無料ブログはココログ

« Volcano issue | トップページ | これって何? »

2010年5月 9日 (日)

Would, should, could...

日本に帰ってきました。明日から出社です。

なんか異常にせつない展開になってしまいました... 火山がまた爆発して日本に帰ってこれない状況にならないかな、なんて真剣に思ったりして、でも他にも人生全般について一人で考える時間をとることが出来たので、今回はせつない展開ではあったけれど、行ってよかったなと思ってます。

意外に日本に一人でいても考えないことってありますよね。でも、旅先だったりすると、何故かいつもは思わない疑問とか視点が浮かんできて、その何気ないことを真剣に考えたりする。

今回は、人を好きになるってことがどれだけ責任を伴うってことなのかについて考えました。

この年になると自分がいいなと思う人に相手がいるのが当然で、いない方がおかしい、そういう感じですよね。だから、相手に誰かがいても突き進んでしまう。でもそうした場合、相手には誰か、が居る訳だから、その誰かと私を天秤にかけないといけなくなる。基本、私は悲観論者なので、自分が選ばれないことを前提に物事を考えたり、進めたりするのですが、たまにそうじゃないことがある。

そういう時って、自分が思う相手を苦しめてますよね。それが果たして正しいのか?

そして苦しめるに値するだけの自分のコミットメントがあるのか?

本気かそうじゃないかってどうしたら分かるのか?

その時は本気だと思っていたけど、でも後になって違ったってこと、ありませんか? どうしたら自分の決断が本物なのか、分かるのでしょうか?

バケーションは終わっても自分の中の疑問は解消されないまま、だったりする。

良いご意見をお待ちしております。

« Volcano issue | トップページ | これって何? »

コメント

>> そういう時って、自分が思う相手を苦しめてますよね。それが果たして正しいのか?


〔正しい〕か〔正しくない〕か
はっきりさせたとして、
それから、
どーするの…?

> その時は本気だと思っていたけど、でも後になって違ったってこと、ありませんか? どうしたら自分の決断が本物なのか、分かるのでしょうか?

自分の直感には責任をもつ、が僕のポリシーです。決断が本物かどうか、ではなくて、決断に責任を持てるかどうか、だと思います。

せつない展開だった、というのは、違う大陸の方にお相手さん(家族?)がいらっしゃったということでしょうか?

お久しぶりです。

お久しぶりです、セレブさん。
今回のPOST読んで、セレブさんって実はとても誠実な(自分に対しても他者に対しても)人なんだな、と思いました。特に今のセレブさんの状況だと、仮にお相手の方が全てを捨ててセレブさんを選んだとしても、セレブさん自身の側には特にそれと引き換えに捨てるものってないんですよね。それなのにそこまで自問自答するって言うことは、きっとそれだけセレブさんがお相手のことを真剣に(少なくても今この一瞬は)考えているっていうことじゃないいですか?その気持ちだけじゃだめなんですか?
もちろん、うまくいかなくなったり、とくにその後セレブさんが実はそこまで本気じゃなかったって気がついたときなんかは、ある人の人生にシミをつけてしまったという後悔は残るかもしれませんけど、私の住んでいる国の言葉で、英語に訳すと”SHITMAKER (??)”、つまり周りに迷惑掛け捲りな人という表現があるのですが、恋愛の相手に関しては、それで全然構わないと思います。ストーカーとかは困りますけど、所詮恋愛沙汰って相手とのインターアクションなしに成り立たないものだから、どちらかが100%被害者とか加害者ってないですよ。結局は、それぞれの自分の責任だと思います。
もしお相手の方が自分の持っているものを捨ててセレブさんを選んだとしても、まず誰か別の人に惹かれるっていう自体、きっと彼自身自分では気がついていなかったとしても人生一般に対して、もしくは家族(か彼女?)との関係についてなど色々疑問があったと思うんですね。その起爆剤がたまたまセレブさんとの出会いだったというだけで。
また、仮にセレブさんのほうの都合でうまくいかなくなったとしても、離婚(もしくはヨーロッパによくある準婚姻関係)経験者って実はかなりもてるんですよ。ある説では独特のフェロモンが出ているとか、、。
私も離婚後(正確には手続き中ですが)、多分今までの人生初のモテ期に突入しています。それも10代後半とか二十代前半より、自分でしっかりハンドル操作ができている分かなり楽しんでます。これって、周りを見ても割りとそうですよ。もちろん、この世の終わりとばかりに嘆き悲しんだ挙句うつ病気味になっている人もいますが、やはり恋愛大国だからか、みんなセカンドラブ、サードラブとさっくり軌道修正しています。子供がいる人なんかでもそうです。特に第一章からずっと知っている人だと、その変遷がなかなか興味深いです。(私もきっと一部の友人にはそういう目で観察されているに違いありませんが、、、)。だから、セレブさんのお相手の方に対してもそこまで気にすることないと思います。セレブさんのために全てを捨てたのに結局うまくいかなくてまたゼロからやり直しなんてことになっても、きっとその経験や以前の結婚生活などから、彼もまた新たに花咲かせ、第二(もしくは第3)の青春を謳歌する日も来るでしょうし。というわけで、セレブさんとは異なり自分にも他人にもかなり不誠実な私は、特に恋愛に関しては基本的に自己責任、しかも転んでもどちらもただでは起きないケースが多いので余計結果両成敗、と思っているんですが、やっぱり無責任ですかね。兎に角ご自分で一番納得のいく道を見つけてください。GOOD LUCK(p。s。これって、一文字間違えるとけっこうあれですよね、、、)

辛口ご容赦を。

お相手の男性が既婚だとしたら、
セレブさんの気持ちに関係なくやめるべきです。

セレブさんは、
自分と相手と、せいぜい相手の相手(女性)くらいしか思考回路に入ってないんじゃありませんか?

結婚はもっといろんな関係が発生して、古い言い方ですけど、家と家の絆だってあります。

もし不倫や離婚になったら、相手とか、相手の相手だけじゃなく、

相手の相手の親や、
相手の相手のおばあさんや、それはもうたくさんの人を傷つけるんですよ。そこまで考えたことありますか?

もしそういうことも考えず、恋だの愛だの、気持ちの整理だの、そんなことに気をとられているとしたら、セレブさんは幼稚です。30代でそんなんじゃみっともないです。

(もしお相手が独身で、彼女がいるというだけの話ならご放念ください。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/34611145

この記事へのトラックバック一覧です: Would, should, could...:

« Volcano issue | トップページ | これって何? »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31