無料ブログはココログ

2011年7月 3日 (日)

とりあえず、ってのも意外と重要なのかも

すいません、随分ご無沙汰してました。

地震とは関係なく、色々と忙しくて... まあ、どなたもご覧になっていないだろうと思って今観てみたら、コメント頂いてました。有難うございます。

節電、節電でオフィスの中もちょっと薄暗くて、なんか寂しい感じすらしますが、なんとなく仕事は忙しくやってます。そして私生活もなんとなく忙しいです。まあ、その話はまた今度... さて、arisaさんからコメント(青字)頂いてました。

セレブさん、こんにちは。
いつも楽しく拝見しております。
つい、コメントしたくなってしまったのは
最近、外資系金融マン(外国人)の方にひょんな事から出会い、アプローチを受けたので
デートなどをしていたのですが。
私は帰国子女ですので英語は堪能です。
高学歴、高収入、エリート意識の強い人なんですが(それをひけらかすのではなく、醸し出す)。そのせいか、オレ様過ぎてついていけないのです。自己中心的すぎてびっくりします。自分の生活が一番大切なように見えます。自分のリズムが壊れるのを極端に
嫌っているように見えます。
クレバーで一緒にいると、話がウィットに
富んで楽しいのですが、これ以上の深入りは
止めようかと躊躇します。
intercoruseもありえないくらい、自己中極まりなく、長く誰かと付き合った事が
ないように感じました。
このようなタイプは、時間を使うに
値しないタイプだと思いますか?
半分は見切っているのですが,久しぶりに
ときめく人があらわれたので、迷っております。セレブさんのアドバイスいただけたら
幸いです!

うーん... 彼はarisaさんの時間を使うに値しない男だと思います、正直ベース。

ある程度年齢いってる方ですよね、きっと?(30歳半ば~後半とか?) 自分の時間が一番大事で、自分の生活のリズムが崩れるのが嫌なタイプで、ある程度年齢いってたらきっとそのスタイルは変わらないと思います。そんな彼のスタイルを受け入れられますか? 

でも一つ確認としては... arisaさんは気持ち的にその彼にはまってますか? ときめいてる、とありますが、はまってないなら今のうちに切ってしまった方がいいと思います。でもはまっていて切るに切れないなら、少し距離感を持って付き合ってみるのもありかも。ポイントは距離感を取れるか、だと思うんですよね。気持ち的な距離感。arisaさんもarisaさんを中心に考えて、彼はその次という順位をつけられるなら、ある程度の気持ち的な距離感を保ったまま、彼と同じレベルで付き合えるかもしれませんよね? 彼と対等であることは重要だと思います。

昔はそんな男「完全になしだ」と言ったと思うんですけど、経験してみないと分からないと思うことが最近あって。arisaさんの中でその彼に対して魅力とか、惹かれる部分とか、「なにか」を感じてるなら自分が納得いくまでとことん付き合ってみるってのもありだと思うんですよね。そしたら次の関係では自分のexpectationを上手くコントロール出来る様になってると思うんです。実際経験してみることでしか分からないことってありますからね。でも今の段階で切れるなら切った方がいいとは思います。傷つかなくて済むとは思うので。

その後、その彼とどうしたか教えてくださいね。

2011年2月12日 (土)

時間を使うに値しない男

sarasaさんのコメント読みました。

勝手に相手から終わりにされてしまうと、当たり前ですけど、自分から終わりにするよりもあり得ない位、引きずりますよね。でもsarasaさんがお付き合いしてた男はsarasaさんの時間を使うのに全く値しないです。

ズバッと言うと、彼はsarasaさんのこと、真剣に考えてなかったと思います。結婚なんて思ってなかったと思う。付き合ってる時にそう感じたことなかったですか? 多分、漠然と「結婚したい」という気持ちはあるけど、具体的にsarasaさんと、とは思ってなかったでしょう。真剣だったら彼女をぞんざいに扱わないと思います。言い方は悪いけどsarasaさんは彼にとって都合が良かったんだと思います。そういう男に時間を使うのは無駄です。簡単じゃないのはとってもよくわかります。でも、次を探す努力しましょう。

外資系金融の男が全員彼みたいにふざけてるかというと、そんなことないです。ただ、「俺様」的な傾向が強い男はその他インダストリーと比べると多いかもしれません。お金を持ってることが変な自信になってる可能性高いですから。お金だけに寄ってくる女も多いことだって分かってるだろうし。でもそんな男だけじゃないですよ。だからこの業界の男がだめってことはないです。真剣に恋愛を考えてる男はいるし、結婚を考えてる男もいます。ただ、ちゃんとそういう真剣な男を自分で見極めないといけないってことだと思います。

ちょっと思ったんですけど、sarasaさんはなぜ「結婚」したいですか? 

私はあーだ、こーだと言いながら、未だに去年スタートした海外に住んでいる男に恋をしていて、しかも未だに毎日コンタクトがあります。先日たまたま海外出張があって、その時に彼と会う機会があったんですが、会うだけでとても幸せな気持ちになった。彼に彼女がいるとか(未だにいるかどうかも不明)、違う場所に住んでるとか(住んでる大陸が違う)、結婚したいとか(現状あり得ない)、そういう付属的なことがどうでもよくなかったというか。会ってるだけで、毎日彼が生きてるのを確認してるだけでいいんだと思ってしまった。それ以外のことはどーでもよくなった。私の感覚が年とってずれてきてしまったってのはあると思うんですけど、誰かを思うことで満足出来るんだな、と。自分でも驚きですけどね。前にこういうことはなかったから。でもそういう感覚を持てる相手に出会えたことに感謝していて、結婚とかってその延長線にあったらそれは素晴らしいけど、そこがゴールじゃないのかなぁ、と。だから、sarasaさんの「結婚」が目的になってる様な感じは(文面上そういう印象を持ってしまったんですけど)どうしてなのかなって興味が湧きました。

*****************************************************************

なぜか友達がくれたDVD...

ニキータ [DVD] DVD ニキータ [DVD]

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すっごい久々に観ましたけど、せつないです。でも好きな感じ。

リュックベッソンの荒削りな感じがいい。この週末にでもご覧ください。

2011年2月 1日 (火)

最近こういう感じです

明らかに年齢違うけど、気分だけ最近こういう感じ。

ティーンエイジ・ドリーム Music ティーンエイジ・ドリーム

アーティスト:ケイティ・ペリー,スヌープ・ドッグ
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海外出張の時に買ったKaty Perry。とりあえず恋してなくても"Teenage Dream" 聴いてほしいです。なんか、恋するってこんな感じだよね、って勝手に気分あがる。恋してるとたぶんもっとあがる。

ぜひ聴いてみてください。

2011年1月29日 (土)

Expectation control

sarasa さんからのコメント(青字)

初めまして!
ちょっと重いお話で大変申し訳ないのですが、是非ご相談をしたくて、コメントさせて頂きます。
私は結婚相手を探すサイトで外資系金融の男性と知りあったのですが、8ヶ月真剣に付き合っているのか分からない状態で、最後には一方的に別れを告げられてしまいました。
今、とても辛い状態です。メールアドレスにお返事頂いて、ご相談させて頂く事は可能でしょうか?

お返事お待ちしております。

うーん... 私の友達でもsarasaさんと同じ様な経験をした友達がいます。私の友達は日本の会社に勤める女性なので、外資系金融男のメンタリティが不明、ということで私に相談してきました。でも相手がどういう人であっても、どんな職業をしていても、一方的に別れを告げられるのは辛いですよ。

このブログは匿名で書いているのでちょっとメールでご相談を受けるのは難しいのですが、ブログにコメント頂くことって可能ですか? 

8カ月真剣に付き合ってるかどうか分からない状態にしてた理由ってなんですか? 一方的に別れを告げられた理由ってなんだと思いますか?

***********************************************************************

最近思うんですけど、結局は「期待」の度合いだと思うんです。自分で自分のexpectationをコントロール出来れば、色んなことを乗り越えられると思います。楽な話ではないし、私も自分のexpectation controlにはいつも苦労してますけど、最近は案外上手くやってると思います。相手に多くを期待しないというか、求めすぎないというか、最近そういうことを考えることがありました。今年はもう少し自分中心に物事を考えてみようと思ってます。

2010年10月16日 (土)

男の視点を少しだけ理解した瞬間

確実に男と女って違うな、と思った瞬間。

奥さんとか長く付き合ってる彼女がいてもそれ以外の女性を好きになることもあって、どちらがどちらかよりも大切とか、好きだとか、そういう風に比較することはない、と言ってる男がいました。2人の女性に対しての感情は1 対 1  x 2 で、その二つの感情は交わらないって。全く別々の関係だし、全く別々の思いなんだと。だから二人の女性に対する思いを比べられないって。

そういうことを真剣に語ってる人を見ながら、過去を思い出し、あの時彼が言ってたことは本当だったのかもなぁ、なんて考えてました。

最近、海外出張時に出張先で久々に会った男友達も似たようなこと言ってました。

「君は彼が遊びだと思ってたかもしれないけど、多分、本当に君の事を好きなんだと思うよ」

って言われた時になんとなく分かった気がして、前述の男の発言でなんとなく確信に近いものを感じました。

所変われど品変わらず、ってのはこういうことを言うのかもしれません。人種は違っても男は男だし、女は女なんだと思いました。

2010年8月 3日 (火)

Life sucks

とりあえず、海外に住む男との関係を清算しようと。結局、二番目でそれに我慢できる人もいればダメな人もいる。私は二番目がダメな女。生まれ育った環境によってそこらへんの順番が受け入れられる人、受け入れられない人がいるみたい。

女のいる男はもうダメ。

ホントにダメ。

絶対ダメ。

とりあえず、忘れられるように努力したいと思う。

ある女友達に

「もし彼にメールしたくなったら私にメールしろ」

と言われた。昨晩はその彼にメールしたい衝動にかられたので彼女にメールしてみた。

はぁ、とりあえずDay 1.... 

I don't know how long I can go...  but at least I can give a shot. 

2010年7月 3日 (土)

Man's last romance

Comment from a gray cat san (highlighted in blue)

I am on leave and came back to Japan. I am a huge fun of your blog. It's amazing how things in Japan have changed a lot, but people in town seem to be still exhausted... maybe they should have more yams.

When it comes to relationships, I remember one quotation on your entry (29 March 2009): "Men always want to be a woman's first love. Women want to be a man's last romance".

Reading the entry, I couldn't help wonder: if woman could no longer satisfy the last romance of a man. Do they think of the way of men?

It is amazing to know there is a non-Japanese reader of my blog despite the fact all my entries are in Japanese!  It's an honor.  Thank you so much.   

In terms of your question, "woman could no longer satisgy the last romance of a man", my simple answer is "I don't know."  I assume it totally depends on each woman.  But in my case, obviously, I would love to be a man's last romance and would be very satisfied to be the one, but I can't help wonder all the time "how could I know he is the right one?" 

I tend to fall in love with men easily somehow (if you have read my entries in the past you would know better), but I question myself "is he the one?" or "this is it?"

How could we know "for sure" he is the one? 

I always wonder if there is any way to know. 

I think if you have the moment that you really feel he is the one without ANY doubt, then you would be happy to be the man's last romance. 

I guess I just haven't had the moment yet, but hopefully I will feel the moment in the near future. 

2010年6月28日 (月)

(所詮)二番目の女

shinagawa ol さんからのコメント(青字)

男子全員が
>男ってのは、最初に心に決めた女を中心に動く
ってわけではないのでしょうが、そういう人って男女を問わずいますよね。
(初恋の人が忘れられない、みたいな)

最近、思うのですが、
「最初に心に決めた女」
になれたら、女子は最高に幸せですよね~。

どんなに我儘を言おうと、何をしようと、男子から生涯、姫扱いされるわけですからね。(笑)

で、二番手はあの手、この手で男子を振り向かせても、所詮は二番手で終わる・・・
(=一時的に1番になるだけで、最後は二番手に降格)

そんな気がします。
だから、男子はムリに振り向かせるもんじゃないなあ~って思います。
ムリして振り向いてもらっても、女子は幸せになれない気がします。

あ~、もっと若いうちに気づいてれば、私も「最初に心に決めた女」になれたかもしれないのに・・・
今更ですね。(笑)

そうなの。所詮二番手なわけ。

これ言われた瞬間に私も

「なんでこんな簡単なことに今まで気がつかなかったのー」

って思った。アラサーにもなって気付く私ってかなり問題あるけど... 

でも過去に私もある人の一番席を確保していた時期があって、それを放棄して新しい恋愛人生に踏み出した訳で... ある意味、カルマってのを感じましたね。時代は繰り返すっつうか。

 What Goes Around...Comes Around What Goes Around...Comes Around
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

この曲を思い出した、まさにカルマ...

ま、とりあえず彼に関しては頑張るのをやめた。というか、頑張らない努力をすることに注力することにした。

証券マンさんみたいに塗り替えてくれる男もいることが分かったし、意中の彼がもし塗り替えられるのであれば塗り替えて私のところに来てくれるだろうし、ダメならダメだし。振り向いてくれるかどうか分からない彼からの返事を待つのはとりあえずやめようと心に誓った。凄い体力消耗するんですよね、待つのって。

それにしても... 仕事だけだと思ってた、臨機応変な対応が求められるのは。でも恋愛でも同じらしい。

2010年6月27日 (日)

ある男の言葉

「男ってのは、最初に心に決めた女を中心に動く。その女性が中心になる。だからその最初の女の後に現れた女は全て二番目、もしくはそれ以降。だから君はその男とは幸せになれないんだよ」

マジかよ。

でもそうかも。

ぼちぼち潮時かも。彼はきっと彼女と別れられないし、そんな人に心を奪われ続けるのは時間の無駄かも。

真面目に気持ちの整理をつけようと思った週末でした。

2010年5月31日 (月)

とりあえず全力投球

最近仕事で悩んでいることがあり、相談に乗ってもらおうと思ってBloombergメールを後輩にうったんですが、あまり真剣に取り合ってもらえなくて

「...え、マジ?」

という感じだったんですけど、後からその理由を聞いてみたら

「いやてっきり恋愛ネタだと思ったもんで」

と言われた時には、ちょっと落ちましたね。私の悩みって恋愛だけだと思われてるのか、と。

違います。仕事に関しても結構真剣にやっていて、最近は「案件が取れないのはなぜか」を色々と考えてるんですけどね... まあそもそも市場にある案件数が少ない、とかいう根本的な問題からスタートして、まあパーソナルなレベルの話にまで落ちて行くんですけど、考えることは多い。そして考え出すと結構哲学的な感じになっちゃうのよね。

でも恋愛ネタについては

「無理矢理今答えを出さなくていい。Let it be」

が後輩からの回答でした。英語出来ないくせに、"Let it be"とか言われた日には鼻で笑ってしまいました、フッフ。

(その後輩が読んでいることを想定して書いてる)

まあ、そんなこんなでとりあえず文句言いつつも全力投球なんですが、なんか6月にはちょっと人生における変革が起きそうな予感が。

毎日、頑張っていれば来るべきものがいつかはやって来る、と思ってやってます。とりあえず、なんか来て欲しいです。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31