無料ブログはココログ

« ある男の言葉 | トップページ | ファッション界の大御所 »

2010年6月28日 (月)

(所詮)二番目の女

shinagawa ol さんからのコメント(青字)

男子全員が
>男ってのは、最初に心に決めた女を中心に動く
ってわけではないのでしょうが、そういう人って男女を問わずいますよね。
(初恋の人が忘れられない、みたいな)

最近、思うのですが、
「最初に心に決めた女」
になれたら、女子は最高に幸せですよね~。

どんなに我儘を言おうと、何をしようと、男子から生涯、姫扱いされるわけですからね。(笑)

で、二番手はあの手、この手で男子を振り向かせても、所詮は二番手で終わる・・・
(=一時的に1番になるだけで、最後は二番手に降格)

そんな気がします。
だから、男子はムリに振り向かせるもんじゃないなあ~って思います。
ムリして振り向いてもらっても、女子は幸せになれない気がします。

あ~、もっと若いうちに気づいてれば、私も「最初に心に決めた女」になれたかもしれないのに・・・
今更ですね。(笑)

そうなの。所詮二番手なわけ。

これ言われた瞬間に私も

「なんでこんな簡単なことに今まで気がつかなかったのー」

って思った。アラサーにもなって気付く私ってかなり問題あるけど... 

でも過去に私もある人の一番席を確保していた時期があって、それを放棄して新しい恋愛人生に踏み出した訳で... ある意味、カルマってのを感じましたね。時代は繰り返すっつうか。

 What Goes Around...Comes Around What Goes Around...Comes Around
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

この曲を思い出した、まさにカルマ...

ま、とりあえず彼に関しては頑張るのをやめた。というか、頑張らない努力をすることに注力することにした。

証券マンさんみたいに塗り替えてくれる男もいることが分かったし、意中の彼がもし塗り替えられるのであれば塗り替えて私のところに来てくれるだろうし、ダメならダメだし。振り向いてくれるかどうか分からない彼からの返事を待つのはとりあえずやめようと心に誓った。凄い体力消耗するんですよね、待つのって。

それにしても... 仕事だけだと思ってた、臨機応変な対応が求められるのは。でも恋愛でも同じらしい。

« ある男の言葉 | トップページ | ファッション界の大御所 »

コメント

セレブさん
お久しぶりです。
いつもドキドキするような恋愛をされていて羨ましいです。
私は既婚、でももう2年近く別居してますが、この2年全く恋愛らしき出来事がありません。まだ同居してるときのほうが、寄ってくる機会は確実に多かったかも。それは若かっただけなのか、或いは「人妻オーラ」でもあったのか、わかりませんが。
去年米系証券を辞め、バイサイドで営業やっていますが、前職も現在でもときめくような男子は皆無、特に現在の会社では草食しか見当たらないので、肉食としては悲しい限りです。
セレブさんと同じ年代ですが、このまま女として終わるのはイヤだと最近焦りを感じます。

私もアラサーになって悟りました。
みんなこんなもんですって。

カルマかあ・・・
ちなみにご身近に、何でも相談できて、自分の醜い部分も平気で見せられる。
それだけに、もはやトキメキ(緊張感)など皆無で、絶対に彼氏にするなんてありえな~い!
って決めつけてる男子、身近にいませんか?

案外、そういう男子が私たちのような女子のために「一番席」を用意してくれてるかもしれませんよ~。

そもそも結婚というのは、法律によって人間関係を規制する契約のことです。そして、法律とは、『個人の人権を尊重しよう』という建前を掲げて、『少数の利益よりも全体の利益を優先しよう』という意図に基づいて発明された決まりごとです。

法律による『少数の利益よりも全体の利益を優先しよう』の精神を説明します。例えば、たくさんお金を稼ぐ能力がある人は、給料から所得税として40パーセントを差し引かれます。それに対して、お金を稼ぐ能力がない人は、給料のたった5パーセントを所得税として差し引かれるだけです。年収2000万円の人は約520万円を国に納め、年収150万円の人はたった7万5千円を国に納めることになるのです。しかしながら、貧乏だろうが金持ちだろうが国から提供されているサービスはほとんど変わりません。国から提供されるサービスというのは、医療・年金・福祉・介護・生活保護などの公的サービスや、道路・港湾施設・下水道・河川の堤防などいわゆる社会的インフラとなる施設サービスのことです。言うまでもないですが、国や社会に対してごちゃごちゃ文句を付けているのは、なぜか恩恵を受けているはずの貧乏人ですよね。お金が無いだけでなく、恩知らずなのです。

『少数の利益よりも全体の利益を優先しよう』という法律による規制の一つを説明させて頂きましたが、これは我々の日常生活のすべてに当てはまります。すべてに対して説明をしていたら、それだけで筆者の人生は終わってしまうので割愛させて頂きますが。

本題である「結婚」という契約に関しても同様です。法律によって「人間関係」を規制することによって、『少数の利益よりも全体の利益を優先』することができるのです。個人レベルで考えてみると、好きなときに好きな人と関わり合うのが一番人生を謳歌できますよね。しかしながら、イケメンで金持ちが何人もの女を独占していたら、フツメンのサラリーマンは女に触れることすら相当な困難が憚ってしまいます。そこで、恋愛上級者(イケメンで金持ち)に一人の女性で妥協して貰うことによって、余った女性を恋愛中級者がGETできるというシステムを実現したものが、結婚という契約なのです。

男は物事をポジティブに考える癖がありますので、結婚によって自由に使えるお金が激減してしまうことや、異性との交際が不自由になることや、転職・独立などの挑戦がしにくく保守的な生き方になることや、わずらわしい親戚づきあいなどが増えることから目を背けてしまいます。その代わりに、ずっと一緒にいれるという幻想や、社会的な責任が持てるという勘違いや、子供を育てられるという新たな生きがいに魅力を感じ始めるのです。もっと単純に、「みんながしてるから俺もする理論」で結婚をする単細胞な男もいるかも知れません。結婚をしなくても、ずっと一緒にいれますし、社会的な責任も持てますし、子供も育てられます。ただ、少数派というデメリットを受け入れられるかどうかです。

これまでの話で、『少数の利益よりも全体の利益を優先しよう』という試みによって恩恵を受けるのは、弱者のように見えます。しかしながら、違います。本来の意図は、国という土台でゲームを楽しむお偉いさんの利益にあります。

昔の農耕を中心とした村社会においては、人々の間には農作物の収穫という共通目標があり、収穫に向かって皆が協力し、助け合って仕事を進め、また、各種の祭りなどの祝祭行事を行い、共に祈りや喜びを分かち合う中で、共同体としての意識を高め、子育ても、高齢者のケアも、相互扶助の精神によった対応がなされていました。村という土台でゲームを楽しむお偉いさんによって、村全体の価値観が上手く洗脳されていたのです。個人レベルで考えれば、やらなくて良いことは沢山あります。もっと賢く楽に生きることも可能です。

そして、村社会を存続させるためには、若い労働力を継続する必要があります。村民にできるだけ多くの子供を生ませて、確実に育成させなくてはいけません。最も効率的なやり方が、男と女を一つのカップルに縛り付けて、そしてセッ○スをして貰い、生まれた子供を責任を持って育てさせる方法なのです。人間の能力と様々なリスクを総合的に考えると、このやり方が一番良いことは数学的に証明できます。

現代では、村社会が国という単位に変化しただけです。技術革命や社会の在り方の変化によって、やり方が多少変わっただけで、本質は何も変わりません。

ここで質問です。幸せとはなんですか?法律に縛られることですか?自由に生きることですか?冷静になって考えてみて下さい。先入観に囚われずに、頭の中を空っぽにして考えてみて下さい。

話は長くなりましたが、『少数の利益よりも全体の利益を優先しよう』という精神は、弱者を救済するという建前を全面的に押し出した、国という土台で世界的なゲームを楽しむお偉いさん方の利益に直結する、巧妙に練られた戦略の一つですよ!と言いたいだけです。

セレブさんみたく努力して実った道のりがある人は幸せのひとつのサンプルだとときどきブログを拝見してて感じることでした。

個々人の網膜に映し出された幻影を追いかけてくことの繰り返しなんじゃないかと、幸せって。今これがしたい、だからする。で順調にできたら満足という肯定感がある。幻影を追ううちに身につけたアレコレがその人をつくっていきますし。人間、一枚岩だったら1個のことで満足するかもしれないものの、多極化した価値観はわたしたちに多様なベクトルを示し、おかげで『あーでもない、こーでもない』と演算が鈍るというか。成仏したら天国に行けますが、生きてるうちに感じる幸せはそれぞれ瞬間的なものだと思います。

I am on leave and came back to Japan. I am a huge fun of your blog. It's amazing how things in Japan have changed a lot, but people in town seem to be still exhausted... maybe they should have more yams.

When it comes to relationships, I remember one quotation on your entry (29 March 2009): "Men always want to be a woman's first love. Women want to be a man's last romance".

Reading the entry, I couldn't help wonder: if woman could no longer satisfy the last romance of a man. Do they think of the way of men?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164086/35553782

この記事へのトラックバック一覧です: (所詮)二番目の女:

« ある男の言葉 | トップページ | ファッション界の大御所 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31