無料ブログはココログ

« 窮する瞬間 | トップページ | (所詮)二番目の女 »

2010年6月27日 (日)

ある男の言葉

「男ってのは、最初に心に決めた女を中心に動く。その女性が中心になる。だからその最初の女の後に現れた女は全て二番目、もしくはそれ以降。だから君はその男とは幸せになれないんだよ」

マジかよ。

でもそうかも。

ぼちぼち潮時かも。彼はきっと彼女と別れられないし、そんな人に心を奪われ続けるのは時間の無駄かも。

真面目に気持ちの整理をつけようと思った週末でした。

« 窮する瞬間 | トップページ | (所詮)二番目の女 »

コメント

セレブさんこんばんわ☆
週末に何か考え事でもされたのでしょうか?
その方はその女性がいるってことで、目の保養??
気持ちの保養にとっておいて、まあ他のオプションを探すのもありかも。。。
といっても私も今人の事をいっている余裕がまるでなく、消えたEXを探してるのですが、ネット圏外の人をネットで探すのは異常に難しい事が判明!私なんて絶対なんかしらひっかかっちゃうのに。。今メールを出した唯一知ってそうなNYの人から、最悪返事が来なかったら、どうやって探そう!とお尻に火がついてしまった。。。
まあ彼とははっきりさせたいという感じで、私も他のオプションも考慮に入れたいとは思ってますけど。。。NYに数ヶ月住んで、探し当てられるものなのだろうか??と思案中です。ではでは~~☆

ご無沙汰です。

>男ってのは、最初に心に決めた女を中心に動く

僕は違いましたよ。といいたくて、コメントしました。

「心に決めた女」は最初は高校生のときの彼女、二番目は社会人になってからの韓国人の彼女、三番目は昨年に振られた学校の先生。

意外と塗り替えられている浮気者も、ここに居ます。

男にとっての「最初に心に決めた女性」は、日経225みたいなものです。そのベンチマークが客観的にみて優れているかどうかに拘らず、です。

市場参加者にとってもっともなじみがあり、愛着があり、他の何よりも相手のことを知り尽くしていて、一緒にいて一番しっくりくる。ロジックを超越した、そんな存在なのです。

時代が移ろい若くて魅力的なベンチマークが開発され、一時的に誘惑されてしまっても結局市場参加者は日経225に心の安らぎを求めてしまうのです。

理屈じゃないけど感覚的にそう(最初に出会った「ドンピシャなヒト」が忘れられない)なんですよねー…

男ってアホですから。

男子全員が
>男ってのは、最初に心に決めた女を中心に動く
ってわけではないのでしょうが、そういう人って男女を問わずいますよね。
(初恋の人が忘れられない、みたいな)

最近、思うのですが、
「最初に心に決めた女」
になれたら、女子は最高に幸せですよね~。

どんなに我儘を言おうと、何をしようと、男子から生涯、姫扱いされるわけですからね。(笑)

で、二番手はあの手、この手で男子を振り向かせても、所詮は二番手で終わる・・・
(=一時的に1番になるだけで、最後は二番手に降格)

そんな気がします。
だから、男子はムリに振り向かせるもんじゃないなあ~って思います。
ムリして振り向いてもらっても、女子は幸せになれない気がします。

あ~、もっと若いうちに気づいてれば、私も「最初に心に決めた女」になれたかもしれないのに・・・
今更ですね。(笑)

そうなんですよね!
時々、自分一番みたいなやつが居たりして、男って本当にムカつく。
でも、どうやって気持ちに整理を付けるの?私も悩める子羊⁉なんです。
何か良い策が有ったら、是非教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/35533251

この記事へのトラックバック一覧です: ある男の言葉:

« 窮する瞬間 | トップページ | (所詮)二番目の女 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30