの年商)単価が高かったのもありますが、ビジネススキルのある男の人がフルに働いたら、お金を稼げる可能性はまだあると思います☆

セレブさんの手相が見てみたい。どんな手相しているのですか!?見てもらった事ありますか??占いはあまり信じないのですが、手相は自分の体固有のものに対するものなので、他の類の占いより気になってしまいます。セレブさんの手相が気になる~☆

( ^ω^ )なんか仕事の話で盛り上がってますね!

お給料は生きていくのにとても大事ですが、私はフロントではないせいか、あまりアグレッシブに今年の給与を考えていません。
それより、40-50歳くらいで「人」を育てたりマネジメントになった時にどれくらい自分が上手くやれるかな、という事に興味があります。お金はその評価基準でもあるので沢山もらえたら嬉しいですが、お金のためだけに仕事をするのはお金がこの世で一番大事と思っている方か、本当に仕事を好きでない限り病気になりますね。。私はお金(パワー)がないせいで泣いた経験もありますが、そう思います。


セレブさんのいうように、何を望むか、またその望みがどれだけ持つのかというのは運による部分も多いでしょう。

私は教師になる勇気がなくて金融に来た人間です。同僚を見ても、それぞれ素晴らしいところがありますが、特別な能力がそれぞれあることに他の業種の方との隔たりがあるとは思いません。

私がフロントにいけないのは、客に損をさせるのが平気ではないからです。教師になれなかった理由と同じです。

本当にやりたいのは、我を育てた後に我を捨て、人を育てることかもしれません。
ただ、何をするにも心身の健康が一番大切と思います!セレブさんも、ご自分を大切にされてくださいね( ^ω^ )

ほんとだ。盛り上がってますね。最終的には答えがないんだとは思うけど、お金の事で突っ込み励まされたりしたら、セレブさんも切り返しに困りますよね笑。でも、仕事の事、対価、給料など、皆が思うことを言い合え、一方通行だけでなく、投稿者がきちんとディベート出来てるあたりが、このブログの魅力、セレブさんの魅力なんだと思いますね。ちなみに僕は、IBDはお金貰いすぎだと思いますけどね笑。だって、そほど労働対価があるかというと、そんな実感ないですからね。当の本人は、運だと思う人も結構多いんじゃないでしょうかね。周りの人が僻んで当たり前ですよ。まぁでも、向かい風でも立ち向かうとこがなければ、やってけないですよね。はは笑。まぁ、仕事・お金ネタで盛り上がるのは健全ですね。セレブさんの職業と境遇に憧れて気になって見ている人もいるでしょうし。ミーハーな恋愛ネタより僕はこちらのネタの方が好きですね。ま、あなた様のお好きなように。

外資IBDの収入の話題、インパクトがあったようで相当盛り上がっていますね。その収入に見合う価値があるかどうか議論があるようですが、外資IBD側は「価値あり」、それ以外は「価値なし」となって平行線でしょうね。特に高学歴で他業界の方にとっては、外資IBDの給与は高すぎで面白くないという気持ちはよくわかります。

ただ、ここで見逃されているポイントは、外資IBDの仕事の内容が凄いのではなく、外資IBDの仕事に「就く事」自体が実力だということです。それなりの学歴・学力がある人は沢山いるので、その中でいかなる人脈・戦略・行動力を駆使して外資IBDにつけるかが腕の見せ所というわけです。私としても外資IBDの仕事内容自体はたいした事無い(その証拠にクビになった元外資IBDは全然職に就けていない)と思うのですが、外資IBDの職に就けたことは凄いことだと思います。

そういうわけで、総合的な実力があると自信をお持ちの高学歴他業界の方は、明日にでもヘッドハンター周りをして勝負をしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/32436480

この記事へのトラックバック一覧です: いかに「運」を引き寄せられるか?:

« キャリアとしてのIBDの将来性② - 今はあまり(日本では)選択肢がない | トップページ | インベストメントバンキング業界向上計画 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31