無料ブログはココログ

« 仕事も恋愛もとりあえずは現役続行(予定) | トップページ | 大人のルール »

2009年12月13日 (日)

自分の物語

考えるまでも無いよ、重要だよ、そりゃさんからのコメント(青字)

お金は重要ですよ。お金を生み出すのも苦労しますからね。セレブさんのように、一流企業に入社する等一度レールに乗ってしまった人は、お金を生み出すサイクルが固まっているので、あまり実感は無いのかもしれませんが。
対価は株主が決める、という話、建前上は最もですが実際は経営陣だと思いますよ。内部の人間で決めていることなので、絶対的な対価にはならないでしょうね。外部との比較は出来ないわけです。どの会社に入り、どんな給料をもらうかは、会社を選ぶ時点で考える必要がありますよね。
お金に興味があるというよりは、お金を沢山得るだけの人ってどれだけ賢くてどれだけ考え方がしっかりしていて、どれだけ人間性が優れているのかとか、そういうところが見たいんじゃないんですか?少なくとも、僕はそこが気になってます。世の中には生まれた環境でそんなチャンスをモノに出来ない人も沢山いますからね。不平等が当たり前ですから。行動力をいくら起こしても、あなた様のような水準には届かない人は沢山いますからね。簡単に、「お金が欲しい人はお金を得るための行動を起こせばいい」というのは、ある人にとっては「あなたは楽にそれを手に入れることが出来る運だから、そう一言でいえるのよ」といわれてしまいそうですね。行動を起こしても起こしても追いつかない知人を知っているので、僕には双方の見方が分かります。セレブさんにはそういう知人もいらっしゃらないでしょうし、実際にそういう人の立場を理解するのは難しいかもしれませんが、自分のある境遇が当たり前で自分が難なく出来ることが他人にも当てはまるとは思わないほうがいいですよ。
それだけお金を稼げる環境にあるならば。自分のためだけにブランド品をそろえたりと贅沢をするのではなく(セレブさんは自分本位な人にはあまり見えませんが)、ご両親にプレゼントをするとか、他人に感謝の気持ちを分け与える人であってほしいとは思います。(個人的な妄想と願望・・・ですが)

全然話がそれましたねw
僕は論理的な人間ではないので、勘弁してください。
good luck your love.

うーん... 頂いたコメントは理解できるのですが、少し書いておきたいことがあったので抜き書きさせてください。

世の中には生まれた環境でそんなチャンスをモノに出来ない人も沢山いますからね。不平等が当たり前ですから。行動力をいくら起こしても、あなた様のような水準には届かない人は沢山いますからね。簡単に、「お金が欲しい人はお金を得るための行動を起こせばいい」というのは、ある人にとっては「あなたは楽にそれを手に入れることが出来る運だから、そう一言でいえるのよ」といわれてしまいそうですね。行動を起こしても起こしても追いつかない知人を知っているので、僕には双方の見方が分かります。セレブさんにはそういう知人もいらっしゃらないでしょうし、実際にそういう人の立場を理解するのは難しいかもしれませんが、自分のある境遇が当たり前で自分が難なく出来ることが他人にも当てはまるとは思わないほうがいいですよ。

私の場合は、「今の環境を楽に手に入れた」とか、「気が付いたら今の境遇にいた」とは言えないですね。運が良かったとは思うけど、運を掴む努力はしてきたと思います。

前にも書いたけど、私は帰国子女ではありません。普通のサラリーマン家庭に育った人間で、親が教育熱心だった訳でもなく、惜しみなくお金を与えてくれたという境遇にあった訳でもありません。だから、今の生活が普通だという感覚はありません。

行動を起こしても追いつかない知人は私の周りにもいたし、今でもいます。でもそういう人達を見ていて私が思うのは、常に何らかの努力が足りないということと、行動が遅い、もしくは気付くのか遅い、ということです。

私と同じ中学校、高校に行き、同程度の大学に行き、外資系金融業界に勤めたいと言ってた女友達がいます。ちなみに彼女は外資系で働くために大学時代に海外留学までしてます。私はしていません。していないというよりは親の反対にあって出来ませんでした。でも彼女は外資系証券からはオファーが出なかった。私には出た。私と彼女と何が違うか? 私が言えるのは彼女の努力が足りなかったということだけです。正確に書くと、外資系証券に入社するための努力が足りなかった、ということだと思います。

外資系証券がどんな所で、何が求められていて、そこに入るにはどうすればいいか、何をすればいいか、大学時代に最低限何を知っておかなければならないのか、実際に入社したらどういう人間と競争することになるのか、そういう事全てを知った上で面接に挑んでいたかというと、彼女はそうじゃなかったと思います。

******************************************************

例えば、アラサーで、今メーカーにいて、今後外資系金融に転職したいと言った場合、ある程度求められるスキルセットを知った上で、自分が業界適合者か否か、そして適合者だと判断した場合、転職の為の戦略を立てることは出来ると思います。でも、アラサーにはアラサーなりのスキルセットが必要で(最低限の学歴とか職歴とか)、それがない場合は結構難しい。スキルセット、ともいえるけど、自分のストーリーがないと厳しい。

そういう意味では、最低限クリアしておくべきポイントである学歴ということについては、早い段階で意識しておくべきだと思います。(もしこれを高校生とか大学生が読んでいるなら...ですけど) 事象が何であれ、早くに気付いておくというのはとても重要なことだと思います。

******************************************************

私の同僚や後輩の中には、地方から大学で東京に出てきて、奨学金を貰ったりバイトをしながら親には全く頼らずに大学を卒業して外資系証券に入社した人もいます。外資系証券にいる人の親が皆、一流企業の役員や外交官な訳ではありません。私は、努力して入ってきた彼らを見ていると、何もせずに彼らがいる場所を羨んでいるだけの人達に「あなたはどれだけの努力をしたんですか?」と聞いてみたくなります。

私がこれを書いているのは、考えるまでも無いよ、重要だよ、そりゃさんを批判したいからではありません。

今、自分が置かれている境遇を変えることが出来ないと思っている人がこれを読んでいたら、そう考えて欲しくないから書いてます。

変えることは出来ます。でも変える気持ちがないと変えられません。待っていれば誰かが自分の欲しいものを与えてくれる、そういうことだってあると思います。でも多くの場合はそうではない。だから変えたい気持ちがあるのなら、早い段階で行動を起こして、自分で自分の境遇を変えるということが重要だと思います。

自分の物語はある程度、自分で作れるんじゃないですかね? 私はそう思いたいし、他の人にもそう思って欲しいです。

« 仕事も恋愛もとりあえずは現役続行(予定) | トップページ | 大人のルール »

コメント

>変えることは出来ます。でも変える気持ちがないと変えられません。待っていれば誰かが自分の欲しいものを与えてくれる、そういうことだってあると思います。でも多くの場合はそうではない。だから変えたい気持ちがあるのなら、早い段階で行動を起こして、自分で自分の境遇を変えるということが重要だと思います


すごく大切なことを言っていると思います。
このことに気づいているか気づいていないかだけで、人生に大きな差が出る。外資証券に限らず、それなりにきちんと結果を出している人、というのは、その辺の主体性が違うし、ある意味自分に自信があり、ある意味謙虚だと思います。

セレブさんに同感です。 
 

質問です。 
外資系金融に転職したいならば、最低限のスキルとは何でしょうか?(金融以外からの就職ではの場合) また、外資系金融で生き残って行くには他の社員とは異なる分析とか独自ルートの情報網をお持ちなのでしょうか?
最後の、教えられる範囲でのセレブさんが毎日(毎回)チェックしているサイトや雑誌などがあれば教えてください。。。

どうもはじめまして。
私はT大学学部4年の者です。
外資系金融業界について盛り上がっているようなので、現在の学生の間での外銀の位置づけをコメントしてみたいと思います。
正直、私の知る限り、トップ層(日本一の学歴を備えかつソフトスキルも身に付けている学生)は、まず外銀を志望していません。
セレブさんもご存知であるとはおもいますが、実際に、2010年卒で外銀から内定をもらっていたトップ層も結局は、外コン、野村、官僚、政府系金融、外資メーカーなどを選んでいます。
逆に、早慶の学部生で学業を疎かに課外活動に性を出すタイプなどは、周回遅れでいまだに外銀に憧れを持っているようです。
2011年卒の学生はさらに顕著になっているようです。
実際に、内定者交流会で会う外銀内定者は、優秀な学生ももちろんいますが、頭のキレというよりブランドのためなら身を削れるといったタイプが多い気がします。
逆に、外コン、官僚の内定者などは、キレだけでなく、ビジョンを持っていて魅力的な学生が多い気がします。
よって、アラサー世代で未だに"外資系投資銀行"をブランドだと思っている方々を見ると非常にジェネレーションギャップを感じてしまいます。

弁当王子さんのおっしゃるとおり。
わたくしなりに補足すると、そもそも外銀ってブランドでしたっけ?というのがあって。
確かに海外においてivy大学やら企業ではMorgan StanleyとかGoldmanとかいったネームはブランドではあるけど、日本で本当にブランドといえるまでになっていましたっけ?
例えば麻布→東大→興銀の人と、アメリカの高校→ブラウン大→UBSみたいな人を比べた場合、きちんと日本の価値観の中で受験を勝ち抜き、日本で一流として認知された履歴書を構築してきた前者にブランド性を感じるのですが。後者はともすれば日本に馴染めなかっただけのただの怪しい人だったりする。後者がグローバルにブランドとして認知されるのは分かるのですが、それでも日本では単なるstrangerとなることがあって、中々難しいですけどね。でも、欧米人から見ても「クオリティの高い日本人はundergraduateで海外大学にはいないし、新卒でも欧米銀なんかにはいかないもんだ」との説明は分かってもらえると思います。
外銀がブランドとして認知されたのはここのところわずか数年の話。直近では金融危機とその後の立ち振る舞いからその信用やブランドは(日本では)失墜しているし、数年以上前は官庁・興銀・東銀に行くのがブランドだったし、そもそも新卒で外資に行く人間なんて伝統的社会に適応できないだけの怪しい人物だった。不良債権問題の中で邦銀がアホな行動しかしてこなかったから、本来「まともな」世界で生きているべきだった東大生を「怪しい世界」に引き入れてしまったのだけれども、そんな可哀相な東大生は長期的にどうするつもりなんでしょうか。怪しげなベンチャーかコメンテーターにでも納まるつもりなのでしょうか。セレブさん、どう思います?

セレブさんの言いたい事、とても良くわかります。でも、実際やっぱり難しいですよ。本当の苦労をしていない人だから、そう言える、と思えてしまいます。自分で稼いで大学に行くって当たり前ですよ?私たちにとっては。親に全部払ってもらって、車を買い与えてもらうような人もいますけどね。行動や努力を続けても、色々な制約が働いたりして、行動がコネクトしない場合が結構あるんですよね。実際は、上手くいってる人には見えないものが、上手くいっていない人には多く立ちはだかっていると思います。必要な事をすれば、きっとうまくいく。そう信じなければ折れてしまいそうなので、セレブさんの言葉は心強いですが。あ、ありがとうございます。
セレブさん、外資系金融辞めて、それまでとは全く違うことを始めたりしないのですか?海外の企業なら割が良い、とか言わずに。こんなに魅力的な人なので、人と関わる仕事なんて始めてみたら良いのになぁと思います。お金、ではなく。今の生活水準も良いですが、以外と世界はお金で分断されていて。お金がふってくる境遇によって、分断されているとおもいますよ。他の世界で活躍するセレブさんも見てみたかったりします。そろそろ2010年の抱負では?楽しみにしています。

給料が高い、っていうブランドでしょ?

興銀、官僚、政府系金融のどこがブランドなのかしらん?さっぱり分からないな。

時代錯誤もいいところではないでしょうか。

昭和時代ならまだしも、平成20年代なのにね。

他業種から某外資フロントに移った20代♂です。

外資証券フロントの人間と、他の業種の方の違いで最も顕著なのは自立心の有無だと思います。要は、会社に寄りかからずに生きるという心意気です。野村や大和など日系証券にも優秀な方はたくさんいらっしゃいます。ですが大企業ゆえの弊害に悩みつつも移籍しないのは「リスクを取らず、安定した人生を選ぶ」という気持ちの現れだと推察します(それはそれで一つの立派な見識だと思います)。


自分がいた他業種の会社には、それこそ会社に寄生する人間が山のようにいました。現在の職場では各チームごとに損益が計算されていて、「収益低迷の原因」と看做されれば即解雇です。


このエントリとコメントについて同僚と話しましたが、自身の勤務先がブランドとして認識されているかどうか考えること自体アホらしいですし、学生さんからみた外銀の人気など考える価値もないと僕らは思います(学生さんは高値掴みが上手ですしね)。


われわれが欲しいのは厳しい環境に耐えて自分自身でノウハウを積み重ねて行ける人材であり、実際業界で生き残れた人材はそういう人ばかりです。
自分もこの業界に入って4年経ち、収益への貢献を求められる立場にいますが、これまで系統だった研修は一切受けていません。仕事に必要な勉強の類は転職前から独力で調べて実行していました。今はネットでいくらでも情報があふれていて、ここでよく出る質問も調べればすぐにわかることがほとんどだと思います。


ですからセレブさんの「あなたはどれだけの努力をしたんですか?」という言葉については本当その通りだと思います。まずはGoogle使い倒して情報を集めてみろよと(笑)。それだけでも相当な知識を得られるはずですし、「外銀に入るために何をすれば良いか」もわかってくると思います(自分はほとんどそれだけで情報を集めて転職を果たしました、4年前の環境で)。

逆にそれでも分からなければ、外銀はやめた方がよいと思います。入って後悔する人が多いのもこの業界の昔からの現実です。


(余談ですが、私もヒラリーマンの家庭に育ち、地元の公立校を出ました。同じ様な人も多いです。境遇のせいにするのは自由ですが、それでは何の解決にもならないし、物事も前進しないのではないでしょうか)・

長文失礼しました。

実情は、100%セレブさんのご指摘の通りです。よく内情を説明してると思います。

自分自身も、国内証券を新卒で入社し、その後、外資系証券フロント営業を3社渡って、いま現役で外資系証券歴が、計15年になりますが(現在40歳)、自分自身が帰国子女でもなく、東京のど下町出身で、両親祖父母も自分が小さい頃に他界しているので、決して恵まれた環境で育ったわけではありません。高校・大学も親戚の援助と奨学金で行きました。

もちろん、社内には帰国子女&両親が裕福な環境で育った日本人は、そりゃ多いですよ。

でも入社したら、そんな両親が裕福だろうが、帰国子女だろうが、学歴とかそんなもの一切関係ありません。そもそも、自分達のラインのガイジン上司は、自分たちの家庭環境が過去どうだったとか、こうだとか、一切興味ありません (殆どのガイジン上司は、日本の大学のことに関しては全くの無知です)。

「いま自分が持っている全ての能力、潜在的能力、その人がいま築いている家庭、人間性」だけに、彼らは興味を持っています。

本人が本気で「その気」になれば、外資系証券の東京支店は、本当に誰もが入ってこれる場所です。そのかわり、入ってきたら、現実は日本の会社のように甘くはないですが・・・。

セレブさん、今日のタイトル素敵ですね!☆
これを見てインスピレーションを得たのですが、セレブさんが魔法使いで、「あなた達はなんでもできるのよ!」って魔法をかけるみたいな。。。
私思うに、日本社会って皆同じを良しとする、謙遜しないといけない特徴があるので、(そうしないとめんどくさい事になる)家の外では、「いえ、私なんて平凡で退屈な女です。。。」とかいって、家の中で「私はお姫様で何でもできるんだ~☆」とイメトレするのがいいのかな、と思いました。
新しい事や、個人行動に、精神的にすごい圧力がかかる社会だとは思いますが、その波さえよければセレブさんがおっしゃるように、可能性はたくさんあると思います。私も来年に向けて色々準備中なのでがんばろっと☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/32600351

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の物語:

» 金価格ナビ! [金価格ナビ!]
金の値段が30年ぶりに上昇しています。国家が未来の展望をなくした時、金の価格は上昇します。富と栄光の象徴とも言える金の魅力と魔力に迫ります。さらに、このような時代を先取りし自衛するために、金への投資をお勧めします。 [続きを読む]

« 仕事も恋愛もとりあえずは現役続行(予定) | トップページ | 大人のルール »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30