無料ブログはココログ

« インベストメントバンキング業界向上計画 | トップページ | 仕事も恋愛もとりあえずは現役続行(予定) »

2009年12月 6日 (日)

お金ってそんなに重要なのか?

結構頂いているコメントに「仕事に対する対価」というのがあるのですが、対価って自分が決めてる訳じゃないからそれが高いのか低いのかは分からないですね。

対価の水準については基本、株主が決めてます。某投資銀行が株主向けに今年支払う「対価」の水準について同意を得ようとミーティングを開催した様ですが、それに象徴されていると思いますね。

稼ぎたいなら、①自分で稼げる仕組みを自分で作り出すか、②稼げる所に行くか、の二つだと思います。どこで稼げるかはある程度皆さんご存知でしょうから、そのインダストリーに入って頑張ればいい。稼ぎに重きを置かないのであれば、自分の興味が赴く方向に進めばいい。結局、自分の焦点をどこに合わせるかだと思いますよ。

仕事というよりは、お金の話に興味がある人が多いのかなぁ、なんてコメントを見ながら思いました。アラサー女の恋愛話に興味がないのは良く分かりました(笑)... 簡単に稼ぎたいのであれば、トレーディングすればいいのにって思いますけどね。為替なんかはいいと思います。最近は特にボラが高いからチャンスは多いと思いますよ。

« インベストメントバンキング業界向上計画 | トップページ | 仕事も恋愛もとりあえずは現役続行(予定) »

コメント

お金があれば出来ることって沢山あるから、悲しいけれどある程度お金は重要だと思います。もちろんお金に勝ることも数多くあります。
そしてセレブさんのおっしゃる「対価は自分で決めるものではない」ってホントその通りです。自分の報酬に不満がある方は、満足な報酬が貰える所に行けば良いでしょう。
ところで私はセレブさんの恋愛ネタ好きなんですけどね‥。のほほんOLの恋愛には興味ありませんが、バリバリ系の方の恋愛感って興味深いです!

お金は重要ですよ。お金を生み出すのも苦労しますからね。セレブさんのように、一流企業に入社する等一度レールに乗ってしまった人は、お金を生み出すサイクルが固まっているので、あまり実感は無いのかもしれませんが。
対価は株主が決める、という話、建前上は最もですが実際は経営陣だと思いますよ。内部の人間で決めていることなので、絶対的な対価にはならないでしょうね。外部との比較は出来ないわけです。どの会社に入り、どんな給料をもらうかは、会社を選ぶ時点で考える必要がありますよね。
お金に興味があるというよりは、お金を沢山得るだけの人ってどれだけ賢くてどれだけ考え方がしっかりしていて、どれだけ人間性が優れているのかとか、そういうところが見たいんじゃないんですか?少なくとも、僕はそこが気になってます。世の中には生まれた環境でそんなチャンスをモノに出来ない人も沢山いますからね。不平等が当たり前ですから。行動力をいくら起こしても、あなた様のような水準には届かない人は沢山いますからね。簡単に、「お金が欲しい人はお金を得るための行動を起こせばいい」というのは、ある人にとっては「あなたは楽にそれを手に入れることが出来る運だから、そう一言でいえるのよ」といわれてしまいそうですね。行動を起こしても起こしても追いつかない知人を知っているので、僕には双方の見方が分かります。セレブさんにはそういう知人もいらっしゃらないでしょうし、実際にそういう人の立場を理解するのは難しいかもしれませんが、自分のある境遇が当たり前で自分が難なく出来ることが他人にも当てはまるとは思わないほうがいいですよ。
それだけお金を稼げる環境にあるならば。自分のためだけにブランド品をそろえたりと贅沢をするのではなく(セレブさんは自分本位な人にはあまり見えませんが)、ご両親にプレゼントをするとか、他人に感謝の気持ちを分け与える人であってほしいとは思います。(個人的な妄想と願望・・・ですが)

全然話がそれましたねw
僕は論理的な人間ではないので、勘弁してください。
good luck your love.

セレブさんこんにちわ☆これ読んで思ったのですが、なんとなく。。セレブさんって、お金を持つ!って欲より、頭がいい自分でいたい。。。って欲の方が強いように感じました。(勿論いい意味で)うちの父も仕事人間だったんですが、あんまりお金っていうより、多分自分の仕事出来るイメージに酔ってた?ような気がする。働く割に、お金にがつがつしてないっていうか。。イメージ至上主義??
今日はお友達に誘われて、某ワインバーに行ってきます。自営業の人が集まりそうなので、為になるといいのですが。。ではでは☆

以前、コメントを書き込ませていただいて、いち学生です。

>アラサー女の恋愛話に興味がないのは良く分かりました(笑)...

いやいや、ぜひこの題目をメインに投稿をお願いします。興味としては、アラサー女の恋愛、方面なので(笑という事で、1つ質問。
社会人という身分で、どこまで自由に恋愛をする事を許されるのか?(男性・女性に関わらず)。もっというと、何歳まで結婚せずに仕事・趣味など、自由にいきていられるのか、という点です。

個人的には、好きな事(趣味ともいえる)事が仕事になりそうなので、その分野で一人前になりたいと思っています。まあ、エンハンストインデックスファンドマネージャーなんですけど(笑。本気でそれをかなえようと思うと、自分以外の人間の人生に責任を持てるかというと、ちょっと疑問。リスクをとって、会社を変えたりする事もあるかもしれないし。そこでうまくバランスをとるのが一人前の男前だ、とかいわれると、何にも言えね(笑、となるので、そこまで要求しないでください。まあ、これはパートナーの意見も聞かないといけない事なので、結論は出にくいと思いますけど。

こんな事を本気で思っているので、周りの友人たちは、結婚しなさそう、といつもコメントしてくれます。ほんとにありがとうございます(笑。この状況だとアラサー男性バージョン、になるのかな?なんておもっているんです。まあまだ若いし、何とかなるんじゃね、とも思っていますが。セレブさん・セレブさんの周りにおられる人で、僕の想像通りになった人・そうでない人などのエピソードを聞かせていただけると、幸いです。

お金って執着すればするほど離れていくので、お金に執着するよりは自分の成功に執着することが大切だと思います。むろん、自分の成功の指数がお金って人もいるかもしれませんけど。

いやー、セレブさんのブログは、職人的な世界の四方山話は躍動感があって面白いです。最初の頃に比べると、最近は恋愛も仕事も勢いがない(毒が薄い)ですけれどもね。

僕(20代♂)の同僚で毒舌な女性(毒女、30代♀)がいるのですが、別の同僚(20代♂)と独女が吐き出す毒の頻度と濃さで指数を作って観察しています。

毒index=毒の頻度×濃さ

という単純な指標で、(毒の頻度)はシニカルな発言をした回数、(濃さ)はシニカルな発言の内容を5段階で定性評価します。

あわせて、毎日就業時間前に毒女に体調がどうだったのか口頭で確認をします(5段階評価)。

そうして推移を考察すると、毒indexと毒女の自己申告での体調の推移が決定係数0.8くらいで合致していました。サンプル数がn=1なので一般化できませんが、もしかしたら勢いのある人にとって、毒吐きと人生のupdownって関係しているのかもしれないな、なんて思いました。

遠い国からセレブさんの毒が開花するよう秘かに祈っています(笑)

2度目のコメントになってごめんなさい。相当昔、別のentryにコメントを取り上げていただいたupdateをと思いまして。そのときに何か恋愛のご相談をしたと思うのですが(記憶力が悪く、失念してしまいました・・)、結局、彼女とはご破算になりました。彼女、大学院を卒業してから小説家になるために孤独が必要なんだといって、どこかへ消えてしまいました(生存は確認しています)。

あんなに好きだったのに、あっけない終わり方でした。でも彼女が幸せになってくれるならそれが一番なんだと思います。また縁があればそれでいいですし。

それで、今はドイツ在住のロシア人女性にアタック中です。Ph.D candidate in quantitative economicsで推定30代前半、独身(特定の相手なし)。スタイルよくて頭よくてめちゃくちゃかわいい。どこかKGBを彷彿させるミステリアスな雰囲気がぐっときます。

学生時代、アホな僕が困っていたときに何かと助けてくれた彼女です。距離があるので遅々として進まない恋愛ですが、次の休暇がとれるまでメールや電話でまめにコンタクトとってます。ときめきがあると毎日楽しいですね。以上、アップデートでした。

追伸:セレブさんのサイト、Dear Abbyっぽいですよね。Abbyより若くて麗しいと推察しますが。いろんな困った人の相談所的なところ。Dear Abby、昔新聞で欠かさず読んでいたのですが、めっちゃ面白いです。今はYahooでも読めるらしいですが、おおお、こんな人がいるのか、と面白いです。日本で朝日新聞の土曜朝刊の「悩みのるつぼ」っていう悩み相談の連載がありますが、それよりも切り口が大胆でgoodです。

http://news.yahoo.com/entertainment/dear-abby

セレブさんに恋愛に関しての質問です。

職場の同僚の女性(彼氏あり)を好きになってしまいました。
この女性は今、彼氏と喧嘩をしているらしく
しばらく彼氏と口を聞いていないと言っていました。
僕と話すときはよく彼氏と喧嘩をしているんだみたいな
内容の話をしてきたり、時折、
僕に好意があるのかなといった素振りもあります。

そこでセレブさんに質問です。
彼氏がいて、さらにその彼氏と喧嘩をしているときの
女性の心境とはどのようなものなのでしょうか。

彼氏とうまくいってにときに他によさそうな男性がいたら、簡単に心変わりしたりするものなのでしょうか?

僕自身、その女性のことが好きなのですが、
彼氏がいるということで、告白することにも
ためらっています。

彼氏がいるのに別の男性から告白されるのは
迷惑になってしまうと思ってとても躊躇しています。

このような状況で、僕がこの女性をゲットするチャンスはあるのでしょうか?
その女性がとてもとても思わせぶりな態度を取ることが多いのでどういう気持ちなのかはっきりしないということ、場所が職場で利害関係などもあるということがもあり、悩んでいます。

もう少し待つべきでしょうか。

アドバイスいただければと思います。

こんにちは。

以前に小説「朗読者」についてコメントした者です。僕は映画は見ませんでしたが、セレブさんによると映画もかなりどんよりした内容だったみたいですね。映画についてのエントリーを呼んだときに、見に行かなくて良かったと感謝しました。

最近みた映画では、「あなたは私の婿になる」や「理想の彼氏」などがラブコメとして破綻がなく気持ち良く見れましたよ。ラブコメではないですが「ファッションがおしえてくれること」もかなり良かったです。前向きに何かをしようという気になる映画でした。

ところで、外資金融の給与水準について再びコメントが盛り上がっていますね。別に火に薪をくべるつもりはないのですが、自分の頭の整理と備忘録として、コメントさせてもらいます。ご迷惑かけたらすみません。

----------------------------------

そもそも現代の先進国では多くの仕事がとても流動的になっていることが多くの原因だと理解しています。

単純作業であれば生産性が低い人がいても投入する人数と時間を増やせば生産量が上がるはずです。例えば昔の内職や農作業、発展途上国のコーヒー農園みたいに子供が駆り出されるような仕事が典型です。ただ現代ではそうはいきません。人々の需要が常に新しく非常にニッチな部分に集まりがちだからです。

そういう世界のお給料は、真面目に働いた時間や熱意などの対価としてではなく、新しいものや方法を少しでも早く考えて実行した人達にご褒美として支払われることになります。しかも驚く程の非線形の上昇率で。少しでも違くて早いことの価値がとても高いのです。同じものを大量に作り続けて安定的に儲かる時代ではなくなったからです。

似たような例がプロスポーツで見られます。プロ野球で打率2割5分から3割に、3割から3割5分にたった?5分上がるだけで給料は何十倍にも上がります。決して打率が何倍になった訳でもないのに。試合に9人しか使えないという制約の中で、少しでも打率が高い人を使うためにファンと経営者は青天井で給料を払うことを許容するのです。

そして具体的に物を作っていない金融業や、また製造業でも経営者や研究者は、その報酬の非線形が顕著になりがちです。普通の経営者を何人集めて会議しても優秀な一人の決断には及びません。少しでも優秀な経営者を雇うために株主は高い給与を支払うことを許容します。優秀な研究者に大きな対価が支払われることの根拠は裁判所が青色LEDの発明者に対して認めました。平凡な研究者がまとまって研究しても、新しい価値のあるものは産み出せないからです。

外資金融の給与の支払いも似たような方向性を持っています。少しでも早くて新しいことを実行力をもって行えば評価されます。お客様の決断は、平凡な営業マンが何人もまとまって話すよりも、信頼できかつ効率的で新しい方法を提案する一人の営業マンになびきます。そういう人に会社は多くを払います。隣の人より少しだけ、またはほぼ同じくらい優秀で、少しだけ早くて実行力がある人に。外資金融はそうやって不採算を削って極端に効率化を図って稼いでいるはずです。必要があれば不採算でも将来に大きな投資をしつつ。

日本の大企業で働いている人は恐らくとても優秀でしょう。しかし世界の中でどこよりも実力主義が徹底していて、少しでも早い実行力を持っているでしょうか?非効率な組織や会議、社員はどこにもいないでしょうか?株価がそれを支持してるでしょうか?

僕の理解では、日系企業で働いている人がいかに優秀でも、そういった非効率な組織で働いている限り給与は平均的に低くなってしまいます。外資金融で働いている四則演算しか出来ない人でも、不安定な組職の保証の下でリスクを取って四則演算に徹底するこてで最低限の高い給料が払われる訳です。その人達の知識や教養、頑張りにはほとんど関係がないはずです。大事なのは個人として、組織としていかに実績を上げたか、または上げられそうかです。

日本のプロ野球と卓球界ではトッププレーヤーの平均給与が全く違います。お給料の原資となる会社、組織の利益の稼ぎが全く違うからです。野球選手が卓球選手よりスポーツのレベルで劣っている訳ではないでしょう。僕にとって、外資金融の給与がその人たちの能力に対して高過ぎると文句を言うことは、プロ野球選手に対してボール遊びをしているだけなのに億のお金を稼いでいてずるい、と言っているのと同じに聞こえます。

他人の給与がその価値に対して高過ぎると文句をいう前に、自分の能力に見合った報酬を払う組織に移るか、自力で稼げる商売を立ち上げるか、不採算性の高い組織を変えるか、または変わるのを待つかしかありません。それ以外には、民主主義という手段で高過ぎる給与を規制して低すぎる給与を底上げして不満を解消するかです。最後の手段だと、経済全体として縮小均衡を目指すことになると思いますが。正に今の日本が進んでいる道のように。

-------------------------

長いコメント失礼しました。

セレブさん、こんばんは。相変わらずキャリア・年俸ネタ盛り上がっていますね。外資系IBDの給与の良さを効率性やリスクで納得しようという方々もいらっしゃいますが、それだけでは説明つかないでしょうねえ。20代のアソシエイトでも3000万位もらえるのでしょうが、20代だとクビになっても国内系に比較的簡単におさまるので、リスク調整後のリターンは国内系よりも高いでしょうねえ。

それはさておき、恥ずかしながらお手間でなければ、外資IBDに関する以下の少々細かい点に関する疑問点について教えて下さい。

①FIG、GIG、TMTの選別法
今回もそうなのですが、外資IBDの最大の収益源は金法です。資金調達規模が桁外れで、しかも、同業他社の国内系金融に主幹事を渡したくないので、外資IBDが食い込める可能性が高いからです。G社もそうですが、MDになるのはFIGでしょう。FIGに属する人はどのタイミングで選別されるのでしょうか?また、FIGに入り込む秘訣とかはあるのでしょうか?

②DCMとECM
日本株は長期的に上昇は期待しがたく、景気低迷期にはエクイティファイナンスは毎度のこと激減します。そういうわけで、安定度とかを考えると、DCM>ECMなのでしょうが、キャピマの中でそういった序列はあるのでしょうか?

③いわゆるバンカーとM&A担当者
私はIBDではFIGが最強と思っているのですが、TMTやGIGと、M&A専任者とではどちらが好待遇なのでしょうか?

以上宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/32508329

この記事へのトラックバック一覧です: お金ってそんなに重要なのか?:

« インベストメントバンキング業界向上計画 | トップページ | 仕事も恋愛もとりあえずは現役続行(予定) »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31